佐野研二郎の現在!家族や親戚・五輪エンブレムのデザイン騒動・その後の葬式ごっこも総まとめ

2020年の東京五輪エンブレムのパクリ疑惑で知られる佐野研二郎さんですが、その他にも多数パクリが噂されています。

 

今回は佐野研二郎さんの家族や親戚、多数のデザインパクリ疑惑、その後の葬式ごっこ騒動、現在を紹介します。

 

佐野研二郎のプロフィール

 

出典:https://www.sankei.com/

プロフィール

 

・名前:佐野 研二郎(さの けんじろう)

・愛称:サノケン

・生年月日:1972年7月29日

・出身地:東京都目黒区

・最終学歴:多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科

・就職:博報堂

・独立後:Mr_Dsighn代表

・現職:多摩美術大学美術学部統合デザイン学科教授

 

 

佐野研二郎のパクリ騒動前までの経歴

 

佐野研二郎さんは、代々木ゼミナール造形学校から、一浪して多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科に入学しました。

 

1996年に同大を卒業した佐野研二郎さんは、大手広告代理店・博報堂に入社。博報堂では、あの佐藤可士和チームに所属していたそうです。

 

その後、博報堂唯一のデザイン系子会社である「HAKUHODO DESIGN」を経て、2008年1月11日に「MR_DESIGN」を設立して独立しました。

 

 

出典:http://hamusoku.com/

 

2014年4月、母校・多摩美術大学美術学部統合デザイン学科の教授に就任。

 

同年、川村元気さんとの共著の絵本「ティニー ふうせんいぬのものがたり」が、NHKで「ふうせんいぬティニー」としてアニメ化されました。

 

そんな佐野研二郎さんは、1999年には「ニャンまげ」でみうらじゅん賞を受賞したことを皮切りに、これまでにいくつもの賞を受賞しています。

 

主なものを挙げてみると…

 

・東京TDC賞

・JAGDA 新人賞

・毎日広告デザイン賞

・日経広告賞、京都新聞社賞

・グッドデザイン賞

・スポニチ広告賞グランプリ

・2013毎日デザイン賞

第17回亀倉雄策賞(2014)など

 

 

出典:https://page.auctions.yahoo.co.jp/

 

 

佐野研二郎の家族① 両親 

 

出典:https://pixabay.com/

 

佐野研二郎さんは、慶應義塾大学医学部出の内科医である父親と、看護師の母親の間に、兄と妹という3人兄弟の次男として誕生しました。

 

医療関係ではなく、芸術関係に才能を見出した佐野研二郎さんは、前述した通り、1996年に多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科を卒業し、博報堂入社。

 

そこで同僚として働いていた恵子さんと、その後結婚しています。

 

 

佐野研二郎の家族② 嫁と子供

 

出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/

パクリ騒動の最中、会社の広報として講演会に同伴した嫁・恵子さん

 

嫁・佐野恵子さんは現在、佐野研二郎さんが設立したデザイン事務所「MR_DESIGN」の広報を務めており、一連のパクリ騒動でマスコミ取材に応じるなど、言動が注目されていました。

 

特に、佐野研二郎さんの過去の作品にもパクリが疑われ出し、疑惑を検証する記事を掲載した社には、恵子さんから執拗な抗議電話がかかってきていたと言います。

 

「開口いちばん、『担当者を出しなさい』『書いた人を呼びなさい』と怒り心頭でした。担当者が不在で、折り返し電話をかけると伝えたのですが、『(担当者が)出るまで電話は切らない』『今じゃなきゃ駄目だ』の一点張りです。結局、数十分電話口で粘られました」

 

「ヒステリック気味に『弁護士をこっちはつけている』『こっちは記録に残したいんだから責任者を出しなさい』と声高に語っていました。しまいには『上の人間を出せ』『そっちの弁護士を呼びなさい』とまで‥‥。記事を掲載するたびに電話がかかって来ているようです。苦情を聞く担当者は『また、押し問答を繰り広げなきゃいけないのか』とため息をついてますよ」

 

引用:社会Postedon2015年9月8日5:59AM記者たちも辟易、佐野研二郎氏の妻が行う恐怖の「抗議活動」とは? http://www.asagei.com/

 

そんな嫁・恵子さんと佐野研二郎さんの間には娘が1人おり、過去には次のような子育てコラムを投稿し、良きパパっぷりを披露していたようです。

 

