野沢尚はなぜ自殺?遺書や葬儀・天才の理由や家族と結婚・三浦春馬との関係もまとめ

「眠れる森」「破線のマリス」などの代表作で知られる脚本家の野沢尚さんは絶頂期に自殺で亡くなりました。

 

この記事では野沢尚さんのプロフィールや代表作、天才の理由、家族や結婚,、なぜ自殺をしたのかや遺書の内容と葬儀、三浦春馬さんの自殺との関係についてまとめました。

野沢尚のプロフィール

 

野沢尚のプロフィール

 

生年月日:1960年5月7日

没年月日:2004年6月28日(没年44歳)

出身地 :愛知県名古屋市

 

野沢尚(のざわ・ひさし)さんは、「眠れる森」、「破線のマリス」、「結婚前夜」などの数々の代表作で知られる脚本家、小説家です。

 

野沢尚さんは中学生の頃に映画監督を志し8ミリフィルムで自主映画を撮っていました。その活動の中で「映画はまずは脚本」との考えに至り、独学で脚本の勉強をし始めています。

 

地元愛知県名古屋市の昭和高校を卒業後、上京して日本大学芸術学部映画学科へと進学して本格的に脚本や映画制作を学び、卒業後の1983年に映画「V.マドンナ大戦争」の脚本で、新人脚本家の登竜門とされる「城戸賞」に佳作入選してプロの脚本家としてデビューしました。

 

その後は、原作小説も手がけた映画「マリリンに逢いたい」、「ステイゴールド」や単発ドラマの脚本を多数担当し、この頃に書き上げたのが「その男、凶暴につき」の脚本で、野沢尚さんは巨匠・深作欣二監督に映画化してもらうためにこれを書き上げています。しかし、諸所の事情があり、結局この映画は主演する北野武さんが監督を務めることになり、北野武さんの映画監督デビュー作として1989年に公開されました。

 

1992年には「親愛なる者へ」で自身初となる連続ドラマの脚本を担当すると、1993年には「素晴らしきかな人生」、1994年には「この愛に生きて」と連続ドラマの脚本を担当し野沢尚の夫婦三部作と呼ばれています。

 

その後、小説家としても活動を始めた野沢尚さんは1997年に「破線のマリス」で江戸川乱歩賞を受賞しミステリー作家として高い評価を獲得しました。

 

そして、1999年には、現在も名作として語り継がれている大ヒットドラマ「眠れる森」と「結婚前夜」で向田邦子賞を受賞。2002年には原作小説とその後ドラマ化の脚本も手がけた「反乱のボヤージュ」で芸術選奨文部科学大臣賞を受賞するなどし国内を代表する脚本家となりました。

 

2003年には、NHKの「21世紀スペシャル大河ドラマ」として制作が発表された、司馬遼太郎原作「坂の上の雲」のスペシャルドラマの脚本を担当する事が発表され大きな話題となりましたが、その翌年の2004年に自殺により突然この世を去っています。44歳の若さでした。

 

 

野沢尚の代表作① 眠れる森

 

出典:https://stat.ameba.jp/

 

野沢尚さんの代表作として現在でも真っ先に名前が上がるのが、1998年にフジテレビで放送されたドラマ「眠れる森」です。

 

「眠れる森」は中山美穂さんを主演とし、その相手役を当時絶大な人気を誇っていた木村拓哉さんを起用して、最高視聴率30パーセント超え(平均視聴率25.2パーセント)という空前のヒットを記録しました。

 

内容についてはネタバレになるため控えますが、ジャンルはミステリーで、練りに練られたプロットと、緻密に構築されたシナリオの完成度は圧倒的です。

 

野沢尚さんは、この「眠れる森」と、同年に脚本を担当した「結婚前夜」の2作品で向田邦子賞を受賞されています。

 

 

野沢尚の代表作② 破線のマリス

 

出典:https://m.media-amazon.com/

 

野沢尚さんの小説家としての代表作が「破線のマリス」です。

 

野沢尚さんは「破線のマリス」で1997年の江戸川乱歩賞を受賞されています。

 

同作はテレビメディアの情報操作や虚偽報道をテーマにし暴き出すという極めて挑発的内容で、テレビ業界で活躍する野沢尚さんがこの内容を発表した事は業界に大きな衝撃をもたらしました。

