有愛きい(宝塚)のおでこ火傷加害者は天彩峰里?いじめ事件&転落死亡の真相・双子の妹や家族・結婚情報もまとめ

宝塚歌劇団の宙組娘役の有愛きいさんがマンションから転落し死亡しました。

 

この記事では有愛きいさんの年齢や実家の家族や双子の妹、結婚、天彩峰里さんにおでこを火傷させられたいじめ疑惑、自殺とみられている件や死因、転落するに至った原因などについてまとめました。 

有愛きいのプロフィール

 

有愛きいのプロフィール

 

本名  :井上奈美

生年月日:1998年4月22日

没年月日:2023年9月30日(没年齢25歳)

出身地 :京都府京都市

身長  :164cm

血液型 :不明

 

有愛きい(ありあ・きい)さんは1998年4月22日の生まれで、中高一貫の女子高「ノートルダム女学院高校」の2年生だった2015年4月に宝塚音楽学校に入学し、2017年3月に103期生として宝塚歌劇団に入団し、2017年4月の「Dramatic“S”!」で初舞台を踏みました。

 

有愛きいさんは宙組に娘役として配属され、歌唱力とスタイルの良さで人気の高い若手でした。将来の活躍が期待されていましたが、2023年9月30日に自宅マンションから転落し死亡するというショッキングな最期を迎えています。

 

 

有愛きいの年齢は25歳(死亡当時)

 

出典:https://mayuhke.com/

 

有愛きいさんは1998年4月22日に生まれた事がわかっているため、2023年9月30日に自宅マンションから転落し死亡した時の年齢は「25歳」でした。

 

 

有愛きいの実家は京都市で140年以上続く老舗商店

 

出典:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

 

有愛きいさんの実家は京都市で140年以上も続く老舗商店を営んでいる事が「週刊文春」によって明かされています。

 

彼女は1998年、京都市で140年以上続く由緒ある老舗商店に長女として生まれた。

 

引用:《タカラジェンヌ飛び降り事件》「長身でスタイル抜群なので目立ってた」死亡したAさん(25)が前日に立った“宙組舞台”の様子 理事長は「現時点では詳細は公表しません」

 

また、「女性セブン」では、有愛きいさんの実家の老舗商店は漬物店である事も明らかにされています。

 

有愛さんは、京都府出身。実家は140年以上続く老舗の漬けもの店

 

引用:【全文公開】現役タカラジェンヌいじめ死去事件の真相 陰口・密告でライバルを失脚させ…「醜い争い」が招いた悲劇

 

有愛きいさんの実家の老舗の漬物店ですが、京都府京都市上京区千本通にある「京つけもの処 近為」ではないかと言われています。

 

この「京つけもの処 近為」の創業者が井上為次郎さんという方で、有愛きいさんの本名(井上奈美)と名字が同じである事と、有愛きいさんがマンションから転落し死亡した翌日の10月1日に同店が臨時休業した事などから、有愛きいさんの実家は「京つけもの処 近為」ではないかと推測されたようです。

 

ただし、有愛きいさんの実家がこの漬物店だと確定しているわけではありません。

 

 

 

有愛きいの家族① 両親

 

出典:https://hidamarinoki.jp/

 

有愛きいさんの家族構成で判明しているのは父親と母親、双子の妹、祖父です。

 

有愛きいさんの家族のうち両親については、お母さんが宝塚に熱心で、お父さんも知人に「娘が宝塚に入った」と嬉しそうに話していた事が明らかにされています。

 

「もともとお母さんが宝塚に熱心でした。小さい頃から可愛らしくてね。その後、お父さんが『娘が宝塚に入ったんだ』って嬉しそうに話していました」(一家の知人)

 

引用:《タカラジェンヌ飛び降り事件》「長身でスタイル抜群なので目立ってた」死亡したAさん(25)が前日に立った“宙組舞台”の様子 理事長は「現時点では詳細は公表しません」

 