 

出典:http://i.imgur.com/

佐野研二郎が語る子育ての流儀

「自分もニコニコ、子どももニコニコ。子育てで広がる世界を一緒に楽しむ」

 

娘さんの年齢や名前など詳細は明らかになっていませんが、パパが起こした世紀の大騒動を理解できる年齢だったかどうかは定かではありません。

 

 

佐野研二郎の家族③ エリートすぎる実兄

 

佐野研二郎の実兄は経産省のキャリア官僚だった

 

佐野研二郎さんの実家の家族を紹介するに当たり、先ほどはあえて触れなかったのですが、兄の佐野究一郎さんが実は超エリートで、東京大学出身の経済産業省キャリア官僚だったりします。

 

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

佐野研二郎の実兄・佐野究一郎氏

 

佐野研二郎さんのパクリ騒動発覚時は、商務情報政策局情報経済課長の要職に就いており、経産省のクリエイター事業を博報堂に委託する立場にあったのだとか。

 

現在では、内閣官房・日本経済再生総合事務局の事務局次長になっているとも言われており、順調に出世コースをひた走っているようです。

 

佐野研二郎さんの背景に見え隠れする、そんな強力なバックボーンも、今回の一連の騒動が発生した大きな要因ではないかと見られています。

 

 

佐野研二郎の親戚はJSC理事の右腕 【パクリ疑惑にも関与?】

 

また佐野研二郎さんの親戚には、国立競技場の運営に関わる「日本スポーツ振興センター(JSC)」に勤めている佐野総一郎さんがいることが判明しています。

 

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

佐野研二郎の親戚・佐野総一郎氏

 

この人物は、パクリ騒動発覚当時、JSCの新国立競技場設置本部の総務部事業運営企画課に在籍しており、JSC理事長の右腕とも…。

 

 

 

佐野研二郎の東京五輪エンブレムデザインのパクリ騒動① 経緯 

 

佐野研二郎が応募したデザインが東京五輪エンブレムに決定する

 

全てはこの瞬間から始まりました。

 

 

出典:https://www.asahi.com/

東京五輪エンブレム発表の瞬間

 

オリンピックの開会式まで残り5年に迫った、2015年7月24日、東京都庁にて2020年東京オリンピック・パラリンピックのシンボルマークとなるエンブレムが発表されました。

 

全ての色が集まることで生まれる黒色を基調にしたデザインで、多様性や全てを包み込む世界を表現した。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

得意満面な佐野研二郎さんの笑顔が、今も忘れられません。

 

が、しかし!そんな佐野研二郎さんの喜びは、そう長くは続きませんでした…。

 

 

佐野研二郎のデザインがベルギーの劇場ロゴにソックリ!パクリ疑惑が急浮上

 

7月24日発表の佐野研二郎さん考案の東京五輪エンブレムですが、ベルギーのリエージュ劇場のロゴに酷似していることにフランスのデザイン会社が気付き、速攻で世界中に拡散しました。

 

 

出典:https://twitter.com/

左・東京五輪エンブレム、右・ベルギーのリエージュ劇場ロゴ

 

 

 

確かに酷似しています。

 

これを受けて、佐野研二郎さんは8月5日、東京都内で記者会見を開き、「盗用ではないかと指摘され、大変驚いている。まったくの事実無根だ!」と盗用疑惑を完全に否定

 

 

出典:https://www.tokyo-sports.co.jp/

 

さらに、次のように自身が考案したエンブレムと、劇場のロゴのデザインの考え方の違いについて持論を展開するんですよね。

 

佐野さんは会見で「要素は同じものがあるが、デザインに対する考え方が違うので、まったく似ていない」と反論。「自分の知識と経験の集大成ともいえる作品で、まったくのオリジナルと自信を持っている」と述べた。

 

エンブレムのデザインについては、東京の頭文字「T」の書体を参考にしたと説明。劇場のロゴが「T」と「L」の組み合わせで作られていると指摘し、「こちらはTと円を組み合わせている」などと違いを説明した。

 

引用:【五輪エンブレム・佐野さん会見】「まったく似てない」「盗用は事実無根」デザイナーの佐野研二郎さん会見 – 産経ニュース https://www.sankei.com/

 

この佐野研二郎さんの反論会見を受けて、東京五輪組織委員からも「オリジナルであると確信している」などと擁護する発言まで出る始末。

 

