江藤幸子(福島悪魔払い殺人事件犯人)の死刑と最期!共犯の娘と愛人の根本裕も総まとめ

1995年に発覚した「福島悪魔祓い殺人事件」の犯人の江藤幸子が話題です。

 

この記事では江藤幸子の起こした福島悪魔祓い殺人事件の概要、その生い立ち、共犯の娘と愛人の根本裕、現場となった自宅が心霊スポット化している件、事件の死刑判決や最期などについてまとめました。

 

江藤幸子は「福島悪魔祓い殺人事件」の犯人

 

出典:https://resize.blogsys.jp/

 

江藤幸子(逮捕当時47歳)は、1995年7月5日に発覚した「福島悪魔祓い殺人事件」の犯人です。

 

江藤幸子は、1994年に福島県須賀川市の2階建ての自宅にて、拝み屋、祈祷師を名乗って新興宗教のような活動をはじめ、その年の暮れから1995年の6月までの間に、自宅に住まわせて共同生活を送っていた信者複数人を「悪魔祓い」などと称して、太鼓のバチで殴る、食事や水を与えないなどの暴行や虐待を繰り返し、6名を死亡させ、1名に重傷を負わせました。

 

事件発覚時、江藤幸子の自宅から発見された遺体6体は奥の8畳間に敷かれた布団に寝かされており、腐敗して強烈な悪臭を放ち一部はミイラ化していましたが、江藤幸子は「魂は死んでいないので蘇る」と主張し、信者らも腐敗臭が消えれば遺体は蘇ると信じ込んでいました。

 

この「福島悪魔祓い殺人事件」が発覚した1995年7月は、その数ヶ月前に地下鉄サリン事件とオウム真理教の麻原彰晃の逮捕があり、当時はその報道の影に隠れるような形になりましたが、そのあまりに異様な内容は当時の社会を震撼させ、現在もオカルト系や実話系のメディアで過去に起きた不気味で怖すぎる事件としてしばしば紹介されています。

 

この記事では、この「福島悪魔祓い殺人事件」と、犯人の江藤幸子についてまとめていきます。

 

 

 

江藤幸子の起こした「福島悪魔祓い殺人事件」の概要

 

出典:https://scontent.fkix1-1.fna.fbcdn.net/

 

最初に、江藤幸子の起こした「福島悪魔祓い殺人事件」の概要を時系列順に見ていきます。

 

 

「福島悪魔祓い殺人事件」が起こるまでの背景

 

犯人の江藤幸子は、夫が仕事中に腰痛を患って以降ギャンブル狂いになった夫が原因の多額の借金や、同じ頃に娘(次女)が眼病を患った事などの度重なる不幸に悩み、救いを求めて、1990年に新興宗教団体「天子の郷」に家族で入信しました。

 

この入信直後に、夫が悩まされていた腰痛が治った事から信仰を深めるようになってのめり込み、1992年まで熱心な信者として同教団で活動し娘(三女)を連れて、岐阜県の教団本部で住み込みの修行も行っています。

 

しかし、熱心に信仰を続けていても、娘(次女)の眼病が治らない事に不満を抱くよったのをきっかけに1992年11月に同教団を脱会しています。

 

ところがその奪回と同時に、夫は「天子の郷」で知り合った神戸在住の女性信者と浮気をして家出をしてしまいます。

 

江藤幸子は酒に溺れるようになり、生活も困窮したため自殺を仄めかすようになります。そんな中で、江藤幸子は夫を連れ戻すために行った神戸で、新興宗教団体「神慈秀明会」を知り、またも神を縋って1994年6月に同教団に入信しています。

 

しかし、江藤幸子はこの教団で高額な掛け軸を強引に買わされそうになったとして、1ヶ月で脱会。この1994年7月頃から、江藤幸子は、「わしは神じゃ」、「お前には悪霊が憑いておる」などと言って近所をの家を訪ね歩くなどの奇行が目立つようになります。

 

江藤幸子は自宅で拝み屋を名乗り、霊能祈祷師としての活動を開始。元々東北地方は拝み屋という文化が根付いていた事もあって、江藤幸子は一部の人々に受け入れられました。

 

