熊取町7人連続怪死事件の犯人と真相!死者の死亡状況など詳細・警察との関係など4つの説・なんJでの話題も総まとめ

大阪府熊取町で2ヶ月半に若者7人が怪死する事件が起こり、全て自殺と事故で処理されて怪しいと話題です。

 

今回は熊取町7人連続怪死事件の死者の詳細や疑問点、犯人と真相など4つの説、警察との関係、なんJでの扱いをまとめました。

熊取町7人連続怪死事件とは

 

熊取町7人連続怪死事件とは、1992年4月~7月にかけて大阪府泉南部の熊取町で起きた事件です。

 

17歳から22歳までの若者7人が、2ヶ月半の中で約1週間おきに次々に死亡し、しかも7人中5人が自殺として判断されています。

 

この熊取町7人連続怪死事件は、不可思議な部分も多かったのにも関わらず、警察は自殺・事故として処理してしまいました。

 

 

熊取町7人連続怪死事件の詳細

熊取町7人連続怪死事件の詳細を見ていきましょう。

 

 

死者①:17歳・板金工・Aさん(4月29日)

 

1992年4月29日、板金工の17歳の少年Aさんが、熊取町にあるため池に落ちて死亡しました。

 

Aさんはシンナーを吸っていて、突然ため池で泳ぐと言い出したようで、事故死として処理されています。

 

Aさんはこの後に出てくるBさんと同じ中学の同級生で、さらにCさん・Dさんとも同じ中学に通っていた後輩で、顔見知りでした。

 

 

死者②:17歳・無職・Bさん(5月29日)

 

Aさんの死から1ヶ月後の5月29日、Aさんと同じ中学に通っていたBさんが、自宅の自室内でシンナーを吸引していて、心不全を起こして死亡しているところを発見されました。

 

このBさんは暴走族に入っている不良少年で、Cさん・Dさんとバイク仲間だったとされています。

 

 

死者③:17歳・無職・Cさん(6月4日)

 

Bさんの死から6日後の6月4日、熊取町内の自宅近くの玉ねぎ小屋で、Cさんが農作業用のロープで首を吊って死んでいるところを発見されました。自殺として処理されています。

 

Cさんは中学3年生のころから不登校になり、パチンコ店などに出入りしていました。

 

中学を卒業後は美容専門学校に入学しますが、中退した後は無職になり、DさんEさん達と暴走族を結成しています。Dさんとは特に仲が良かったようです。

 

普段からシンナーを使っていて、首吊り現場からもシンナー臭がしたという情報があります。

 

Cさんは「借金を返しておいてほしい」というメモを残していて、誰かに脅されているという情報もあったようです。

 

ただ、父親が調べてみても、特にそのような事実はなく、自殺するような理由もなかったとのことです。

 

 

死者④:18歳・土木作業員・Dさん(6月10日)

 

熊取町に隣接する泉佐野市に住んでいた土木作業員のDさんは、Cさんと特に仲が良く、Cさん達と立ち上げた暴走族グループの特攻隊長のような役割をしていた人物でした。

 

Cさんの自殺から6日後、つまりCさんの初七日である5月10日、Dさんは以前住んでいた熊取町内の家の納屋で首を吊って死亡しているところを発見されました。自殺と判断されました。

 

DさんはCさんの葬儀で「何で死んだんや」と悔しがっていましたが、「俺たちはしっかり生きていこう」と仲間たちを励ましていたそうです。

 

また、Dさんの彼女は妊娠していて、結婚・入籍する予定があり、新居も決まっていた状態でした。

 

また、Dさんの首についた縄の痕は真横についていたという情報があります。さらに、生前に「白い車に尾行されている」と家族に話していました。

 

しかし、自殺として処理されています。

 

 

死者⑤:18歳・旅館従業員・Eさん(6月17日)

 

Dさんの死から1週間経った6月17日、Eさんが熊取町内の農作業小屋で首を吊っているところを発見されました。自殺として処理されました。

 

高知県出身のEさんは野球少年で、野球の強豪校に進学しましたが中退しています。

 

中退後に友人を通じてDさんと友達になり、かつては熊取町でDさんの父親が経営する土建屋でDさんと一緒に働いていたこともありました。

 

この事件が起こった当時は三重県で旅館従業員として働いていましたが、Dさんのお葬式に出席するために熊取町に戻ってきていました。

 

その後、「元カノに逢いたい」と以前交際していた彼女に会いに行きましたが、その元カノは別の男性と結婚する予定であることを知り、ショックを受けたようです。

 

そして、友人に「ロープはないか」と話していたといいます。その6時間後に、首を吊って死亡しているところを発見されました。

 

このEさんは首を吊っていましたが、なんと両手は後ろ手に縛られている状態でした。それにもかかわらず、自殺として処理されています。

 

また、生前は友人たちに「車に追われている」と話していたことがわかっています。

 

 

死者⑥:22歳・地方公務員・Fさん(6月25日)

 

Eさんの死から1週間後の6月25日、22歳の地方公務員であるFさんが貝塚市との境界近くの林の中でシャツをロープ代わりにして、首を吊って死んでいるところを発見されました。

Fさんの死は自殺として処理されましたが、首を吊っていたクリの木の枝は手の届かない高さのだったそうです。

 

