木戸修の若い頃や現在!嫁や子供(娘/木戸愛)・入場曲や最強伝説・豪邸の自宅も総まとめ

木戸修さんはいぶし銀スタイルが人気だった元プロレスラーで、娘はプロゴルファーの木戸愛さんです。

 

今回は木戸修さんのプロフィールと若い頃の活躍、最強伝説や入場曲、結婚した嫁や子供、豪邸との噂の自宅、死因や現在もまとめました。

木戸修のプロフィール:いぶし銀のプロレスラー&娘は木戸愛

生年月日:1950年2月2日

出身地:神奈川県

所属:ビッグマウス

 

木戸修さんはプロレスラーで、「いぶし銀」であることで知られていました。

 

デビュー以来、「日本プロレス」「新日本プロレス」「UWF」「ビッグマウス」などのプロレス団体で活躍。関節技を得意とし、天龍源一郎さんらと対戦しています。

 

また、長女の木戸愛さんはプロゴルファーとして活躍中です。

 

 

木戸修の若い頃の経歴① 1969年にプロレスラーとしてデビュー

 

木戸修さんは、1968年にプロレス団体「日本プロレス」へと入門。翌年の1969年にデビューを果たしました。

 

しかし、アントニオ猪木さんが同団体を除名されたことを機に、藤波辰爾さんとともに退団。1972年に新たなプロレス団体「新日本プロレス」の旗揚げメンバーとなります。

 

木戸修さんはインタビューで、当時について以下のように振り返っていました。

 

――日本プロレスを飛び出して正解でしたか?

「俺は政治的なことは何も知らなかったし、わからない。でも、猪木さんを先頭にして『プロレス界を良くしよう』とみんなが一丸となっていた。最初は苦労したけど、苦労なんて思ったこともなかったな。実際にどんどん良くなっていったろ」

 

引用:“いぶし銀”木戸修が語る師アントニオ猪木への想い 「いなかったら、俺の今はない」

 

その後、藤波辰爾さんと西ドイツへと遠征。アメリカ合衆国へも赴き、「カール・ゴッチ道場」でレスリングを学んだとのこと。

 

カール・ゴッチ道場のカール・ゴッチさん本人から指導を受け、高く評価されていたといいます。

 

 

木戸修の若い頃の経歴② UWF参加を機に”いぶし銀”と注目される

 

木戸修さんは帰国後、目立たないファイトスタイル・性格が災いし、活躍のチャンスをつかめずにいました。

 

出場するのはいつも前座試合ばかりで、当初ライバル的立ち位置にいた藤波辰爾さんと大きく差をつけられてしまいます。

 

しかし、1984年にプロレス団体「(第1次)UWF」へと参加したことが天機となり、そのグラウンドテクニックにファンが注目。”いぶし銀”と表現されるようになりました。

 

また、翌年の1985年には、UWF内の「格闘技ロード公式リーグ戦」で優勝しています。

 

UWF崩壊後に新日本プロレスへと復帰すると、UWFでの勢いそのままに新日本プロレスでも活躍しはじめた木戸修さん。

 

1986年には前田日明さんと「IWGPタッグ王座」にも輝いています

 

 

木戸修の若い頃の経歴③ 北海道・札幌で絶大な人気を誇る

 

木戸修さんは大技が定番化していく中でもマインドを変えず、いぶし銀なスタイルを貫き、”新日本の良心”とまで評されるように。

 

特に、北海道・札幌ではハプニングが頻発し、木戸修さんの試合をしっかり観られる機会が少なかったためか、木戸修さん人気が白熱。

 

札幌男“と呼ばれるほどの人気で、札幌大会では木戸修さんの応援のぼりが会場中に立ったほか、札幌後援者から贈られたハッピを来て登場した際には大歓声に包まれました。

 

木戸修さんは当時の札幌ファンの熱狂ぶりについて、インタビューで以下のように振り返っています。

 

友達はいたけどな。なんで、かな? 俺も理由はわからないけど、ありがたかったな。後楽園ホールでも、俺の応援団みたいな人たちがいたよね。やっぱり声援を受けると、力が出るよ。そりゃそうだよな。札幌は食べ物もおいしいし、最高だよ。夏の札幌に冬の札幌。どちらも魅力たっぷりで大好きなところだった

 

