ライブドア事件の真相&黒幕!野口英昭の不審死や堀江貴文の逮捕をわかりやすく解説

元ライブドア社長の堀江貴文さんが逮捕された「ライブドア事件」は、元社員の死など不審な点が話題です。

 

今回は堀江貴文さんの逮捕容疑2つ、野口英昭さん不審死、事件の真相や黒幕など、ライブドア事件をわかりやすく解説します。

ライブドア事件の舞台「ライブドア」とは

 

全ての始まりは「オン・ザ・エッジ」だった 

 

堀江貴文さんは、東京大学在学中だった1996年4月、2人の仲間とともに、ホームページの制作や管理、プログラミングなどを主な業務とする会社「オン・ザ・エッジ」を設立しました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

2000年の「オン・ザ・エッジ」株式上場前には、堀江貴文さん以外の創業メンバーは既に会社を去っていたので、会社はほぼ堀江貴文さんのワンマン経営状態だったようです。

 

そんな「オン・ザ・エッジ」を財務の面から支えていたのが、宮内亮治さんと野口英昭さんでした。

 

宮内亮治さんは税理士として「オン・ザ・エッジ」の上場をサポートしつつ、1999年には会社のCFO(最高財務責任者)として迎え入れられています。

 

一方の野口英昭さんは、宮内さんに誘われて一度は「オン・ザ・エッジ」に入るのですが、なかなか癖の強い堀江貴文さんと上手くいかず、その後、エイチ・エス証券に移っています。

 

 

2002年に「ライブドア」を買収

 

堀江貴文さんは、2002年に16億円もの負債を抱え、民事再生手続きを始めたインターネット無料接続サービスなどを主な事業としていた「ライブドア」を買収しました。

 

 

出典:http://officemill.jp/

 

買収した当初、会社名を「オン・ザ・エッジ」から「エッジ」へ変更しますが、2004年2月には、「エッジ」よりも圧倒的に知名度が高かった「ライブドア」へ再変更しています。

 

つまり、“堀江貴文さんの会社”というイメージが強い「ライブドア」は、彼が設立し、大きくしたと思われがちですが、実は、堀江貴文さんが買収によって手に入れた会社だったんですよね。

 

一介のホームページ制作会社が「ライブドア」を手に入れたことで、インターネット通信事業の基盤を手に入れ、やがてポータルサイト運営まで手がける大会社に大変身を遂げたわけです。

 

 

ライブドア社の社風とは?

 

当時の「ライブドア」には、ITという新しい技術を武器に、新時代を切り開こうとする堀江貴文さんと、己のスキルを試したい若者達の熱気で溢れていたと言います。

 

 

出典:http://blog.livedoor.jp/

 

一方、金儲け至上主義を公言してはばからなかった堀江貴文さんに迎合する形で、とにかく利益を上げることだけに集中するあまり、モラルを軽視しかねない危うさを秘めていたといいます。

 

 

 

堀江貴文のプロフィール【生い立ち~ライブドア事件までの経歴も紹介】

 

出典:https://dot.asahi.com/

プロフィール

 

名前:堀江貴文(ほりえ たかふみ)

愛称:ホリエモン

出身地:福岡県八女市

生年月日:1972年10月29日

身長:173cm

体重:非公表

スリーサイズ:非公表

最終学歴:東京大学文学部中退

 

堀江貴文の経歴

 

「ホリエモン」の愛称で親しまれている堀江貴文さんは、1972年10月29日に福岡県八女市で誕生しました。

 

地元近くの久留米大学附設中学校・高等学校卒業後、東京大学文学部に入学した堀江貴文さん。

 

大学4年生の1994年から、中学時代に培ったプログラム技術を活かして、プログラマーのアルバイトを始めました。

 

最初のアルバイト先は、東進ハイスクールの関連会社で、その後、Apple関連のコンピュータベンチャー企業へ移籍。

 

1996年4月、有馬あきこさんらと共に有限会社「オン・ザ・エッジ」を設立し、その翌年には株式会社へ改組しています。

 

株式会社「オン・ザ・エッジ」はその後、ホームページ制作・管理会社として急速に成長を遂げ、その事業が忙しくなったことから、堀江貴文さんは東京大学を中退しています。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

