夏目雅子の死の原因!兄や姪&夫と子供など家族/最後の写真も総まとめ

1970年代半ばにデビューし瞬く間に絶大な人気を獲得しながら、1985年に白血病に倒れ、人気絶頂の中27歳の若さでこの世をさった女優・夏目雅子さんが話題です。

 

ここでは夏目雅子さんの経歴や、父や母、兄弟、姪などの家族、夫の伊集院静との結婚や子供、本当の死因、伝説化された最後の写真の真相などについてまとめました。

夏目雅子のプロフィール

 

夏目雅子のプロフィール

 

本名  :西山雅子(旧姓・小達)

生年月日:1957年12月17日

没年月日:1985年9月11日(享年27歳)

出生地 :東京都渋谷区宮代町

出身地 :神奈川県横浜市中区山手

身長  :164cm

血液型 :B型

 

夏目雅子さんは、1970年代の終わりから、1980年代半ばにかけて国民的な人気を誇った女優です。人気絶頂だった1985年に「急性骨髄性白血病」を患い、7ヶ月にわたる闘病を経て27歳の若さでこの世を去りました。

 

夏目雅子さんの女優としての活動期間はわずか10年に満たないものでしたが、その神々しいまでの美しさとその演技の魅力は現在でも伝説的に語り継がれており、多くの人々に愛され続けています。

 

 

 

夏目雅子の経歴① 生い立ち〜学生時代

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

夏目雅子さんは、江戸時代には徳川将軍家の御典医を務めた名家・小達家で生まれました。この小達家は、明治時代には「赤門堂」という薬問屋を開業し、昭和期には屋号を「亀甲屋」として、戦後は輸入雑貨屋に転じて成長しました。

 

夏目雅子さんが生まれた頃には、四谷に自宅兼店舗の「亀甲ビル」を構え、幼少時代の雅子さんもここで成長しています。

 

小学3年生の頃に夏目雅子さんは、TBSのテレビドラマ「チャコちゃんハーイ!」を観て女優に憧れ、子役を夢見ますが、芸能界の不信感を抱いていた母のスエさんの反対によって叶いませんでした。

 

夏目雅子さんは、私立の名門校「東京女学館小学校」を経て「東京女学館中学校・高等学校」へと進学。17歳の頃に、イタリア・フランス・ソ連の合作映画「ひまわり」を鑑賞し、主演女優のソフィア・ローレンに憧れ、再び本格的に女優を目指すようになりました。

 

1976年、夏目雅子さんは「東京女学館短期大学」へと進学しフランス語を専攻。その入学直後に、貿易商だった父の友人の伝手で、タオルメーカー「内野株式会社(現在のUCHINO)」のテレビコマーシャルに出演します。

 

これは夏目雅子さんにとっての初めての芸能活動挑戦であり、本格的デビューというものではありませんでしたが、東京女学館は校則が厳しく、これが原因で短大を中退する事になっています。

 

 

夏目雅子の経歴② 芸能界デビュー後

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

1976年、短大を中退した夏目雅子さんは日本テレビの昼のドラマ「愛が見えますか…」のオーディションに挑戦。486人もの応募者の中から見事ヒロインの座を勝ち取り、盲目の女性の役を演じました。

 

この時の夏目雅子さんは演技は全くの素人であり、あるシーンでは57回も連続でNGを出され「お嬢さん芸」と揶揄されたそうです。

 

しかし、このドラマ出演によってその美貌は注目される事となり、1977年にカネボウ化粧品のテレビCMシリーズ「クッキーフェイス(ファンデーション・サンケーキのCM)」のイメージキャラクターに抜擢されます。

 

 

このテレビCM出演は話題を呼び、夏目雅子さんの知名度は急上昇し、夏目雅子さんの水着姿のポスターが全国で盗難される騒ぎが起こるほどの人気を獲得しました。

 

夏目雅子さんは、このテレビCMで使用された楽曲「Oh!クッキーフェイス」を日本語でカバーし、レコードデビューも果たしています。

 

同年放送のTBS系列の連続ドラマ「すぐやる一家青春記」にヒロイン役として出演。同年公開映画「トラック野郎・男一匹桃次郎」でもヒロインとして出演するなど、デビューからわずか1年で夏目雅子さんは絶大な人気を獲得しました。

 

出典:https://twitter.com/

 

