アレックス・カブレラの現在!成績や年俸・ホームラン動画・腕の筋肉と薬物疑惑・結婚も総まとめ

西武ライオンズファンから「史上最強の外国人助っ人選手」として名高いアレックス・カブレラですが、薬物疑惑も話題です。

 

今回はアレックス・カブレラの成績や年俸、ホームラン動画、腕の筋肉や薬物疑惑、結婚など現在をまとめます。

アレックス・カブレラのプロフィールや経歴

 

出典:jiji.com

アレックス・カブレラ

生年月日:1971年12月24日

出身:ベネズエラ

身長:188cm

体重:98.4kg

所属:西武ライオンズ、オリックスバファローズなど

活動:元プロ野球選手

 

アレックス・カブレラは、ベネズエラ出身の元プロ野球選手で、日本野球界では西武ライオンズオリックスバファローズで活躍しました。

 

 

日本に来るまで

出典:dot.asahi.com

 

アレックス・カブレラはベネズエラ出身です。

 

1991年、カブスとマイナー契約を結びますが結果を残すことができず、メジャー昇格どころかA+がやっとの状態で、メキシコリーグに行ったり、台湾に行ってプレーしたりしていました。

 

その後のカブレラの活躍から考えると、信じられないような下積み時代です。

 

しかし、1999年オフにダイヤモンドバックスとマイナー契約を結び、2000年にはメジャーリーグデビューを果たします。

 

メジャーでホームランを放つなど、そこそこの結果を残しますが、シーズンオフにはダイヤモンドバックスは監督が交代。

 

それと同時に、アレックス・カブレラは日本の西武ライオンズへ放出されることになりました。

 

 

NPB時代

出典:sponichi.co.jp

 

2001年シーズンから西武ライオンズに入団したアレックス・カブレラは、NPB1年目から日本野球に馴染み、シーズン49本塁打という記録を残します。

 

2002年には、王貞治氏やタフィー・ローズの記録と並ぶシーズン55本塁打という記録を残し、この年の西武ライオンズの優勝に大きく貢献、パリーグMVPに輝きました。

 

その後も着実に活躍を続けますが、2007年には成績が下がり、さらに後述する薬物疑惑や高額年俸などの問題で、2007年シーズンオフに西武ライオンズから放出されることになりました。

 

 

出典:blog.livedoor.jp

 

西武ライオンズを自由契約になったアレックス・カブレラと契約を結んだのは、オリックスバファローズです。

 

2008年はホームラン36本を記録するなど活躍しますが、2009年・2010年は思うような成績を残すことができませんでした。

 

2011年には福岡ソフトバンクホークスに移籍しますが、統一球の影響もあり、打率.225、ホームラン10本、35打点というNPB移籍後最低の成績となりました。

 

そして、2012年シーズンで自由契約となっています。

 

 

アレックス・カブレラの素晴らしい成績まとめ

出典:column.sp.baseball.findfriends.jp

 

アレックス・カブレラのNPBでの成績を紹介していきます。まずは、NPBの通算成績です。

 

・通算打率:.303
・通算出塁率:.398
・通算長打率:.592
・通算OPS:.990
・通算本塁打:357本
・通算安打数:1368本
・通算打点:949本
 

NPBでは12年間登録していますが、これだけの成績を残すのは本当に素晴らしいです。

 

次に、シーズンMVPに輝いた2002年の成績を見てみましょう。

 

・打率:.336(リーグ2位)
・本塁打:55本(リーグ2位)
・打点:115打点(リーグ1位)
・四球数:100(リーグ1位)
・出塁率:.467(リーグ1位)
・長打率:.756(リーグ1位)
・OPS:1.223(リーグ1位)

 

圧倒的な成績ですよね。シーズンMVPに輝くのも納得です。

 

次に、個人タイトルです。

 

・ホームラン王:1回
・打点王:1回
・最高出塁率:2回
・MVP:1回
・ベストナイン:5回
・ゴールデングラブ賞:1回
・日本シリーズ敢闘賞:1回
・日本シリーズ優秀選手賞:1回
・月間MVP:6回
 
アレックス・カブレラを語る上で欠かせない成績と言えば、2年連続50本塁打でしょうか?2002年に55本、2003年に50本のホームランを打っています。
 
2年連続で50本のホームランを打ったのは、カブレラ以外には三冠王の落合博満さん以外にいません。世界の王貞治氏ですら、2年連続50ホームランは達成できていないのです。
 