 

「破線のマリス」は、2000年に映画化もされ、海外でも大きな話題を呼びました。

 

 

野沢尚の代表作③ 結婚前夜

 

出典:https://m.media-amazon.com/

 

「眠れる森」と共に、向田邦子賞を受賞したのがドラマ「結婚前夜」です。

 

眠れる森の影に隠れがちですが、この「結婚前夜」も紛れもない名作で、人間関係が非常に緻密に描かれており、脚本家としての野沢尚さんの圧倒的な技術が詰め込まれています。

 

「結婚前夜」はシナリオブックも発売されていて、脚本家を志す人にとってのバイブルとなっています。

 

 

野沢尚の代表作④ 深紅

 

出典:https://m.media-amazon.com/

 

「深紅」は、野沢尚さんが2000年に発表したサスペンス小説で吉川英治文学新人賞を受賞しています。

 

家族の惨殺事件を主軸として、被害者と加害者それぞれの家族に焦点をあて、緻密な心理描写と豊かな表現力によって物語が紡がれています。展開自体も非常にスリリングで読み出したら止まらない内容となっており、小説家としての野沢尚さんの集大成ともいえる代表作です。

 

2005年には野沢尚さんが自ら脚本を手がけて映画化もされています。

 

 

野沢尚は天才だったという声が現在も多数

 

出典:https://www.j-n.co.jp/

 

野沢尚さんは一線を画した数々の名作を世に出し天才脚本家と呼ばれていました。

 

野沢尚さんの突然の死去から20年が経過した2024年の現在も野沢尚さんは天才だったと賞賛する声が数多く見られます。

 

 

 

野沢尚さんが天才と呼ばれる理由は、常人にはとても思いつかないような独創的な展開と設定がどの作品にもふんだんに盛り込まれていながら、奇をてらうわけでもなくしっかりエンターテイメントに仕上げているところが挙げられます。

 

また、野沢尚さんは複雑な構造のプロットを緻密なシナリオで表現することを得意としていました。難解な背景を持つ物語は一般的にハードルが高く好き嫌いが分かれるものですが、野沢尚さんの作品は視聴者を引き込む力があり幅広い層に支持されました。こうした芸当は努力してできるような事ではなく野沢尚さんが天才と呼ばれる所以となっています。

 

 

野沢尚の家族① 父親は生物学者の野澤謙

 

野沢尚の父親・野澤謙のプロフィール

 

生年  :1927年

没年月日:2020年5月12日(没年92歳)

出身地 :島根県益田町

 

野沢尚さんはインテリ家族(家系)の出身である事も知られています。

 

野沢尚さんの父親は、京都大学の名誉教授で京都大学霊長類研究所所長でもあった生物学者の野澤謙さんです。

 

野沢尚さんの父親の野澤謙さんは、1927年島根県益田町の生まれで、東京大学農学部獣医学科を卒業後、名古屋大学農学部助手・助教授、京都大学霊長類研究所教授、同所長、在来家畜研究会会長、中京大学教養部教授、日本霊長類学会副会長などを歴任されました。2020年5月に92歳で亡くなっています。

 

 

野沢尚の家族② 叔父はフランス文学者で大学教授だった野沢協

 

野沢尚の叔父・野沢協のプロフィール

 

生年月日:1930年2月1日

没年月日:2015年11月18日(没年85歳)

出身地 :神奈川県鎌倉市

 

野沢尚さんの叔父(父親の野澤謙さんの実弟)はフランス文学者で元東京都立大学教授の野沢協さんです。

 

野沢協さんは、多くのフランス語書籍の翻訳に携わり、「ピエール・ベール著作集」の翻訳で1997年に第34回日本翻訳文化賞を受賞されています。

 

 

野沢尚の家族③ 曾祖父は教育者で漢学者の田邊新之助

 

野沢尚の曾祖父・田邊新之助のプロフィール

 

生年月日:1862年2月6日

没年月日:1944年2月24日(没年82歳)

出身地 :江戸深川(現在の東京都江東区)

 