そして2000年、「オン・ザ・エッジ」はマザーズに上場を果たします。

 

その後、前述の通り、2002年にはインターネット接続サービスを主たる業務とする「ライブドア」を買収、社名を「エッジ」に、さらにより知名度の高い「ライブドア」に改名しています。

 

2004年には、当時経営難に陥っていた大阪近鉄バッファローズ買収に名乗りを上げたことで、一躍時の人となった堀江貴文さん。

 

しかし、常にTシャツ&ジーンズにノーネクタイな堀江貴文さんが野球界の大御所たちから反感を買ったせいか、買収に失敗しています。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

じゃあ、って感じで東北に新球団設立をもくろむも、楽天・三木谷氏と競合した末に破れてしまいます。

 

翌2005年、「ライブドア」がニッポン放送株を35%取得し、同社の最大株主に…。その後、40.1%まで買い増しを行ったことで、報道機関が殺到する大騒動に発展してしまいました。

 

その後、「ライブドア」とフジテレビジョンとの間で和解が成立し、フジテレビジョン側が「ライブドア」に支払った金額は1400億円とも言われています。

 

 

出典:https://www.jiji.com/

 

そんな「ライブドア」とフジテレビは、表面上は和解が成立していますが、メディアにとって堀江貴文さんは、今なお放送界に土足で足を突っ込んだ無礼者と認識されているようです。

 

 

また、この年には郵政解散に伴う衆議院総選挙があり、自民党より地元福岡からの立候補を打診され、その気になった堀江貴文さん。

 

しかし、自民党内部からの批判が相次ぎ、最終的に亀井静香氏の対立候補として、縁もゆかりもない広島6区から立候補する羽目に…。

 

結果は、亀井氏に26,000票もの大差をつけられ落選してしまいました。

 

堀江貴文さんにとって、まさに踏んだり蹴ったりな状況が続いていたわけですが、その極めつけが翌2006年に起こった「ライブドア事件」だったんですよね。

 

 

 

ライブドア事件をわかりやすく解説① 概要

 

出典:https://forbesjapan.com/

 

当時社長だった堀江貴文さん、宮内亮さん他社員3名、当時同社の会計監査担当だった公認会計士2名が共謀し、証券取引法違反罪で逮捕され、有罪判決を受けたのが、ライブドア事件です。

 

堀江貴文さん以外の6名は、全員罪を認めましたが、堀江貴文さんだけは一貫して無罪を主張し続けました。

 

 

事件の概要を誤解を恐れず簡単に説明すると、自社株を売って得たお金を会社の利益として計上し、あたかも業績が良いかのように見せかけ、ライブドアの株価をつり上げたというものです。

 

 

出典:https://blog.goo.ne.jp/

 

とは言え、実はライブドア事件の中身は実に複雑で、経済用語や会計ルールなど専門知識を持たない一般人が理解するのは非常に困難だと言われています。

 

また、株式交換で企業買収を繰り返す手法は、どこからどこまでが合法で、どこからが違法なのかが不透明でもあります。

 

そのため、実際、堀江貴文さんは現在も、会計基準を違反した覚えはないと、無罪を主張しています。

 

 

さらに、事件の真相を知るキーマンと言われていた野口英昭さんが不審死を遂げたことから、事件の真相を知ろうとすればするほど、謎は深まるばかり…。

 

今なおそんな様相を呈している事件でもあります。

 

 

ライブドア事件をわかりやすく解説② 堀江貴文の逮捕容疑2つ 

 

堀江貴文さんはライブドア事件では、「偽計および風説の流布容疑」「有価証券報告書虚偽掲載容疑」という2つの容疑で逮捕されています。

 

それぞれについて、わかりやすく説明していきたいと思います。

 

 

出典:https://www.afpbb.com/

 

「偽計および流布容疑」とは?