いかに、アレックス・カブレラが強打者だったかがわかりますよね。

 

 

アレックス・カブレラの年俸の推移

出典:bunshun.jp

 

アレックス・カブレラの年俸はいくらでしょうか?NPBでの12年間の年俸を見ていきましょう。

 

・2001年:年俸1億5000万円
・2002年:年俸1億5000万円
・2003年:年俸2億4000万円
・2004年:年俸4億円
・2005年:年俸4億円
・2006年:年俸6億円
・2007年:年俸6億円
・2008年:年俸2億5000万円+出来高
・2009年:年俸4億円
・2010年:年俸4億円
・2011年:年俸1億8000万円+出来高
・2012年:年俸1億8000万円+出来高

 

ピークは、2006~2007年の年俸6億円ですね。NPBの12年間で39億5000万円+出来高を稼いだことになります。

 

NPBを引退したのは41歳のことですが、41歳までに40億円近くを稼げば、あとは悠々自適に暮らしていくことができますね。

 

 

アレックス・カブレラのホームランが豪快すぎると話題に 【動画あり】

出典:twitter.com

 

アレックス・カブレラの代名詞と言えば、超特大のホームランでしょう。

 

アッパースイングで打ち上げる超特大のホームランは、強靭な筋肉が必要なので、日本人選手にはなかなか真似できないものです。

 

2002年のTBS「ZONE」が取材したところ、セリーグのホームラン王の松井秀喜のホームラン平均飛距離は122.6mだったのに対し、アレックス・カブレラの平均飛距離は133.9mでした。

 

日本が誇るスラッガー・松井秀喜の平均飛距離を、軽く10m以上超えているアレックス・カブレラのホームラン。

 

しかし、カブレラのホームランは特大すぎるために、ドーム球場の天井に当たってしまうことも少なくありませんでした。

 

ドーム球場の天井に当たるとホームランではなくなるので、通算で何本ものホームランを損していると言われています。

 

 

 

ライナー性のホームランではなく、滞空時間が長く、打った瞬間にホームランと分かるのが、カブレラのホームランの特徴です。

 

 

アレックス・カブレラは腕の筋肉もすごかった

出典:column.sp.baseball.findfriends.jp

 

アレックス・カブレラは、腕の筋肉がすごいんです。もちろん、全身の筋肉がすごいのですが、特に、腕の筋肉はすごかったんです。

 

 

出典:vif893.blog.fc2.com

 

 

出典:column.sp.baseball.findfriends.jp

 

遠近感が狂うような腕の筋肉ですよね。リアルポパイのような腕の筋肉です。

 

これだけの腕の筋肉があるから、あれだけの滞空時間が長い特大ホームランを打つことができたんですね。

 

ただ、この腕の筋肉にはある疑惑があったんです。

 

 

アレックス・カブレラの薬物疑惑と真相 

出典:tokyo-sports.co.jp

 

アレックス・カブレラは、アニメのポパイのように腕の筋肉が発達していました。あのような筋肉があったから、2年連続50本塁打を達成できたとも言われています。

 

そのため、アレックス・カブレラには薬物疑惑がついて回りました。

 

というのも、2005年以降に体が一回り小さくなり、2005年シーズンからホームラン本数が下がったのです。

 

これは、ステロイドのような筋肉増強剤の使用を止めた影響であると言われています。

 

つまり、筋肉増強剤をやめたから、体が小さくなって、ホームラン数も減ってしまったのではないかというわけですね。

 

西武OBは次のように述べています。

 

「試合前のロッカーでカブレラがトイレに入って出てくると必ず興奮しておかしくなっていた首が異常に太くなっていたのも当時(ステロイド使用疑惑をかけられていた)ボンズと同じ感じだったので自分の周りは怪しんでいた」

 

引用:西武時代の同僚が語る「薬物使用」カブレラの不審行動 | 東スポの野球に関するニュースを掲載

 

もちろん、アレックス・カブレラ自身は薬物の使用を否認しています。本人は膝への負担を減らすためにダイエットをしただけだと話しています。

 

ただ、2007年12月13日にアメリカで薬物使用疑惑がある選手を挙げたミッチェル報告書の中に、アレックス・カブレラの名前がありました。

 