有愛きいさんの父親は、有愛きいさんが宝塚歌劇団に入団した2017年の10月に宝塚大劇場の近くにあるマンションの最上階を購入しています。有愛きいさんは双子の妹の一禾あおさんとこのマンションに住んでいましたが、ここが転落死亡事故の現場となってしまいました。

 

登記簿情報によると父親はAさんが入団した2017年10月、現場となったマンションの上層階を購入している。

 

引用:〈タカラジェンヌ〉25歳の娘役がマンション最上階18階から転落死…何があった? 祖父は「孫が宝塚入ったんや~」と歓喜し、父は娘の入団年に現場のマンションを購入

 

ネットでは、有愛きいさんの実家の家族はかなりのお金持ちと言われています。

 

実家が本場京都で140年以上続く老舗漬物店を営んでいる事に加えて、父親が兵庫県宝塚市の一等地にマンションを購入している事、有愛きいさんと双子の妹の一禾あおさんがともに名門の「ノートルダム女学院」に通っていた事、宝塚音楽学校に2人とも入学している事などから見て間違いなく相当なお金持ちでしょう。

 

 

 

有愛きいの家族② 双子の妹は雪組の男役・一禾あお

 

有愛きいの双子の妹・一禾あおのプロフィール

 

本名  :井上茉美

生年月日:1998年4月22日

身長  :171cm

血液型 :不明

 

有愛きいさんには双子の妹は、宝塚歌劇団雪組の男役として活躍されている一禾あお(いちか・あお)さんです。

 

有愛きいさんの双子の妹の一禾あおさんは、有愛きいさんよりも1期早い102期生として宝塚歌劇団に入団しています。(2人の入団年が違う原因は後述)

 

有愛きいさんは双子の妹の一禾あおさんと姉妹仲がよかったそうで、父親が所有する宝塚市のマンションで2人で暮らし、お互いに悩みを相談し合っていたのだそうです。

 

彼女の双子の妹は1期上の102期生として入団した、雪組の男役・一禾あおです。姉妹仲は良く、普段からお互い悩み事を相談していました。最近はお父さんが所有するマンションに2人で暮らしていた

 

引用:「精神的に崩壊している」“タカラジェンヌ飛び降り事件”有愛きい(25)が死の前日、母に送った“悲痛メッセージ”「9月28日夜にはマンションから…」【宙組では複数の出演者の体調不良が判明】

 

また、姉妹2人で仲良く歩いているのをよく見たとの近隣住民の証言も明かされています。

 

「姉妹2人で仲良く歩いているのをよく見かけました。長身でスタイル抜群なので目立っていました」(近隣住民)

 

引用:《タカラジェンヌ飛び降り事件》「長身でスタイル抜群なので目立ってた」死亡したAさん(25)が前日に立った“宙組舞台”の様子 理事長は「現時点では詳細は公表しません」

 

有愛きいさんは宝塚音楽学校に2015年に103期生として入学していますが、年齢が同じである双子の妹の一禾あおさんは、1年早く2014年に102期生として宝塚音楽学校に入学しています。

 

実は2人はノートルダム女学院中学校を卒業したタイミングで揃って宝塚音楽学校に合格していたのですが、有愛きいさんが入学直前にアキレス腱に大怪我を負ってしまい、入学を1年遅らせざるを得なくなったのでした。

 

そのため、有愛きいさんだけがノートルダム女学院高校へと内部進学し、1年生から2年生に進学したタイミングで1年遅く宝塚音楽学校へと入学されたのでした。

 

「中学卒業後に宝塚音楽学校を受験し、揃って合格しました。ですが、妹の一禾さんが2014年に102期生として入学した一方、有愛さんは入学直前にアキレス腱を痛める大けがに見舞われ、入学を1年遅らせざるを得なくなったんです。

 

引用:【全文公開】現役タカラジェンヌいじめ死去事件の真相 陰口・密告でライバルを失脚させ…「醜い争い」が招いた悲劇

 