 

 

堀江貴文の容疑1. 偽計及び風説の流布容疑

 

ライブドアがライブドアファイナンスを介して実質的支配下にあるVLMA2号投資事業組合名義ですでに買収していたマネーライフ社の企業価値をライブドアファイナンス従業員が過大に評価して、ライブドアマーケティングとの株式交換比率を決めたこと。ライブドアマーケティングの第3四半期決算発表時に、当期純損失であったにもかかわらず、架空売上を計上するなどして、前年同期比で増収増益を達成し前年中間期以来の完全黒字化を達成した旨の虚偽事実を公表したこと。

 

引用:ホリエモンはなぜ捕まったのか? 堀江貴文の容疑や入所するまでの経緯|U-NOTE [ユーノート] http://u-note.me/

 

よりわかりやすく説明していきます。

 

まず、ライブドアが実質的に支配していた「マネーライフ」社の企業価値を、本来なら第三者が評価すべきところ、ライブドア関連会社「ライブドアファイナンス」社員に過大評価させます。

 

本来の企業価値からすると、「マネーライフ」社の価値は、「ライブドア」社の価値には及びません。

 

しかし、関連会社により恣意的に過大評価させたことで、「マネーライフ」社の株式と「ライブドア」社の株式が等価になり、1:1での株式交換が可能となりました。

 

 

出典:https://www.itmedia.co.jp/

 

そもそも株交換は、買われる側と買う側の会社の株の交換ですから、交換比率はとても重要で、本来、両会社の企業価値を判断するのは第三者でなければ、公平な株交換はできません。

 

しかし、この時、ライブドアはその比率を、表向きには第三者が決めたことにして、実質的にはライブドアの関連会社、さらに言えば、ライブドア自身が決めたことになります。

 

これが「偽計および流布容疑」に当たります。

 

そして「マネーライフ」』社は、1:1の交換比率でライブドア株を入手し、それをすぐに売却するんですよね。

 

本来はより価値が低い株式を、より価値の高い株式と交換したわけですから、当然「マネーライフ」社は、売却により利益を得ることになります。

 

そして、実はここからが法律的な問題で、株式交換で入手したライブドア株を「マネーライフ」社が売却、その利益を、ライブドアの営業取引から発生した収益として計上していました。

 

このような手法で「ライブドア」社は業績を粉飾していたわけです。

 

 

「有価証券報告書虚偽掲載容疑」とは?

 

 

堀江貴文の容疑2. 有価証券報告書虚偽記載容疑

 

ライブドアは2004年9月期の連結決算において、実態は3億1300万円の経常赤字であったにもかかわらず、業務の発注を装い架空の売上を計上するとともに、ライブドアが出資する投資事業組合がライブドア株式を売却する事で得た利益を投資利益として売上に計上、53億4700万円の利益を計上することによって50億3400万円の計上黒字であったとする、虚偽の有価証券報告書を関東財務局長に提出した疑いがあると指摘したもの

 

引用:ホリエモンはなぜ捕まったのか? 堀江貴文の容疑や入所するまでの経緯|U-NOTE [ユーノート] http://u-note.me/

 

 

出典:http://www.accessjournal.jp/

 

こちらも、よりわかりやすく説明していきましょう。

 

そもそも「有価証券報告書」とは、会社の特定の時点での財政状態と、一定期間の経営成績を表示し、投資家達が適正な投資意思決定を下すための資料となる報告書を言います。

 

そして、「有価証券報告書虚偽掲載容疑」とは、その名の通り、そんな大切な有価証券報告書にウソの記載をした容疑がかけられていることを意味します。

 

 

じゃあ、どうして有価証券報告書にウソの記載をすると罪になるのでしょうか?

 

前述したように、有価証券報告書にウソが書かれていた場合、投資家が誤った意思決定を下してしまう可能性があります。

 

それどころか…もしも、そのようなことが頻発すれば、有価証券報告書はその信頼性を失い、株式制度の根幹を揺るがす事態になってしまうからです。

 

 

この事件では、堀江貴文さんが「ライブドア」社の有価証券報告書に、本来、3億1300万円の赤字を計上すべきところ、前述の株式交換などの手法を使い、50億3400万円の黒字を計上し、虚偽の有価証券報告書を関東財務局に提出した疑いとなっています。

 

 

堀江貴文の逮捕理由をわかりやすく説明した記事を発見

 

また、Yahoo!知恵袋にも、堀江貴文さんの逮捕理由である、証券取引法違反容疑について、とってもわかりやすく説明している回答があったので、引用しておきますね。

 

 

出典:https://abematimes.com/

 

 

