谷口誠一(ネオ麦茶)の現在!西鉄バスジャック事件の犯人の顔写真や動機・家族やその後まとめ

2000年に起きた「西鉄バスジャック事件」は、当時17歳の少年だった谷口誠一(ネオ麦茶)によって高速バスがバスジャックされ、1人が殺害され2人が重傷を負わされた事件です。

 

ここでは「西鉄バスジャック事件」の経緯や犯人の動機や流出した顔写真、事件の死者について、犯人やその家族の現在についてなどをまとめました。

 

西鉄バスジャック事件(ネオ麦茶事件)とは

 

出典:https://twitter.com/

 

「西鉄バスジャック事件」は、2000年、ゴールデンウィークの真っ只中の5月3日13時35分頃、九州自動車道・太宰府インターチェンジ付近を走行していた福岡・天神行きの西日本鉄道の高速バス「わかくす号」がバスジャックされた事件です。

 

バスジャックの犯人は当時17歳の谷口誠一という少年でした。

 

谷口誠一は刃渡り32センチの牛刀を手に運転手や乗客22名を脅して人質に取り、「わかくす号」を福岡自動車道から中国自動車道を経て山陽自動車道へと走行させ、その間に女性3人を斬りつけて内1人を失血死させ、2人に重傷を負わせています。

 

谷口誠一によるバスジャックは15時間半にも及びましたが、広島県東広島市の小谷サービスエリアにバスを停車させたタイミングで、大阪府警の特殊部隊SATが突入して取り押さえ少年を逮捕した事で「西鉄バスジャック事件」は幕を閉じました。

 

事件後、犯人の少年・谷口誠一が、インターネットの匿名掲示板「2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)」に「ネオ麦茶」というハンドルネームを名乗り、犯行声明と思しき書き込みを行っていた事も話題になった事から、本事件は「ネオ麦茶事件」とも呼ばれています。

 

今回はこの「西鉄バスジャック事件」について書いていきます。

 

 

 

西鉄バスジャック事件の経緯

 

出典:https://twitter.com/

 

西鉄バスジャック事件の発生

 

2000年5月3日、精神科病院から仮退院中だった谷口誠一は「森林公園にサイクリングに行く」と両親に嘘をつき家を出ました。谷口誠一は佐賀駅に向かうと、バスセンターから12時56分発、福岡・天神行きの西鉄高速バス「わかくす号」に客として乗り込みました。

 

実はこの時、偶然にも谷口誠一の父親が、谷口誠一の妹をこのバス「わかくす号」に乗せようと佐賀駅を訪れており、切符を買っている最中にバスが発進してしまっため、父親はバスを止めようと運転手に向かって外から手を振っています。

 

運転手はこれに気が付きませんでしたが、谷口誠一は父親が来ている事に気がつき、バスジャック計画に気付いた父親が自分を止めるために追って来たのではないかと怪しんでします。

 

13時35分頃、運転手の真後ろの席に座っていた谷口誠一は、リュックに隠していた刃渡り32センチの牛刀を手に立ち上がり、「天神には行くな、このバスを乗っ取ります」と落ち着いた口調で言って牛刀を運転手に突きつけ、このまま東に向かって走り続けるように指示し、さらに「言うことを聞かないと、殺します」と淡々とし口調で運転手と約20人の乗客達を脅迫しました。

 

続けて、谷口誠一は乗客らの荷物を前の方に集めさせた後、全員をバスの後方の座席に移動させました。しかしこの時、真ん中あたりの座席に座っていた当時34歳の東京在住の女性は佐賀で手術を受ける親の看病をしてきた帰りで疲れ切って深く眠っていたため、このバスジャック騒動に気がついていませんでした。

 

これを谷口誠一は、女性が意図的に無視していると思い込み「あなたは不貞腐れて寝たふりをしていますね、僕の指示に従えないのですか?」と言うと、いきなり女性の手首や首筋を牛刀で切りつけました。女性は驚いて目を覚まし、傷口から血が流れ出しました。

 

バス内が恐怖で凍りつく中、谷口誠一は「あなた達が行くのは、楽しい天神ではなく地獄です」と言い放ちました。

 

谷口誠一の指示はなおも続き、乗客達全員に携帯電話を出させ、バス内のカーテンを全て閉めさせました。そして、男性客をバス後部に、女性客を前部にそれぞれ集め、座席横の補助席を全て出させて後部にいる男性客達が簡単に前方に来られないようにします。

 