宝塚音楽学校は先輩後輩の上下関係の規律が厳しく、例え双子の姉妹で年齢が同じであっても、下級生として礼儀を重んじなくてはならず、双子とはいえ姉ながら下級生という立場に有愛きいさんも複雑な思いを抱いていたという事です。

 

しかし、有愛きいさんはそうした逆境をバネにするような頑張り屋なところがあったと宝塚関係者が証言しています。

 

 

 

有愛きいの家族③ 祖父

 

有愛きいさんの祖父は、実家の老舗漬物店の先代の社長で、町内会長も務められている方だという事です。有愛きいさんが宝塚に入った時にはとても嬉しそうにされていたそうです。

 

先代の社長だったあそこの会長さんは町内会の会長も務めていて、毎年5月のお祭りや8月の地蔵盆、10月の運動会などのイベントを取り仕切っていました。7年くらい前に町内会の行事のあとの直会で、『孫が宝塚に入ったんや〜』とうれしそうに話していました。

 

引用:〈タカラジェンヌ〉25歳の娘役がマンション最上階18階から転落死…何があった? 祖父は「孫が宝塚入ったんや~」と歓喜し、父は娘の入団年に現場のマンションを購入

 

 

 

有愛きいの結婚

 

有愛きいさんについて「結婚」というワードも検索されているようですが、有愛きいさんは宝塚歌劇団の現役の娘役であったため結婚はしていません。

 

有愛きいさんに結婚願望があったのかどうかも不明です。

 

 

 

有愛きいがいじめに遭っていたと週刊文春が報道

 

出典:https://uchina-times.com/

 

有愛きいさんが2023年9月30日に自宅マンションから転落し死亡し、自殺とみられている事を受け、「週刊文春」(2023年10月19日号)が、有愛きいさんが集団リンチのようないじめに遭っていたとする内容を報じました。

 

「週刊文春」によると、有愛きいさんがマンションから転落し死亡する2日前の2023年9月28日に行われた宙組公演「PAGAD」の通し稽古の場で、4人の上級生から罵声を浴びせられて集団リンチのようないじめに遭っていたという事です。

 

「稽古中、有愛さんは4人の上級生から『下級生の不手際は、すべてお前の責任だ』と集団リンチのような目にあっていました。ある上級生から『マインドが足りない。マインドがないのか!』と罵声を浴びせられると、今度は別の上級生から『この嘘つきが!』『嘘つき野郎』と面罵されていました……」(劇団関係者)

 

引用:「集団リンチのような目にあっていた」“タカラジェンヌ飛び降り事件”有愛きい(25)が死の2日前に浴びた“上級生からの罵声”「マインドがないのか!」「嘘つき野郎」

 

「週刊文春」の記事では、有愛きいさんにいじめのように罵声を浴びせていた上級生は、宙組男役トップスターの芹香斗亜さん、宙組組長の松風輝さん、宙組男役の優希しおんさん、宙組娘役の花菱りずさんの4人だと名指しで書かれています。

 

彼女が死の2日前、トップスター・芹香斗亜や組長・松風輝(あきら)らから「マインドが足りない!」「嘘つき野郎」などと罵声を浴びせられていた事実を報じた。

 

引用:宝塚は5年前の飛び降り事件も隠蔽していた 《真相追及第3弾》タカラジェンヌ飛び降り事件

 

文春はこの4人が具体的に有愛きいさんに対してどのようないじめを行なっていたのかも書いていて、芹香斗亜さんは休憩時間にも関わらず罵声を浴びせ、松風輝さんは「マインドが足りない。マインドがないのか!」と怒鳴りつけていたなどと書いています。

 

また、優希しおんさんについては下級生に対する陰湿ないじめの常習者と書いており、娘役の花菱りずさんと有愛きいさんを何度も「嘘つき野郎!!」などと罵倒していたといった内容が書かれています。

 

ただ、このいじめ内容についてはどこまで本当かはわかりません。あくまでも文春が関係者に取材して得た情報であり、宝塚歌劇団では苛烈な足の引っ張り合いがあるとされており、誰かがこの4人を陥れるために大袈裟な証言をした可能性もあるとみられています。

