鶴田浩二の若い頃や死因!嫁や娘・家系図と韓国や鶴田真由との関係・葬儀も総まとめ

戦後の銀幕スターだった鶴田浩二さんは、若い頃の恋愛遍歴がすごいんです。

 

今回は鶴田浩二さんの経歴や事件、若い頃の恋愛遍歴や韓国との関係、家系図と結婚した嫁や子供(息子・娘)、鶴田真由さんとの関係、死因などを紹介します。

鶴田浩二は戦後の大スター

 

鶴田浩二

本名:小野 榮一

生年月日:1924年12月6日
没年月日:1987年6月16日
出身:兵庫県西宮市
身長:172cm
所属:東宝
活動:俳優・歌手

 

鶴田浩二さんは戦後の大スター・銀幕スターの俳優です。

 

戦後にデビューした鶴田浩二さんは、若い頃は甘さと翳りを持つ美貌でハンサム(イケメン)俳優として人気になりました。

 

中年以降は、任侠映画や戦争映画などで渋い演技を見せ、ただのハンサム俳優からの脱皮に成功し、日本映画界で長いことトップスターとして活躍しました。


さらに1970年にリリースした「傷だらけの人生」が大ヒットし、歌手としての実績もある銀幕のスターでした。

 

 

鶴田浩二の経歴① 生い立ち

出典:dailyshincho.jp

 

鶴田浩二さんは1924年に兵庫県西宮市で生まれます。

 

父親の両親(鶴田浩二さんの父方の祖父母)が結婚に反対していたため、鶴田さんが生まれた時、両親は結婚していませんでした。

 

そのため、母親は鶴田浩二さんを連れて静岡県浜松市に引っ越して、別の男性と結婚。

 

しかし、この男性(鶴田さんの義父)は良い父親・良い夫ではなく、母親は水商売をして生計を立てていて、遊郭で体を売ることもありました。

 

そのため、鶴田浩二さんは目が不自由な祖母と一緒に、狭い長屋で極貧生活を送ります。

 

祖母が亡くなると、鶴田さんは長屋で一人きり。母親に会いたくて、遊郭に行ったこともあるそうです。しかし、母親はお客を取っていたため、鶴田さんは相手にされませんでした。

 

鶴田さんと母親がそのような生活を送っていた頃、義父は博打をして遊んでいて、貯金箱を割ってまでお金を奪っていくこともありました。

 

この義父は鶴田浩二さんが大スターになってからも鶴田さんに付きまとい、博打のお金を借りにきたといいます。

 

14歳の時には俳優に憧れて、時代劇スターだった高田浩吉の劇団に入団しました。此花商業学校・関西大学専門部商科に進学しましたが、太平洋戦争の学徒出陣令で徴兵され海軍航空隊に所属します。そして、終戦を迎えました。

 

 

鶴田浩二の経歴② 芸能界入り

出典:bunshun.jp

 

鶴田浩二さんは1948年、24歳で松竹所属になり、芸能界デビューをしました。

 

最初は大部屋俳優だったものの、すぐにその美貌で注目を集めて頭角を現し、長谷川一夫主演の松竹「遊侠の群れ」で本格的に映画デビューをします。

 

1949年には「フランチェスカの鐘」で映画初主演を果たし、佐田啓二・高橋貞二と共に「青春三羽烏」と呼ばれて、ヒットを飛ばします。

 

1950年代に入ってからも人気はどんどん上り調子で、雑誌『平凡』の人気投票では2位以下を大きく引き離して1位を獲得し、プロマイドの売り上げもトップでした。

 

ハンサム俳優ながらも、二枚目の役だけでなく、サラリーマンや殺し屋、ギャング、任侠、軍人、侍と幅広い役を演じることができる俳優でした。

 

1952年には松竹から独立し、新生プロ(クレインズ・クラブ)を立ち上げます。この鶴田浩二さんの独立は、戦後の俳優独立の初めてのケースです。

 

人気絶頂だった鶴田浩二さんは、1953年の「野戦看護婦」で、1日拘束の出演料が300万円という日本映画史上最高額の出演料を得ます。

 