この時、バスには初めての1人旅だという6歳の女の子が乗っていましたが、運転手の平野忠さん(当時56歳)は、この女の子だけは降ろしてあげてくれないか?と谷口誠一に提案します。しかし、谷口誠一はこれを即座に拒否しています。また、運転手の平野さんは外部に異常を知らせようと、犯人の目を盗んでパッシングやハザードランプの点灯などを行っていますが、効果は上がりませんでした。

 

 

乗客の1人が逃げ出し、怒った犯人に他の女性客が刺される

 

出典:https://twitter.com/

 

バスは走り続け、本州の山口県へと繋がる関門橋の手前に差し掛かった14時30分から40分頃、平野運転手が「乗客をトイレに行かせてほしい」と提案します。これを受けて谷口誠一はバスを路肩に停めさせ、1人ずつトイレに行く事を許可し「1人でも逃げ出したらここにいる全員を殺す」と脅しました。

 

1人目に降りたのは子犬をケージに入れ連れていた当時40歳の女性でしたが、バスから降りた途端に一目散に逃亡してしまいます。これに谷口誠一は激昂し「裏切りやがった。絶対に許さない殺してやる」などと叫んで再びバスを発進させ、「僕は約束を守ります。見せしめに1人殺します」と宣言すると、近くにいた当時50歳の山口由美子さんの首を何度も牛刀で突き刺しました。

 

山口由美子さんが通路側に崩れるように倒れおびただしい血を流しました。谷口誠一は足で山口さんを突くようにし「生きてるか?」と尋ね、山口さんは「はい」と答えています。そして谷口誠一は「連帯責任なんだから逃げれば何度でも刺す」と乗客らを改めて脅しつけました。

 

この時逃げ出した女性は、14時47分に警察に通報し、これによって事件が発覚し山口県警の緊急配備が発動されています。

 

 

警察が追跡を開始するもついに死者が発生

 

出典:https://twitter.com/

 

15時35分、本州に入り、中国自動車道に入った「わかくす号」を山口県警の警察車両が確認し追跡を開始します。この直後、当時30歳の女性客が走行中のバスの窓を開けて脱出、怪我を負ったものの警察車両によって保護されます。

 

谷口誠一は女性が逃げ出した事にはしばらく気がつかず、その後、窓が開いている事を見つけ、近くに座っていた当時68歳の塚本達子さんを「逃げ出そうとしているのか」と問い詰め、首のあたりを何度も牛刀で刺します。

 

警察車両の追跡に気がついた、谷口誠一は、15時45分頃に自ら110番し「こちらには人質がいる」と警告。さらに16時9分頃には「拳銃を用意しろ」と警察に要求しています。

 

16時15分頃、山口県警は、下松サービスエリア付近でバリケード封鎖を行いバスの停止を試みますが、犯人を刺激する事を恐れたのか封鎖はすぐに解除され、バスは再び発進します。しかしこのタイミングで、当時52歳の男性が窓から飛び降りて脱出に成功しています。

 

再び人質の逃亡を許した谷口誠一は激昂し、倒れていた塚本達子さんをさらに刺しついに絶命させています。

 

 

警察との交渉で怪我人(1人は既に死亡)3人が降ろされる

 

出典:https://twitter.com/

 

17時24分頃、広島市の高田山トンネルの内部でバスを停車させ、そこで残っていた男性客4人を全員下車させています。この時、谷口誠一は1人旅をしていた6歳の少女を盾にするように抱きかかえ、牛刀を突きつけていました。

 

17時50分頃、再び警察がバリケードを築き立ちふさがりました。谷口誠一は運転手に突破するように求めますが、運転手の平野さんは「無理に突破しようとすればバスが破損し走行不能になります」と説得します。

 

これに納得した谷口誠一は、警察の誘導に従い、山陽自動車道の奥屋パーキングエリアへとバスを入れてバスを停車させ、警察車両に取り囲まれる形となり、警察と犯人との交渉が開始されました。

 

谷口誠一は怪我人を解放する代わりに、拳銃とスタンガン、防弾チョッキを要求します。警察が防刃チョッキを差し入れる事で交渉が成立し、ここで怪我人3人が降ろされています。しかし、前述の通り塚本達子さんは既に絶命していました。

 

 

SATの突入によりついに犯人逮捕

 

出典:https://twitter.com/

 

その後、犯人の谷口誠一と警察との交渉は3時間半ほど続きます。谷口誠一は「東京の霞ヶ関に行きたい」と要求し、バスは21時37分頃、パトカーの先導され、給油のため隣の小谷サービスエリアへと移動。

 