 

「女性セブン」(2023年11月2日号)では、現役のタカラジェンヌが取材に答えており、週刊文春の記事でいじめ犯として名指しされた4人について、誰かが陥れるために“ターゲット”として大袈裟にいじめを証言したのではないかとの推測を話されていました。

 

「そこで名指しで報じられたのは、いずれも宙組内で“幹部”にあたる、キャリアも序列も上のタカラジェンヌばかりでした。もちろん、大なり小なり、いじめと捉えられかねない厳しい指導はあったのかもしれません。それにしても、人気が上位の人ばかりが“ターゲット”にされていた印象を抱きました。彼女たちがいじめのスキャンダルでいなくなれば、それに代わって活躍できる人が出てくる。そういうことなんです」(前出・現役のタカラジェンヌ)

 

引用:【全文公開】現役タカラジェンヌいじめ死去事件の真相 陰口・密告でライバルを失脚させ…「醜い争い」が招いた悲劇

 

 

 

有愛きいが天彩峰里におでこを火傷させられたとするいじめを文春が2月に報じていた

 

自殺とみられているマンションからの転落死亡事故の2日前に、有愛きいさんが上級生4人から、まるで集団リンチのようないじめに遭っていたとする内容を週刊文春が報じていますが。

 

今回の件から約8ヶ月前に発売された「週刊文春」(2023年2月9日号)では、有愛きいさんが、宙組娘役の先輩の天彩峰里さんからいじめを受けており、ヘアアイロンを押し付けておでこを火傷させられたとするいじめの暴露記事が掲載されていました。

 

 

有愛きいに対するいじめ疑惑が報じられた天彩峰里のプロフィール

 

本名  :芥田樹里

生年月日:1997年3月26日

出身地 :兵庫県宝塚市

身長  :164cm

血液型 :AB型

 

有愛きいさんに対するいじめ疑惑を文春に報じられた天彩峰里(あまいろ・みねり)さんは、2014年に100期生として宝塚歌劇団に入団しており、有愛きいさんの3期上級生にあたります。

 

ハーフのような華やかなルックスに加えて歌やダンス、演技の実力もあるとして宙組の次期トップ娘役候補と目されていました。しかし、文春が有愛きいさんのおでこに火傷を負わせたいじめ疑惑を報じた後に春乃さくらさんが宙組トップ娘役に就任する事が発表されました。

 

さらに2023年9月には、12月25日付での天彩峰里さんが月組への組替えとなる事が発表されています。こうした経緯があって、ファンの間では、天彩峰里さんがトップ娘役になれなかったのは、文春の有愛きいさんに対するいじめ疑惑報道が影響したのではないかと噂されています。

 

 

週刊文春が報じた天彩峰里が有愛きいのおでこに火傷をさせたいじめ疑惑の内容

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

「週刊文春」(2023年2月9日号)に書かれた天彩峰里さんが有愛きいさんのおでこを火傷させるイジメを行ったとする記事の内容についてもみていきます。

 

文春が報じたいじめ行為は、ある新人公演(下級生達だけでの同じ舞台の公演)で、本公演で天彩峰里さんが演じる役を(新人公演の方で)演じる事になった有愛きいさんが、しきたりにしたがって天彩峰里さんに挨拶に行った時に起こったそうです。

 

この時、挨拶に訪れた有愛きいさんに、天彩峰里さんが「前髪の作り方を教えてあげる」として、前髪に高温のヘアアイロンを押し当てるようにしたそうです。

 

有愛きいさんはあまりの熱さに嫌がる素振りを見せるも、天彩峰里さんはそれを無視してヘアアイロンを押し当て続け、有愛きいさんはおでこにじゅくじゅくと水膨れになるほどの火傷を負ってしまい、しばらくの間、みみず腫れのような火傷の痕が残っていたのだそうです。

 