1978年には、日本テレビの大ヒットドラマ「西遊記」で三蔵法師役を坊主頭にして演じ、その神々しいまでの美しさが話題を呼びました。1979年放送の同ドラマの第2シーズンにも同じく三蔵法師役で出演しています。この作品が夏目雅子さんのブレイクを決定づける事になり、当時の若手人気ナンバー1女優の1人としてバラエティ番組にも出演するようになりました。

 

しかし、夏目雅子さんはタレントよりも本格女優を志向していたため、P&M事務所から文学座と繋がりの強い其田事務所へと移籍し、それ以降は女優を中心に活動しています。

 

出典:https://twitter.com/

 

1980年には、夏目雅子さんはドラマ「虹子の冒険」で、連続ドラマ初主演を果たし、NHKのスペシャルドラマ「ザ・商社」ではヒロインのピアニスト役を演じ、上半身ヌードシーンにも果敢に挑戦しました。また、同年公開の映画「二百三高地」でもヒロイン役を好演。

 

夏目雅子さんは、これら一連の作品での迫真の演技によって、それまでの「お嬢さん女優」のイメージを払拭し本格派女優として高い評価を得るようになりました。

 

出典:https://twitter.com/

 

1981年にはドラマ「野々村病院物語」での外科医師を不倫関係にある看護主任役や、NHK大河ドラマ「おんな太閤記」のお市の方の役など、憂いのある女性を次々演じ、新たな大人な女性のイメージを確かなものとしました。

 

出典:https://twitter.com/

 

1982年公開の映画「鬼龍院花子の生涯」では、主人公・松江の役を演じヌードシーンも含めて熱演。作中での「なめたらいかんぜよ」は流行語にもなりました。

 

この作品で、夏目雅子さんはブルーリボン賞の主演女優賞を受賞し、演技は女優としての地位を確立しました。しかしこの時、夏目雅子さんはあえて「これからもお嬢さん芸でがんばりたい」とスピーチし、これも話題を呼びました。

 

翌1983年には、NHK大河ドラマ「徳川家康」や、映画「小説吉田学校」、映画「魚影の群れ」にそれぞれメインキャストとして出演しています。

 

1984年にも、映画「瀬戸内少年野球団」などに出演し活躍を続けました。

 

出典:https://twitter.com/

 

順風満帆に女優としての成功の階段を登っていた夏目雅子さんでしたが、1985年2月、主演舞台「愚かな女」の公演の最中に、口の中に大きな口内炎ができる、激しい頭痛などの極度の体調不良を訴えた夏目雅子さんは慶應義塾大学病院に緊急入院します。

 

医師により「急性骨髄性白血病」と診断されますが、それは夏目雅子さん本人は告げられず「重度の貧血」とだけ告げられました。医師は関係者には「絶対に仕事をするのは無理」と告げ、舞台「愚かな女」の中止が決定。

 

念願の初主演舞台の中止を聞いた夏目雅子さんは取り乱し、「ここから飛び降りてデモ舞台に戻る」と訴えたそうです。

 

夏目雅子さんはそれから7ヶ月にわたる闘病生活を送りますが、1985年9月11日に27歳の生涯を閉じました。その早すぎる死は多くの関係者やファンから惜しまれました。

 

 

 

夏目雅子の家族① 父・小達宗一

 

夏目雅子さんの父は小達宗一さんという方で、輸入雑貨販売業を営む「亀甲屋」を経営し、順調に成長させました。東京オリンピックで道路が拡張されたのに合わせて、店舗をビルに建て替え、貸しビル業でも成功を収めました。

 

この父・小達宗一さんは、夏目雅子さんの芸能界入りを家族の中で最も応援していた人物でした。

 

夏目雅子さんが女優として成功を収めた1979年に、スキルス性胃癌を患い、その翌年に47歳の若さで亡くなっています。この時、夏目雅子さんは父の手術に立ち会うと言って聞かず、実際にその一部始終を見届けたそうです。夏目雅子さんは父・小達宗一さんをどれほど愛していたのかが伝わります。

 

 

 

夏目雅子の家族② 母・小達スエ

 

出典:https://lh3.googleusercontent.com/

 

夏目雅子さんの母は、1933年8月3日生まれ群馬県沼田市出身の小達スエさんという方です。

 

夏目雅子さんの母・小達スエさんは、野村一郎・ミキ夫妻の三姉妹の末っ子で、若い頃はスキーや水泳が好きな活発な女性だったそうです。

 