小谷サービスエリアに移動後の22時34分、交渉によって最高齢の女性客が解放されます。この最高齢女性は「お願いだから6歳の女の子も解放してあげて」と懇願しますが、谷口誠一は応じようとはしませんでした。その後、駆けつけた谷口誠一の両親と精神科の担当医が説得を試みますが、谷口誠一は怒り狂うばかりで効果がありませんでした。

 

さらに膠着が続いた後の、翌午前5時頃、谷口誠一が盾にしていた6歳の少女から一瞬離れたタイミングを狙い、待機していた特殊部隊SATの隊員15名が閃光手榴弾をバス内に投げ込むと同時に一気にバス内に突入し、谷口誠一は取り押さえられました。この時、SAT隊員1人が切りつけられて怪我を負いましたが、残されていた人質に犠牲者は出ませんでした。

 

こうして、15時間半に及んだ「西鉄バスジャック事件」は幕を閉じました。

 

 

西鉄バスジャック事件の犯人・谷口誠一(ネオ麦茶)の犯行動機

 

まだ17歳の少年だった犯人・谷口誠一はなぜ「西鉄バスジャック事件」を起こしたのでしょうか?谷口誠一の動機について見ていきましょう。

 

谷口誠一を犯行に走らせた動機の元になったのは、幼少時から抑圧され鬱積していた怒りだと言えます。それを説明するためには、「西鉄バスジャック事件」を起こすに至るまでの、谷口誠一の生い立ちを振り返る必要があります。

 

 

犯人・谷口誠一の生い立ち

 

谷口誠一は1983年3月に佐賀県で生まれで、父親はPTA活動にも積極参加する真面目なサラリーマン、母親はフルタイムで働く保健士、活発で明るい性格の妹の4人家族で育ちました。

 

谷口誠一は身体が小さく運動が苦手な事もあって周囲への劣等感を抱きながら成長し、その劣等感に抗うかのように勉強に打ち込み、小・中学時代は成績優秀な生徒でした。

 

しかし、中学3年生の頃から、谷口誠一はいじめに遭遇。その鬱憤をぶつけるように家庭内で暴れるようになり、妹の制服を切り裂いたり、ペットのハムスターを殺したりしはじめます。

 

そして、中学からの卒業を目前に控えた1月、ある事件が発生します。その日、谷口誠一は学校で同級生に筆箱を隠され、返して欲しければ高さ5メートルほどの踊り場から飛び降りろと言われます。

 

からかっていた生徒らは、次々とその踊り場から飛び降りて見せ谷口誠一を煽り立てました。それに怒った谷口誠一もそこから飛ぶのですが、着地に失敗して腰椎の圧迫骨折という大怪我を負ってしまいます。

 

この怪我のため、谷口誠一は病室での高校受験となり、佐賀県立致遠館高等学校に無事合格したものの、怪我の後遺症のためコルセットを着用して高校に通う羽目になり、身体が思うようにならない事もあってか、新入生オリエンテーションでの自己紹介の場で言葉を詰まらせてしまい、他の新入生達からの嘲笑を浴びてしまいます。

 

入学直後からつまづいた谷口誠一はわずか9日間通ってだけで不登校になり、翌年の3月に高校を自主退学してしまいます。

 

 

ネット匿名掲示板「2ちゃんねる」にはまり込む

 

谷口誠一は自宅に引きこもりがちになり、自室でインターネットにのめり込んでいきます。この時にはまり込んだのが、創設されたばかりの匿名掲示板「2ちゃんねる」でした。谷口誠一は「キャットキラー」や「ネオ麦茶」のハンドルネームを名乗り1日中書き込みを繰り返すようになります。

 

谷口誠一は「2ちゃんねる」での自分の書き込みに対して否定的な反応をされるとすぐに感情的に反発するようになり、他のユーザーと度々諍いを起こしていました。

 

同時に、母親や妹への暴力が激化し、母親が警察や精神科へと相談します。これを谷口誠一は母親による裏切りと受け取りました。そんな中、父親はなんとか谷口誠一を外の世界に連れ出そうと、京都や大阪、奈良、名古屋までもの長距離ドライブに連れて行っています。

 

この父親とのドライブは谷口誠一にとって大切な思い出だったようで、「西鉄バスジャック事件」時には、乗客にこのドライブでの高速道路の領収書を「僕の宝物です」と言って見せびらかしています。

 

 

精神科病院へ措置入院させられる

 