当初、有愛きいさんは事を荒立てたくないとしてこの事を黙っていましたが、おでこの火傷に気が付いた親族(双子の妹の一禾あおさんではないかと言われている)が、いじめられているのではと担当プロデューサーに訴え、それを関係者が週刊文春にタレ込んだ事で事が発覚したという事でした。

 

この文春報道が出た当初、宝塚歌劇団側は「全くの事実無根」と否定しています。

 

宝塚歌劇団内部でも、この事件はいじめなどではなく偶然あたってしまった事故のようなもので、おでこにあたったのもヘアアイロンではなくて、もっと温度の低いホットピューラーだったとの真相が伝わっていたようです。

 

しかし、2023年9月30日に有愛きいさんが自宅マンションから転落して死亡した後に開かれた会見にて、宝塚歌劇団の木場健之理事長は「故意ではないが当たったことはあると聞いている」とする発言をし、有愛きいさんが天彩峰里さんによっておでこを火傷する事件が故意ではないものの事実だと認めています。

 

劇団は当時も両当事者、周囲にも事情を聴取したことを明かした。具体的には上級生が下級生の髪形をアドバイスする際、故意におでこに押し当てやけどを負わした、というものだった。理事長は「髪型をアドバイスするのはよくあることで、その際、誤ってヘアアイロンが当たった。故意に押し当てたわけではない、と結論付けていた。両当事者から聞き取りし『ない』と明言を受けていたので、こちらもその認識だった」とした。

 

引用:タカラジェンヌ転落死受け宝塚歌劇団・木場理事長が会見 いじめ報道後両当事者に聴取「ないと認識」

 

ただ、この会見でも有愛きいさんのおでこの火傷の程度がどれほどだったのかの説明はなく、当事者2人が事を荒げる事を望まなかったために詳しくは調査はしていないという事なので本当に火傷を負わせた事件が故意ではなかったのかどうかもはっきりしていません。

 

また、天彩峰里さんも人気上位の娘役なので、誰かが大袈裟に情報をリークして足を引っ張ろうとした事も考えらそうです。

 

 

 

有愛きいが自宅マンション敷地内で死亡しているのが見つかる

 

有愛きいさんが転落し死亡したマンション(集英社オンラインより引用)

 

有愛きいさんがマンションから転落し死亡した事件についても改めてみていきます。

 

2023年9月30日の午前7時4分、兵庫県警に「宝塚市内のマンションの敷地内にうつ伏せで倒れている人がいる」と通報があり、駆けつけた救急隊員がその場で死亡を確認しました。

 

警察が調べたところ、マンションの最上階(18階)に本人のものとみられる鞄があり、その中身から身元が特定されました。

 

兵庫県警宝塚警察署によると、9月30日午前7時4分に、宝塚市内のマンションの近くに住む男性から「うつぶせに倒れている人がいる」と110番通報があった。18階には手提げかばんが置いてあり、その中身から身元が25歳の劇団俳優の女性と判明。

 

引用:タカラジェンヌが転落死か…宝塚歌劇理事長が宝塚舞踊会で異例あいさつ「哀悼の意を表します」

 

有愛きいさんの転落死亡事故を報じたメディアのほとんどは匿名で報じていましたが、「週刊文春」(2023年10月12日号)が最初に実名で報道し、転落して死亡したのが有愛きいさんである事が判明しました。

 

9月30日午前7時ごろ、兵庫県宝塚市のマンションに住む25歳の宝塚歌劇団の劇団員・有愛きい(25)が、敷地内で死亡しているのが見つかった事件。

 

引用:「精神的に崩壊している」“タカラジェンヌ飛び降り事件”有愛きい(25)が死の前日、母に送った“悲痛メッセージ”「9月28日夜にはマンションから…」【宙組では複数の出演者の体調不良が判明】

 

なお、有愛きいさんが転落し死亡したマンションは、ニュース映像などを手掛かりとして兵庫県宝塚市湯本町にある「宝塚ザ・レジデンス」ではないかと言われています。

 

 

 

有愛きいの死因はマンションからの転落で自殺とみられる

 