やがて、実際に「腰痛や肩こりが治った」などの評判が出始め、江藤幸子は「霊能力の強い立派な先生」という目で一部の人々から崇められるようになっていきました。

 

 

自宅に信者を住まわせて共同生活を開始

 

江藤幸子の霊能力が評判になったことから、家族の病気に悩む人々などが集まるようになりました。江藤幸子はこれらの信者の人々に「仕事を辞めて私と一緒に住めば霊が鎮まる」などと言って、共同生活をさせるようになります。

 

江藤幸子はこの共同生活をさせる際に、信者達に大金も納めさせています(後に事件の被害者となる三木和子さんは150万円を納めている)。

 

 

江藤幸子が26歳年下の信者・根本裕と愛人関係に

 

その頃、同居信者に当時21歳で元自衛官の根本裕という男が加わります。江藤幸子は26歳年下の根本裕を気に入り、1994年12月頃に愛人関係になり肉体関係を持つようになります。根本裕は童貞だったため、江藤幸子に夢中になったようです。

 

江藤幸子は根本裕に高い地位を与えて、他の信者にも「様」をつけて呼ばせるなど特別扱いをさせるようになります。

 

 

古参信者の三木護さんが異議を唱えたためターゲットに

 

江藤幸子が新参の信者である根本裕を特別扱いした事に、信者の三木護さん(当時56歳)が不満を持ち異議を唱えました。三木護さんは妻の和子さんと、長女の里恵さんと次女と三女の3人の娘の家族5人で入信し江藤幸子の自宅に同居している古参の信者でした。

 

すると、江藤幸子はこれに激昂し、「狐が憑いている!」などと言って三木護さんを責め始め、「御用」と称して、長時間正座をさせて太鼓のバチで殴りつけるなどの暴行を加え始めています。

 

 

信者の関根君子さんが根本裕に色目を使ったと難癖をつけられターゲットに

 

それと同じ頃、江藤幸子は信者の関根君子さん(当時56歳)に借金を求めたが拒否された事に腹を立てて、この君子さんが「根本裕に色目を使った」などと難癖をつけて「御用」の対象にして暴行を加え始めました。

 

江藤幸子は三木護さんと関根君子さんを太鼓のバチで叩く際に「幸子様とセックスしたいのか?(根本)裕様とセックスしたいのか?正直に言え!」などと叫んでいたそうです。

 

 

1995年1月25日、三木護さんと関根君子さんが相次いで死亡

 

1995年に入り、悪魔祓いという名目で暴行を受ける三木護さんと関根君子さんは、食事や排泄、睡眠などを制限されるようになりました。この時点で2人は冷静な判断力を失って錯乱しており、自分達が受けていた暴行を本気で、江藤幸子による悪魔祓い「御用」だと信じ切っていたようです。

 

事実、2人は別に監禁されていたわけではなく、自主的に江藤幸子の命令に従っていたようです。また、三木護さんは1度瀕死の状態で逃げ出したものの、自分の意思で江藤幸子の自宅へと戻っています。

 

そして、暴行を受け続けて食事や水を与えられずに衰弱した2人は、1月25日の未明に相次いで死亡しました。

 

 

2月18日、護さんの娘の里恵さんが根本裕への憧れを口にし殺害される

 

暴行や食事や排泄の制限などの拷問行為によって2人が死亡しましたが、江藤幸子は他の信者らに「2人は死んだのではない。神様が魂を引き上げて清めているだけで腐敗臭が消えれば蘇生する」などと説明し、信じ難いことに、他の信者らはこの説明を信じています。この時点で信者らは完全な洗脳状態にあったようです。

 

三木護さんの長女で、当時19歳だった三木里恵さんも洗脳状態にあり、ある時に無邪気な気持ちで根本裕への憧れの気持ちを口にします。これを他の信者が伝えた事で江藤幸子は激怒し、三木里恵さんに対しても「御用」と称した暴行を加え、2月18日に死亡させています。

 

 

3月16日、護さんの妻の和子さんも殺害され口座から350万円が引き出される

 