しかし、ある日、谷口誠一の留守中に母親が部屋に入り、スタンガンにナイフ、ハンマー、催涙スプレーなど、物騒な物を発見。さらには、机の引き出しから中学を襲撃すると書かれた犯行声明文らしきものも見つけてしまいます。

 

これに驚いた母親は、高名な精神科医に相談し、その医者の紹介で、2000年3月5日、谷口誠一は精神科病院に措置入院する事になりました。病院へと連れられる際、谷口誠一は激しく抵抗し、両親に対して「貴様ら、この恨みは絶対に忘れないから覚えていろ!」と怒りをぶつけています。

 

しかし、入院した谷口誠一は、病院スタッフや他の入院患者に礼儀正しく接し、落ち着いた態度を見せました。

 

谷口誠一は、2000年5月1日に愛知県豊川市で発生した少年による殺人事件「豊川市主婦殺人事件」のニュースを入院中に見ており、これについて「素晴らしい、自分もこの少年のようになりたい」と言った趣旨のメモを手記に残しています。

 

こうした手記を残している事を知らない担当医は、落ち着いた振る舞いを見せる谷口誠一に5月3日から1泊2日の一時帰宅許可を出してしまいます。

 

 

精神科病院から一時帰宅中に事件を起こす

 

精神科病院から一時帰宅した谷口誠一は、母校の中学を襲撃して無差別殺人を行う計画を立てますが、ちょうどゴールデンウィークで学校が休みだったため、バスジャックに計画を変更し「西鉄バスジャック事件」を起こす事になるのです。

 

出典:http://neto10.blog55.fc2.com/

 

「西鉄バスジャック事件」を起こす直前の5月3日正午過ぎ、谷口誠一は「ネオ麦茶」というハンドルネームを使い、「2ちゃんねる」に「佐賀県佐賀市17歳・・・。」というタイトルのスレッドを立て「ヒヒヒヒヒ」とだけ書き込んでいます。

 

このように、谷口誠一は学校、家庭、インターネット上と、あらゆる社会の中で他者とうまく折り合いがつけられず、自分の味方は世界に誰もいないという孤立を深めていったようです。その怒りや絶望感が谷口誠一を「西鉄バスジャック事件」へと駆り立てる動機になったと考えられます。

 

 

 

西鉄バスジャック事件の犯人・谷口誠一(ネオ麦茶)の顔写真

 

出典:https://twitter.com/

 

「西鉄バスジャック事件」の犯人・谷口誠一は、事件当時17歳の少年だったため顔写真は公開されませんでした。しかし、バスジャックを行なっている最中の写真を一部メディアが激写。それが現在もネット流出しています。

 

 

西鉄バスジャック事件での死者は幼児教育に力を入れていた元小学校教師

 

「西鉄バスジャック事件」では1人の死者が出ていますが、その女性は元小学校教師の塚本達子さんという女性でした。幼児教育に力を入れられ、著作なども残されている立派な教育者だったようです。

 

1931年生まれ。小学校教師を29年間務め、その後モンテッソーリ養成コースを受講さ れ幼児室を開設。2000年、バスジャック事件の犠牲となり死亡。著書に『お母さんわ が子の成長が見えますか――私の手づくり幼児教育論』(河出書房新社、2000年)が ある。

 

引用:死刑廃止 – 著名人メッセージ:山口由美子さん(西鉄バスジャック事件被害者)

 

人生を通して教育に力を入れられていた女性が、幼少期から生きる事が上手くいかず、結果凶悪犯罪に手を染めた谷口誠一という少年によって殺害されたというのはあまりにも悲劇的です。

 

 

 

西鉄バスジャック事件の現在① 谷口誠一(ネオ麦茶)は少年院を出て社会復帰

 

「西鉄バスジャック事件」の犯人・谷口誠一は、事件後に裁判を受け2000年10月に京都医療少年院に収容され、「神戸児童殺傷事件」の犯人・酒鬼薔薇聖斗と同じ疑似家族を構成して心の育て直しを行うという更生プログラム「G3」を受けたとも言われています。

 

そして、収容から約5年4カ月後の2006年に、谷口誠一は京都医療少年院を仮退院しています。その後、再犯したというニュースはなく、現在は社会復帰していると思われ、現在(2020年3月時点)は37歳になっているはずです。

 

 

被害者の1人山口由美子さんは何度も谷口誠一の面会に訪れている

 

出典:https://twitter.com/

 

谷口誠一に最初に斬りつけられ重傷を負った被害者・山口由美子さんは、事件から4年後に谷口誠一に面会に行っています。

 

自らが傷つけた山口由美子さんに面会した谷口誠一は深々と頭を下げ、謝罪の言葉を口にしたといいます。この時のことを山口由美子さんは以下のように語っています。

 

「私は彼の背中をさすり、『これまで誰にも理解されずつらかったね』と言いました。そして、『だけど、あなたの罪を許したわけではない。許すのはこれからです。これからの生き方を見ているから』と伝えながら、彼のつらさを肌で感じて涙が溢れてきました」

 

引用:17歳に牛刀で切られた「西鉄バスジャック事件」被害女性、なぜ「少年法」を支持する?

