川口浩(探険隊)の今現在!結婚した嫁と子供(娘)・死因と闘病も総まとめ

川口浩さんと言えば1970年代後半から10年間続いた「川口浩探検隊」の隊長として有名ですが、若い頃は2枚目俳優として活躍していました。

 

今回は川口浩さんのプロフィールや若い頃、結婚した嫁や子供、死因や今現在をまとめました。

川口浩は探検隊の隊長として知られる俳優

 

出典:https://blogtag.ameba.jp/

水曜スペシャルで人気を博した川口浩

 

川口浩さんは、昭和中期から後期にかけて活動していた俳優です。

 

映画「処刑の部屋」、テレビドラマ「キイハンター」などの作品で2枚目として出演していました。

 

既に30年以上前に死去しているので、出演作品をタイムリーに見たことがない方も多いかもしれません。

 

まずは、川口浩さんのプロフィールを見ていきましょう。

 

川口浩のプロフィール

出典:https://tabelog.com/

川口 浩(かわぐち ひろし)

生年月日: 1936年8月22日

没年月日: 1987年11月17日(51歳没)

出身地: 東京都

職業: 俳優、司会者、探検家、実業家

 

 

川口浩の実家の家族 【父親も母親も有名人】

父親は作家の川口松太郎

 

出典:https://books.bunshun.jp/

直木賞作家の川口松太郎

 

川口浩さんの父親は、小説家の川口松太郎さん。1989年10月1日生まれで、東京都台東区浅草の出身です。

 

小学校4年生の頃に学校を中退し、用品屋に丁稚奉公に出た苦労人で、趣味でコツコツと小説を書き続けていました。

 

17歳の頃に「講談雑誌」に投稿した「流罪人藤助」が掲載され、文壇デビュー。その後、漢詩や江戸文学の知識を学び、作品に幅が出るようになりました。

 

1934年に「オール讀物」に掲載された「鶴八鶴次郎」が評判を呼び、連載開始。

 

この物語は、明治時代の芸人世界を舞台にした人情もので、第1回直木賞を受賞しています。

 

その後も様々なジャンルの作品を世に送り出し続け、これまでに執筆した作品は多数実写化されました。

 

特に、ベストセラーであり、社会現象を巻き起こした「愛染かつら」は、映画として実写化されて上原謙さんと田中絹代さんが主演し、爆発的な人気を博しました。

 

晩年は、映画製作会社である「大映製作所」の専務に就任、1985年に85歳で死去しています。

 

 

母親は三益愛子

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

女優として活動していた三益愛子

 

母親は、女優の三益愛子さんです。1910年11月2日に大阪府大阪市で生まれました。

 

地元の高校に通っていた頃、大阪の劇団「新潮劇」に入団し、女優の勉強を開始。

 

その後、19歳で上京して松竹傘下の劇団に入ると、たちまち看板女優として名前が売れていき、1934年に映画初主演を果たしています。その後、東宝に移籍しました。

 

戦後は母親役を演じることが多く、「母物映画女優」という異名を持っています。

 

プライベートでは、川口松太郎さんと正式に結婚する前に、息子の川口浩さんを出産。

 

実は当時、川口松太郎さんにはすでに嫁がおり、密かに不倫の恋をしていたため、未婚の母になっています。1951年にやっと2人は晴れて入籍しました。

 

三益愛子さんは、家庭を優先するために芸能界を引退し、主婦として生活を送っていましたが、成長した川口浩さんに勧められて女優に復帰。

 

復帰後は、舞台に映画にと多忙な生活を送っていましたが、1982年にすい臓がんを患い、71歳で死去しました。

 

 

川口浩の若い頃① 2枚目俳優として活躍

 

出典:https://www.pinterest.jp/

若い頃の川口浩

 

川口浩さんの若い頃の様子を見ていきましょう。学生時代は、慶應義塾に通っていたそうです。

 

 

慶應義塾を中退して俳優へ

出典:https://ja.m.wikipedia.org/

 

川口浩さんは、慶應義塾幼稚舎に入りそのままエスカレーター式に進学しました。

 

その後、慶應義塾高等学校を中退して俳優座演劇研究所に入団しています。

 

幼稚園から慶應義塾ということは、両親が超名人ですし、かなり裕福な家庭で育ったと思われます。

 

1956年、映画「裁かれる十代」で俳優デビュー。同年、映画「処刑の部屋」で初主演を果たしました。

 

これ以降、川口浩さんは大映現代劇の若手2枚目スターとして数々の映画やドラマに出演することになったのです。

 

 

