橋北中学校水難事件の原因と心霊の真相!集団ヒステリーや遺体・アンビリーバボーでの特集/映画化も総まとめ

三重県で起きた「橋北中学校水難事件」は戦後間もない1955年に起きた水難事故ですが、心霊現象説も囁かれています。

 

今回は事件の詳細、集団ヒステリーなど原因、心霊現象説と真相、被害者の遺体、アンビリーバボーでの特集や映画化を紹介します。

「橋北中学校水難事件」の詳細

 

 

「橋北(きょうほく)中学校水難事件」は1955年7月28日、三重県の津市立橋北中学校の女子生徒36人が、 同市内にある中河原海岸(文化村海岸)で水泳訓練中に溺死した水難事故です。

 

当時の新聞の見出しを含む、現代の週刊誌やネット上のメディアでは、以下の事件名で報じられたこともあります。

 

「津海岸集団水難事件」

「集団水死事件」

「津水死事件」

「津の女生徒水難事件」

「津の中学生水難事件」

「津海岸集団水死」

「津海岸女生徒水難事故」

「津海岸水難」

「三重県津市の橋北中学校の生徒の水難事件」

 

この戦後最悪の水難事故では、同学校の校長、教頭、体育主任などが責任を問われ、業務上過失致死で起訴されましたが、いずれも無罪となっています。 

 

 

「橋北中学校水難事件」水泳訓練の要綱

 

橋北中学校毎年学校の行事として、夏には水泳訓練が行われていました。

 

実施場所は中河原海岸(通称:文化村海岸)で、この事件では1955年7月18日から28日までの10日間、男子7組、女子10組の総生徒数660名が参加しており、午前中に行われました 。

 

 

「橋北中学校水難事件」の概要

 

まだ第二次世界大戦の爪痕が残る昭和30年当時、プール設備を備えた学校はまだ少なかったため、水泳の授業は海や河川で行うのが一般的でした。

 

「橋北中学校水難事件」が発生したのは水泳訓練最終日である7月28日でした。

 

この日はテストが行われる予定で、参加する401名の生徒はテスト前に体を慣らすために男女別れて海に入っていました。

 

この日は気温30度を超える快晴であり、風はなく波も立っていない、水泳訓練にはうってつけのコンディションでした。 

 

女子生徒約200名が参加したテストは、沖の境界に立てた竿から、岸に向かって10メートル間隔で竿が約10本立られ、2本目まで泳げた生徒に男子水泳部員が札を渡すというものでした。 

 

しかし海に入ってから数分後、高波が突如発生し、女性教師を含む女子グループ約100人が溺れ、そのうち7名は無事意識が回復したものの、 36名が帰らぬ人となってしまいました。

 

「橋北中学校水難事件」事故後の対応は良かった?

沖で溺れ始めた女子生徒たちの悲鳴を聞いた教師や男子水泳部員、周辺にいた海水浴客などが協力して、女子生徒たちの救命にあたりました。

 

校長も、水泳水域を外れて北に流されていく女子生徒数名を、数名の生徒を引き連れて救出しています。 

 

また、1人の教師が自転車を走らせ、水泳訓練の海岸から約500メートル離れた芸濃地区組合立隔離病舎に緊急事態を知らせました。

 

医者と看手が現場に自転車で急行し、少し遅れて到着した看護師と一緒に、陸に引き上げられた約10名の女子生徒にカンフル注射や人工呼吸をするなどして救命措置を施しています。

 

こうした記録から、事故発生からの対応は非常に早かったとみられています。

 

 

「橋北中学校水難事件」の原因① 他校がおらず水域を広げた

 

 

なぜ痛ましい「橋北中学校水難事件」が起きてしまったのか、その原因をいくつか考えてみましょう。 

 

最終訓練日である7月28日、体育主任は補助役の3年生と一緒に、テストに参加する生徒らよりも先に文化村海岸に向かいました。

 

この日はたまたま南側の養正小学校、北側の南立誠小学校の2校が水泳訓練を実施しなかったことから、橋北中学校は広い水域を使うことが可能でした。

 

そのため、水泳テストに使う水域を幅約60メートルから110メートルへと大幅に広げ、沖に向かって海岸から約41メートルの所までとしました。 

 

その110メートル幅の水域を、ちょうど真ん中から女子と男子それぞれに分割しました。

 

水域を大幅に広げたことで、流れの強い「離岸流(カレント)」の発生するポイントも含めてしまった可能性があります。

 

たとえ浅い場所でも、離岸流が起きる場所では、女子中学生の体力では波の力に抗うことができないことが予想され、記録にある高波がきたことで海中に飲み込まれてしまったようです。