野沢尚さんの母方の曾祖父は田邊新之助という人物で、江戸時代から戦前にかけて漢学者、教育者として活躍された方です。

 

現在も名門として知られる逗子開成中学校、鎌倉女学校の創設者で、東京開成中学校の校長も務めました。

 

 

野沢尚の家族④ 大叔父は哲学者の田辺元と東京美術学校元教授の田辺至

 

野沢尚の大叔父・田辺元のプロフィール

 

生年月日:1885年2月3日 

没年月日:1962年4月29日(没年77歳)

出身地 :東京府

 

野沢尚さんの大叔父(曾祖父の田邊新之助の子供)は、哲学者、思想家で京都大学名誉教授の田辺元という人物です。その弟で、野沢尚さんのもう1人の大叔父にあた流のが東京美術学校元教授の田邊至という人物です。

 

 

野沢尚は結婚しており妻の由紀子さんは野沢尚オフィシャルサイトを運営

 

出典:https://blog.ss-blog.jp/

 

野沢尚さんは20代の終わり頃に結婚されています。

 

野沢尚さんが結婚したのは一般女性の由紀子さんという女性で、野沢尚さんの脚本家としての活動を支えた人物として知られています。

 

2008年にNHK BS-hiで放送されたドキュメンタリー「脚本家・野沢尚~妻の追憶の日々~」には由紀子さんが出演し、その存在が広く知られるようになりました。

 

野沢尚さんの自殺での死去後、妻の由紀子さんは野沢尚さんのオフィシャルサイトを立ち上げ、亡き夫に関連する情報発信を始めました。これがきっかけになり、野沢尚さんを知らなかった若い世代や海外でも野沢尚ブームが起こりました。

 

野沢尚さんの妻の由紀子さんは現在も野沢尚オフィシャルサイトを運営されており、情報発信やブログを更新されています。

 

 

野沢尚はキャリア絶頂期に突然の自殺で死去

 

野沢尚さんはキャリアの絶頂であった2004年6月28日に44歳という若さで死去しています。

 

野沢尚さんはその日の14時半頃に東京都目黒区八雲の事務所でヒモのようなもので首を吊った状態で亡くなっているのが発見されました。遺書のような文書も見つかり警察からは自殺と見られるとの発表が出されました。

 

野沢尚さんの遺体を発見したのは、妻の由紀子さんでした。

 

作家で脚本家の野沢尚(ひさし)さん(44)が28日午後2時半ごろ、東京都目黒区の事務所で死亡しているのが見つかった。ひものようなもので首をつっており、遺書とみられる文書も見つかった。警視庁は自殺とみている。 碑文谷署の調べでは、野沢さんと連絡が取れないことを不審に思った妻が、同区八雲3丁目のマンションの事務所を訪ね、発見した。事務所は内側からかぎがかかっていたという。

 

引用:乱歩賞作家の野沢尚さん、自殺か 「眠れる森」脚本家

 

 

野沢尚はなぜ自殺したのか

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

野沢尚さんは脚本家としての評価の絶頂期に突然自殺により亡くなりました。

 

当時、野沢尚さんはNHKが相当力を入れていた大作ドラマ「坂の上の雲」の脚本を担当しており、取材やロケハンを重ねて制作に取り掛かっていました。その最中の突然の自殺であり、なぜ全てうまくいっているように見えた野沢尚さんが自殺したのかと大きな衝撃がありました。

 

野沢尚さんがなぜ自殺をしたのかははっきりとはわかっていませんが、一部ではうつ病を患っていたとの情報も出ています。

 

また、野沢尚さんが自殺で亡くなる2ヶ月前に放送されたドラマ「砦なき者」では、テレビ業界への絶望が描かれ、最後のシーンでは原作小説(野沢尚さん本人の作品)にはなかった主人公のセリフが追加されています。この主人公の最後のセリフは以下の内容でした。

 

私は最後の最後まで、あなたたち視聴者の正体を掴み損ねた。あなたたちは、謎の存在だった。暗闇の中で標的を探して、いくら引き金を引いても、命中したようには思えなかった。それが私にとって、テレビ30年の真実でした

 

この主人公のセリフは、野沢尚さんの心の声を代弁しているのではないかとの推測がなされ、なぜ野沢尚さんが自殺をしたのかの理由が隠されているのではとも言われました。

 