川口浩の若い頃② 実業家として成功

出典:https://chigai-allguide.com/

 

若くして、映画界の2枚目スターにのし上がった川口浩さん。1962年に大映を退社して、実業家として歩き始めました。

 

高級マンションを建築

出典:https://mansionkeiei.jp/

 

川口浩さんは、不動産管理会社である「株式会社川口エンタープライズ」を設立し、マンション建設・経営を手掛けるようになります。

 

川口浩さんが起業家になった1960年代の日本では、マンションがようやく知られるようになり始めた頃であり、まだ大衆に浸透しているとは言えませんでした。

 

川口浩さんにもノウハウがなかったため、アメリカに渡り、現場を視察するなど様々な知識を得るために奔走しました。

 

帰国後、父親から譲り受けた東京都文京区の土地に7億円をかけて、デラックス賃貸マンションと分譲マンションを建築。

 

マンションを「川口アパートメント」と名付けて、運営に着手しました。

 

 

著名人が多数入居していた

出典:https://www.daily.co.jp/

死去するまで暮らし続けた野際陽子

 

「川口アパートメント」の入居者には著名人が多かったことでも知られており、作詞家の安井和美さん、タレントの栗原玲児さん、コメディアンの藤村有弘さんなどがいました。

 

また、1970年代に入ると、加賀まりこさん千葉真一さんと当時の嫁だった野際陽子さんが一緒に住んでいたそうです。

 

ちなみに、野際陽子さんは離婚後はもちろん、2017年に死去するまで「川口アパートメント」にずっと住み続けたそう。

 

よほど気に入っていたんですね。

 

 

川口浩の若い頃③ 芸能界に復帰

出典:https://muuseo.com/

 

1962年に実業家に転身し、芸能界の仕事を休業していた川口浩さんですが、1967年に再び芸能界に復帰しています。

 

それまで2枚目映画スターとして知られていましたが、復帰後はテレビドラマやバラエティ番組など幅広いジャンルで活躍しました。

 

 

活躍の場を映画からテレビへ

出典:https://jp.sharp/

 

1967年に芸能界に復帰すると、実業家と俳優の二足の草鞋を履いて仕事をしていた川口浩さん。

 

1969年には、圧倒的な人気を誇った連続ドラマ「キイハンター」にレギュラー出演。

 

1970年からは、川口浩探検隊の前身となった番組「ザ・ショック!!」を企画し、自ら出演するなど、これまでの2枚目映画スターというイメージを打ち破ることに成功したのです。

 

 

川口浩は探検隊シリーズで大ブレイク

出典:https://middle-edge.jp/

 

川口浩さんは、テレビ朝日で10年に渡り放送された「水曜スペシャル」の人気コーナー「川口浩探検隊」に出演したところ、お茶の間に受けて大ブレイクを果たしました。

 

今でも伝説のコーナーとしてバラエティ番組で取り上げられることがありますが、どのような内容だったのでしょうか。

 

大げさな演出が子供に大ウケ

出典:https://amanaimages.com/

 

「川口浩探検隊」は、1977年3月から始まったサバイバル企画です。

 

川口浩さんがスタッフの探検隊と共に、猛獣や少数民族を求めて南半球のジャングルを探検するという趣旨です。

 

娯楽の要素が多数盛り込まれ、隊員が罠にかかったり蛇にかまれたりと、まるで絵に描いたようなアクシデントが次々に発生します。

 

恐怖のシーンや大発見のシーンでは、必ずと言っていい程「ジャーン」と大きな効果音が流されて、ダイナミックなナレーションが雰囲気を作りました。

 

ターゲットの視聴者は子供だったので、この過剰な演出が大人気となったのです。

 

やらせのはずが本当に流血騒ぎに

基本的にはやらせだったようですが、1983年6月放送の「恐怖!ブラジル魔境に人食いピラニア大軍団を追え!逆襲死闘」では、川口浩さんはピラニアに噛まれて負傷しています。

 

川口浩さんの手はかなり出血し、慌てて自身で手当をしているシーンがそのまま放送されました。

 

現在であれば、血まみれになっている映像をそのまま流すことは、テレビ局の編集サイドが避けるでしょう。

 

しかし当時は、ぼかしたりカットしたりなどは一切行われず、そのまま放送されたようで、時代が感じられますよね。

 

負傷した川口浩さんは後に、出演したバラエティー番組でこの時の傷跡を披露しています。

 

 

川口浩が結婚した嫁は女優・野添ひとみ

 

出典:https://hakameguri.exblog.jp/

若い頃の野添ひとみ

 