1953年、20歳の時に夏目雅子さんの父の小達宗一さんと出会い結婚。小達スエさんは、小達家に嫁いでからは「亀甲屋」の若女将として、多くの従業員を束ねてよく働き、「亀甲屋」が成長するのに大きな役割を果たされたそうです。

 

小達スエさんは、結婚の翌年に夏目雅子さんの兄の小達一雄さんを出産し、1957年に第二子として夏目雅子さんを出産しました。小達スエさんは芸能界を嫌っており、夏目雅子さんは小学3年生の頃に子役になりたいと望んだ時にも猛反対しています。

 

その後、夏目雅子さんが女優として成功を収めてからも、母・スエさんの芸能界を嫌う気持ちは変わらず、「小達」の苗字を使う事を許しませんでした。また、夏目雅子さんが時間がなく仕事用のメイクで帰宅した際には「小達雅子に戻ってから帰って来い」と激怒したというエピソードも知られています。

 

頑なに夏目雅子さんの芸能界入りに否定的だった母のスエさんでしたが、夏目雅子さんが急性骨髄性白血病を発症してからは、心境が変化し、夏目雅子さんのこれまでの作品を全て観て、それについて夏目雅子さんに話しかけたりしたそうです。

 

夏目雅子さんが亡くなった後には、抗がん剤治療で毛髪が抜けて苦しむ人のためにカツラを無償で提供したり、骨髄や抹消血管のドナー呼びかけなどを行う「夏目雅子ひまわり基金」を設立し、その代表を務めました。

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

1997年には、夏目雅子さんとの母娘の日々を綴った手記「ふたりの雅子」を出版されています。

 

晩年は難病指定されている「進行性核上性まひ」を患い、2008年5月に亡くなられています。享年は74歳でした。家族や友人らに囲まれて穏やかに息を引き取られたそうです。

 

 

 

夏目雅子の家族③ 兄・小達一雄

 

出典:https://twitter.com/

 

夏目雅子さんの兄は小達一雄さんという方で、1954年生まれで夏目雅子さんの3歳年上です。

 

映像ソフト制作や芸能プロダクション事業などを展開する「スイート・ベイジル・エンタテインメント」の元社長で、現在は「夏目雅子ひまわり基金」の代表を務められています。

 

小達一雄さんは3度結婚しており、3度目の結婚は1991年、相手は夏目雅子さんの親友だった女優の田中好子さんでした。この結婚について一部週刊誌が不倫略奪婚だったと報じていましたが真偽不明です。

 

田中好子さんは2011年に55歳の若さで亡くなられた時には、小達一雄さんが悲しみ懸命に涙を堪える姿が複数のメディアで報じられました。

 

 

 

夏目雅子の家族④ 弟・小達敏昭(プロゴルファー)

 

出典:https://www.youtube.com/

 

夏目雅子さんの11歳年下の弟は、現在もプロゴルファーとして活躍する小達敏昭さんです。

 

夏目雅子さんの弟・小達敏昭さんは、10歳でゴルフを始めましたが、両親は家業を継ぐかサラリーマンになる事を望んでいました。高校生になり、今後の進路を猛勉強していい大学に進むか、日大ゴルフ部から来ていた推薦の話をもらうかで迷っていた小達敏昭さんは、白血病に倒れ病床の姉・夏目雅子さんに相談したそうです。

 

すると、夏目雅子さんは弟に「やりたい事をやるべき。私がお母さんに言ってあげる」と応援してくれたのだそうです。

 

小達敏昭さんはこの姉の言葉で日大に進んでプロゴルファーを目指す事を決意されたという事でした。

 

 

 

夏目雅子の家族⑤ 姪・風間柚乃(宝塚男役スター)

 

出典:https://twitter.com/

 

夏目雅子さんの弟・小達敏昭さんの娘は、宝塚歌劇団月組の男役スターとして人気の高い風間柚乃さんです。

 

風間柚乃さんは、現在も夏目雅子さんの姪として度々話題になっています。

 

 

 

夏目雅子の家族⑥ 姪・楯真由子(女優・歌手)

 

出典:https://twitter.com/

 

夏目雅子さんのもうひとりの姪にあたるのが、兄の小達一雄さんの田中好子さんの前の妻との間にできた子供の楯真由子さんです。

 

楯真由子さんは1997年のNHK朝ドラ「あぐり」や、2005年の連続ドラマ「野ブタ。をプロデュース」などに出演し女優として活躍されていました。幼少期に祖母から叔母の夏目雅子さんによく似ていると言われ、その夏目雅子さんの生前の作品を見て感銘を受け7歳の頃に女優を志したのだそうです。