しかし、この説明で疑惑が晴れたかと言えば、全くそんなことはありませんでした。

 

プロの目から見てどうこうよりも、素人目に見るとどうしてもパクリに見えてしまうのは事実です。

 

その上、本人がヤケに自信満々に疑惑を否定したことが却ってあだとなり、佐野研二郎さんのパクリ疑惑はますます炎上してしまうことに…。

 

その結果、2つのロゴを重ねた検証画像がFacebookにアップされたりしました。

 

 

出典:https://twitter.com/

佐野氏のエンブレムと劇場ロゴを重ねた画像

 

 

 

中央の縦棒の太さが若干違うものの、メインパーツの縦横比がほぼ同じってのは、さすがにマズいですよねぇ…。

 

 

さらに、劇場ロゴをデザインしたStudio Debieの社長が作成した、怒りのgifアニ画像がSNS上で拡散に拡散を重ね、大変な話題になりました。

 

 

そして8月14日、遂にそのリエージュ劇場のロゴをデザインしたデザイナーであるオリビエ・ドビ氏本人が、国際オリンピック委員会を相手にベルギーの民事裁判所に提訴したのです。

 

それは、エンブレムの使用差し止めと、もしも使用した場合には、1回につき5万ユーロ(日本円にして約690万円)を支払うよう求めるものでした。

 

 

佐野研二郎の東京五輪エンブレムデザインのパクリ騒動② 取り下げた理由とは?

 

そんな世紀のパクリ騒動も、9月に入ると状況が一変するんですよね。

 

というのも、9月1日の午前中、あくまで盗用ではないとしながらも、佐野研二郎さん本人から“取り下げ”の申し出があったからです。

 

 

出典:https://mamagirl.jp/

 

佐野氏は「応募作品は盗用ではない」と改めて強調しながらも、

(1)昼夜を問わず本人・家族への誹謗中傷が続いていること、

(2)国民から受け入れられず、オリンピックのイメージに悪影響を与えている

ことから、「エンブレムの原作者として取り下げたい」と申し出た。

 

引用:<五輪エンブレム>佐野氏や家族への「誹謗中傷」が取り下げの一因――組織委が明かす https://www.bengo4.com/

 

なお、実は佐野研二郎さんには、エンブレムのパクリ疑惑とは別に、エンブレム選考の際の画像の転用疑惑も持ち上がっていました。

 

佐野研二郎さんが提出した応募資料の中で、デザイン使用例として提示された画像が、ネット上のサイトからの無断転用では?と指摘があったのですが、これはあっさり転用を認めています。

 

さらに、佐野研二郎さんは同日夜、自身のホームページを更新し、エンブレムについて「伝統的かつ新しい日本、東京を表現すべく大胆に、そして丁寧にデザイン致しました」と説明。

 

改めて模倣や盗作はしていないと疑惑を否定した上で…

 

「もうこれ以上は、人間として耐えられない限界状況

「これ以上今の状況を続けることは難しいと判断し、取り下げに関して私自身も決断致しました」

 

とのコメントを発表しています。

 

考えてみれば、2016年7月24日の五輪エンブレム発表から、同年9月1日の取り下げまで、わずか1ヶ月ちょっとの出来事だったんですよね。

 

で、事態はこれで収束に向かうかと思われたのですが、実は、佐野研二郎さんの地獄はまだ始まったばかりだったようです…。

 

 

佐野研二郎のパクリ疑惑デザインまとめ 【パクリはエンブレムだけじゃなかった】

 

佐野研二郎がトレースを認めたトートバッグのパクリ疑惑

 

佐野研二郎さんに向けられたパクリ疑惑は、東京五輪エンブレムだけではなかったんですよね!

 

最初に浮上したのが…あまりのやっつけ仕事感が話題になった、サントリービールが実施した「夏は昼からトート」キャンペーンに使用された、トートバッグデザインのパクリ疑惑でした。

 

佐野研二郎さんが考案したという、30種類のトートバッグデザインのうち、ネット上の画像を無断使用したものではないかとの指摘が相次いだのです。

 

結果、その後の佐野研二郎さんの申し出により、8種類が取り下げられるという事態に…。

 

 

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/

トートバッグデザインのパクリ疑惑

 

 

出典:http://www.daddo.jp/

パクリやトレース疑惑を検証する比較画像まで登場!