ここからは、川口浩さんの嫁について見ていきましょう。

 

嫁は女優の野添ひとみさんです。2人が結婚したのは1960年、川口浩さんは24歳でした。

 

まずは、嫁のプロフィールを紹介します。

 

 

野添ひとみのプロフィール

出典:https://conex-eco.co.jp/

野添 ひとみ(のぞえ ひとみ)

生年月日: 1937年2月11日

没年月日: 1995年5月4日

出身地: 東京都新宿区

血液型: A型

 

野添ひとみさんは、6人兄弟の末っ子として誕生しました。

 

幼少期は、第二次世界大戦の真っ最中。親族の家に疎開して育ったそう。

 

中学生になるとようやく東京に戻り、「松竹歌劇団」の新人募集に超難関を潜り抜けて合格しました。

 

1952年には、松竹映画「うず潮」で女優デビューしています。

 

主役を張るタイプの女優ではなかったものの、数多くの作品に出演し、愛される脇役として輝きました。

 

1995年5月4日、甲状腺がんの闘病の末、58歳で死去しています。

 

 

2人の馴れ初めは?

出典:https://withonline.jp/

 

2人の馴れ初めは、頻繁に共演したことです。俗に言う職場結婚になりますね。

 

1958年公開の映画「有楽町で逢いましょう」では、川口浩さんと野添ひとみさんは恋人役を演じました。

 

1957年には2人はすでに交際中で、さらに川口浩さんの口ききで、父親の川口松太郎さんが重役を務める大映に野添ひとみさんは移籍していたことが判明しています。

 

 

川口浩と嫁・野添ひとみに子供は2人

2人の娘が誕生した

出典:https://www.newsweekjapan.jp/

 

川口浩さんと野添ひとみさんの間には、子供が2人誕生しています。

 

2人とも娘のようですが、名前や生年月日、画像などの個人が特定できる情報は明かされていません。

 

ただし、次女は1983年に17歳で死去しています。死因は公表されていません。

 

この情報から逆算すると、次女が生まれたのは1965年、さらに長女は2人が結婚した1960年~1964年の4年間のいずれかで誕生したということになります。

 

長女は一般人のようで、現在どんな職に就いているかも不明です。

 

 

川口浩の現在はすでに死去している…死因と最期について

出典:https://hakameguri.exblog.jp/

 

川口浩さんが死去したのは、1987年11月17日のこと。享年51歳でした。

 

訃報が報道されると、関係者やファンがその死を悼みました。

 

まだまだ人生これからだったと言える川口浩さん。ここからは、死因や最期の言葉を見ていきましょう。

 

食道がんと咽頭がんだった

1987年7月頃、川口浩さんは「食べ物が喉を通りにくい」と違和感を覚えて病院で検査をしたところ、食道がんと咽頭がんと告げられました。

 

実は、1985年にも胃がんが見つかっており、手術で腫瘍を取り除き、胃がんを克服していたんです。つまり、がんが再発したということになりますね。

 

ただ、1987年4月に検診を受けた時には、何も見つからず、食道がんを見つけた主治医によると「凄いスピードでがんが育ってしまう異常な体質なのではないか」と指摘されたそう。

 

川口浩さんは、父親が2回食道がんの手術を受けていましたし、母親もすい臓がんが原因で死去していることから、健康にはかなり気を遣っていました。

 

希望を捨てず、食道がんの手術を受けた川口浩さんでしたが、手術後、腎不全と肺炎を併発してしまい、命を落としています。

 

最期の言葉は?

出典:https://tengoku-post.com/

 

手術で患部を開いてみると、想像以上にがんが進行していたようで、食道のみならず、胃や脾臓まで摘出しましたが、完全に除去することは難しかったようです。

 

自発呼吸も厳しくなった川口浩さんは、気管支を切開し、痰を吸引するための管が通されると、自身で言葉を発することもできなくなりました。

 

ただ、意識はハッキリしており、嫁のひとみさんとのコミュニケーションはホワイトボードでの筆談だったそう。

 

1987年11月17日の昼前には、家族と次のように筆談で会話しています。

 

川口はボードに「30%駄目だ。気力で頑張る」、さらに「みんな元気で、みんな仲良く」と書いた。
傍らにいたひとみ夫人と長女の目に涙があふれた。すると川口は「泣くな」と書いて、「サンキュー」と続けた。

 

引用:51歳の若さで逝った川口浩隊長 – 日刊ゲンダイ https://www.nikkan-gendai.com

 

この日の夕方に容態が急変し、家族に見守られながら川口浩さんは、旅立っていきました。

 

 

