太宰治の女関係5選!子供(息子と娘)・晩年や入水自殺の真相など死因も総まとめ

昭和の文豪として人気がある太宰治と言えば「人間失格」「斜陽」などが有名ですが、激しい女関係や死因も話題です。

 

今回は太宰治の名言、歴代の女性関係や子供(息子・娘)、晩年の病気、入水自殺と真相など死因をまとめてみました。

 

太宰治のプロフィール&経歴

 

太宰治(だざい おさむ)

 

本 名:津島修治(つしま しゅうじ)

誕生日:1909年6月19日

没年日:1948年6月13日(38歳没)

出身地:青森県

学 歴:東京帝国大学仏文科中退

職 業:小説家

代表作:「走れメロス」(1940年)

    「ヴィヨンの妻」(1947年)

    「斜陽」(1947年)

    「人間失格」(1948年)…など

 

太宰治さんは、現在の青森県五所川原市にある県下有数の大地主だった父・津島源右衛門と母たね(夕子)の六男として生まれました。(※11人兄弟姉妹の10番目の子)

 

学生時代は非常に優秀で、東京帝国大学に進学しますが、5年目で学費滞納のため除籍となりました。

 

その後、17歳になると同人誌などを発行するなどし、そして小説家を志すようになりました。

 

そして、1933年(当時24歳)に太宰治名義の作品「列車」で小説家デビューを果たしました。

 

1940年前後のプライベートが安定していた頃、数多くの名作を生み出し、かつて芥川賞落選の経緯で因縁があった川端康成も彼の作品を絶賛するほどでした。

 

また、晩年の作品の1つである「斜陽」はベストセラーとなり、1948年には「人間失格」などの彼の代表作ともなる作品を発表しています。

 

しかし、「自殺マニア」とも呼ばれていて、4回の自殺未遂を起こし、5回目の1948年には愛人だった山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺をし、遂に帰らぬ人となってしまいました。

 

 

 

 

太宰治が残した名言とは

 

太宰治の有名な名言には、「斜陽」や「人間失格」などといった、晩年になってからの代表作に多くあります。

 

ここでは、太宰治の有名な「名言」を紹介します!

 

太宰治の名言一覧!

 

太宰治の名言は、強く胸に刺さるものばかり…

 

・斜陽より

「人間は、恋と革命のために生まれてきた」

 

「もう一度お逢いして、その時、いやならハッキリ言って下さい。私のこの胸の炎は、あなたが点火したのですから、あなたが消して行って下さい。私ひとりの力では、とても消す事が出来ないのです。」

 

「幸福感というものは、悲哀の川の底に沈んで、幽かに光っている砂金のようなものではないだろうか。」

 

 

 

・人間失格より


「恥の多い生涯を送って来ました」

 

「弱虫は幸福をさえおそれるものです。綿で怪我をするんです。幸福に傷つけられることもあるんです。」

 

 

・正義と微笑より

「学問なんて、覚えると同時に忘れてしまってもいいものなんだ。けれども、全部忘れてしまっても、その勉強の訓練の底に一つかみの砂金が残っているものだ。これだ。これが貴いのだ。」

 

 

・HUMAN LOSTより

「笑われて笑われて強くなる」

 

 

・津軽より

「大人とは、裏切られた青年の姿である」

 

 

・パンドラの匣より

「愛は、この世に存在する。きっと、ある。見つからぬのは愛の表現である。その作法である。」

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

太宰治の激しい女関係エピソード

 

太宰治と言えば、「女性関係」が尽きない話ではないでしょうか?

