エレベーターガールの現在!歴史と給料・廃止理由3つも徹底解説

昭和時代は百貨店の顔だった「エレベーターガール」は廃止傾向にありますが、現在は外国人観光客に人気の存在です。

  •  

今回はエレベーターガールの歴史や給料、廃止傾向の理由、現在エレベーターガールが常駐する店舗7つを紹介します。

エレベーターガールの歴史

松坂屋上野店が発祥!

出典:https://uenogasuki.tokyo/k

 

エレベーターガールとは、百貨店や観光客向けの高層建造物のエレベーターに乗務し、エレベーターの操作や館内の案内を行う女性のことです。

 

日本で初めてエレベーターガールを配置したのは1929年、松坂屋上野店だったと言われています。

 

この頃のエレベーターは手動で操作を行うものが主流で、運転が難しいため、元々は男性がエレベーター操作をしていました。

 

松坂屋上野店では、1923年に関東大震災により建物全体が焼失し、1929年に全館リニューアルし、エレベーターも「水平停止開閉式」という最新のものが導入されました。

 

そのため、女性でも簡単に操作ができるようになったことから「エレベーターガール」が登場し、当時は「昇降機ガール」と呼ばれ、女性の憧れの職業の1つでした。

 

昭和期のエレベーターガール

出典:https://matome.naver.jp/

 

エレベーターガールの仕事と言えば、現在も知られるように、「上に(下に)参ります」と乗場ドアの外で待つお客に対して昇降方向を案内します。

 

しかし、実エレベーターガールというのはイメージほど簡単な仕事ではありませんでした。

 

 

昭和期のエレベーターは今のようにボタン1つで動くエレベーターではありませんから、エレベーターガールはハンドルや足元のボタンを使って上昇・下降・停止の操作を行います。

 

また、満員のお知らせ、「次は〇階でございます。階には△△がございます」とフロア案内、さらに各フロアに到着するたびにエレベーターの外へ出て「呼び込み」も行っていたそうです。

 

 

そして非常時には、避難の誘導を行うのもエレベーターガールの仕事です。

 

非常口へ誘導したり、非常時に混乱するお客様たちを落ち着かせたり、他にも逃げ遅れた人がいないかの確認、親とはぐれた子供の保護と案内までエレベーターガールが担っていました。

 

憧れの職業とは言え、1日中立ちっぱなしですし、館内を上に下に行ったり来たりを繰り返して常に高い声で案内しなけれなならないので、相当きつい仕事だったようです。

 

 

また、エレベーターガールは百貨店の顔ともいうべき存在へと変化していったため、その身なりも独特でした。

 

大半のエレベーターガールは独特の制服を着用していて、ツバ付きのフェルト帽、明るい色のスーツ、白手袋などがアイコンでした。

 

また、服装の色合いは落ち着いた色合いで上品さを強調するものの、帽子のリボンやスカーフなどのワンポイントにより華やかさを出していました。

 

エレベーターガールは昭和ノスタルジーの1つとして懐古されることも多く、昭和を象徴するものでもあります。

 

エレベーターガールの給料は?

 

出典:https://fashion-j.com/

 

イメージに比べて、実は重労働のエレベーターガールですが、お給料はどのくらいなのでしょうか?

 

エレベーターガールという仕事が認知され出した頃には、高等小学校を出た人で日給80銭、女学校まで出ていると15銭だったそうです。

 

これは店舗で働く女性社員の水準とほぼ同じです。

 

そして現在のエレベーターガールは、正社員で月給17万円〜20万円で、賞与が年に2回程度と言われています。こちらも店舗で働く女性社員と同じくらいの相場ですね。

 

 

また、現在のエレベーターガールには派遣社員も多くいて、派遣社員の場合は時給で働くことになります。時給は1200円〜1600と少し高めの設定です。

 

見た目やイメージ以上に、実際にやってみるととても大変な仕事なので、体力的にも精神的にもエネルギーを使います。

 