松竹時代は1日180万円で45日間拘束でしたから、独立して、ギャラが1.5倍以上になったということです。

 

300万円の45日間拘束だとしたら、1本の映画で1億1500万円のギャラということになります。銀幕の大スターのギャラの破格さがよくわかりますね。

 

鶴田浩二さんは石原裕次郎さんが映画界に出現するまでの映画界のトップスターであり、抜群の集客力を持っていました。

 

新生プロはヒット映画を何本も出し、順風満帆に見えた鶴田浩二さんでしたが、信頼していた経理担当者に2000万円を持ち逃げされてしまいます。

 

それ以降はフリーとして、松竹・新東映・大映・東宝の各映画会社に出演していました。

 

 

鶴田浩二の経歴③ トップスターとして

出典:jvcmusic.co.jp

 

フリーとして活動していた鶴田浩二さんは、1958年に東宝と専属契約を結び、主演作を作り続けました。

 

しかし、単独主演の映画はあまりヒットせず、三船敏郎さんとダブル主演した映画はヒットしたものの、三船敏郎さんのほうが評価が高いという状態になり、スランプに陥ります。

 

そんな時、東映のジェネラルマネージャーだった岡田茂氏が「現代劇も時代劇もできる良い俳優」を探していたところ、鶴田浩二さんの名前が挙がり、東映に円満移籍となりました。

 

東映移籍直後はあまりヒット作に恵まれなかったものの、1963年に主演した「人生劇場 飛車角」が大ヒット。

 

その後は任侠映画のスターとして『人生劇場シリーズ』・『博徒シリーズ』・『博奕打ちシリーズ』・『列伝シリーズ』などのヒットシリーズに主演します。

 

また、1970年12月25日発売のシングル「傷だらけの人生」が大ヒット。

 

1971年の「第13回日本レコード大賞」で大衆賞、「第4回日本有線大賞」では大賞を受賞し、音楽番組にも多数出演しました。

 

<映画>
・人生劇場シリーズ
・博徒シリーズ
・博奕打ちシリーズ
・列伝シリーズ
・関東シリーズ
・次郎長三国志シリーズ
・暗黒街シリーズ
・傷だらけの人生シリーズ
・明治侠客伝 三代目襲名
・宮本武蔵 完結篇 決闘巌流島
・人間魚雷 あゝ回天特別攻撃隊
・ハワイの夜
・婦系図 湯島の白梅
・弥太郎笠 前後篇
・あゝ決戦航空隊
・聖職の碑
・黄金の犬

 

<テレビドラマ>
・鶴田浩二アワー
・新選組
・男たちの旅路
・大空港
・黄金の日日
・警視庁殺人課

 

<シングル>
・赤と黒のブルース
・好きだった
・傷だらけの人生
・同期の桜

 

鶴田浩二さんは生涯で250本近い映画に出演しています。

 

 

鶴田浩二の若い頃からの恋愛遍歴① 岸惠子との熱愛

鶴田浩二さんの若い頃は、甘いマスクの中に陰があるハンサム俳優でしたので、当然女性からもモテていたようです。

 

美空ひばりさんの初恋は、鶴田浩二さんという噂もあるほどです。

 

結婚相手を除く、若い頃からの恋愛遍歴を見ていきましょう。まずは、岸惠子さんです。

 

 

出典:mainichikirei.jp

 

鶴田浩二さんは岸惠子さんと交際していました。岸惠子さんは1951年に松竹に入社してデビューしている女優です。

 

鶴田浩二さんと岸惠子さんは、1952年に「坊ちゃん重役」で共演しました。

 

鶴田さんが独立後には、松竹所属の岸惠子さんに相手役のオファーを出します。松竹側は渋りましたが、岸惠子さんが押し切る形で再び「弥太郎笠」で共演しました。

 

さらに「ハワイの夜」でも共演して、その映画はヒットします。

 

この頃に、鶴田浩二さんと岸惠子さんに熱愛報道が出ました。この2人の熱愛は戦後最大のロマンスと言われていました。

 

この頃、鶴田浩二さんは結婚はしていなかったものの、すでに婚約者(将来の妻)がいたのですが、岸さんのほうに心は傾いたようです。

 