夫の三木護さんと娘の里恵さんが死亡してもなお、その妻で母親の和子さん(当時48歳)は江藤幸子を信じ切っており、いずれは夫と娘が生き返ると思い込んでいました。

 

ところが、そんな三木和子さんを江藤幸子は邪魔に思うようになり、次のターゲットに定めました。同じように「根本裕とセックスがしたいのだろう」と難癖をつけ、「御用」による暴行を加えて死に至らせています。

 

三木和子さんの死後、江藤幸子さんは和子さんの口座から現金350万円を引き出して懐に入れています。

 

 

5月25日に亥飼立雄さんが、6月6日に先崎明美さんが殺害される

 

その後、江藤幸子は娘の喘息に悩む亥飼立雄さん(当時43歳)と、その妻(当時37歳)と娘を出家させて自宅で同居させ始めました。亥飼立雄の元同僚の先崎明美さん(当時27歳)もこれに加わります。

 

江藤幸子は、若い先崎明美さんに嫉妬を抱いて「御用」のターゲットしますが、亥飼立雄さんがこの「御用」を勝手に仕切った事に怒り、亥飼立雄さんは無理矢理に「幸子と明美とセックスしたい」と自白させられ「御用」の対象とされました。

 

そして、5月25日にまず亥飼立雄さんが、続く6月6日に先崎明美さんが殺害されました。

 

 

親族に救出された亥飼立雄の妻が入院したのをきっかけに事件発覚

 

6月18日の早朝、娘と連絡が取れないことを不審に思った亥飼立雄さんの妻の実母が、娘一家が江藤幸子に心頭してその自宅に同居している事を突き止めて、自宅を訪れました。

 

そこで、この実母は、暴行を受けて息も絶え絶えの娘と、痩せこけた状態の孫(亥飼立雄さんの娘)を見つけ、信者らの妨害を振り切ってなんとか孫だけは救出。

 

その日の午後にこの実母は親族と共に再び江藤幸子の自宅へ訪れ、瀕死の状態の娘(亥飼立雄さんの妻)を救出する事に成功しています。

 

 

江藤幸子と娘(長女)の大友裕子、根本裕、信者の関根満雄が逮捕される

 

出典:https://scontent.fkix1-1.fna.fbcdn.net/

 

その後、瀕死の状態だった亥飼立雄さんの妻は病院に入院していますがしばらくは錯乱状態で事情も聞けない状態だったようです。

 

そして6月の終わり頃、ようやくこの妻は落ち着きを取り戻し、江藤幸子の自宅に6人の死体がある事を告白しました。

 

これを受けて、7月5日に福島県警が江藤幸子の自宅の家宅捜索を行い、そこで変わり果てた6人の遺体を発見し、そこにいた江藤幸子、幸子の娘の大友裕子(当時23歳)、根本裕、関根満雄(当時45歳。最初に殺害された関根君子さんの夫)の4人が現行犯逮捕されました。

 

この時の捜査員の証言によれば、江藤幸子の自宅の玄関を開けた瞬間にそれまで嗅いだことのないような異臭が鼻をつき、床の一面を蛆虫が這い回っているような状態だったという事です。

 

江藤幸子は、この異臭を隠すために遺体の近くに大量の消臭剤を置き、匂いをかき消すために信者らに大量にタバコを吸わせていたそうです。

 

 

その後、事件発覚のきっかけとなった亥飼立雄の妻も逮捕

 

さらにその後、事前に救助された事が事件が発覚するきっかけとなった亥飼立雄さんの妻も、死亡した6人への暴行に加わっていた事が判明したため逮捕されています。

 

 

 

江藤幸子の生い立ち

 

出典:https://i.ytimg.com/

 

狂気としか言いようがない「福島悪魔祓い殺人事件」を起こした江藤幸子の生い立ちについてもわかっている内容をまとめていきます。

 

報道やその後に出版された書籍などによると、江藤幸子は1947年8月に福島県須賀川市で生まれています。

 