粉飾に関して言うと、従来までの粉飾事件は業績の悪い企業が企業存続のために行われてきたのがほとんどでしたが、ライブドアがしたとされる粉飾は好業績の企業が株価を吊り上げるために行ったという点が特徴だと言われています。粉飾で捜査されるのは経営破綻した時がほとんどで、ライブドアのような生きている企業を捜査するのは前例がほとんどありませんでした。好業績の企業が粉飾をしたところで次の決算は粉飾以上の業績になるので意味が無いのです。

 

また、ライブドアがしたとされる粉飾の方法は投資事業組合を使ったやり方で、当時の会計基準では曖昧なものだったのです。

 

検察は株主からお金を騙し取るような粉飾は許されないと捜査理由を説明していますが、堀江貴文氏は当時の会計基準に照らし合わせれば無罪だと主張していました。

 

しかし、裁判所は脱法行為で作られた投資事業組合の存在は否定されるべきものだから有罪として堀江氏に実刑を言い渡しました。

 

検察は粉飾を足掛かりにライブドアのマネーロンダリング疑惑を解明しようとしていたと言われていますが、結局出ずじまいで、中途半端な捜査になってしまったのは否めません。

  私はライブドア事件にすっきりしない感じを受けるのですよね。検察が捜査したことによりライブドアの粉飾でいずれ来たであろう破綻を回避できたと言う人もいますが、そんなことが来るのか定かでもないのに、強制捜査をしたことでかえって市場を混乱させてしまったという印象の方が強いです。 ホリエモンは以前、なぜ逮捕されたんですか?分かりやすい説明をお願いしま… – Yahoo!知恵袋 http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

 

ライブドア事件をわかりやすく解説③ 元社員・野口英昭の不審死

 

ライブドア事件は、2006年1月16日、東京地検特捜部と証券取引等監視委員会のライブドア本社の家宅捜索から始まりました。

 

 

出典:https://bunshun.jp/

 

当時、宮内亮治CFOは中国に出張中で、まさにいきなりの家宅捜索に堀江貴文さんも驚いたそうです。と言うか、いきなりじゃないと意味ないんですけどね。

 

そして、その2日後の1月18日、衝撃的な事件が発生しました。

 

それは…ライブドアの企業成長の要でもあった、アクロバティックな企業買収策を首謀したとされる野口英昭さんが、沖縄で突然の死を遂げたんですよね。

 

この件については、最終的に事件性なしの自殺と断定されましたが、不審な点も多く、メディアはこぞってライブドア事件の抱える闇として報じました。

 

その後も、メディア先行の下、ライブドアが関与した不適正会計が次々と暴露され、「堀江貴文主犯説」や「宮内主犯説」、「陰謀説」などなど情報は錯綜しました。

 

 

野口英昭の死因は?

 

様々な機関や関係者を巻き込む大きな事件が起きると、決まって真相を解明する鍵を握る人物が不審な死を遂げることが少なくありません。

 

 

出典:https://ameblo.jp/

 

ライブドア事件では、ライブドア財務担当の宮内亮治CFOと深く関係していた、エイチ・エス証券取締役の野口英昭さんが、ライブドア本社への家宅捜索の2日後、突然死を迎えています。

 

野口英昭さんは、亡くなる前日の1月17日の午後、妻に電話したのを最後に、翌18日の午前の便で沖縄へ向かいました。

 

那覇空港に着いた野口英昭さんは、11時20分頃にカプセルホテルにチェックインしましたが、午後3時頃、瀕死の状態で発見され病院に搬送されるも、翌朝未明に死亡が確認されました。

 

非常ベルに気付いて駆けつけたホテルの従業員に発見されたのですが、包丁による手首や腹などに複数の刺し傷があったそうです。

 

また、睡眠導入剤を服用した形跡もあり、これは野口英昭さんが那覇で購入したと言われています。そんな野口英昭さんの死は、最終的に自殺と断定されています。

 

 

しかし、なぜわざわざ縁のない沖縄を選んだのか?不審死にもかかわらず司法解剖が行われず、包丁の指紋すら採取されていないなど…不審点が多く、未だに他殺説が根強く残っています。

 

ライブドアの資金繰りのキーマンだった野口英昭さんの死により、ライブドア事件の黒幕の特定が難しくなり、宮内亮治CFOの背任や横領の嫌疑を晴らすことも難しくなったようです。