そのため、ある程度高めの給料設定しておかなければ働き手がいなかったり、すぐ辞めてしまう可能性があるのです。

 

エレベーターガール経験者である安藤優子アナ

 

出典:https://www.excite.co.jp/

 

フリーアナウンサーとして現在も第一線で活躍されている安藤優子さんも、実はエレベーターガールをしていたそうです。

 

安藤優子さんは大学時代、渋谷のパルコでエレベーターガールのアルバイトをしていた際に、テレビ関係者の方の目に留まりスカウトされたのがアナウンサーになったきっかけでした。

 

自分がテレビの世界に入ることを全く想像したこともなかった、と言います。

 

そんな運命を変えるような出会いがエレベーターにはあったということですよね。

 

エレベーターガールが次々と廃止に 

 

出典:https://www.yomiuri.co.jp/

 

松坂屋上野店で初めてエレベーターガールが配置されて以降、日本の百貨店や観光客向けの高層施設にはエレベーターガールがいるのが当たり前の時代になっていきました。

 

しかし、エレベーターガール発祥の地である松坂屋上野店では、2006年にエレベーターガールの常駐を辞め、2007年には完全に廃止されています。

 

エレベーターガールは様々な理由からその存在の必要性を問われるようになり、現在では多くの百貨店や商業施設でエレベーターガールを廃止する動きが高まっています。

 

日本から完全に廃止されたわけではありませんが、もはや廃止寸前ともいえるギリギリのところまで来ています。

 

なぜエレベーターガールは廃止に追い込まれているのでしょうか?

 

 

エレベーターガール廃止の理由3つ

①エレベーターの自動化

出典:https://www.toshiba-elevator.co.jp/

 

エレベーターガールが廃止に追い込まれている1番の原因として挙げられるのは、エレベーターの自動化です。

 

そもそも、元々エレベーターガールは手動式のエレベーターを操作してお客様を各フロアへ案内することが目的でした。

 

しかし、現代のエレベーターはボタン1つで扉は開閉しますし、行き先階の数字のボタンを押せば自動でエレベーターがその階で止まります。

 

つまりエレベーターが自動化し、乗客が自分で操作ができるようになってしまったため、エレベーターガールの必要がなくなってしまったということです。

 

手動式のエレベーターは最近ではほとんど見かけないため、見たことがない、全く知らないという若者もいるでしょう。

 

しかし、完全に手動式エレベーターがなくなったわけではなく、手動式エレベーターを今も使っているところはあります。

 

松坂屋上野店もエレベーターガールの常駐を辞めた2006年まではずっと手動式エレベーターが残っていましたが、2006年の本館改装時に自動式に変わってしまいました。

 

誰もが憧れたエレベーターガールが廃止されたことで、松坂屋上野店を訪れる人の中にはエレベーターが自動式に変わったこと自体を惜しむ声も聞かれました。

 

年季の入った手動式エレベーターとエレベーターガールに、懐かしさを感じる人は多いようですね。

 

②人員の減少

出典:https://nihombashi.keizai.biz/

 

現在、どの業界を見ても一番の悩みは人員不足だと言える時代。

 

エレベーターガールもまた、働き手がいないために廃止せざるをえない状況になってしまったのです。

 

エレベーターが自動化する中で、エレベーターガールの必要性がどんどんなくなっていき、しかもそこに人員不足が加われば、もっと人手が必要なところに人員を充てるのが当然です。

 

結果的にエレベーターガールは人員を削減され、他の部署に回されてしまったのです。

 

③案内係に変わった

出典:https://www.century-and.co.jp/

 

現在、高島屋ではエレベーターガールと同じような業務に就く女性を「ご案内係」と呼びます。

 

この「ご案内係」の仕事は、エレベーターの操作の他、お客様の要望に合わせたフロア案内、受付、館内放送など実に多くの仕事を時間交代でそれぞれが担っています。

 

過去のエレベーターガールがやっていた仕事に加えて、「ご案内係」の仕事内容はかなり盛り沢山です。

 