父親が町会議員、母親は専業主婦のごく普通の家庭で育ったようで、兄弟はおらず一人娘だったようです。ところが、江藤幸子が4歳の時に父親が病気で亡くなり、生活のために母親は工場で働くようになったようです。

 

子供時代の江藤幸子はおとなしく目立たない子だったという事です。江藤幸子は地元の高校へ進学し、そこで出会った男性と20歳になった1968年に結婚しています。

 

結婚の翌年には長男が生まれ、その後も3人の娘に恵まれ、自宅も購入して幸せな家庭を築いていました。

 

ところが、職人だった夫が仕事中の転落事故で腰を痛めて思うように働けなくなり、これをきっかけにギャンブルにのめり込んでいき借金を重ねるようなりました。江藤幸子は、家計を支えるために食器や化粧品のセールスレディや、ラーメン屋でのアルバイトなどで働き始めています。

 

その後、江藤幸子は「福島悪魔祓い殺人事件の概要」の見出しの冒頭でも触れたように、新興宗教にハマっていき、やがて自分も霊能者を名乗るようになり、一連の凶悪殺人を引き起こす事となりました。

 

 

 

江藤幸子の自宅(福島悪魔祓い殺人事件の現場)は現在心霊スポットに

 

出典:https://ghostmap.net/

 

「福島悪魔祓い殺人事件」の現場となった江藤幸子の自宅は現在も残されており、地元では有名な心霊スポットと化しているようです。

 

住所も特定されていて簡単に調べられますが、近隣住人の迷惑になるのでここでの掲載は差し控えます。

 

地元福島のローカル紙「福島民友新聞」は、2019年の記事で、現在の江藤幸子の自宅の様子を以下のように書いていました。

 

事件の舞台となった民家は、事件から間もなく四半世紀を迎える今も、ひっそりと立ったままだ。草木が生い茂り、手入れされている様子はない。近隣住民は「思い出したくない。もうたくさんだ」と口を閉ざす。

 

引用:【平成7年】須賀川・女祈祷師事件 集団生活…「魂清める」と信者暴行

 

また、江藤幸子の自宅を心霊スポットとして凸している人も多いようです。

 

 

 

 

江藤幸子の判決は死刑

 

出典:https://perfect-news.c.blog.ss-blog.jp/

 

江藤幸子は「福島悪魔祓い殺人事件」の裁判で、「死刑」の判決を下されています。

 

江藤幸子の弁護側は、事件当時、被告は憑依トランス状態で心神喪失状態だったため無罪だなどと主張し最高裁まで争われましたが、その主張は退けられ死刑の判決が下され2008年10月に確定しています。

 

江藤幸子被告(61)の上告審判決が16日、最高裁第3小法廷であった。藤田宙靖裁判長は、江藤被告側の上告を棄却した。江藤被告を死刑とした1、2審判決が確定する。

 

引用:女祈祷師の死刑確定へ 福島 「悪魔払い」信者暴行死事件

 

江藤幸子に対する死刑判決時の裁判長のコメントは以下の内容でした。

 

藤田裁判長は「執拗(しつよう)な暴行を加え続けた犯行は、なぶり殺しともいえる陰惨なもの。宗教的集団による事件として社会に与えた影響も大きい」と指摘。

 さらに、「自らを神などとする宗教集団をつくり、その絶対的な力を背景に、自ら、あるいは信者に命令して暴行を加えており、刑事責任は共犯者に比べて際立って重い」などとして、「死刑は追認せざるを得ない」と結論付けた。

 

引用:女祈祷師の死刑確定へ 福島 「悪魔払い」信者暴行死事件

 

 

 

江藤幸子の死刑執行時の最期の様子は?