 

しかし、夏目雅子の姪と周囲から期待の目で見られた事から精神のバランスを崩し、22歳だった2010年に芸能界から事実上の引退しています。

 

23歳時に一般男性と結婚し、子供を儲けますがわずか1年で離婚しています。

 

その後は、元々好きだったというアニメやゲーム、サブカルの分野に活躍の場を移し、アニソンバンドのボーカルや、秋葉原のライブカフェでメイドシンガーとして「Mayuli」の名義で活躍されています。

 

現在は生活していくために作った借金があるのだそうで、東京蒲田のキャバクラで週3回働きながら子供と母親と共に暮らしているという事です。

 

 

 

夏目雅子の家族⑦ 夫・伊集院静(作家)

 

出典:https://twitter.com/

 

夏目雅子さんは死の前年の1984年に結婚されています。夫は作家の伊集院静さんです。伊集院静さんのベストセラーとなったエッセイ集「男の流儀」には、夏目雅子さんとの結婚生活について書いた「愛する人との別れ〜妻・夏目雅子と暮らした日々」が収録されています。

 

夏目雅子さんのブレイクのきっかけとなったカネボウ化粧品のCM「クッキーフェイス」を、当時CMディレクターだった伊集院静さんが担当したのが出会いのきっかけだったそうです。

 

 

 

夏目雅子は伊集院静と不倫の果てに結婚した

 

出典:https://twitter.com/

 

実は、夏目雅子さんの夫の伊集院静さんは、夏目雅子さんとの交際を始めたころ別の女性と結婚して子供がおり、2人は不倫の関係でした。

 

伊集院静さんはこの最初の妻と1980年に離婚しているので、実際に不倫していた期間は約3年から4年ほどだったと思われます。

 

さらに、伊集院静さんは夏目雅子さんとの交際をスタートさせる前から女優の桃井かおりさんとも交際しており、伊集院静さんは二股をかけて三角関係だったと言われています。

 

 

 

夏目雅子は伊集院静との子供を複数回堕している

 

出典:https://twitter.com/

 

夏目雅子さんは伊集院静さんとの不倫期間中に複数回子供を妊娠し、その度に堕しているようです。

 

この話は夏目雅子さんの生前は秘密にされてきましたが、その後伊集院静さんが、夏目雅子さんとの出会いから死までをモチーフにしたとみられる短編小説「乳房」を発表し、その中で自身を主人公にしたと思われる男が、夏目雅子さんをモデルにしたと思われる女性を4度妊娠させ、その度に子供を堕し、ついにはもう子供は妊娠できない身体になったという内容を書いている事から噂になりました。

 

さらにその後、母の小達スエさんが発表した手記「ふたりの雅子」の中で、夏目雅子さんが伊集院静さんとの子供を堕胎している事を書いているので、この話は事実だと言われています。

 

 

 

夏目雅子の死の原因は急性骨髄性白血病ではなく肺炎

 

出典:https://twitter.com/

 

夏目雅子さんの死因は一般的には広く「急性骨髄性白血病」だと言われている事が多いのですが、実際には新薬を用いた結果、白血病の病状は収まり寛解と言われてる状態にまでなって、順調な回復を見せていました。

 

夏目雅子さんは、一時は復帰間近とも報じられていましたが、抗がん剤の治療によって免疫力が低下したタイミングで風邪をこじらせてしまい、併発した肺炎によって亡くなられたのが本当の死因でした。

 

兄の小達一雄さんによれば、夏目雅子さんは肺炎になってから意識が混濁し、それからわずか数日の間に亡くなってしまったそうで、家族や医師にとっても予想外の出来事だったそうです。

 

 

 

夏目雅子の伝説の「最後の写真」の真相とは

 

出典:https://www.pinterest.jp/

 

夏目雅子さんの死の3週間前に病室で撮影された「最後の写真」と噂される写真が存在します。

 

これは、夏目雅子さんが真っ赤な襦袢を着て、手のひらから何か細かな紙のようなものを息で吹き飛ばしている瞬間を捉えた写真です。

 

2017年、夏目雅子さんの主演作である「鬼龍院花子の生涯」がリバイバル上映されたイベントにて、同映画の監督だった五社英雄さん(故人)の娘の五社巴さんがゲスト出演し、その中でこの「最後の写真」の存在を明かしたことでその存在が知られるようになりました。