 

多くのネットユーザーの検証作業により、動かぬ証拠を突きつけられた佐野研二郎さんは、遂に“トレース”を認めることに…。

 

ちなみに“トレース”とは、跡をつけるとか追跡する…なんて意味がありますが、デザインにおける“トレース”とは、なぞる、とか複写するなどの意味で使われます。

 

佐野研二郎氏のデザインによるトートバッグにネット画像の無断使用が指摘されている問題で、佐野氏は8月14日、問題になったデザインは、佐野氏の管理のもと複数のデザイナーと共同で制作したもので、デザインの一部について第三者のデザインをトレースしていたことを確認したという。

 

佐野氏はサポートのデザイナーから渡されたものがトレースしたものだったことについて「想像すらしていなかった」とし、「社内での連絡体制が上手く機能しておらず、私自身のプロとしての甘さ、スタッフ教育が不十分だった」として謝罪した。

 

引用:トートバッグ問題で佐野研二郎氏がコメント発表 サポートデザイナーが「第三者のデザインをトレース」認める – ITmedia NEWS https://www.itmedia.co.jp/

 

つまり、あくまでトレースはスタッフが勝手にやったことで、作品を監修した佐野研二郎さん自身はトレースの事実を知らず、報告がなかったので想像すらしていなかったと説明したのです。

 

 

佐野研二郎のパクリ疑惑が噂されたその他のデザインを総まとめ

 

ところがです!

 

ネット民の総力を上げての検証作業の結果、佐野研二郎さんのパクリ疑惑は、それ以外にも次々に浮上することになるんですよね。

 

中には、「さすがにこれはパクってないでしょ~」って言いたくなるものもあるのですが、その主なものを画像を中心に紹介すると…。

 

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

可愛い猫ちゃんのデザイン

 

左が佐野研二郎さんのデザインで、右が俣野温子さんのデザイン。明らかにインスパイアの域を越えています。

 

 

出典:https://gogotsu.com/

「涼」をモチーフにしたデザイン

 

上が2012年の秋田県団扇展のポスターで、下が佐野研二郎さんのデザイン。パクるにしても安直すぎかと。だいたい扇子だと「涼」の字になっていないような…。

 

 

出典:https://www.sankei.com/

ロゴの書体が…

 

上が佐野研二郎さんの「おおたBITO 太田市美術館・図書館」のロゴで、下が米デザイナーのジョシュ・ディバイン氏が制作したロゴです。

 

 

出典:http://f.st-hatena.com/

佐野研二郎さんの母校・多摩美術大学のポスター

 

何が恐いって、個人ブログにアップされた画像をそのままコピペしているところが恐いですね。

 

その他にも出るわ出るわ…リストアップして一覧表示した画像がこちら。

 

 

出典:http://livedoor.4.blogimg.jp/

 

佐野研二郎さんは、これら全てスタッフが勝手にやったことと説明するのでしょうか?

 

ちなみに…現時点で佐野研二郎さんが公式に認めているパクリ(トレース)は、最初に紹介したトートバッグ・デザインだけのようです。

 

 

佐野研二郎のパクリ騒動のその後① 仕事は激減

 

これら一連のパクリ騒動によって、佐野研二郎さんはほとんど表舞台に出ることはなくなったと言います。

 

この騒動の直後は、仕事をキャンセルされたり、イベントの担当を外されたり、展示されている作品を撤去されたりと、一時期は仕事が以前の3分の1程度にまで減ったとも言われています。

 

 

出典:https://www.daily.co.jp/

 

パクリ騒動で大揺れした2015年の年末には、佐野研二郎さんの元の職場・博報堂の関係者が、落ち込んでいる佐野研二郎さんに同情し、「佐野くんを励ます会」まで開催されたとも…。

 

 

佐野研二郎のパクリ騒動のその後① 葬式ごっこが話題に 

 

多摩美術大学は佐野研二郎に対して「処分なし」と公表

 

佐野研二郎さんは2014年4月より、母校の多摩美術大学の教授として特別講義をしていたようですが、エンブレムのパクリ騒動以来、佐野研二郎さんは講義をしていないとも報じられました。

 

しかし、多摩美術大学のホームページ上では、その後も変わらず佐野研二郎さんの名前が掲載されていたそうです。

 

出典:http://www.tamabi.ac.jp/

 

また、ある記者が多摩美術大学に突撃したところ、今回の一連のパクリ騒動に対して、大学側が何らかの処分をした事実も予定もないとのこと。

 