 

太宰治が愛した女性たちは、彼の作品の登場人物のモデルとなることが多く、その執筆活動に多大なる影響を与えたと言われています。

 

太宰治の女関係1:小山初代 

 

小山初代(おやま はつよ)

 

芸者名:紅子

誕生日:1912年3月10日

没年日: 1944年7月23日

出身地:北海道室蘭市

交際時期:1927年〜1937年頃

登場作品:「HUMAN LOST」

     「姥捨」

     「東京八景」

 

太宰治は、学生時代に3歳年下である小山初代と知り合いました。

 

2人は結婚を誓い合った仲でしたが、太宰治の実家である津島家はこの関係に反対します。

 

さらに、太宰の非合法な左翼活動などもあり、太宰は実家から落籍され、その後の2人は入籍こそ許されませんでしたが内縁関係になりました。

 

ですが、後に初代が太宰の義弟と姦通を犯したり、太宰と初代で薬物自殺未遂を図ったりするなどし、穏やかではなかった2人の関係はやがて破綻し離縁しました。

 

小山初代はその後、北海道・満州青島・東京などを転々とした後、荒んだ生活を送り、1944年(33歳)に他界しています。

 

 

太宰治の女関係2:田部シメ子

 

田部シメ子(たなべ しめこ)

 

誕生日:1912年12月2日

没年日:1930年11月29日

交際期間:1929年頃

登場作品:「道化の華」

 

 

太宰治が前述の小山初代と内縁関係にあった時期、初代が自身の故郷・青森に帰省していた時、一緒に入水自殺を図った愛人が、田部シメ子でした。

 

田部シメ子は、銀座のカフェで働いていた際に太宰と知り合いました。当時の彼女は内縁の夫がいる人妻だったとも言われていて、W不倫だったようです。

 

意気投合した2人は、まだ3回しか会っていなかったのに一緒に自殺を決行し、この時の自殺方法は薬物(カルモチン)を大量摂取して、心中を図りました。(※時期的にこの自殺が最初)

 

しかし、太宰治だけが生き残り、田部シメ子のみ死亡しました。

 

一方の太宰は、警察に「自殺幇助の罪」を疑われましたがが、彼の身内の力によって起訴猶予処分となり、この心中未遂事件は、後に太宰の犯行だったとする見方も出てきています。

 

その理由には、使用した薬物に太宰が慣れていた事や、太宰の作品「道化の華」に殺害を匂わすような記述があったからでした。

 

ちなみに、太宰と内縁関係にあった小山初代は、この心中未遂事件に大激怒したそうです。

 

 

太宰治の女関係3:津島美和子

 

津島美和子(旧姓:石原)

 

誕生日:1912年1月31日

没年日:1997年2月1日

交際期間:1938年〜1948年

登場作品:「女神」「父」

     「美男子と煙草」「家庭の幸福」など

 

津島美和子は、太宰治の女性関係の中で、唯一結婚した女性になります。

 

美和子は、女学校の教師をしていて、1938年頃に太宰治とお見合いした後に結婚しています。
 
美和子と結婚した太宰は、これまでの私生活を悔い改め、家庭を守る事を決意したそうです。

 

1938年月に、見合いの仲人だった井伏鱒二(太宰の師)の自宅で結婚式を挙げると、同年9月には現在の東京都三鷹市に夫婦で移り住みました。

 

美和子は、太宰治との間に3人の子供を産み、彼の作品にも多大なる影響を与えたと言われていますが、1948年に太宰は愛人と入水自殺を図っています。

 

太宰が亡くなった後、美和子は文京区に住居を移して、余生を過ごした後、1997年に心不全で亡くなっています。

 

当時の課税遺産額は9億円とも言われていて、1998年に公開された太宰の遺書には、美和子宛てで「誰よりも愛してゐました」と書かれていたそうです。

 

 

太宰治の女関係4:太田静子

 

太田静子(おおた しずこ)

 

誕生日:1913年8月18日

没年日:1982年11月24日

出身地:滋賀県

交際期間:1941年

     1944年〜1947年頃

登場作品:「斜陽」

 

ファンレターを送った太田静子に太宰治から返信が届き、彼の家に訪問した後、互いに恋に落ちたと言われています。

 

一時は、既婚者の太宰と距離を置いていたことがあったそうですが、戦時中の静子の疎開先に太宰が訪れた事で、再会を果たしています。

 