 

 

「橋北中学校水難事件」の原因② 潮の流れを甘く見た

出典:https://pixabay.com/

 

水泳テストが行われた午前10時10分頃は、干満の差が最も少ない七部満ち前後の潮の目でした。

 

さらに凪いで無風だったことから全く波が立っておらず、水泳に適し過ぎていたコンディションが、教師らの判断を鈍らせてしまったのかもしれません。

 

また、この文化村海岸は特殊な潮の流れがあったようで、当日は満ち潮時とは逆向きとなる南から北に向けて潮の流れが発生していたようです。

 

これに気づいた一部の水泳部員たちは、教師にそのことを報告していましたが、体育主任はその状況を踏まえた上で水泳テストを行うことを決めています。

 

ただ、海に入る前に女子生徒たちに潮の流れに注意が必要だと伝えていたと言われています。

 

そして実際に生徒たちは海に入ったわけですが、教師らが考えているよりもずっと潮の流れは強く、とても平時とは言えない異常流が発生していたことが指摘されています。

 

女子生徒達が溺れたのは海に入ってから数分後で、潮の流れの異常に気づく前に運悪く発生した高波と相まって溺れたものと見られています。

 

九死に一生を得た女子生徒たちの証言では、海底の砂が崩れていく様子が見えたそうで、高波が海底の砂をさらい、1メートルほどだった水位が一瞬で背丈を超えてしまったようです。 

 

「足の裏の砂がすうと動くように感じ」(女生徒)

「海底の砂がくづれて流されている様子であった」(女生徒)

「流で足をさらわれ倒れかかったこともあった」(泳げない組女生徒)

「北に向きをかえて泳ぐととても泳ぎやすかった」(泳げる組女生徒)

「自分は少しは泳げるのにこの日はほとんど泳ぐ間もなしにブクブク流されていって溺れた」(泳げる組女生徒)

「後向きに陸の方へ行こうとしたけれどもなかなか進めなかった」(女性教諭)

「急いでそこへ行くと…後から押されるように前に浮き上るのを感じた」(教諭)

「後から突きだされるような感じをうけながら溺れていた生徒を助けたが」(教諭)

「2人目の救助に向かった時、急に潮の流がきつくなってきてさざ波もたち…(コムラ返りを起した友人の)○○は足がなおって浮袋をもちながら戻ろうとしても流がきつく、なかなか戻れなかった」(女生徒の救助に当たった男子水泳部員)

 

引用:Wikipedia – 橋北中学校水難事件

 

このことから、「橋北中学校水難事件」の原因の1つには、教師らの潮の流れの読みの甘さ、そしてその場所に不運にも高波が起きたことが挙げられます。 

 

教師が事前に海に入って潮の異常を確認していれば、悲惨な水難事故は起きなかったかもしれません。 

 

 

「橋北中学校水難事件」の原因③ 泳げないのに沖に行ってしまった

出典:https://pixabay.com/

 

上記までの原因と重複しますが、記録によると、約200名の女子生徒のほとんどが泳げなかったようです。

 

しかし、テストに合格したい一心で泳ぎにくい浅瀬よりも、泳ぎやすい沖の方に集まってしまったようで、これが痛ましい海難事故につながった原因でしょう。 

 

当時の女子生徒の平均身長が約130センチ台と仮定すると、水深1メートルの水中にいた、ということは、ほとんどの女子生徒が首だけが水に出ている状態だったと思われます。

 

これでは容易に離岸流に流されてしまいますし、高波が発生すればひとたまりもないことが分かります。 

 

 

「橋北中学校水難事件」の原因④ 集団ヒステリーが事態を悪化させた

 

 

約200名の女子生徒のうち、約100名が高波に襲われて溺れるという事態になっていた現場は、相当な集団ヒステリーが起きていたことでしょう。

 

溺れる女子生徒の中には近くの教師にしがみつく者や、手だけを海面でバタつかせて溺れている者など、一瞬で阿鼻叫喚の地獄絵図に変わったと言われています。 

 

この集団的な恐怖に包まれたことも、被害を拡大させた原因の1つかもしれません。

 

遭難者の大半は一年生の女生徒で最後の能力テストのため各班ごとに海へ入っていたもの。遭難者は泳げない組で岸から約10メートルのところでジャブジャブやっていたところ、突然高波が襲いかかり、足を波に奪われてあわてて救いを求め、先生の身体にしがみつくもの、手をあげて沈んでゆくものでしゅら場となり、他の組で泳いでいた先生もかけつけて次々に救い上げた。

