峰岸徹の現在!若い頃や岡田有希子との関係・嫁と子供・死因と最期も総まとめ

現在では名バイプレイヤーとして謳われている俳優・峰岸徹さんですが、岡田有希子さんの自殺騒動に巻き込まれた過去も話題です。

 

今回は峰岸徹さんの若い頃、嫁や子供、岡田有希子さんの自死騒動、死因や最期の様子をまとめました。

 

峰岸徹のプロフィール

 

出典:https://ameblo.jp/

プロフィール

 

・名前: 峰岸 徹(みねぎし とおる)

・本名: 峰岸 知夫(みねぎし ともお)

・別名義: 峰 健二、峰岸 隆之介

・生年月日: 1943年7月17日

・没年月日: 2008年10月11日(65歳没)

・出生地: 東京都京橋区銀座

・死没地: 東京都江東区有明

・身長: 173cm

・血液型: O型

・職業: 俳優

・学歴: 日本大学藝術学部演劇学科中退

・活動期間: 1962年 – 2008年

・配偶者: 藍とも子(1977年 – 1983年)

・事務所: アクトレインクラブ( – 2008年)

 

 

峰岸徹の若い頃の経歴 

 

若い頃は“和製ジェームズ・ディーン”赤木圭一郎の再来と期待された峰岸徹

 

銀座で料亭を営む母の元に誕生した峰岸徹さんは、意外なことに少年時代はひ弱な少年だったそうで、落語の寄席や映画館に入り浸って過ごしたと言います。

 

その影響からか、当時大変な人気を誇った映画スター・石原裕次郎さんやジェームズ・ディーンに憧れて俳優を目指すようになります。

 

そして峰岸徹さんは、暁星中学校・高等学校を経て、演劇の名門である日本大学藝術学部演劇学科に進学しています。

 

しかし、大学在学中だった1962年に、“峰健二”の芸名で東宝映画「高校生と女教師・非情の青春」での俳優デビューが決まったため、大学をあっさりと中退。

 

 

出典:https://image.entertainment-topics.jp/

 

1961年に事故死した当代一のイケメン映画スターであり、“和製ジェームス・ディーン”とも呼ばれていた赤木圭一郎さんの再来と持て囃された峰岸徹さん。

 

「六本木の夜愛して愛して」や「あの娘に幸福を」と、立て続けに東宝映画の話題作への主演が決まりました。

 

 

出典:https://showa-g.org/

赤木圭一郎 

 

しかし、その端正な二枚目っぷりが際立つ一方で、演技力に対する評判はイマイチだった峰岸徹さんは、徐々に主演の座から遠ざかっていくことに…。

 

 

出典:http://blog.koyama.mond.jp/

 

 

峰岸徹、演技を一から勉強し直して大映から再起を図るも…

 

峰岸徹さん自身も演技力に悩んでいたようで、1964年の映画「男嫌い」やドラマ「若い季節」を最後に俳優活動を一時中断し、俳優座や文学座の研究生として演技を一から学び直しました。

 

その後、峰岸徹さんは1968年に、田宮二郎さんに続く看板スターを探していた大映と契約し、それを機に芸名を「峰岸隆之介」と改め再起を図りました。

 

 

出典:https://www.excite.co.jp/

田宮二郎 

 

同年には製作者協会新人賞を受賞し、1975年からは芸名を「峰岸徹」として俳優業に邁進することになります。

 

ですが…大映の次期看板スター候補という期待とは裏腹に、主演として起用される機会は多くはありませんでした。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

 

峰岸徹の嫁と子供① 最初の嫁・女優の藍とも子との結婚~離婚理由 

 

峰岸徹、ドラマで共演した女優・藍とも子とスピード結婚

 

そんな峰岸徹さんは、「峰岸徹」と改名した翌年である1976年、特撮ドラマ「ウルトラマンレオ」の松木晴子役などでお馴染みの女優・藍とも子さんと結婚しています。

 

 

出典:https://www.pinterest.de/

「ウルトラマンレオ」の松木晴子役を演じる藍とも子 

 

峰岸徹さんと嫁・藍とも子さんの馴れ初めは、1975年に放送されたドラマ「プレイガールQ」での共演だったようで、交際がスタートしてから約半年ほどのスピード結婚だったようです。