記事によると、美大は、騒動による佐野氏の処分はないとして、「現在のところは、来年の春から講義をしていただく予定です」と明言したというのだ。記事では、佐野氏は、大学教授として公の場に姿を見せることでデザイン界に復帰する可能性が高いとしている。

 

引用:佐野研二郎氏、多摩美大で授業に復帰? ネットでは「説明を先にすべきだ」との声 : J-CASTニュース https://www.j-cast.com/

 

但し、2015年時点では本人からの意向があって、授業の受け持ちからは外れており、休職扱いになっていたようです。

 

 

佐野研二郎の“葬式ごっこ”が話題に!2016年11月の多摩美大の大学祭で…

 

2015年12月22日、2020年東京オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる、新国立競技場のデザインが決定。

 

翌2016年4月25日には、東京五輪の新エンブレムが、野老朝雄(ところ・あさお)さんの「組市松紋」に決定しました。

 

 

出典:http://rr.img.naver.jp/

 

そして、多くの人が佐野研二郎さんのパクリ騒動など忘れかけていた2016年11月、再び佐野研二郎さんの話題が浮上する出来事が、彼の母校・多摩美術大学で起こったんですよね。

 

 

出典:http://buzz-netnews.com/

多摩美術大学の芸術祭で起こった“葬式ごっこ”

 

男性の手元には、笑顔の佐野研二郎さんの遺影が…。

 

 

出典:http://buzz-netnews.com/

 

これは2016年11月6日、佐野研二郎さんの母校であり、職場でもある多摩美術大学で行われた芸術祭での出来事です。

 

佐野研二郎さんを痛烈に皮肉るような弔辞が読まれ、棺のようなものまで用意された不謹慎極まりないこの“催し”。

 

東京都内で約30年前に起こった、男子中学生の陰湿なイジメで話題になった「葬式ごっこ」を連想させるなどの批判が殺到しました。

 

しかし一方で、あれほどの騒動を起こしておきながら、当時もなお教授として在籍していた“佐野研二郎教授”への学生たちの抗議では?と、理解を示すような声も少なくなかったようです。

 

ただ、多摩美術大学側は、この”葬式ごっこ”はゲリラ的に行われた無許可のものであり、同大の学生によるものではない部外者の行為だった可能性もあるようです。

 

 

 

 

 

佐野研二郎の現在  

 

2017年には多摩美術大学教授として復職していた

 

一連のパクリ疑惑により、多摩美術大学でも休職を余儀なくされ、一時期は以前の3分の1程度にまで仕事が減ったという佐野研二郎さん。

 

が、しかし!2017年に入ると、佐野研二郎さんは完全復帰を果たしていたようです。

 

 

出典:http://resume21century.blog.fc2.com/

 

前述の多摩美術大学での教授職も、結局休職したのは騒動があった2015年夏~2016年度末までの約1年半だけで、2017年度からは何事もなかったかのように復職しているようです。

 

 

佐野研二郎は現在、伸び伸びと“良い仕事”をしていた!

 

また、本業のデザイン関係の仕事も順調のようで、あんなパクリ騒動などまるで無かったかのように、明るく伸び伸びと仕事をしているようです。

 

一時はあれほど叩かれ、“パクリデザイナー”のレッテルをデカデカと貼られた佐野研二郎さん。

 

それなのに、現在も順調に仕事が回ってくるってことは、やはりデザイン業界には相当大きな闇でもあるに違いないぞ!なんて思いつつ、直近の佐野研二郎さんの仕事を調べてみたところ…。

 

 

出典:https://mr-design.jp/

2017年には「新しい地図」のロゴ

 

これをデザインしたのは佐野研二郎さんだったとは…。

 

 

出典:https://mr-design.jp/

香取慎吾の国内初となる個展のロゴも…

 

 

出典:https://mr-design.jp/

サントリー「DAKARA」のCMも…

 

 

出典:https://mr-design.jp/

2019年7月公開の映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」

 

この映画のポスターや新聞広告なども佐野研二郎さんの仕事だったり…。

 

 

出典:https://mr-design.jp/

サントリー「水と生きる」

 

 

出典:https://mr-design.jp/

ほんとに、ほんとだよ。

 

 

みんな大好きバッサーの「LINE MOBILE」のCMも…!