エレベーターガールの廃止が進む中、エレベーターの自動化により以前より業務が楽になったため、「ご案内係」として追加の仕事も担うようになったことが考えられます。

 

また、近年では海外からのお客様や年配のお客様も大変増えているため、受付で常駐して、フロア案内をするというのはとても重要な仕事です。特に、語学に長けた方などは重宝されます。

 

マナー講習なども義務付けられ、敬語の使い方やお辞儀の仕方など接客マナーの基本となるところを学ぶこともできます。

 

このように、エレベーターガールは名前を変えて、現代のニーズに合わせた形で「ご案内係」として進化していると言えます。

 

 

エレベーターガールが現在常駐する店舗7つを紹介

現在、エレベーターガールはほとんどの百貨店や商業施設で廃止に追い込まれ、エレベーターの操作以外に多くの仕事を担う「ご案内係」として配置換えされていると先述しました。

 

しかし、エレベーターガールが過去には誰もが憧れる存在であったように、現在も外国人観光客にとってはとても興味深いものなんだそうです。

 

そのため、外国人観光客の中には、エレベーターガールに会うために、現在もエレベーターガールが残っている百貨店を訪れるという人もいるほど。

 

では、どこへ行けば現在もエレベーターガールに会うことができるのでしょうか。

 

①日本橋高島屋

出典:https://www.ryutsuu.biz/

 

日本橋高島屋には、現在も手動式のエレベーターが残されており、エレベーターガールも常駐しています。

 

上品で華やかな日本橋高島屋の内装にぴったりな年季の入った手動式エレベーターと、それを操作するエレベーターガールを一目見ようと観光客が多く訪れる観光地となっています。

 

現在のエレベーターガールの服装はモノトーンの制服で、これがとても品があって素敵だと人気を集めてあるそうです。

 

②小田急百貨店新宿店

 

出典:https://town.ietan.jp/

 

新宿駅直結で多くの人が行き交う小田急百貨店新宿店にも、エレベーターガールは未だ存在しています。

 

老舗感を漂わせる制服が人気とのことですが、残念ながらここでも人手不足に悩まされているのが現状。

 

利用するお客様の数が圧倒的に多いため、エレベーターガールの業務もかなりハードなのだそうです。

 

求人も出されているとのことですが、なかなか人員を確保することも難しいようですね。

 

③西武池袋本店

出典:https://www.walkerplus.com/

 

東京都内にある大型百貨店として知られる西武池袋本店には多くの観光客や地元民が訪れますが、ここにもエレベーターガールがいます。

 

西武池袋本店のエレベーターガールは今時のポップな制服で有名で、どこにいても分かるようなピンク色のかわいらしい制服です。

 

エレベーターガールを目当てに来る観光客も多いため、かわいらしくて目立つ制服を着ているエレベーターガールは目印になっていいですね。

 

④大丸心斎橋店

出典:https://www.ryutsuu.biz/

 

日本に残っているエレベーターガール4つ目の場所は大丸心斎橋店です。

 

こちらも老舗の百貨店で、エレベーターガールが残る関西唯一の場所です。

 

大丸心斎橋店のエレベーターガールは、2015年に制服が一新されとてもかわいくなったと話題です。

 

青、水色、ピンク、緑など、今時なポップなカラーを取り入れていて、若者にも人気があります。

 

エレベーターガールの存在さえも知らない若い世代にも、広く知ってもらいたいとの思いで制服を一新したそうで、幅広い世代に現在も親しまれています。

 

⑤紀伊國屋書店新宿本店

出典:http://www.kanko-shinjuku.jp/

 

エレベーターガールが残っているのは、百貨店だけではありません。紀伊國屋書店新宿本店にいるエレベーターガールは外国人観光客から特に人気が高いと言われています。

 

各フロアの案内だけではなく、本の場所も教えてくれます。例えば「レシピ本がある場所」を聞けば、そのフロアのどこにあるのかということまできちんと説明をしてくれるそう。

 