 

 

峰岸徹の最初の嫁・藍とも子のプロフィール

 

出典:https://archive.kyoto-minamikaikan.jp/

プロフィール

 

・名前: 藍 とも子(あい ともこ)

・本名: 村上 ふみ代(むらかみ ふみよ)

・生年月日: 1954年10月29日

・出生地: 神奈川県川崎市

・身長: 158 cm

・血液型: AB型

・ジャンル: 女優、歌手

・活動期間: 1974年 – 1990年、2007年 –

・配偶者: 峰岸徹(1977年 – 1983年)

・事務所: office nine

 

 

峰岸徹と嫁・藍とも子は結婚した翌年には子供にも恵まれるも…

 

峰岸徹さんと嫁・藍とも子さんとの間には、結婚翌年の1977年には子供(長女)が誕生するのですが、嫁・藍とも子さんの芸能活動を巡って次第に意見が対立するようになっていきます。

 

 

出典:https://livedoor.blogimg.jp/

峰岸徹の最初の嫁・藍とも子

 

と言うのも、結婚後も芸能活動を望んでいた藍とも子さんは、脇役でも良いから芸能界に復帰したいと考えていたそうです。

 

これに対して峰岸徹さんは俳優業への強いこだわりがあり、「俳優は自分を安売りしてはいけない」と反対したり、CMのオファーも「CMなど俳優のやる仕事ではない」と猛反対したそう。

 

 

1981年に嫁・藍とも子は子供を置いて家を飛び出しそのまま離婚へ

 

それでも芸能界への復帰を望んでいた藍とも子さんは、結婚6年目となる1981年、遂に家を飛び出してしまうことになります。しかも子供を残したまま…。

 

そして、峰岸徹さんとはそのまま離婚しているんですよね。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

その後、峰岸徹さんは藍とも子さんとの間に誕生した子供である一人娘を引き取り、以降は男手一つで育てていくことになります。

 

 

峰岸徹は名バイプレイヤーとして活躍 

 

大映の次期看板スターという周囲の期待には応えることができなかった峰岸徹さんですが、若手を過ぎる頃になると、その渋みを活かした演技が重宝されるようになっていきました。

 

 

出典:https://www.nhk.or.jp/

1976年の大河ドラマ「風と雲と虹と」にて

 

 

 

主人公・平将門をつけ狙う源扶役を熱演し、実力派俳優として高い評価を得ました。

 

 

出典:https://img.dch.dmkt-sp.jp/

1993年のドラマ「高校教師」にて

 

 

 

実の娘であるヒロインと関係を重ねる父親、というショッキングな役が話題になりました。

 

 

いつしか名バイプレイヤーとしての地位を確立した峰岸徹さんですが、そんな俳優業の傍らで、バラエティ番組へも積極的に出演していきました。

 

「ものまね王座決定戦」の審査員を長年務めた他、「ダウタウンDX」や「人気者でいこう!」などの人気番組でも活躍していました。

 

そんなバラエティ番組では持ち前の“おとぼけキャラ”が人気だった峰岸徹さんですが、過去には自身の芸能活動を脅かすほどの騒動に巻き込まれたことも…。

 

 

峰岸徹と岡田有希子との関係とは?遺書を巡って大騒動に

 

「ポスト松田聖子」と呼ばれた18歳の人気アイドル・岡田有希子さんが、1986年4月8日、所属事務所「サンミュージック」が入るビルの屋上から飛び降り、全身を強打して即死しました。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

岡田有希子さんはその直前にも、自宅マンションでリストカットやガスによる自死を図っており、その約2時間後に事務所ビルの屋上から身を投げるという衝撃的な最期を遂げました。

 

その具体的な経緯は次の通りです。

 

岡田さんは4月8日午前10時頃、自宅マンションでガス自殺を図った。近隣住人の通報で救急搬送された岡田さんの手首には刃物による切り傷があったという。治療後に病院を後にした岡田さんは福田元専務とともに事務所に戻り、12時15分頃、福田元専務が当時の事務所社長に報告するために席を離れた間にビル屋上から身を投げた。

 

引用:岡田有希子さん「自殺の真相」 サンミュージックの元専務が語る – ライブドアニュース https://news.livedoor.com/

 