「当時のオレは、はっきりいって照子より岸くんのほうをより愛していたのかもしれない。が、結局は岸くんとは結ばれなかった。別れたんです。これは、映画会社のもろもろの工作というよりは、オレ自身の心の結着でしたよ」

 

引用:天下の名優・鶴田浩二さん 訥々と語った人気女優との純情恋愛秘話|NEWSポストセブン

 

また、岸惠子さんのほうも鶴田浩二さんを本気で好きだったようですが、岸さんは身を引くようになりました。

 

「清らかにお付き合いが始まり、清らかに終わったという感じです。私が新橋の店であつらえた純金のネックレスをおそろいで付けていたんですが、ある日、私が知らなかった事情を知らされ、もうお別れしようと心に決めました。自分で身を引いたんです。最後は橋の上から泣きながら、純金のネックレスを川に投げ捨てたんですよ」(2021年6月4日・日本経済新聞電子版)

 

引用:天下の名優・鶴田浩二さん 訥々と語った人気女優との純情恋愛秘話|NEWSポストセブン

 

「身を引く」ということですので、岸さんは鶴田浩二さんに婚約者がいることを知らなかったと思われます。

 

鶴田浩二さんは「俺自身の心の結着だった」としていますが、松竹に岸さんとの仲を裂かれたことで自殺未遂騒動を起こしています。

 

実際は松竹に別れさせられたけれど、ちょっと美化して「心の結着」としているのかもしれません。

 

 

鶴田浩二の若い頃からの恋愛遍歴② 撮影所所長の女を寝取る

出典:nikkan-gendai.com

 

鶴田浩二さんは、撮影所の所長と交際していた女優を寝取ったこともあります。

 

1956年に市川崑監督の「日本橋」に出演予定でしたが、撮影所所長の交際していた女優を寝取るという大スキャンダルを起こしたことが影響して、この映画は降板となっています。

 

ちなみに、鶴田さんは1955年に結婚していますので、このスキャンダルを起こしたのは結婚2年目になります。

 

 

鶴田浩二の若い頃からの恋愛遍歴③ 佐久間良子との不倫

出典:post.tv-asahi.co.jp

 

鶴田浩二さんは、1961年頃に女優の佐久間良子さんと不倫していたこともあります。

 

佐久間良子さんが「22歳の頃に不倫をしていた」と、自らの口で告白しています。

 

《「怖い…」というのが初対面の印象》で、共演中も雑談にも応じてくれず、佐久間はノイローゼ気味だったという。ところが共演2作目の撮影中に突然、鶴田さんから「お茶でも飲まないか」とさわやかな笑顔で誘われる。《今から思えば、これが「大人の恋の駆け引き」だったのかもしれない》と述懐する。

 

引用:女優・佐久間良子、大俳優との“不倫”告白!止まらぬ“灼熱の恋” – 芸能 – ZAKZAK

 

1953年頃には婚約者がいるのに岸さんと交際、1955年に結婚、1956年に所長の交際相手を寝取る、1961年には佐久間良子さんと不倫・・・。

 

こう見ると、鶴田浩二さんはなかなか派手な恋愛遍歴の持ち主ですね。

 

 

鶴田浩二襲撃事件とは

出典:amazon.com

 

鶴田浩二さんは1953年、暴力団員から襲撃されました。

 

この事件は、鶴田浩二さんに非があったわけではなく、鶴田さんのマネージャーが暴力団員であり、芸能界のドンだった山口組の田岡一雄の機嫌を損ねてしまったことが原因です。

 

山口組の田岡一雄は美空ひばりの興行を手掛け、美空ひばりのバックにいる人物として、芸能界で高い影響力を持っていました。

 

その田岡と鶴田浩二さんは顔見知りで交流があったのですが、1952年に田岡から鶴田さんのマネージャーの兼松廉吉さんに「美空ひばりと鶴田のジョイント公演」のオファーをします。

 

しかし、マネージャーの兼松さんはそのオファーを断りました。そのことを田岡は根に持っていたようです。

 

そして、マネージャーの兼松さんは1952年末に山口組を訪れて、1953年1月に行う公演の挨拶と当時の慣習に従ってみかじめ料のような形で5万円と浅草のりを渡しました。