野沢尚さんがなぜ自殺を選択したのかは本人にしかわかりませんが、テレビ業界への絶望か視聴者との関係性に関わる悩み、あるいは何か表現者としての深い悩みを抱えられていたのかも知れません。

 

 

野沢尚の複数人に宛てた遺書の内容

 

出典:https://pds.exblog.jp/

 

野沢尚さんがなぜキャリアの絶頂期に自殺をしたのかはわかっていませんが、複数の関係者に宛てた遺書のようなメモが発見されています。

 

その野沢尚さんの遺書の内容のうちごく一部がメディアで明かされています。

 

当時、野沢尚さんはNHKのスペシャルドラマ「坂の上の雲」の脚本を担当していましたが、NHKの担当プロデューサー宛に「途中で投げ出すことになってすみません。いい取材ができました。後はよろしくお願いします。『坂の上の雲』を傑作にしてください」との内容の遺書が残されていたという事です。

 

また、野沢尚さんが若い頃に師事したテレビディレクターで映画監督の鶴橋康夫さん宛には、「ご迷惑をおかけします。夢はいっぱいあるけど、お先に失礼します。ここまで育ててもらってありがとうございます。あなたと闘えて光栄でした」との内容が書かれた遺書が残されていたという事です。

 

ただ、遺書には自殺の直接的な理由は何も綴られていなかったという事です。

 

 

野沢尚の葬儀

 

野沢尚さんの葬儀は、2004年7月4日に東京築地本願寺の第二伝道会館で催され、喪主は妻の由紀子さんが務められています。

 

葬儀を取り仕切ったのは、野沢尚さんが脚本を手がけたフジテレビのドラマ数作品でプロデューサーを務めた喜多麗子さんが取り仕切っています。

 

 

野沢尚に三浦春馬の自殺を関連づけるような噂も存在

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

インターネット上では三浦春馬さんの自殺は本当は他殺であり、知ってはいけない事を知ってしまいそれを周囲に伝えようとしていたため殺害されたのだとする陰謀論が話題になっています。

 

そんな三浦春馬さんの陰謀論の中には野沢尚さんが関連づけられている内容もあるようです。

 

野沢尚さんが関連づけられているのは、三浦春馬さんが2020年4月の30歳の誕生日に投稿したインスタグラムです。

 

この三浦春馬さんの投稿にはカーテンの画像が添付されていたのですが、そのカーテンをよく見ると「尚」という漢字に見える模様が指でなぞったように浮かび上がって見えます。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

これは三浦春馬さんが暗号化したメッセージを伝えようとしていたのだと一部の人々の間で囁かれていて、三浦春馬さんの最後の出演作となったドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」の演出を手がけた木村ひさしさん(本名が木村尚)を指しているとするものをはじめいくつかの説が出ています。

 

その中に「尚」は野沢尚さんを指しているという説が存在します。

 

三浦春馬さんは自殺ではなく他殺であるという陰謀論を唱える方々によれば、三浦春馬さんは世界を裏で牛耳る闇の勢力の存在に気がつきそれと戦っていたが、その闇の勢力によって殺害されたのだそうです。

 

この陰謀論を唱える方々によると、世界を牛耳っている闇の勢力は小児性愛者による闇の政府であり、彼らはメディアを使って民衆をコントロールしているのだとか。

 

そして、野沢尚さんの代表作品には、メディアの裏側を描いた「破線のマリス」や、連続幼児誘拐事件をテーマにした「リミット」があります。

 

野沢尚さんも自殺によってこの世を去りましたが、陰謀論者らによれば、野沢尚さんも自身の作品を通じて闇の勢力の存在を世に伝えようとしたため何者かに殺害された可能性があるのだそうです。

 

つまり、三浦春馬さんは「尚」という漢字を示す事で、その真実を伝えようとしたとの主張がされているのです。陰謀論を信じない人間からすると荒唐無稽な妄想としか思えませんが、こうした説を心から信じている方が存在しています。

 

 

まとめ

 

今回は、「眠れる森」、「破線のマリス」などの代表作で知られる脚本家で小説家の野沢尚さんについてまとめてみました。

 