 

出典:https://scontent.fkix1-2.fna.fbcdn.net/

 

死刑判決が確定した後、江藤幸子は弁護人に再審請求の手続きを依頼するなど最期のあがきを続けました。江藤幸子と弁護人は2012年末までに再審請求の手続きを始める予定でしたが、その直前の同年9月27日に死刑が執行されています。

 

江藤幸子の最期の言葉や様子などは伝えられていません。

 

 

 

江藤幸子の娘の大友裕子と愛人の根本裕の判決は無期懲役

 

「福島悪魔祓い殺人事件」では、江藤幸子の娘の大友裕子と、愛人の根本裕も、共謀して暴行を加えて6人を死に至らしめたとして逮捕されています。この2人には共に無期懲役の判決が下されています。

 

娘の大友裕子と、愛人の根本裕は現在も仮釈放はされておらず、刑務所に服役しています。

 

また、同様に犯行に加わったとされた信者の関根満雄には懲役18年の実刑判決、事件発覚のきっかけとなったものの、その後の調べで犯行に加わった事が分かり逮捕された亥飼立雄さんの妻には、懲役3年執行猶予5年の判決がそれぞれ下されています。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1994年から1995年にかけて発生した「福島悪魔祓い殺人事件」と犯人の江藤幸子についてまとめてみました。

 

江藤幸子は自らを拝み屋と称して、信者を集めて自宅に同居させ、自分の意に沿わない信者を「狐が憑いている」、「愛人の根本裕に色目を使った」などと難癖をつけて「御用」と称する暴行を加えて6人を死亡させました。

 

この江藤幸子の生い立ちについては、町会議員だった父親が4歳の時に死亡したものの、ごく普通の家庭に育った事がわかっています。

 

ところが、高校時代に知り合った男性と20歳の時に結婚したものの、この男性が腰を痛めてギャンブルに狂って借金を作り、その後女性と失踪した頃から、江藤幸子はおかしな言動を取るようになり、霊能者を自称して信者を集め、次々と殺人行為を行いました。

 

江藤幸子はこの事件で逮捕され死刑判決を受けて既に執行されています。最期の様子などは伝えられていません。また、この事件の共犯として江藤幸子の愛人の信者・根本裕と、娘の大友裕子も逮捕され、無期懲役判決を受けて現在も服役しています。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

上田美由紀の生い立ち&夫と子供!鳥取連続不審死事件犯人の現在までを総まとめ

大牟田4人殺害事件の犯人・北村一家の現在!北村孝紘の死刑執行はいつ?事件をモデルとした映画も総まとめ

プチエンジェル事件の真相~顧客名簿&犯人や被害者少女のその後も総まとめ

國松孝次(警察庁長官狙撃事件)の現在!真犯人は中村泰?経歴&結婚した嫁や子供の家族情報・後遺症も総まとめ

餃子の王将社長射殺事件の犯人と真相!中国マフィアによる報復説が有力?

心愛ちゃん父親・栗原勇一郎の生い立ちや現在!両親と妹など家族・嫁や子供へのDV・事件の判決など最新情報まとめ

寺内樺風の現在!埼玉少女・齋藤杏花さん誘拐事件の犯人まとめ

佐藤智広の現在!新宿の歌舞伎町で発見?父親/母親/姉・旭川で行方不明とその後も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

片平なぎさの若い頃と現在!結婚情報・船越英一郎や神田正輝との関係・自宅や病気の噂もまとめ

スーパー玉出がヤバイ&闇が深い?創業者(元社長)の逮捕も総まとめ

野口愛永さん生き埋め事件の犯人の現在!中野翔太・井出裕輝・湯浅成美らの生い立ちや家族と近況【船橋18歳少女殺害事件】

いかりや長介の死因と葬式!身長や若い頃・嫁や息子も総まとめ

愛田武の若い頃や死因!嫁と子供(息子3人)・自宅や資産も総まとめ【ホストクラブ愛の創業者】

江守徹の今現在!結婚や嫁と子供・自宅や病歴・若い頃の出演作品やエピソードも総まとめ

3億円事件の犯人と真相!少年S・モンタージュ写真裏話・真犯人と名乗る人物の告白本も総まとめ

三浦清志(三浦瑠麗の旦那)の経歴や自宅!結婚と子供・ハーフ説や父親など家族・統一教会との関係も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

高知白バイ衝突死事故の真相とその後!警察官がブレーキ痕を捏造?運転手は冤罪?場所や原因・再審請求も総まとめ

戸部洋子の現在!結婚や旦那と子供・身長や事故の噂・出身高校と大学時代のミス立教まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す