書店で本を探すのはとても大変ですから、外国人観光客にとってはそれだけ親切な案内をしてくれるのはありがたいでしょうね。

 

東京タワー

出典:https://www.tokyotower.co.jp/

 

東京の最も象徴的で、唯一無二の観光地と言えば東京タワーです。

 

多くの観光地ができて昔ほどの活気はないものの、今でも東京を代表する観光地として、多くの観光客が訪れる東京タワーでも、現在もエレベーターガールに会うことができます。

 

東京タワーのエレベーターガールは黒のとてもシンプルな制服です。

 

そんな東京タワーのエレベーターガールの月収は30万円ほどと、一般的な女性正社員の中でもかなり高め。

 

それだけ月収を高めに設定しなければ人員を確保できないのか、多くの観光客が訪れてハードな仕事なのかわかりません。

 

ですが、東京タワーでのエレベーターガールという仕事が重要視されていることは間違いありませんね。

 

⑦鹿児島・山形屋

出典:https://www.yamakataya.co.jp/

 

エレベーターガールが現在も残っている場所は主に東京で、関西も一店舗にとどまっていますが、唯一、地方の百貨店で見られるのが、鹿児島県にある山形屋という百貨店です。

 

山形屋は地方百貨店の中でもかなり大型百貨店で、昔ながらの老舗感が漂っています。

 

そんな山形屋のエレベーターガールは水色の涼しげな制服に身を包み、とても清潔感があります。

 

山形屋には、今では珍しい大食堂なども残っていて、エレベーターガールも含め、古き良き歴史を感じられます。

 

まとめ

最近ではめっきり見かけなくなったエレベーターガールは、エレベーターの自動化や、人員不足などが原因で多くが廃止されています。

 

昔は手動式のエレベーターを操作し、フロア案内なども務め、百貨店の名物的存在でした。そして今でも、外国人観光客などはエレベーターガールを一目見ようと百貨店を訪れます。

 

現在、日本でエレベーターガールに会えるのはわずか7店舗となりましたが、エレベーターガールを一目見たいという人はぜひ訪れてみてくださいね。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

邑井祐介の現在!YouTube動画・逮捕歴と判決や出所・彼女たまちゃんも総まとめ【関東連合「S53」世代のNo.2】

窃盗・万引きの芸能人/有名人15人!両社の違い・逮捕後に懲役になるのかを解説【2020最新版】

小出恵介の現在と事件の真相~江原穂紀ハニートラップ説や黒幕も紹介

背乗りの実例3選と6つの事件!意味や怖い話・4つの対策まとめ

折口雅博の現在!生い立ちや関東連合との関係・嫁や息子・逮捕騒動も総まとめ

日航機墜落事故の生存者の現在!原因と真相・機長の音声テープ動画も紹介

小泉純一郎の現在!家系図や若い頃・元嫁と子供3人も総まとめ

伊藤リオンの現在は沖縄で喧嘩!経歴や海老蔵事件とその後まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

KAZMAX(吉澤和真)の経歴と交友関係!峯岸みなみ・沢尻エリカとの関係/渋谷のクラブで薬物使用で逮捕

ホームオブハートとMASAYAの現在!TOSHIの洗脳騒動・関係がある芸能人2人・裁判やその後も総まとめ

柏原芳恵の現在!こけし事件で消えた?結婚や夫の噂も総まとめ

光GENJIメンバー7人の人気順と現在!プロフィールも総まとめ【2020最新版】

清水佐紀の昔と現在!可愛くなった説を検証・彼氏情報も総まとめ

スーパー玉出がヤバイ&闇が深い?創業者(元社長)の逮捕も総まとめ

伊藤リオンの現在は沖縄で喧嘩!経歴や海老蔵事件とその後まとめ

林下柔美(ビッグダディ次女)の現在!旦那との結婚や子供・年齢や出身高校も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

砂川市一家5人死傷事故の犯人・古味竜一の現在!生い立ちや家族・裁判の判決まとめ

顔が濃い芸能人40選・男性女性別!イケメン&美女ランキング【2020最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す