野沢尚さんのプロフィールは1960年5月7日生まれの愛知県名古屋市の出身で、中学生時代に映画監督を志したのをきっかけに独学で脚本を勉強し、日本大学芸術学部映画学科卒業後に「城戸賞」に準入選して本格的にプロの脚本家としてデビューしました。

 

脚本家としての代表作としては、1998年にフジテレビで放送され視聴率30パーセント超えを記録した大ヒットドラマ「眠れる森」やNHKドラマ「結婚前夜」があり、この両作品で向田邦子賞を受賞しています。

 

野沢尚さんの小説家としての代表作では江戸川乱歩賞を受賞した「破線のマリス」と吉川英治文学新人賞を受賞した「深紅」が挙げられます。いずれも傑作で一読の価値がある作品です。

 

野沢尚さんはその緻密な描写と豊かな表現力に加えて、複雑なプロットを見事にエンターテイメントに仕上げる構成力でも高く評価され天才とも称されています。

 

野沢尚さんの家族も話題で、父親の野澤謙さんは京都大学の名誉教授で京都大学霊長類研究所所長、曾祖父は教育者で名門の逗子開成中学校の創設者として知られる田邊新之助です。

 

野沢尚さんは20代の終わりに結婚されていて、妻は一般女性の由紀子さんという方で、現在は野沢尚オフィシャルサイトを運営して情報を発信されています。

 

脚本家、小説家として共に絶大な評価を得ていた野沢尚さんですが、キャリアの絶頂であった2004年に44歳という若さで自殺により突然この世を去っています。

 

野沢尚さんがなぜ自殺をしたのかはわかっていませんが、複数人に宛てた遺書が発見されており、その内容から表現者としての深い悩みを何か抱えていたのではないかとも言われています。

 

なお、一部陰謀論者の間で、野沢尚さんの自殺と俳優の三浦春馬さんの自殺が関連づけられていますが、こじつけのような妄想的な内容なのであまり信ぴょう性は高くありません。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

竹下亘(竹下登の弟)の死因は食道がん!家系図と家族・結婚した嫁と子供・DAIGOとの関係も総まとめ

大田連合の現在!メンバーやOBグループの殺人事件~関東連合同様「準暴力団」指定

新原浩朗(菊池桃子の旦那)の経歴!出身高校や大学と年収・馴れ初めと結婚・ゴミ屋敷の噂も総まとめ

交通事故の芸能人/有名人22名!加害者・被害者別にランキング【2024最新版】

新橋ストーカー殺人事件の犯人の現在!被害者の耳かき店員・ストーカー化の原因も徹底解説

瀬戸口克陽(小渕優子の夫)の現在!高校や経歴・結婚と子供など家族・自宅も総まとめ

鴨志田穣(西原理恵子の元夫)の死因!結婚生活や子供・アルコール依存症やDVなど離婚原因も総まとめ

少年誘拐ホルマリン漬け事件の犯人・林邦太郎の現在!被害者の写真・出所後などその後も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

大谷みつほの若い頃と現在!結婚した旦那や子供・関東連合との関係・フライデーの過激画像も総まとめ

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の真相!犯人の動機・夫や子供の現在も総まとめ

テキーラの死亡事故/事件3つ!度数や飲み方・好きな芸能人/有名人13選も徹底紹介【2024最新版】

岩崎隆一の生い立ち&両親といとこ!川崎市登戸通り魔事件の犯人まとめ

江口拓也のリベンジ写真流出?歴代彼女や矢作紗友里との結婚の噂と真相も総まとめ【画像あり】

中田充の生い立ちと現在!福岡母子殺害事件の動機や判決も総まとめ

マリウス葉の脱退理由と現在!本名と身長や大学・父親と母親など実家の家族・病気説も総まとめ【元Sexy Zone】

北野篤(ビートたけし長男)の現在!大学など学歴・結婚や子供・広告代理店”博報堂”勤務も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

五月みどりの若い頃と現在!旦那と子供(娘/息子)など家族・湯河原の自宅や熱海の店も徹底紹介【かまきり夫人/伊東家の食卓】

萩原みのりの現在!旦那/内山拓也と結婚・父親など家族・高校など経歴・プロフィールまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す