引用:“いぶし銀”木戸修氏の優雅なセカンドライフ 娘の結婚にも言及「孫の顔見たい、はない」

 

 

木戸修の若い頃の経歴④ 得意の関節技で天龍源一郎を破る

1990年代に入ると、さらに木戸修さんの知名度は上昇。

 

1990年開催の日本プロレスとの対抗戦では、木村健悟さんとタッグを組み、ジャンボ鶴田さん・谷津嘉章さんと対戦。ジャンボ鶴田さんと渡り合いました。

 

1992年からは、プロレス団体「WAR」との対抗戦で、天龍源一郎さんと対戦。

 

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

圧倒的なパワーを誇る天龍源一郎さんに対し、得意とする関節技を次々と繰り出し、ついには天龍源一郎さんの右腕を破壊します。

 

 

木戸修の若い頃の経歴⑤ 2001年に引退するも2005年に復帰

 

木戸修さんは、2001年に一度引退しています。

 

引退記念興行では長州力さんとタッグを組み、藤波辰爾さん・木村健悟さんと戦い、同試合を以て現役を引退しました。

 

しかし2005年、プロレス団体「ビッグマウス」にてプロレスラーへと復帰。2007年には、プロレスイベント「ハッスル」において、ハッスル軍のコーチを担当しました。

 

その後、2010年にプロレス・総合格闘技団体「IGFプロレスリング」が開催した「アントニオ猪木50th Anniversaryスーパーレジェンドマッチ」に参加。

 

お馴染みである藤波辰爾さんとタッグを組み、初代タイガーマスクさん・藤原喜明さんと対戦しました。

 

なお、同試合が木戸修さんにとっての現役最後の試合となっています。

 

猪木さんが主宰した旧IGFの2010年2月22日JCBホール大会に参戦した。藤波と組み、初代タイガーマスク、藤原喜明組と豪華なレジェンドタッグ戦で、木戸さんも持ち味を出し尽くし、15分時間切れ引き分けの熱闘を繰り広げた。この試合がレジェンドマッチのはしりとされるが、木戸さんにとってはくしくも師匠のリングが最後の試合となった。

 

引用:木戸修さん 最後の表舞台は猪木さんとの〝再会〟

 

木戸修の家族:兄もプロレスラー&練習中の事故で車椅子生活に…

 

木戸修さんには3歳年上の兄がいました。

 

実はその兄もプロレスラーで、1962年に日本プロレスへと入団。同年デビューを果たしますが、練習中に受け身を失敗したことで下半身不随となり、車椅子生活を余儀なくされました。

 

木戸より3歳年長の兄、時夫は、1962年に力道山率いる日本プロレス入り。体も大きく、柔道とバスケットボールをたしなみ、何より明るい性格の時夫は、修にとって、「自慢の兄だった」という。周囲の期待も大きかった時夫は、同年7月にデビュー。ところが、その後、練習中に受け身を誤り、頚椎を損傷。下半身不随となり、プロレスラーとしての道を断たれていた。

 

引用:いぶし銀のテクニック、関節技の鬼…木戸修さんが33年間胸にしまっていた“兄への思い”

 

そんな状況もあって、木戸修さんがプロレスラーになると打ち明けた際に両親は猛反対。

 

しかし、木戸修さんは両親へ打ち明ける前にひとりで高校を中退、入門手続きを済ませていたのです。

 

兄の事故後、日本プロレスの道場を父と訪ねたことがあった。父にとっては、事故の補償 の確認のためだったが、修は既にこの時、プロレス入りを決めていた。当時は合宿所がなく、どんな選手も家から通う形だったため、家族も気付かなかったのだった。高校は中退していた。寡黙に過ぎる、修の行動。それは、家族に言えば、確実に反対されることを見越しての弟の固い決意の表れだった。

 

引用:いぶし銀のテクニック、関節技の鬼…木戸修さんが33年間胸にしまっていた“兄への思い”

 

木戸修さんはのちのインタビューで、兄のケガながければプロレスラーにはなっていなかったとも語っていました。

 

 

木戸修の最強伝説:数々のプロレスラーが認めたその実力

 

木戸修さんは派手な技を出すわけでもなく、圧倒的な強さを誇っていたわけでもないのですが、一部のプロレスファンやネット民の中には”木戸修最強説”を唱える人も少なくありません。

 