 

 

岡田有希子のプロフィール

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

プロフィール

 

・名前: 岡田 有希子(おかだ ゆきこ)

・愛称: ユッコ

・生年月日: 1967年8月22日

・没年月日: 1986年4月8日(18歳)

・出身地: 愛知県一宮市

・死没地: 東京都新宿区四谷

・血液型: O型

・身長: 155 cm

・体重: 44 kg

・BMI: 18.3

・スリーサイズ: 86 – 58 – 84 cm

・デビュー: 1984年

・ジャンル: アイドル歌謡曲

・活動期間: 1983年 – 1986年

・事務所: サンミュージック

・レーベル: キャニオンレコード

 

 

人気絶頂だった岡田有希子の突然の自死は峰岸徹との失恋が原因?

 

この岡田有希子さんの早すぎる死について、本人が残した遺書とされる手書きのノートが存在していました。

 

そこには峰岸徹さんの名前はもちろん、彼に失恋したショックによる突発的な行為を詫びる言葉が綴られていたと報じられました。

 

 

出典:http://img-cdn.jg.jugem.jp/

 

当然、峰岸徹さんの元にはマスコミの取材が殺到することに…。

 

マスコミの囲み取材に応じた際に表明した峰岸徹さんのコメントは次の通りです。

 

「正直、ものすごくショックです。僕は兄貴のつもりでいたんですが、彼女はそれ以上のプラスアルファがあったのかもしれない。それが愛だったら、責任を感じます」

 

引用:峰岸徹が死ぬまで向き合い続けた「岡田有希子自殺」の衝撃 http://www.excite.co.jp/

 

 

峰岸徹には親子ほど年の離れた岡田有希子に対して恋愛感情はなかった

 

峰岸徹さんと岡田有希子さんの出会いは、1985年に放送された岡田有希子さん主演のドラマ「禁じられたマリコ」での共演で、当時の峰岸徹さんは42歳。

 

岡田有希子さんとの年の差は24と、親子ほど年が離れていました。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

ドラマでは刑事役のベテラン俳優として出演した峰岸徹さんは、連続ドラマ初主演だった岡田有希子さんに対して、色々と演技のアドバイスをするうちに親密になっていったようです。

 

しかも、岡田有希子さんは「いいなあと思うのは舘ひろしさんとか、結構年が離れた人で、オジンくさくなければ、お父さんみたいな人でもいいです」と公言するほど中年好きで有名でした。

 

そんな岡田有希子さんにとって峰岸徹さんは、渋いルックスに中年の色気を備え、俳優としても尊敬できる存在で、まさに“理想の男性”だったのでしょう。

 

 

出典:https://nihonnokawaiinunoirasuto1.blogspot.com/

 

 

峰岸徹と岡田有希子の関係を面白おかしく扇情的に書き立てる記事も…

 

そんなこともあり、当時の一部のマスコミの間では、事実に基づかない憶測や噂が飛び交っていたようです。

 

「岡田有希子は峰岸徹にもてあそばれたことがショックで自ら死を選んだ…」とか、果ては「岡田有希子は峰岸徹の子供を妊娠していた」など、センセーショナルな見出しが躍りました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

しかし、当時すでに離婚していた峰岸徹さんは、引き取った子供を溺愛し、男手一つで大切に育てている姿が目撃されていました。

 

また、元々女性をもてあそぶような無責任な男ではないことで知られていたようです。

 

また、岡田有希子さんの死の真相を知るとされている、所属事務所であるサンミュージックの相澤秀禎社長(当時)も、取材の中で次のように語っています。

 

「有希子は峰岸さんに恋焦がれて、プラトニックな愛を持ち続けて、自ら死を選んだのです」

 

(※都合により一部表現を変えています。)

 

引用:峰岸徹が死ぬまで向き合い続けた「岡田有希子自殺」の衝撃 https://www.excite.co.jp/

 

そんなこともあり、マスコミや世間から大バッシングを受けていたにもかかわらず、峰岸徹さんが仕事を干されることは無かったと言います。

 

 

峰岸徹の嫁と子供② 岡田有希子の自殺騒動後に再婚している

 

最初の嫁である藍とも子さんとの離婚後、峰岸徹さんは岡田有希子さんの自死騒動があった1986年頃には、既に結婚を前提に交際していた女性が存在していたようです。

 