有愛きいさんは2023年9月30日に宝塚市内の自宅のマンションから転落し死亡しました。

 

警察の発表によると、着衣の乱れや事件性をうかがわせる傷、第三者が関わった形跡などがなかったため自殺の可能性が高いと見られています。

 

遺書の有無については報道されていませんが、「週刊文春」(2023年10月12日号)では、転落し死亡した前日にあたる9月29日に有愛きいさんが母親に宛てて自殺を仄めかすようなメッセージを送っていた事が明かされています。

 

〈精神的に崩壊している……〉

 実は有愛は、亡くなる前日の9月29日、母親にあてて上記のようなメッセージを送っていたことが「週刊文春」の取材でわかった。

 

引用:「精神的に崩壊している」“タカラジェンヌ飛び降り事件”有愛きい(25)が死の前日、母に送った“悲痛メッセージ”「9月28日夜にはマンションから…」【宙組では複数の出演者の体調不良が判明】

 

死因は明らかにされていませんが、マンションから転落した際に強く身体をうった事による外傷が直接的な死因だと思われます。

 

 

有愛きいの自殺の原因は天彩峰里がトップ娘役に選ばれなかった責任を感じたためか

 

出典:https://www.ghibliexpo-aichi.com/

 

有愛きいさんがマンションから転落し死亡したのは自殺だと見られています。

 

有愛きいさんの自殺の原因はわかっていませんが、世間的にはいじめを苦にしたのが自殺の原因ではないかという見方が強いようです。

 

ただ、「女性セブン」(2023年11月2日号)に掲載された記事では、宝塚関係者や現役のタカラジェンヌ(いずれも匿名)の証言を掲載し、有愛きいさんがむしろ「週刊文春」のいじめ疑惑記事が出た後に、その記事が原因で起こった事で苦しみ悩んでいた事を明らかにしています。

 

2023年2月の文春の記事が出た後、おでこに火傷を負わされた有愛きいさんが文春に情報をリークしたと周囲から見られていまいそれに悩んでいたそうです。

 

「有愛さんは“やけど事件”があった当初から、“大ごとにはしたくない”と学校側に被害を訴え出ることさえしていませんでした。ところが記事が出たことで、周囲から、被害者である有愛さんが“週刊誌にリークした犯人”という目でみられることで、さらに深刻に悩んでしまったようです。

 

引用:【全文公開】現役タカラジェンヌいじめ死去事件の真相 陰口・密告でライバルを失脚させ…「醜い争い」が招いた悲劇

 

なお、おでこ火傷事件の情報をリークしたのは有愛きいさんではない別の宝塚関係者である事は、有愛きいさんの転落死亡事件の後に出た週刊文春の記事で明かされています。

 

また、有愛きいさんがマンションから転落して死亡した日は、宙組の新たなトップ娘役である春のさくらさんの宝塚大劇場でのお披露目公演初日の翌日でした。

 

すでに触れていますが、元々宙組の新トップ娘役として有力視されていたのは、文春の記事で有愛きいさんのおでこに火傷をさせるいじめをしたと名指しされた天彩峰里さんでした。

 

天彩峰里さんが宙組のトップ娘役に選ばれなかったのはこの文春の記事が原因なのではないかと皆が見るようになりました。

 

その公演でお披露目されるトップ娘の最有力候補は、天彩さんだったんです。ところがフタを開けてみれば、娘役に抜擢されたのは春乃さん。天彩さんは8か月前の“やけど事件”報道で、ヘアアイロンを押しつけたと報じられた当人だったので、周囲の多くが“だから選ばれなかったのでは”と理解しました。そればかりか、この9月には、12月25日付での天彩さんの月組への組替えが発表されました。

 

引用:【全文公開】現役タカラジェンヌいじめ死去事件の真相 陰口・密告でライバルを失脚させ…「醜い争い」が招いた悲劇

 

そして、有愛きいさんは天彩峰里さんが宙組のトップ娘役になれなかった原因は、自分のおでこ火傷事件がいじめとして報じられてしまったためだと考えて、ずっと自分を責めてしまっていたそうです。