また、”脇役”のイメージの強い木戸修さんですが、あのアントニオ猪木さんが木戸修さんの実力に嫉妬し、試合を組まなかったというエピソードも。

 

また、カール・ゴッチさんも木戸修さんについて”究極の技巧派“と表現しています。

 

アントニオ猪木、藤波辰爾ら盟友と日本プロレス退団後の72年、新日本プロレスの旗揚げメンバーになった。76年の渡米後は「プロレスの神様」カール・ゴッチに師事。レスリング技術を学び「マイ・サン(私の息子)」と気に入られ「究極の技巧派」と呼ばれた。

 

引用:「いぶし銀」木戸修さん73歳死去 「神様」カール・ゴッチに「私の息子」と気に入られた職人肌

 

 

木戸修の歴代入場曲を紹介

 

ここでは、木戸修さんの入場曲について紹介します。

 

木戸修の入場曲① ブルー・インパルス/タイト・ロープ

出典:https://www.mod.go.jp/

 

木戸修さんはタイト・ロープのブルー・インパルスを入場曲としていた当時、前座での出番が多く、入場曲が省略されることも多かったのだとか。

 

また、タッグを組んだ相手の入場曲が優先されがちでした。

 

木戸修の入場曲② BLACK-RIDER/都倉俊一グランド・オーケストラ

※動画は別のバンドによる演奏です

 

 

木戸修さんの入場曲と言えば、この曲を想起される方も多いのではないでしょうか。

 

この曲は、フジテレビ系列で放送されていた音楽番組「ビッグベストテン」のテーマ曲でもあります。

 

また、元々は1979年に公開された映画「夢一族 ザ・らいばる」の劇中歌なのだそうです。

 

 

木戸修は1988年に結婚・嫁は栄養学校の元講師

 

木戸修さんは1988年に結婚していますが、嫁についての詳細はあまり語られていません。

 

メディアが報じたところによれば、嫁は結婚当時、栄養学校の講師だったのだとか。

 

嫁は結婚する前、「プロレスラー(木戸修さん)と結婚する」と5年ほど上の先輩に打ち明けたそう。

 

するとその先輩は心配になり、プロレス好きの知り合いに木戸修さんの印象を聞いて回ったところ、どの人も「おそらく一番真面目な選手」「勤勉」「実直」などと口にしたといいます。

 

 

木戸修の子供:娘が2人・長女はプロゴルファーの木戸愛

  •  
  • 木戸修さんには2人の娘がいます。

 

長女の木戸愛さんは現在、プロゴルファーとして活躍。次女・侑来さんも過去にプロテストに挑戦しているとのことです。

 

また、木戸修さん自身もゴルフ好きなのだとか。

 

ゴルフを始めたのは1980年かな。新日本の経営が上向いてきて、上の人はみんな始めた。坂口(征二)さん、倍賞(鉄夫)さん、猪木さんはたまに……という感じ。ティーショットは新弟子のほうが飛ばしたりするよ。闘魂三銃士の中でゴルフをしてたのは橋本(真也)と武藤(敬司)かな。橋本は当たれば飛ぶけど、めちゃくちゃな所に打つからスコアにならない(笑)。

 

引用:俺の趣味! 第10回 木戸修 ゴルフを語る!「娘たちから心構えを聞かれたりしたら、僕なりにアドバイスはします」

 

そして、娘2人にも早くからゴルフをさせるようになったといいます。

 

娘たちにも子供の頃からゴルフをやらせてたよ。遠方のゴルフ場に行くときは、車のシートをフラットにして娘たちはグ~グ~寝ながら練習に向かう。子供にしてみれば遠足感覚で楽しかったんだろうね。

 

引用:俺の趣味! 第10回 木戸修 ゴルフを語る!「娘たちから心構えを聞かれたりしたら、僕なりにアドバイスはします」

 

木戸愛さんがプロゴルファーとなった2008年前後は、娘の送迎はもちろん、キャディをするなどゴルフ場に同伴する木戸修さんがよく目撃されていました。

 

現役引退後、ゴルファーを目指した娘・愛の育成も力を注ぎ、ジュニア時代は車の送迎役も買って出た。プロとなった愛のツアーにも帯同し、送迎などを担当しながら18ホールを歩いて応援。自宅でトレーニングを続けていることも明かしていた

 

引用:元新日本プロレス木戸修さん死去73歳「キド・クラッチ」いぶし銀の活躍 娘はゴルファー木戸愛

 