川口浩は今もテレビに影響を与え続けている

出典:https://muranogyokuro.hateblo.jp/

 

川口浩さんが死去し、長い年月が経過していますが、現在もテレビでは川口浩さんの雄姿を見ることができるんです。

 

また、歌手の嘉門達夫さんは「川口浩探検隊」によって、自身の楽曲が大ヒットし今の地位を築いています。

 

令和になった現在もテレビで愛されている

出典:https://twitter.com/

 

2020年6月に放送されたテレビ朝日の番組「マツコ&有吉かりそめ天国」では、「再放送委員会」という企画において、川口浩探検隊が取り上げられています。

 

この企画は、もう一度見てみたいあの番組を振り返るという趣旨。数々の番組の中から、MCの2人が選んだのが「水曜スペシャル/川口浩探検隊」でした。

 

シリーズ43作品の中から「恐怖! ブラジル魔境に人食いピラニア大軍団を追え」が放送されると、マツコ・デラックスさんも有吉弘行さんも食い入るように映像を見つめていました。

 

貴重な映像を見終えた2人は「見ごたえがあった」、「現在だと、こんなに大胆なロケはできない」、「2時間見続けたい」と興奮気味。

 

視聴者からも評判が良かったのか、2020年秋から、シリーズものとして「今週の川口浩探検隊」が不定期で放送されています。

 

 

まとめ

出典:http://pgpro.blog23.fc2.com/

 

川口浩さんは、父親が直木賞作家の川口松太郎さん、母親は女優の三益愛子さんという華やかな両親に育てられました。

 

幼稚園から高校まで慶應義塾に通っていましたが、突如高校を中退して「俳優座演劇研究所」に入団し、俳優を目指したのです。

 

デビュー後は、端正な顔立ちと演技力を武器に2枚目俳優として名を馳せました。その後、実業家として不動産関係の会社を起業し、数年間芸能界を休業しています。

 

会社が軌道に乗ると、再び芸能界に復帰。かつての王道2枚目ではなく、「川口浩探検隊」として熱帯雨林地域のジャングルで冒険物ドキュメンタリーに挑戦しています。

 

大げさな演出やわざとらしいトラブルがお茶の間に受けて、人気シリーズになったのです。

 

プライベートでは、女優の野添ひとみさんと結婚。2人の娘をもうけましたが、1987年に闘病生活の末に51歳の若さで死去。死因は咽頭がんと胃がんでした。

 

令和になった現在も、度々テレビで河口探検隊の映像が紹介されており、川口浩さんの姿を見ることができます。いかに人気だったかがわかりますよね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

千葉真一の家系図!元嫁の野際陽子との娘/玉美との息子2人も総まとめ

大物俳優の人気ランキングTOP40~ベテラン・大御所が勢ぞろい【2021最新版】

大東駿介の生い立ちと家族!蒸発した父親と母親・兄弟の有無・救われたきっかけも総まとめ

柏原崇の現在!若い頃の逮捕や結婚など干された理由・最新情報も総まとめ

遠藤要の現在!謹慎処分・ボコボコ写真や交友関係・逮捕まとめ

成宮寛貴の現在!引退理由・フライデーの薬疑惑「コカイン吸引場面」とその後まとめ

根津甚八の若い頃と嫁や息子の現在!事故や病気・晩年と死因も総まとめ

田中圭の嫁はさくら!結婚や子供・浮気と離婚危機の噂まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

國母和宏の現在!腰パン反省の真相・北海道の親や兄弟/嫁や子供など家族・薬での逮捕も総まとめ

橋本真帆の現在!彼氏は道渕諒平(仙台)でDVあざ被害?その後も総まとめ

若い頃は美女で綺麗だった芸能人女性ランキング40選【最新版】

田宮二郎の自殺と遺書~嫁や息子・山本陽子との関係・病気説や他殺説も総まとめ

林下柔美(ビッグダディ次女)の現在!旦那との結婚や子供・年齢や出身高校も総まとめ

EXILEメンバーの人気順TOP15と脱退者の現在まとめ【2021最新版】

隆大介の現在!若い頃や韓国籍・嫁と子供・逮捕事件・死去の詳細も総まとめ

アニマル梯団/おさる&コアラの今現在!創価学会の信者?干された原因と解散理由も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

八甲田山雪中行軍遭難事件の原因!ルートや生存者の写真・服装や案内人・心霊現象の噂や映画化も徹底解説

山下徹大(加山徹)の現在!加山雄三など家族・学歴や結婚情報・改名の理由・ドラゴン桜俳優と似てる噂も徹底解説

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す