 

五社巴さんによれば、夏目雅子さんがこの「最後の写真」で吹き飛ばしているのは、自身の病状が記録されたカルテだという事で、夏目雅子さんは「人はどうせ死ぬ。馬鹿野郎!」と言ってからこのカルテをビリビリに裂き、それを手に載せて吹き飛ばした瞬間を捉えたものだとの事でした。

 

しかし、この「最後の写真」の真相を、2018年3月23日放送の「爆報!THEフライデー」が明らかにしています。

 

「爆報!THEフライデー」はこの「最後の写真」を撮影したという写真家の岩田省三さんを直撃しました。岩田省三さんはこの写真は死の直前に撮ったものではなく、数年前に撮影したもので、ただ単に夏目雅子さんをモデルにした写真の展覧会を開こうという話になり、夏目雅子さんと相談しながら撮影した写真の中の1枚にすぎないという真相を明かしました。

 

岩田省三さは、なぜこの写真が「最後の写真」として伝説化しているのかわからないとした上で、五社英雄さんは、映画監督の立場からの演出として、女優・夏目雅子さんを伝説化するために、あえて娘の巴さんにそうしたエピソードを話して聞かせていたのではないか?と推測されていました。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1970年代終わりから1980年代半ばまで短い活動期間で絶大な人気を獲得しながら急性骨髄性白血病に倒れ、27歳の若さでこの世を去った伝説的女優・夏目雅子さんについてまとめてみました。

 

夏目雅子さんは、短大生の時代に女優としてデビューし、ドラマ「西遊記」や映画「鬼龍院花子の生涯」などで高い評価を受け絶大な人気を獲得しました。しかし、人気絶頂の1985年、白血病に倒れ、7ヶ月の闘病生活の果てに27歳の若さでこの世を去りました。

 

そんな夏目雅子さんの家族には有名人が多く、兄の小達一雄さんは女優の田中好子さんの元夫、弟の小達敏昭さんはプロゴルファー、姪の風間柚乃さんは宝塚の男役スター、もう1人の姪の楯真由子さんは女優・歌手として活躍されています。

 

夏目雅子さんの夫は、数年に及ぶ不倫の果てに結婚した作家の伊集院静さんで、その不倫期間中に夏目雅子さんは何度も伊集院静さんの子供を妊娠し、その度に堕胎していたと噂されています。これは母の小達スエさんの著作「ふたりの雅子」の中でも触れられているので、事実だと見られています。

 

波乱万丈な人生を送った夏目雅子さんは、現在も伝説的女優として多くの人々の記憶に残り続けています。

 

最後になりましたが、夏目雅子さんのご冥福を祈りたいと思います。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

小沢真珠の現在!若い頃・旦那と子供・実家や家族も総まとめ

堀北真希の現在!山本耕史との子供や結婚秘話など総まとめ

木内晶子の若い頃と現在!結婚と引退の噂と真相も総まとめ【画像多数】

山本万里子(女優)の現在!松方弘樹との泥沼不倫とその後も総まとめ

桜井幸子の現在!引退理由・2度の結婚と旦那情報など総まとめ

水沢アキの現在!元旦那と息子や娘・森本レオとの過去の事件まとめ

人気の40代女優ランキングTOP40・2020最新版を投票で決定【大人の魅力と実力を兼ね備えた美人!】

岩佐真悠子の現在~受胎や結婚の噂・歴代彼氏など総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

星島貴徳の現在や家族情報!江東マンション神隠し殺人事件と犯人まとめ

小浦愛の現在!武豊との浮気不倫騒動・結婚や消えた噂などその後まとめ

竹井みどりの現在!所在不明と死亡説・経歴や結婚情報まとめ

立川志らくが再婚した嫁・酒井莉加と子供とは?元妻や離婚歴も総まとめ

土肥美智子(田嶋幸三の嫁)の若い頃と学歴!結婚や子供・新型コロナエピソードも総まとめ【女性スポーツ医師の先駆け】

山本潤子の現在!若い頃・夫と子供(娘)・病気の噂や近況まとめ

大黒摩季の現在!旦那や子供と離婚原因・病気と闘病生活まとめ

青地公美(哀川翔の嫁)の若い頃と現在!元夫と子供5人・薬の噂も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

首長族の首輪はなぜ?レントゲン写真・女性が美人揃いの噂も総まとめ【画像多数】

キングオブコント歴代優勝者13組の現在!人気ランキング【2020最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す