 

こうして振り返ってみると、どれも“良い仕事”してるんですよね~。

 

なんでも、佐野研二郎さんは“大衆にウケるデザイン”が得意で、業界の中ではずっと評価が高かったようで、特に商業デザイン関係者は、皆口を揃えて次のように語っていると言います。

 

佐野氏の作品は明解で面白く、同じレベルの人は多くない

 

広告やデザインについてはよく分からない素人なのですが、彼のこれまでの作品を見ると、なんとなく頷けるような気がしました。

 

最後に、佐野研二郎さんの直近の仕事を調べてみて、1つ驚いたことが…。

 

なんと自身を“パクリ・デザイナー”の地位に貶める結果となった、東京オリンピック関連の仕事までしっかりこなしていたんですよね。

 

それがこちら。

 

 

出典:https://mr-design.jp/

 

大事なところをアップしてみると…

 

 

出典:https://mr-design.jp/

 

さらにドン!

 

 

出典:https://mr-design.jp/

 

本来ならココに、あのエンブレムが描かれるはずだったんですよねぇ…。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2020年の東京五輪エンブレムのパクリ疑惑に端を発した、佐野研二郎さんの一連のデザイン・パクリ騒動。

 

その背景にある家族や親族、騒動の経緯と顛末、その後に多摩美大の芸術祭で起きた“葬式ごっこ”など、佐野研二郎さんの現在の仕事ぶりにも注目してまとめてみました。

 

ちなみに亀倉雄策さんは、1964年の東京オリンピックのエンブレムをデザインした人です。

 

その亀倉雄策さんの名前を冠し、デザインの発展を目指して設けられた“亀倉雄策賞”を、佐野研二郎さんは2014年に受賞しているんですよね。

 

受賞時に佐野研二郎さんは、次のようなコメントを残してます。

 

「いいたいことはたくさんあるが、それはデザインで還す」

 

 

出典:https://twitter.com/

 

今回の一連の騒動によって、佐野研二郎さんに噂された疑惑は、彼が反論会見でしたように、たとえ幾千、幾万の言葉を費やしたとしても、晴れるものではありません。

 

デザイナーである以上、それはデザインで還すしかないのかも知れませんね。そして現在の佐野研二郎さんは、ただ黙々と良い仕事をして、還している途中なのでしょう。

 

パクリは忌むべき行為ですが、1度パクったのがバレたら人生終わり…なんて社会も窮屈でたまりません。

 

間違いなく才能はある方だと感じたので、今後の活躍に期待したいところです。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

山中伸弥の娘2人や嫁とは?学歴と経歴・うつ病の過去や年収もまとめ

野々村竜太郎の今現在が悲惨?経歴・号泣会見と裁判の判決・その後も総まとめ【動画多数】

山尾志桜里の若い頃と現在!倉持麟太郎との不倫や性豪の理由4つ・元夫や子供も総まとめ

細野豪志の現在!山本モナとのキス写真・嫁や子供も総まとめ

割鞘朱璃(山本太郎の元嫁)の現在!父親・離婚原因や子供・最近の様子まとめ

鳩山幸(鳩山由紀夫の嫁)の若い頃と現在!略奪結婚や子供も総まとめ

平慶翔(平愛梨の弟)の現在!金八先生に出演や結婚歴・不祥事とその後まとめ

宮本佳代子の現在!実家や若い頃・小泉純一郎との結婚や息子・三井不動産グループ会社勤務など総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

安達有里の今現在!安達祐実の母の家族・奇行4選・整形前後画像も総まとめ

福田沙紀の現在!性格など消えた理由2つ・彼氏と結婚の噂や近況も総まとめ

遼河はるひが結婚!旦那と子供・宝塚時代・実家が金持ちの噂と真相も総まとめ

西川昌希の現在!引退理由と八百長逮捕・結婚や嫁の噂まとめ

つばきファクトリーのメンバー人気順とプロフィール【2020最新版】

夏目雄大の現在!身長や山口組との関係・サイテー男が露見したブサイク発言などTwitter炎上騒動まとめ

乱一世の今現在の仕事!干された理由「伝説の失言」の内容も総まとめ

小椋久美子の現在!元旦那の山本大介との子供や離婚原因まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

松嶋クロスの現在!逮捕と判決・関東連合の伝説や弱い説まとめ

大塚範一の今現在!白血病と福島の関係・独身の理由・別人レベルの激太り画像も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す