太宰が執筆中のため、静子が提供した日記は、その後の名作「斜陽」の材料になったそう。

 

静子はその後太宰の子を妊娠しますが、その後の太宰の態度は冷たくなったそうで、生まれた子(太田治子)は認知しましたが、そのまま静子は捨てられる形になりました。

 

太宰の死後、印税10万と共に「斜陽」や太宰に関する言動を一切慎むように言われたそうで、津島家からの冷遇など、不遇の時代を過ごし、1982年に肝臓ガンにより他界しています。

 

 

太宰治の女関係⑤ 山崎富栄

 

山崎富栄(やまざき とみえ)

 

誕生日: 1919年9月24日

没年日:1948年6月13日

交際期間:1947年〜1948年

 

 

山崎富栄は、日本で最初の美容学校を作った山崎晴弘を父に持った美容師でした。

 

戦時中に最初に結婚した夫を亡くしてしまい、戦後の1947年に飲み屋で太宰治と出会います。そこで、「死ぬ気で恋愛してみないか」と口説かれて、愛人関係となったそうです。

 

富栄は、交際当時から、かなり体調が悪化していた太宰治の身の回りの世話や執筆の手伝いまでこなしていました。

 

しかし、1948年5月頃から2人の関係は悪化していき、嫉妬や捨てられるといった感情が渦巻いていたそうです。

 

そして、1948年6月13日、太宰治と富栄は玉川上水に入水自殺を図りました。

 

 

太宰治の子供(娘・息子)とは  

 

太宰治の息子・正樹はダウン症

 

母親は、津島美和子 

 

太宰治の第2子である長男・正樹さんは、1944年8月10日に生まれましたが、生まれつきダウン症で、肺炎に掛かり15歳という若さで他界しています。

 

太宰の作品に、長男をモデルにしたと思われる人物が登場した事がありましたが、”痩せこけ・立てず・話せず・聞けず・トイレもできない”などといった記述がありました。

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

太宰治の娘・園子と里子

 

 

太宰治と津島美和子には2人の娘がいる 

 

太宰治の長女は、1941年6月7日に誕生した、園子さんです。

 

園子さんの夫は、衆議院議員の津島雄二さんで、息子の津島淳さんも政治家です。

 

 

次女・里子も2016年に他界…

 

園子さんが生まれてから6年後の、1947年3月30日に次女・里子さんが誕生しています。

 

次女の里子さんは、小説家「津島祐子」として活躍していて、「夜の光に追われて」「火の山―山猿記」(※朝ドラ・純情キラリの原作)などを発表し、国際的に評価を得ていました。

 

しかし、2016年に肺がんのため亡くなられています。

 

里子さんは1947年生まれで、その1年後に父親を亡くしているわけで、父親との思い出はあまりなく(覚えていない)、亡くなってからの方が、父親の存在を大きく感じたことでしょう。

 

そんな里子さんには、2人のお子さんがいましたが、第2子の長男は8歳の時に呼吸発作のため急死しています。

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

太宰治の娘・治子

 

「治子」は、太宰治と太田静子の娘 

 

 

太田治子さんは、1947年11月12日に生まれた第4子で3女になります。

 

小説家やエッセイストなどとして活躍し、お見合い結婚をしてお子さんを1人もうけましたが、その後離婚しています。

 

代表作には、「心映えの記」や「津軽」などの著書があります。

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

太宰治の晩年の病気とは

 

晩年は体調を崩していた太宰治

 

太宰治は、1938年頃には津島美和子と結婚したことで改心したようにも見えたのですが、晩年は再び女関係が荒んでいたようです。

 

前述の通り、妻以外の女性で晩年関係を持ったのは、太田静子と山崎富栄の2人でした。

 

また太宰治は、同時に肺結核を患い、晩年はそれが再発していたと言われています。

 

喀血するほどまでに健康状態は悪く、それをまるで看護師かのようにケアしていたのが愛人の山崎富栄だったそうです。

 

もともと、戦争の際にも肺の病気によって徴用を免除されるなどしていたようです。

 

 

太宰治の死因となった入水自殺と真相

 

周囲から静養を勧める声があった矢先に、太宰治は山崎富栄と共に入水自殺を図ります。

 

 

本当は富栄に絞殺されたとの見解も?