(朝日新聞1955年7月28日夕刊「女生徒36名絶望か 津市 水泳講習中おぼる」)

 

引用:橋北中学校水難事件とは? 女子生徒36人が溺死 生還者「モンペ姿の女に海に引きずり込まれた」

 

 

「橋北中学校水難事件」の心霊現象説と真相① 事故から1年後の噂

橋北中学校水難事件

出典:https://i.ytimg.com/

 

「橋北中学校水難事件」の発生から程なくして、メディア上では生存者の女子生徒が証言した内容から、心霊現象に襲われて起きたという噂が広がりました。

 

この記事を最初に流したのは、事件から約1年後となる1956年7月29日発刊の『伊勢新聞』です。

 

ちなみに、伊勢新聞社の発刊する伊勢新聞は三重県の県域新聞で、創業は1878年1月17日と日本最古の日刊新聞です。

 

この伊勢新聞のインタビューに答えた女子生徒が、「海の底からたくさんの女の人が引っ張りに来た」と語ったといいます。

 

「橋北中学校水難事件」が発生するちょうど10年前の1946年7月28日には、文化村海岸のある津市は5度目の空襲を受けており、焼夷弾などで市街地のほとんどが壊滅しました。

 

その空襲から逃げるべく、津警察署の地下室に多くの人が逃げ込みましたが、爆撃の熱により蒸し焼き状態となり、全員が焼き殺されてしまいました。

 

この時の遺体を安濃川の河口付近に葬ったため、その接続海域である文化村海岸の海に戦争で亡くなった人たちの亡霊が出たのではという話につながったようです。 

 

 

伊勢新聞による心霊現象説の真相

 

上記の伊勢新聞による心霊現象説は、「橋北中学校水難事件」の発生から約1年後に流布されたものであり、事故発生当時は心霊現象があったという話はありませんでした。

 

事故後の調査で生き残った女子生徒らが「海底に引きずり込まれた」と証言したことから、伊勢新聞が心霊現象ネタとして作り上げたという見方が濃厚のようです。

 

 

「橋北中学校水難事件」の心霊現象説と真相② 事故から8年後の噂

 

 

「橋北中学校水難事件」の発生から8年後となる1963年にも、女性週刊誌「女性自身」が生存者の1人である梅川弘子さんが書いたとする手記を掲載しました。

 

この手記には、防災頭巾をかぶり、もんぺを履いた戦時中の女性たちと思われる幽霊が、波間から襲ってきたと書かれていました。

 

「弘子ちゃん、あれを見て!」私のすぐそばを泳いでいた同級生のSさんが、とつぜん私の右腕にしがみつくと、沖をじっと見つめたまま、真っ青になって、わなわなとふるえています。その指さすほうをふりかえって、私も思わず、「あっ!」と叫んでSさんの体にしがみついていました。

私たちがいる場所から、20~30メートル沖のほうで泳いでいた友だちが一人一人、吸いこまれるように、波間に姿を消していくのです。すると、水面をひたひたとゆすりながら、黒いかたまりが、こちらに向かって泳いでくるではありませんか。私とSさんは、ハッと息をのみながらも、その正体をじっと見つめました。

黒いかたまりは、まちがいなく何十人という女の姿です。しかも頭にはぐっしょり水をすいこんだ防空頭巾をかぶり、モンペをはいておりました。夢中で逃げようとする私の足をその手がつかまえたのは、それから一瞬のできごとでした。

(女性自身1963年7月22日号「恐怖の手記シリーズ(3) 私は死霊の手からのがれたが… ある水難事件・被害者の恐ろしい体験」)

 

引用:橋北中学校水難事件とは? 女子生徒36人が溺死 生還者「モンペ姿の女に海に引きずり込まれた」

 

 

梅川弘子さんの手記による心霊現象説の真相

梅川弘子さんは週刊誌での手記以外にも、書籍やテレビなどで「橋北中学校水難事件」についてたびたび語っています。

 

しかし、出演するメディアによって戦争被害者の亡霊を見た、もしくは見てないという立場を使い分けていたと言われています。

 

ただ、著書『死の海』では、『女性自身』に掲載された記事にある心霊現象の話は、記者が勝手に書いたもので、自分の証言とは食い違うと主張していたようです。 

 

つまり、梅川弘子さんは心霊現象を見ておらず、メディアが読者数を稼ぐために捏造したものということになります。 

 

 

「橋北中学校水難事件」心霊現象が捏造された原因

 

 

「橋北中学校水難事件」が怪談話に結びついてしまった原因は、女子生徒が36名も一瞬で亡くなってしまうというショッキングな事件性が手伝ったものと思われます。

 