また、「名門高校で鍛えた方がいい」とゴルフ部の名門である東北高校への進学を勧めたのも、木田修さんなのだそうです。

 

娘たちから心構えを聞かれたりしたら、今でも僕なりにアドバイスはします。でも、あとは本人の気持ち次第。プロはなんでも本人次第だよね。やるべきことをやって頑張るしかない。ふたりとも負けず嫌いだしね。小さい頃には、ちょっとスクワットとかやらせたことがあった。軽く50回くらいだけど、一生懸命やってましたよ。

 

引用:俺の趣味! 第10回 木戸修 ゴルフを語る!「娘たちから心構えを聞かれたりしたら、僕なりにアドバイスはします」

 

木戸修の自宅は一等地にある豪邸・若い頃から不動産を所有していた?

 

前田日明さんいわく、木戸修さんは現役当時から、引退後の生活をしっかりと考えていたそうで、若い頃から不動産を所有していたとの噂もあります。

 

そんな木戸修さんの自宅は”豪邸”だと有名で、神奈川県横須賀市の一等地に建てられています。

 

木戸本人を、自宅で取材する機会があり、驚いた。神奈川県横須賀市の南東にある、歴史ある一等地に、豪邸を建てていた。財産として、若い頃から不動産を所有していたとも聞いていた。往年のプロレス実況アナ、古舘伊知郎が付けた“寡黙なダンディズム”なる異名宜しく、インタビューは粛々と進んだが、木戸が笑顔を見せた瞬間があった。

 

引用:いぶし銀のテクニック、関節技の鬼…木戸修さんが33年間胸にしまっていた“兄への思い”

 

また、かつてアメリカ合衆国でレスリングを学んだ師、カール・ゴッチさんも来日の度に木戸修さんの自宅を訪れていたようです。

 

4人家族でゲストを泊められるということは、部屋数も多そうですよね。

 

「(カール・)ゴッチさんはね、来日すると、必ずウチに泊まってくれたんですよ」

 プロレス界の中でも、妥協なき強者として知られたカール・ゴッチ。その、関節技を始めとする峻烈なテクニックを受け継ぎ、前出のように“息子”と呼ばれた木戸も、スター選手たちをきりきり舞いさせた。

 

引用:いぶし銀のテクニック、関節技の鬼…木戸修さんが33年間胸にしまっていた“兄への思い”

 

木戸修の現在① 2023年に死去している・死因はがんで享年73歳

 

木戸修さんは2020年を最後に、表舞台からは姿を消しました。

 

そして2023年12月11日に死去。享年73歳で、死因はがんとのことです。

 

がんによる闘病生活は長かったようで、容体が急変し救急搬送されましたが亡くなられました。

 

新日本プロレスで活躍し「いぶし銀」として知られた元プロレスラー木戸修さんが死去したことが14日、分かった。11日の午後10時過ぎ、神奈川・横須賀市内の病院で亡くなった。73歳だった。同日、容体が急変し、自宅から救急搬送されて息を引き取った。

関係者によると、数年前から、がんを患っており、抗がん剤治療などを受け続けていたという。

 

引用:元新日本プロレス木戸修さん死去73歳「キド・クラッチ」いぶし銀の活躍 娘はゴルファー木戸愛

 

娘である木戸愛さんは、自身のインスタグラムで父親の死について以下のように心境をつづっています。

 

とても優しく、強く、かっこいい、大好きな父でした。本当に逢いたいです。毎日、一生想い続けて生きていきます。父に逢いに行く日まで、ゴルフも人生も最後の最後まで一生懸命頑張ります。父の教えを守り、強く生きます。父の娘であることを誇りに想います

 

引用:木戸愛「優しく、強く、かっこいい、大好きな父でした」元プロレスラーいぶし銀の父木戸修氏追悼

 

木戸修の現在② 娘の木戸愛が2023年に結婚

 

木戸修さんの娘・木戸愛さんは、2023年12月1日に結婚していたことを公表しました。

 

同年8月に入籍し、父親である木戸修さんにも報告済みだったとコメントしています。

 

友人らとのバーベキューパーティーで知り合った同い年の男性と、7年の交際期間を経てゴールイン。実家のある神奈川・横須賀市役所に婚姻届を提出した8月8日は、付き合い始めた日だった。プロポーズは昨年のクリスマス。「その日が来ることをずっと待っていました。『お願いします』と返事しました」。元プロレスラーの父・修氏(73)も祝福してくれたという。