 

 

 

ライブドア事件をわかりやすく解説④ 真相・黒幕を検証

 

ライブドア事件では、元々罪の意識のあった宮内亮治CFOは、堀江貴文さんにできるだけ不利にならないように、自分が罪を被ろうと考えていたようです。

 

 

出典:http://oriharu.net/

 

ところが、堀江貴文さんには罪を犯した自覚が全くなかったらしく、事件の全責任は、宮内亮治CFOやその他の幹部が勝手にやったこととの姿勢を崩しませんでした。

 

これにより、幹部間の信頼関係は完全に崩れ、その後は言った言わないの水掛け論に終始してしまったようです。

 

 

有価証券報告書虚偽記載容疑には、虚偽記載の事実はあっても、そこから黒幕を特定することは不可能です。

 

その意味で、それぞれの自白が重要な証拠になるのですが、堀江貴文さんは宮内亮治CFOの自白をことごとく否定したそうです。

 

 

しかし、ワンマン社長だった堀江貴文さんが、何十億もの決済に関わっていなかったとは考えづらく、宮内亮治CFOが具体的な財務運営を主導したとしても、煽ったのは堀江貴文さんに他なりません。

 

以前から、金儲け至上主義を公言してはばからなかった堀江貴文さんですから、「儲かるならそれでOK」と気楽に考え、罪の意識など文字通り全くなかったのかも知れません。

 

事件発覚後も、「何が悪いのか分からない」と繰り返していたそうですし…。

 

 

とにかく利益を上げるためなら罪を罪とも思わない、そんな危機管理意識が非常に甘く、倫理観が欠如した堀江貴文さんが、無意識のうちに引き起こしてしまったのがライブドア事件の真相なのかも知れません。

 

 

 

ライブドア事件や堀江貴文に対するネットの声

 

最後に、今なお話題に上がり続けている、ライブドア事件や堀江貴文さんに対するネットの声をいくつか拾ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

元ライブドア社長の堀江貴文さんが逮捕されるに至った、一連の「ライブドア事件」の真相や黒幕の存在をわかりやすくまとめてみました。

 

他殺説が根強く残っている野口英昭さんの死など、未だに不審な点が多いこの事件、まだまだ完全解決には程遠いようです。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

村岡万由子の今現在の画像流出?彼氏やケツ毛バーガー事件とその後まとめ

宮崎勤と父親や母親・妹の現在!一族の末路まとめ【東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件】

ペッパーランチ事件の真相~犯人や黒幕など闇6つ・被害者も総まとめ

酒鬼薔薇聖斗(元少年A)の現在!本名や顔写真・結婚と子供の噂や家族まとめ【神戸連続児童殺傷事件】

林真須美の現在!夫や子供(息子/娘)・冤罪の噂まとめ【和歌山毒物カレー事件】

市橋達也の現在!逃亡生活・両親や姉など家族も総まとめ【リンゼイさん殺害事件】

鮫島事件の本当の真実と内容~NHKも言及した2chの絶対的タブーを紹介

大津いじめ事件の加害者の現在~木村束麿呂・小網健智のその後や被害者への虐め内容など公開

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

金村剛弘・西新宿事件の真相~犯人は木村兄弟?広末涼子など芸能人との関係も総まとめ

スーパーフリー事件の犯人の現在!逮捕者のその後・被害者女性の数も総まとめ

恵比寿★マスカッツ歴代メンバー人気順ランキングTOP25とプロフィール【2019最新版】

グラビアアイドル人気ランキング2019決定版!かわいい水着画像やカップ数も掲載

高橋克也の現在!逃亡生活17年間~逮捕・死刑執行の教団幹部も紹介

麻原彰晃の嫁&娘や息子など子供情報~生い立ちから現在まで総まとめ

宅間守の生い立ち・父親と母親や兄・嫁や獄中結婚~死刑執行時と最期の言葉も紹介

紀州のドンファン野崎幸助の死因~結婚歴や嫁と子供・経歴や会社名・死亡事件まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

海外&日本のロックバンド人気ランキング50選【最新版・YouTube動画付き】

井口綾子の現在!自演Twitter炎上や性格・出身高校や家族も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す