 

特に有愛さんは、天彩さんがトップ娘役に就任できなかったのは“いじめ報道”が原因だったのではないかと、ずっと自分を責めていたんです」(前出・別の宝塚関係者)

 

引用:【全文公開】現役タカラジェンヌいじめ死去事件の真相 陰口・密告でライバルを失脚させ…「醜い争い」が招いた悲劇

 

こうした事から、有愛きいさんの本当の自殺の原因となったのは、天彩峰里さんが宙組トップ娘役に就任できなかったのは自分のせいだと考えて思い詰めてしまった事ではないかとも言われています。

 

 

 

まとめ

 

今回は、2023年9月30日に自宅マンションから転落し死亡し、自殺とみられている宝塚歌劇団宙組の娘役・有愛きいさんについてまとめてみました。

 

有愛きいさんの年齢は、2023年9月30日にマンションから転落し死亡した時点で25歳でした。

 

有愛きいさんの実家は京都で140年以上続く老舗の漬物屋でかなりのお金持ちだとみられています。家族は両親と双子の妹で雪組の男役として活躍されている一禾あおさん、祖父の存在がわかってます。また、現役のタカラジェンヌだったので当然ですが、有愛きいさんは結婚はしておらず独身でした。

 

有愛きいさんがマンションから転落して死亡した事については、いじめが原因の自殺ではないかとの見方が強くなっています。

 

2023年2月に、宙組の人気娘役である天彩峰里さんが、有愛きいさんのおでこにヘアアイロンを押し付けて火傷をさせるいじめをしたとの疑惑が文春で報じられた事もいじめが原因との推測につながりました。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

瀬奈じゅん(元宝塚)の若い頃や現在!旦那との結婚・養子縁組の子供2人も総まとめ

井上和子(布施博の嫁)の現在!旦那との結婚や子供・自宅での介護生活・古村比呂激怒事件も総まとめ

鹿沼絵里の若い頃と現在!夜逃げの真相・旦那の古尾谷雅人と子供まとめ

早瀬久美の現在!夫と子供や結婚歴と離婚歴・若い頃や出演ドラマと映画・再婚や不倫疑惑も総まとめ

人気の50代女優ランキング81選・2024最新版を投票で決定【大物のベテラン女優ばかり!】

早霧せいな(元宝塚)の現在!学歴(大学)と経歴・実家の家族が金持ちの噂や人気の理由・結婚の有無も総まとめ

大河内奈々子の現在!2度の結婚や旦那と子供・ガリガリ画像とがんの噂も総まとめ

寿ひずる(元宝塚)の若い頃や現在!元旦那/坂東三津五郎との子供(息子/娘)・結婚と離婚原因も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

桜井直美の現在!結婚と旦那・子供が佐久間大介の噂・本名と年齢も総まとめ

みやぞんは韓国籍?本名・母親や兄弟など家族・天才伝説やいい人エピソードも多数紹介

土肥美智子(田嶋幸三の嫁)の若い頃と学歴!結婚や子供・新型コロナエピソードも総まとめ【女性スポーツ医師の先駆け】

ケンカオ(道端ジェシカ旦那)の現在!経歴と資産・結婚と子供・逮捕とその後まとめ

芹那の現在!彼氏遍歴・消えた理由4つ・結婚の噂も総まとめ

佳美(ビッグダディ元嫁)の現在!三つ子の子供や離婚原因・最近の様子まとめ

永山竜弥(瑛太と永山絢斗の兄)の現在!父と母など家族・結婚情報も総まとめ

ゴイアニア被曝事故の原因や真相!場所と現場・映画やアンビリバボーでの特集まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

小松魁人の生い立ち&親や家族!タトゥーや少年院の前科・齋藤瑞希さん事件の動機もまとめ

村上麗奈の昔と今現在!ブルネイ王国やビートたけしとの関係・結婚や旦那と子供もまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す