 

そしてその後、山口由美子さんに谷口誠一から「自分の罪深さ」を感じたという手紙が届いたのだそうです。山口由美子さんはその後も何度か谷口誠一と面会されています。

 

実はこの山口由美子さんは事件で殺害された塚本達子さんの友人でした。自らも傷つけられ、友人の命を目の前で奪った谷口誠一に自ら面会しに訪れ、谷口の背中をさすり温かい言葉をかけたというこの方の愛に溢れた行動が、現在、谷口誠一の更生につながっている事を願わずにはいられません。

 

 

 

西鉄バスジャック事件の現在② 谷口誠一(ネオ麦茶)の家族は遺族への賠償を続けている

 

谷口誠一の家族、両親のその後や現在についても見てみましょう。

 

谷口誠一の両親は事件後から、被害者やその遺族に賠償金を支払い続けています。

 

保健師をしていた谷口誠一の母親は周囲の目から、事件後間も無くして仕事を退職していますが、農機具販売会社に勤めるサラリーマンだった父親は事件後の2002年春頃までそこで働き、給与を賠償金の支払いに充てていたようです。

 

仕事を辞めた後は、佐賀市内の自宅を売り払いそれで賠償金を支払ったという事でした。谷口誠一の両親からの被害者や遺族への賠償金は2018年の頃にも月に1万円から2万円ずつ支払いが続けられているという事でした。

 

谷口誠一やその両親や妹が現在どのように生活されているのかは不明ですが、谷口誠一が起こした「西鉄バスジャック事件」の十字架を現在も背負い続けているのでしょう。

 

 

 

まとめ

 

2000年に発生した当時17歳の少年・谷口誠一が起こし社会を震撼させた「西鉄バスジャック事件」についてまとめてみました。

 

「西鉄バスジャック事件」は、措置入院していた精神科病院から仮帰宅中の17歳の少年によって高速バスが占拠され、乗客の女性1人が殺害され、2人が重傷を負わされるという凶悪事件でした。

 

犯人の谷口誠一は事件後に少年院で更生プログラムを受け、現在は退院して社会復帰しています。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

小番一騎の現在!嫁は南部希実?弁護士・和田正の局部切断事件とその後まとめ

八王子スーパーナンペイ事件の真相と犯人!3人の被害者・霊視や現在まとめ

大久保清の犯罪・最期や死刑執行まで!母親や子供・子孫や現在も総まとめ

少年犯罪の犯人のその後や現在25選!衝撃の殺人事件ランキング【2020最新版】

坪野鉱泉失踪事件・少女2人の現在と真相まとめ!冝保愛子も訪れた心霊スポット

宮崎勤と父親や母親・妹の現在!一族の末路まとめ【東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件】

画伯の冤罪事件とは?香川・坂出3人殺人の犯人が父親と言われた理由・その後や現在も総まとめ

桶川ストーカー殺人事件の犯人・小松和人と被害者まとめ~事件の概要や批判殺到の警察会見・その後現在も解説

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

山岸舞彩の現在!夫の青井茂と実家や家族と子供・最近の活動まとめ

五郎丸歩の現在!嫁や子供・代表落ちの理由や引退説の真相など総まとめ

小泉深雪の現在!旦那の濱田岳との結婚や子供・身長も総まとめ

大原かおりの若い頃と現在!結婚できない理由・改名理由も総まとめ【3代目ミニスカポリス】

今夜が山田の現在!ガキ使の誕生秘話・社長の噂まとめ【デビット・ホセイン】

高相祐一(酒井法子の元旦那)の実家や現在!工藤静香や息子との関係も総まとめ

柳瀬早紀の現在!身長と体重やポチ画像の真相・引退説や復帰の噂まとめ

青山祐子アナの現在!旦那と子供・香港移住の噂・産休が非難された理由まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

松田純の現在!関東連合や中野英雄との関係・結婚した旦那や子供も総まとめ

ロッキード事件の真相!田中角栄つぶしの陰謀説などわかりやすく解説

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す