また、新聞や週刊誌は発刊数を伸ばすためにネタを捏造するのは日常茶飯時で、「橋北中学校水難事件」の発生から約1年が経過し、ほとぼりが覚めたと思った頃に投下したのでしょう。 

 

この水難事故に遭われた犠牲者・生存者の方々にとってみれば、金儲けのネタにされたことは腹立たしいことだと思いますが、これらの記事に対して訴訟などを起こされていないようです。 

 

ちなみに、津警察署の地下室に逃げ込んで蒸し焼きとなってしまった戦時の犠牲者たちが、中河原海岸に埋葬された事実は記録として残されていないようです。

 

その証拠として、その後中河原海岸で行われた大規模な工事でも海岸から遺骨は1つも発見されなかったと言われています。

 

 

「橋北中学校水難事件」で亡くなった女生徒たちの遺体は?

出典:https://pixabay.com/

 

残念ながら、「橋北中学校水難事件」で犠牲となった女子生徒36名の遺体は、全ては回収されていないようです。

 

事件当時のパニックの中で、もしかしたら離岸流で沖に流されてしまった遺体もあったのかもしれません。 

 

穏やかに見える海も、時には恐ろしい凶暴性を発揮するという教訓を、この痛ましい水難事故は教えてくれています。

 

 

「橋北中学校水難事件」の心霊現象説は文学作品にも影響を与えた

 

 

「橋北中学校水難事件」は、そのセンセーショナルな事件性から、 その後のいくつかの文学作品に影響を与えています。

 

松谷みよ子さんの『現代民話考5 死の知らせ・あの世へ行った話』には、橋北中学校水難事件や中河原海岸水難事故など、文化村海岸にまつわる水難事故に関する怪談話が綴られています。

 

また、漫画家・水木しげるさん著『決定版 日本妖怪大全 妖怪・あの世・神様』 では、「橋北中学校水難事件」が題材に取り上げられています。

 

女子生徒達を襲った亡霊たちを「集団亡霊」と呼び、「女性自身」の手記などで描かれた内容に沿った作品となっています。 

 

 

「橋北中学校水難事件」の心霊現象説はアンビリバボーでも特集された

 

「橋北中学校水難事件」は、2015年8月6日放送のフジテレビ系番組「奇跡体験!アンビリバボー」で「必見!!夏本番!!海の(秘)真実」として特集されました。

 

夏の怪談話には欠かせない海での海難事故ですが、日本では毎年1300人余りが海難事故に遭っていると言われています。 

 

そうした背景を前置きに「橋北中学校水難事件」が取り上げられました。

 

ただし、以下の Yahoo!知恵袋でも指摘されているように、「アンビリバボー」では事故の原因は亡霊ではなく、離岸流だと結論付けていたようです。 

 

アンビリバボーで三重県津市の橋北中学校36人溺死事件をやってますが、原因は離岸流だと言ってます。 

昔は防空頭巾の亡霊に足を引っ張られたと言っていて、確か生き残った少女の証言もあったと思います。 

今回は何故、事故原因が防空頭巾の亡霊から離岸流に変わったんですか?

 

引用:Yahoo!知恵袋 – アンビリバボーで三重県津市の橋北中学校36人溺死事件をやってますが、

 

ほとんどの人が離岸流を体験することはないと思われますが、実は多くの海岸で離岸流が発生しているポイントがあるようです。

 

 

 

「橋北中学校水難事件」は『デッド・ウォーター』として映画化された

 

 

2018年に製作された日本の映画『デッド・ウォーター』は、「橋北中学校水難事件」にインスパイアされて製作された作品と見られています。

 

映画『デッド・ウォーター』のあらすじを紹介しましょう。

 

出演:緑川静香、石塚みづき、亜矢乃、

今泉ちえこ、末広ゆい、村上剛基、幸将司、

平野貴大、山本康平、他

主題歌:大串奈央

監督:旭正嗣

OLの莉乃は、夜毎に海で溺れる

女学生達の夢を見て、うなされていた。

休日、会社の同僚5人で泊まり掛けで

海沿いの宿に旅立つ彼女に、

姉は御守りを渡すのだった。

同じ職場のOB・由衣の実家でもある

その宿は、客も少なく、

婚約者の国見と二人で経営しているらしい。

莉乃は、そこでモンペ姿の少女を見かけ

驚くが、仲間達には、その姿が見えない。

翌日、海に出掛けた5人は、

地元の漁師から立ち入り禁止だと怒られ、

かつてこの海で、

大勢の少女が溺れ死んだ話を聞かされるが…

 