 

しかし、田岡氏はオファーを断られたことを根に持っていたため、それを受け取りませんでした。

 

兼松さんはなぜ受け取ってくれないのか心当たりはなかったようで、再度渡そうとしますが、田岡は「それはおまえがよう考えてみいや」、「いらんと言うたらいらん」と断固拒否。

 

そして、1953年1月6日に事件が起きます。

 

鶴田浩二さんが女優を含めた10人と一緒に、大阪市天王寺区の旅館で食事をしていたところ、山口組の組員4人が入ってきて、鶴田浩二さんをウイスキーの瓶やレンガで殴りつけました

 

犯人4人は暴行が終わると、黒塗りの乗用車で逃亡し、鶴田さんは頭と手に11針を縫うけがを負いました。

 

その後、実行犯4人とその4人に直接指示した梶原清晴、さらに山口組興行部の西本一三が逮捕されました。

 

西本は山口組で働いているものの、ヤクザではなく堅気だったこともあり、警察の取り調べで「田岡に命令された」と自供します。

 

この自供で、田岡は出頭することになりましたが、証拠不十分で処分保留のままで釈放されています。

 

 

関係者2人が自殺・・・

出典:youtube.com

 

田岡一雄の指示で起こった鶴田浩二襲撃事件は、山口組の暴力団員が逮捕されて解決しました。

 

しかし、田岡の指示であることを自供した西本は「自供したことがバレたら、釈放後に組に何をされるかわからない」と震えながら泣いていたそうです。

 

そして、西本が恐れていたことが起こりました。

 

事件から2年後の1955年、鶴田浩二さんのマネージャーだった兼松さんは、鎌倉稲村ガ崎防空壕跡にて服毒自殺をしています。

 

また、西本は事件後に山口組興行部を辞めましたが、1956年1月に船から海に落ちて死亡しているんです。


鶴田浩二はこの襲撃事件を受けても、暴力に屈することなく、田岡と面会します。

 

この時の筋を通そうとする鶴田さんの態度を田岡が気に入って、2人は和解し、田岡は鶴田さんの芸能活動を支えていくことになりました。

 

 

鶴田浩二は韓国嫌いの愛国者だった

鶴田浩二さんは韓国嫌いの愛国者だったと言われています。

 

鶴田浩二さんは太平洋戦争では海軍に所属していて、1953年の「雲ながるる果てに」では特攻隊員の役を演じていました。

 

そして、その頃から「特攻崩れ」と称されるようになりました。実際は特攻隊を見送る立場であり、特攻隊員ではなかったのですが、映画会社のブランディング戦略だったと見られています。

 

この鶴田浩二さんの「特攻崩れ」は戦友会が猛抗議しましたが、鶴田さんは弁明などは一切せず、巨額の私財を使って戦没者の遺骨収集に尽力し、日本遺族会にも莫大な寄付をしています。

 

この鶴田さんの行動から、大規模な遺骨収集団をの派遣につながったと言われています。

 

このような無言の活動が認められ、最初は猛抗議していた戦友会からも「特攻隊の一員」とみなされるようになりました。

 

また、軍歌を歌うことも多かったことから、鶴田さんは愛国者であることは間違いありません

 

さらに、鶴田浩二さんの最大のヒット曲である「傷だらけの人生」。この曲のセリフ部分に「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」というものがあります。

 

 

 

この歌詞は、日本が韓国・朝鮮に牛耳られてきていることを嘆いているという説があります。

 

 

 

また、鶴田浩二さんがいた頃は、日本の芸能界がこんなに韓国に浸食されていなかったと嘆く人もいます。

 

 

鶴田浩二さんが韓国のことをどう思っていたのかは不明ですが、日本を愛する愛国者であったことは間違いないでしょう。

 

 

鶴田浩二の家系図

 

鶴田浩二さんの家系図を見ると、子供や孫に有名人がいることがわかります。子供は4人いて、長男と三女が芸能界に入っています(後述)。

 

また、次女の千尋さんの子供、つまり鶴田浩二さんの孫には清元節三味線方の清元斎寿や歌舞伎役者の尾上右近さんがいます。

 