その後、峰岸徹さんはマスコミや世間から大バッシングを受けることになるのですが、そんな逆境に屈することなく、峰岸徹さんは再婚し、新たに2人の子供にも恵まれています。

 

 

出典:https://girlschannel.net/

 

ただ、岡田有希子さんとの騒動によりマスコミの矢面に立たされた影響があったのでしょう、その後、峰岸徹さんが再婚後の家庭について公の場で語ることは一切なかったと言います。

 

そのため、再婚相手となった2人目の嫁が、岡田有希子さんの騒動前から交際していた女性かどうかすら分かっていないようです。

 

 

峰岸徹の現在~65歳の若さで病死していた…死因と最期の様子

 

そんな峰岸徹さんの現在はと言うと…実は、2008年10月11日に65歳の若さで病死されているんですよね。

 

 

出典:http://www.move-e.com/

 

死因は肺がんで、峰岸徹さんが身体に異変を感じ、受診した2008年4月には既に末期がんを宣告され、以降は抗がん剤投与による治療を繰り返しながら闘病生活を続けていたそうです。

 

約半年に渡る過酷な闘病生活を送った峰岸徹さん。亡くなる約2週間前には緊急入院し、1週間前に容体が急変。その後、体調が回復することもなく、この世を去っています。

 

そんな峰岸徹さんの最期は、藍とも子さんとの間に誕生した最愛の娘さんと再婚した嫁、そして彼女との間に誕生した2人の子供達、さらに孫にも看取られて静かに逝ったそうです。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

現在は名バイプレイヤーとして名高い俳優・峰岸徹さんですが、若い頃は“赤木圭一郎の再来”とか、“大映の次期看板スター”と期待されるもなかなか応えられず、苦悩していたようですね。

 

今回、そんな峰岸徹さんの嫁や子供、そして彼の芸能生活に暗い影を落とした、岡田有希子さんの自死騒動、さらに65歳の若さで亡くなった死因や最期の様子についてまとめてみました。

 

最後になりましたが、峰岸徹さんと岡田有希子さんのご冥福を心よりお祈りいたします。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

阿藤快の死因!孤独死の最期・嫁2人や息子・背中の痛みなど病気の前兆も総まとめ

長塚圭史(常盤貴子の旦那)の子供や現在!真木よう子とのW不倫騒動・離婚危機の噂と真相も総まとめ

根津甚八の若い頃と嫁や息子の現在!事故や病気・晩年と死因も総まとめ

坂本真(俳優)が逮捕!嫁と子供など家族・ライアーゲームなど代表作まとめ

黄川田将也の現在!彼女・北川景子との仲・結婚や消えた噂も総まとめ

高橋幸治の現在!若い頃の織田信長・嫁や息子・田舎でスローライフの噂まとめ

阿部力の現在!嫁や子供・上原多香子との不倫や流出キス画像・その後を総まとめ

大和田獏の兄は大和田伸也!実家の父親と母親を含めた家族情報まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

あやまんJAPANの現在&歴代メンバー人気順ランキングまとめ【2020年版】

高畑裕太の現在と事件!ハニートラップ説&被害者の相手女性や真実を総まとめ

リリー=ローズ(ジョニーデップ娘)の現在!身長や足太い噂・ティモシーシャラメなど歴代彼氏との熱愛と破局まとめ

坪野鉱泉失踪事件・少女2人の現在と真相まとめ!冝保愛子も訪れた心霊スポット

ショーンKの現在!経歴や学歴詐称&本名や身長とハーフ疑惑も総まとめ

堀越のりの今現在!旦那や子供・引退理由の子宮頸がん・復帰の可能性も総まとめ

拳月(相良正幸)の生い立ちと現在!弘道会や逮捕歴・出身の奄美大島まとめ

家鋪さくら(やしきたかじん嫁)の現在!過去や遺産目当て説など黒い噂と正体も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

田中れいなの現在!モー娘。卒業理由・歴代彼氏と結婚や旦那の噂も総まとめ

大山のぶ代の現在!旦那の砂川啓介の死因や子供・闘病生活や老人ホーム生活も総まとめ【元ドラえもん声優】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す