 

引用:木戸愛、8月に結婚していた お相手は「もう少し待ってください」  最終QTは9位浮上/国内女子ゴルフ

 

当初、旦那が誰なのか明言していませんでしたが、その後、旦那はプロゴルファー・神農洋平さんであると明かしました。

 

8月8日に結婚したお相手がプロゴルファーの神農洋平(33)だと公表した。男子の小平智(アドミラル)らとともに仲間でバーベキューを楽しんだことがきっかけで交際が始まったといい、中大出身で身長183センチのイケメンだ。木戸は「これからのことは住居も含めてこれからオフに相談する予定です。しっかりオフを過ごしてツアー2勝目に向かって頑張りたい」と語った。

 

引用:木戸愛が結婚!お相手はプロゴルファーの神農洋平「しっかりオフを過ごしてツアー2勝目を」女子ゴルフ

 

ちなみに、木戸修さんは過去に受けたインタビューで、娘2人の結婚について問われた際に以下のように回答しています。

 

――お嬢さんたちに結婚のお話は?

「まだないな。連れてきたら……文句はないよ。娘たちが自分で選んだ人なんだから。幸せになってくれれば、それでいい」

 

引用:“いぶし銀”木戸修氏の優雅なセカンドライフ 娘の結婚にも言及「孫の顔見たい、はない」

 

 

まとめ

木戸修さんはプロレスラーで、1969年にデビューして以来、各プロレス団体にて第一線で活躍してきました。

 

デビュー当時はあまり注目されなかったものの、UWF参加を機にその”いぶし銀”スタイルに注目が集まり、知名度と人気を高めます。

 

プライベートでは1988年に結婚し、2人の子供が誕生。どちらも娘で、長女である木戸愛さんは現在、プロゴルファーとして活躍中です。

 

木戸愛さんは2023年に結婚していますが、木戸修さんが亡くなる前に結婚報告もできたといいます。

 

木戸修さんが亡くなってしまったのは残念ですが、その最強とも言えるこれまでの名試合はこれからもプロレスファンを魅了し続けていくのではないでしょうか。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

宮川泰介の就職先など現在!日本大学アメフト反則タックル事件・父親や家族・韓国出身の噂も紹介

白井球審(白井一行)の現在!誤審や声・なんJでの人気・有能やクビの噂など総まとめ

萩原智子の若い頃や現在!結婚した旦那と子供・父親の荻原健一・夫の不倫騒動も総まとめ

上田桃子が結婚?彼氏の小川起央との現在/斉藤和巳との不倫疑惑も総まとめ

久保田和真の現在!さやかへのDVと書類送検・結婚や九電工退社の噂などその後も総まとめ

江夏豊の現在!伝説の成績・薬(覚醒剤)での逮捕事件とその後まとめ

デーブ大久保の現在!嫁と子供や孫・イチローや菊池雄星への不祥事・選手から無視された噂など総まとめ

山川麻衣子(山川穂高の嫁)の結婚の馴れ初めや子供は?経歴とプロフィールもまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

岡本圭司(スノーボード)の現在!結婚した嫁と子供・事故での怪我やリハビリも総まとめ

千紗の現在!旦那の北島康介との子供や結婚も解説【元girl next door】

平岡卓の現在!父と母など家族・車での事故・書類送検や裁判などその後まとめ

西村まこ(住吉会の元女ヤクザ)の現在!生い立ちや若い頃・旦那と子供など家族も総まとめ

伊藤えみの現在!結婚や旦那・身長や写真集と水着画像・病気と手術の公表まとめ

明石花火大会歩道橋事故の死因は圧死?4つの原因や犠牲者・その後と現在まで総まとめ

エビアンクーの現在!何人?ブサイク?澁澤侑哉(ゆうや)との熱愛や破局も総まとめ【テラスハウス】

霜月るなの現在!歴代彼氏や結婚・田中聖/SATORU/知念勝太/との交際・松本人志への発言・本名と経歴もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

井上拓真の結婚や嫁と子供は?父親と母親など家族・不倫スキャンダルとフライデーまとめ【井上尚弥の弟】

佐津川愛美の現在!家族や結婚・榊英雄の映画「蜜月」性被害の役・経歴やプロフィールまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す