これは、次女の千尋さんが七代目清元延寿太夫と再婚したからで、これにより縁戚には中村勘三郎さんや中村勘九郎さん、中村七之助さんなどがいます。

 

 

鶴田浩二が結婚した嫁は元女優

出典:amazon.com

 

鶴田浩二さんは、1955年に中尾照子さんと結婚しています。中尾照子さんは松竹の女優でした。

 

「オレにはすでに将来を約束した女性がいた。中尾照子という松竹の新人女優、そう、いまの女房ですよ」

 1950年に『エデンの海』で照子と出会った鶴田は結婚を約束。彼女は女優を辞め、実家に帰って正式なプロポーズを待った。

 

引用:天下の名優・鶴田浩二さん 訥々と語った人気女優との純情恋愛秘話|NEWSポストセブン

 

鶴田浩二さんと中尾照子さんは、1950年に映画で共演して交際を始めました

 

そして、結婚の約束をしたことで、中尾照子さんは女優を辞めます。

 

その後、鶴田浩二さんは岸惠子さんと熱愛報道がありましたが、1955年11月21日に結婚式を挙げています。

 

その後、鶴田さんが亡くなるまで添い遂げています。鶴田さんの13回忌の時に奥様は次のように述べていました。

 

「いろいろあっても、きちんと私の方を向いてくれていた。楽しい誠実な人。私が悩むようなことはなかった」

 

引用:天下の名優・鶴田浩二さん 訥々と語った人気女優との純情恋愛秘話|NEWSポストセブン – Part 2

 

鶴田浩二さんは隠し子騒動や不倫騒動があるなど、いろいろあった方ですが、奥様は度量が広い方だったようです。

 

 

鶴田浩二の子供:息子や娘

出典:nikkan-gendai.com

 

鶴田浩二さんの子供はわかっているだけで4人います。長男は隠し子で、恋人との子でした。

 

また、この長男以外にも隠し子がいるとされていますし、一時期は俳優の松方弘樹さんが鶴田浩二さんの隠し子ではないかと噂されていました。

 

 

長男は北斗学(恋人の子)

長男は俳優の北斗学さんです。鶴田さんが若い頃に交際していた女性との間の子になります。

 

結婚した嫁(中尾照子さん)との子供ではないので、北斗学さんは鶴田浩二さんの「弟」と称して俳優活動をしていました。

 

 

長女は愛弓

鶴田浩二さんの長女・愛弓さんは、1956年頃に誕生していて、現在は「カーロン愛弓」というお名前なので、国際結婚をしているようです。

 

 

次女は千尋

鶴田浩二さんの次女は、千尋さんです。

 

千尋さんは前の夫との間に長男(現在の清元斎寿さん)が生まれ、その後に七代目清元延寿太夫さんと結婚して、次男の尾上右近さんを出産しています。

 

 

三女は鶴田さやか

三女は鶴田さやかさんです。1977年に女優としてデビューしています。

 

「渡る世間は鬼ばかり」・「義経」・「遠山の金さん」・「水戸黄門 第20部」などに出演し、さらに演歌歌手の公演にもゲスト出演しています。

 

さらに、歌手としても活動していて、高級ホテルなどでディナーショーも行うなど、幅広い活動をしています。

 

 

鶴田浩二の娘は鶴田真由?

出典:twitter.com

 

銀幕のスターだった鶴田浩二さんの名前を聞くと、女優の鶴田真由さんと関係があるのかな?と思う人も多いと思います。

 

「鶴田」という苗字が同じですし、俳優という職業の共通点から、鶴田真由さんは鶴田浩二さんの娘なのでは?と思ってしまいますよね。

 

でも、鶴田真由さんは鶴田浩二さんの娘ではありません。鶴田真由さんの父親は三菱電機で家電のデザイナーをしていた方ですから、娘ではないんです。

 

遠い親戚関係という可能性はゼロではありませんが、そのような情報はありませんし、ただ苗字が偶然同じというだけの関係でしょう。

 

 

鶴田浩二の死因は肺がん

出典:sponichi.co.jp

 