引用:雲のように(MEWのブログ)- 9/24「映画『デッド・ウォーター』イベント上映」

 

この映画『デッド・ウォーター』はヒットしなかったばかりか、映画サイトのユーザー評価ではなかなか見ることがないくらいの酷評をされているようです。 

 

婚活パーティー目的でビーチに来た女性五人が、パンダメイクの幽霊とかに襲われる話。 橋北中学校水難事件をモチーフにしたかのような内容だった。

 

いろいろ酷い。

1番は、可愛い子がいない。

お化けが、呪怨のとしおくんの女の子版。

加点は、拗らせお兄ちゃんがハイレベルなネクロマンサー(風体は普通のおっさん)と よく分からない性癖!水責め?

あとは、スクール水着がいっぱい出てきたとこ?

見なくて良いやつ。

 

服の季節感がバラバラ、定期的に出てくるパンダ少女、幽霊を操る人間を操る幽霊、変なタイミングのカメラカットetc…www

B級越してC級です♡

ホラーじゃなくてコメディ映画として楽しみましょう。

唯一言えるのであれば「奴隷」じゃなくて「奴霊」。

 

引用:Filmarks – デッド・ウォーター

 

この映画『デッド・ウォーター』は、「橋北中学校水難事件」の悲惨さについて考える機会を与えてくれる・・・という作品でもなさそうです。

 

ただ、海に出現する亡霊の強さというものは感じられるかもしれません。 気になった方はぜひチェックしてみてください。

 

 

まとめ

 

「橋北中学校水難事件」の事件現場となった中河原海岸は現在、津市から海水浴場の指定はされておらず、遊泳禁止区域ではないものの泳ぐ人はめったに見かけないようです。

 

奇しくも「橋北中学校水難事件」は、怪談話として現在までに盛り上がってきた経緯があるようですが、この悲惨な水難事故と怪談話は分けて考える必要があるでしょう。

 

海というのは誰にでも牙を剥く恐ろしさを内包しており、「橋北中学校水難事件」は世代を超えて教訓とするべき大切な機会を与えてくれます。

 

「橋北中学校水難事件」は風化させてはいけない事件の1つであり、亡くなられた36名の女子生徒の方々においては、心からご冥福をお祈りいたします。 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

名張毒ぶどう酒事件の真相と真犯人!現場や夜這いの習慣・冤罪の可能性・村八分などその後と現在も徹底解説【テセウスの船のモデルの噂】

袴田事件の真犯人!袴田巌の現在・長女やおぞましい次女の遺体・冤罪理由6つ・裁判など最新情報も総まとめ

戸塚ヨットスクールの現在!卒業生/有名人10選・事件の実態や真実も総まとめ

藤本敏夫(加藤登紀子の夫)の死因!学歴や学生運動・連合赤軍の関係・獄中結婚と娘3人・死後も総まとめ

あさま山荘事件の人質と犯人の現在!犠牲者や死者数・10日間の攻防も総まとめ

瀬戸内シージャック事件の犯人・川藤展久の動機は?狙撃手のその後も解説

ロッキード事件の真相!田中角栄つぶしの陰謀説などわかりやすく解説

布川事件・桜井昌司の冤罪の経緯と概要!真犯人以外が逮捕された理由も解説

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

麻生早苗の経歴と現在!加藤鷹(元旦那)との結婚と子供や離婚原因・近況まとめ

M字ハゲの芸能人/有名人62人~俳優・ジャニーズ・芸人等【2021最新版】

老け顔の芸能人31人・男性女性別!特徴や原因・改善方法も紹介【2021最新版】

歴代アニメ映画のおすすめ人気ランキング120選!7つのジャンル別&キャストや興行収入の情報付きで紹介【2021最新版】

佐村河内守の現在!耳が聞こえる噂・ゴーストライター新垣隆の事件の真相も総まとめ【全聾の作曲家】

武東由美(モト冬樹の嫁)の現在!実家と年齢や大学など学歴・元夫との離婚原因や再婚・子供も総まとめ

坪野鉱泉失踪事件・少女2人の現在と真相まとめ!冝保愛子も訪れた心霊スポット

宮野裕史の現在!生い立ちと親や家族・身長・出所その後まとめ【女子高生コンクリート殺人事件の犯人】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

チャイドル四天王の現在!野村佑香/前田愛/浜丘麻矢/大村彩子の当時の活躍や最新情報を徹底紹介【画像多数】

大多亮の若い頃と現在!鈴木保奈美との不倫・結婚した嫁や息子も総まとめ【フジテレビのプロデューサー】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す