 

死因は、本当に入水自殺であれば「溺死」ですが、この自殺事件はいろいろと曰くがあるようで、富栄による無理心中説首を絞められての殺害説、泥酔状態の水死説が挙がっています。

 

富栄はもがき苦しんだ死に顔だったものの、太宰の死に顔は安らかでほとんど水を飲んでいなかったことから、富栄が太宰治を殺したとされる「無理心中」と考える人も多いようです。

 

現代であれば死因が詳しく分かったでしょうが、70年以上も前の戦後の混乱期でもあるので、当時のことを確認するのはもう難しいでしょう。

 

 

太宰治が家族に当てた遺書の中には「小説を書くのがいやになったから死ぬのです」などという文言も綴られていたそう。

 

それ以外にも、当時の太宰は、体調不良や息子の病気(ダウン症)について思い悩んでいたとも言われています。

 

一方、太宰には死ぬ動機や前兆などもなかったとの見解もあるようですが、真相はもはや闇の中です…。

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、太宰治の名言、歴代の女性関係や子供(息子・娘)についての情報、また晩年の病気や死因について詳しくまとめてみました!

 

太宰治は女関係がとても派手だったようで、交際してきた女性は作品の登場人物のモデルになっているなど、作品に多大な影響を与えているようです。

 

また、ダウン症の息子1人と娘が3人誕生しています。

 

そんな太宰治の晩年は、肺結核が再発して苦しんでいたそうで、1948年6月に愛人の山崎富栄と共に入水自殺で死亡しています。

 

太宰治と言えば、作品はもちろんのこと、その破滅的な人生からもスポットが当たりやすい作家です。

 

若くして亡くなったことでさらに太宰治は神格化しており、現在でも熱狂的なファンが多いことでも知られている作家です。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

菊池梨沙(城島茂の嫁)はハーフ!実家と家族・春日俊彰や丸山隆平との関係も解説

江口ともみの若い頃の事故!つまみ枝豆との結婚や子供も総まとめ

細木数子の今現在!病気や死亡説・消えた理由/島倉千代子との関係も解説

マイケル高橋信也の今現在!大食いフードファイトの経歴・結婚した嫁や子供も総まとめ

峰不二子を実写するなら?納得の芸能人・モデル20選をランキングで解説【2020最新版】

上岡龍太郎の現在!引退理由・弔辞や名言・嫁と息子や甥のミキなど総まとめ

宜保愛子の現在!死因はかもめ荘?予言や霊視・息子や弟子も総まとめ

美奈子の長女・乃愛琉(のえる)の現在!結婚した旦那や子供・最近の様子まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

植松聖の生い立ちや大学時代・漫画家の母親と父親!事件や現在も総まとめ

雅MIYAVIの昔!嫁や子供の現在・身長や全身タトゥー画像も総まとめ

ジョコビッチの嫁と子供・性格や年収!グルテンフリーの食事法も総まとめ

鈴木ちなみの手ぶら事故の画像や動画!結婚相手の旦那・出身大学も紹介

田中裕子の若い頃と現在!沢田研二と結婚の経緯や子供・最新情報も総まとめ【画像多数】

前田美波里の若い頃は宝塚?元旦那のマイク真木・息子の真木蔵人など家族情報も総まとめ

ジローラモの嫁と子供は?年齢や年収と車・名言・若い頃も総まとめ

瀬戸さおり(瀬戸康史の妹)の現在!兄など家族・結婚や旦那の噂まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

アレンの元の顔と現在!整形外科・本名や年齢・収入源など総まとめ

かつみ・さゆり(芸人)の昔と現在!本名や年齢・結婚や子供がいない理由も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す