鶴田浩二さんは1987年6月16日に亡くなりました。死因は肺がんです。

 

鶴田浩二さん還暦を迎えても精力的に活動していましたが、1985年に肺がんの診断を受けます。しかし、肺がんであることは鶴田さん本人には伏せられていました。

 

1986年にはNHKのドラマ「シャツの店」が遺作となり、その後は入院して闘病生活を続けていましたが、慶應義塾大学病院で亡くなっています。

 

お葬式には、芸能関係者だけでなく、戦友や元特攻隊員が多く駆け付けました。

 

遺体には旧海軍の第二種軍装を着せて、棺は旭日旗で包まれ、戦友たちが歌う軍歌と葬送ラッパが流れる中、見送られました。

 

鶴田浩二さんは芸能関係者からも慕われていたようで、2009年には23回忌が行われましたが、300人の芸能関係者が集まりました。

 

都内のホテルで行われ、北島三郎をはじめ松方弘樹、梅宮辰夫ら親交のあった俳優、歌手、業界関係者らおよそ300人が参加した。終始、鶴田さんを“先輩”と呼んだ松方は「悪いことも教えてくれた。僕も浮き名を流しましたが、最近はおとなしくなった。でも、先輩はその100倍かな?」と“武勇伝”を回想して恩人を偲んだ。

 

引用:鶴田浩二さん23回忌 偲ぶ会に北島、松方ら300人が参列 | ORICON NEWS

 

亡くなってから20年以上経っても、これだけの方が集まるなんて、鶴田浩二さんの偉大さ・影響力の大きさを感じずにはいられません。

 

 

鶴田浩二のまとめ

鶴田浩二さんのプロフィールや経歴、若い頃の恋愛遍歴、韓国との関係、家系図や結婚した嫁・子供(息子・娘)と鶴田真由さんが娘との噂、死因などをまとめました。

 

鶴田浩二さんはハンサムであるがゆえに、女性関係はかなり派手だったようです。美空ひばりさんの初恋は鶴田浩二さんという情報もあるほどですから。

 

鶴田浩二さんに興味を持った人は、ぜひ出演作品を見てみてください。 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

浜尾京介の今現在!引退理由・結婚説や復帰説も総まとめ

夙川アトム(俳優)の現在!DJ松永と似てる?芸人時代のネタ・結婚情報も総まとめ

D-BOYSメンバー人気順ランキング最新TOP25~卒業生も含む【2022年版】

火野正平の若い頃や女性遍歴!結婚した嫁や子供・濱田岳が息子の噂や激似画像も総まとめ

川口浩(探険隊)の今現在!結婚した嫁と子供(娘)・死因と闘病も総まとめ

柄本かのこ(柄本明と角替和枝の娘)の現在!年齢や顔画像・兄弟など家族もまとめ

村井克行の現在!平子理沙との不倫・結婚歴や嫁と子供・身長や似てる芸能人も総まとめ【画像多数】

忍成修吾の今現在!結婚した嫁・高校時代など若い頃・本名と似てる芸能人まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

パトリック・ハーラン(パックン)は反日?大学など経歴・嫁と子供も総まとめ

明智光秀の子孫は?父と母・妻と子供など家系図/出身地など出生まとめ

大城美和の今現在!若い頃のフライデー記事・結婚の噂まとめ【画像多数】

福田沙紀の現在!性格など消えた理由2つ・彼氏と結婚の噂や近況も総まとめ

内藤陽子の若い頃と現在!元旦那との離婚と子供・SUとのフライデーや病気も総まとめ

ちゃんもも(竹内桃子)の現在!両親・顔の整形・結婚の有無・最新情報も総まとめ

今井寿の現在!嫁と子供・天才秘話・若い頃と逮捕歴も紹介【BUCK-TICKギタリスト】

黒澤優(松岡充の嫁)の現在!父と母など家族・旦那との結婚や子供も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

佐達ももこの子役時代や現在!結婚した旦那・身長や家族(父親/姉)・自宅や子供の有無も総まとめ

鶴保庸介(野田聖子の元旦那)の現在!経歴や家族・元嫁の父親が暴露したモラハラ結婚生活&子供への対応も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す