この報告書の中には、ダイヤモンドバックス時代に薬物使用の疑いがあったため、西武ライオンズに契約権利を譲渡したとされています。

 

さらに、2014年にはメキシコリーグで薬物使用疑惑によって一時、永久追放されていました。

 

火のないところに煙は立たぬと言われていますが、アレックス・カブレラは身の潔白を主張し、その後に永久追放処分は解除されています。

 

腕の筋肉やその他から、薬物使用疑惑は常について回っているアレックス・カブレラですが、実際にその証拠は挙がっていないので、疑惑はあくまでも疑惑のままということになっています。

 

 

アレックス・カブレラは結婚している?

出典:matome.naver.jp

 

アレックス・カブレラは結婚しているのでしょうか?

 

アレックス・カブレラは5~6歳年下の奥様と結婚していて、1男1女をもうけています。

 

長男のラモン・カブレラも野球をやっていて、2015年9月にメジャーデビューをしていますので、親子2代でメジャーリーガーになったということですね。

 

 

アレックス・カブレラの現在

出典:tvmax-9.com

 

アレックス・カブレラは2012年に福岡ソフトバンクホークスを退団後、メキシコリーグや故郷のベネズエラリーグでプレーしています。

 

ちなみに、ベネズエラリーグの2015~2016シーズンにホームラン王と打点王の2冠、MVPを獲得しています。

 

2015年時点でカブレラは44歳。44歳でホームラン王・打点王・MVP!すごすぎです。

 

ただ、ベネズエラでも薬物疑惑が報じられているようです。これは、過去の薬物疑惑報道と40代半ばとは思えないほどの成績を残しているからかもしれませんね。

 

 

まとめ

アレックス・カブレラのプロフィールや経歴、成績や年俸、ホームラン動画、腕の筋肉や薬物疑惑と真相、結婚や現在についてまとめましたが、いかがでしたか?

 

・アレックス・カブレラは西武ライオンズなどに所属した元プロ野球選手
・2年連続50本塁打の成績を残した
・腕の筋肉はリアルポパイ並みで、超特大ホームランを打つ選手
・薬物疑惑がついて回っているが、証拠はない
・NPBを引退後はメキシコリーグやベネズエラリーグでプレーしていた
 
アレックス・カブレラは今後、NPBで指導者になることはあるのでしょうか?春季キャンプでの臨時打撃コーチなどに期待したいですね。
 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ケニー野村(野村沙知代の息子)の現在!父親や兄弟・嫁や娘まとめ

野村克則の現在!嫁と子供や兄弟など家族・フライデー浮気まとめ

鈴木誠也と嫁・畠山愛理の結婚や馴れ初め!実家の家族も総まとめ

内藤香菜子の死因はがん?夫と結婚や子供・病気の真相も総まとめ【元バレーボール選手】

二岡智宏の現在!山本モナとの不倫・嫁や子供・離婚の噂も総まとめ

フェデラーの結婚した嫁と子供!年収の秘密・性格や名言も総まとめ

木村沙織の現在!結婚した旦那と子供・引退理由・かわいい画像も総まとめ【女子バレー元日本代表】

スポーツ選手の年収ランキングTOP40!日本人・海外別【最新版2020】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

桃華絵里の昔と現在!旦那や離婚理由・子供も総まとめ【画像多数】

高岡由佳の現在!新宿ホスト「るな」血まみれ刺傷事件の現場画像やその後も紹介【美人すぎる犯人】

和久井映見の現在と若い頃!旦那の萩原聖人との息子や離婚原因も総まとめ【画像多数】

小島啓の現在!TOKIO脱退理由や顔画像・最新情報まとめ【幻のメンバー】

山田美加子(山田優の母)の若い頃と現在!元夫や子供3人・田場裕也との再婚など最新情報まとめ

小田茜の今現在と昔!旦那と子供・佐村河内守との不倫疑惑も総まとめ

知念芽衣(知念里奈の妹)の現在!結婚した旦那や子供・兄弟まとめ

ろくでなし子のデコまん逮捕と現在!結婚した旦那マイクスコットと子供も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

タフィ・ローズの現在!成績や年俸・乱闘動画・結婚も総まとめ

ペタジーニの現在!成績や年俸・嫁オルガとの子供や離婚の噂・最新情報も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す