現場には踏み台もありませんでしたし、遺書もありませんでした。それでも、自殺として処理されています。

 

 

死者⑦:19歳・女子大生・Gさん(7月2日)

 

Fさんの死から1週間後の7月2日、19歳の女子大生G子さんが、住宅地の道路沿いの細い側溝の中で、胸と首をナイフで刺した状態で発見されました。

 

体の下にナイフが落ちていて、ためらい傷があったことから、自殺として処理されています。

 

ただ、発見当時はまだ意識があり、「違う、違う」とうわ言のように繰り返していました。

 

G子さんは大阪体育大学の女子大生で、高校まではソフトボールをやっていましたが、大学で陸上競技に転向し、2日前に県大会で自己ベストを更新して喜んでいたそう。

 

また、1日前にはテレビドラマの録画を頼んでいましたし、スーパーで食材の買い出しをしていたところも目撃されていますので、自殺する理由は見当たりません。

 

さらに、生前は友人に「黒い車に追われている」と話していました。

 

 

熊取町7人連続怪死事件の不気味な点

 

熊取町7人連続怪死事件の不気味な点・疑問点を見ていきましょう。

 

・人口43,000人の町で2ヶ月半の間に7人の若者が怪死
・7人中6人が約1週間おきに死亡している
・水曜か木曜に集中している(1人だけ金曜日)
・7人の遺体すべてが半径1.2kmの狭い範囲で発見されている
・Cさん、Dさん、Eさん、Fさんの4人は半径600m内で起こっている
・Aさん、Bさん、Cさん、Dさんは交流あり。DさんとEさんも交流あり。
・Dさん、Eさん、Gさんは車に追われている(つけられている)と話していた
・基本的に自殺する明確な理由がない
・Cさん、Dさん、Eさんの自殺場所は小屋
・Dさんは縄の痕が真横(首吊りだと痕は斜めに入る)
・Eさんは後ろ手に縛られていた(一応、1人でできる縛り方だった)
・外で胸を刺して自殺するのは不自然(Gさんのケース)
・女子大生が自殺するのに狭い側溝を選ぶのか?(Gさんのケース)
・自殺した人が「違う違う」というだろうか?(Gさんのケース)
・Fさんはどうやって手の届かない高さで踏み台なしで首を吊ったのか?

 

これだけの腑に落ちない疑問点があるのに、この熊取町7人連続怪死事件は、最初の2件はシンナーによる事故、次の5件は自殺として警察で処理されました。

 

 

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人①:暴力団関係説

 

ここからは、熊取町7人連続怪死事件の真相に迫っていきます。

 

真相と犯人の1つ目の説は暴力団関係説です。

 

この熊取町7人連続怪死事件の死者の中で顔見知りだった少年たちが、地元暴力団の組長の娘をレイプしたため、その報復のために殺害されたのではないか?という説です。

 

12名無しさん@お腹いっぱい。2008/06/01(日) 01:50:08ID:???>>57>>198
○○ざの組長の娘を林間した報復
地元じゃ有名

 

引用:大阪府熊取町の謎の連続自殺

 

事故死・自殺した少年たち(この記事でのAさん・Bさん・Cさん・Dさん・Eさん)は、高校行かずに無職だったり、暴走族だったり、シンナーを使用していたりと非行少年だったようです。

 

そして、ヤクザの組長をレイプして、その報復で自殺に見せかけて殺害されたというのは、あながちない話ではありません。

 

また、「車でつけられていた」と3人が周囲に話していたことにも納得がいきます。

 

G子さんは女性ですが、犯行グループの関係者と間違われて殺害されたのでは?と言われています。だから、G子さんは意識朦朧とした中で「違う違う」と繰り返していたのかもしれません。

 

ただ、この説には疑問が残ります。

 

暴力団の人たちが報復・見せしめのために殺害するなら、自殺に見せかけるのではなく、もっと残酷に殺害するはずです。

 

 

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人②:原発関係説

 

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人の2つ目の説は、原発関係説です。

 

熊取町には京都大学複合原子力科学研究所があります。この中には原子炉実験所がありました。

 

熊取町7人連続怪死事件が起こった1992年には、この原子炉実験所の危険性が叫ばれており、、原子炉実験所の廃止が議論されていたのです。

 

つまり、この熊取町7人連続怪死事件は反原発派への脅しだったのではないか?というわけです。

 

この熊取町にある京都大学複合原子力科学研究所には、福島第一原発事故で有名になった「熊取6人衆」がいて、原子力発電の危険性をずっと訴えてきていました。

 

熊取6人衆とは、原子力の危険性を研究・追求し続けてきた京都大学複合原子力科学研究所の原子力安全研究グループの6人の研究者で、反原発の中心にいた人たちです。

 

「原発利権」という言葉もあるように、原子力発電には色々な利権が絡んでいて、簡単に廃止できるものではありません。

 

原発を所管する経済産業省と文部科学省は、電力会社に許認可を与える代わりに、電力会社や数多ある原発・電力関連の財団法人などに天下りを送り込む。さらに、研究者たちは国の原子力関連委員を務め、官僚たちとともに原子力政策を推進していく。

 

引用:迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

 

だから、熊取6人衆を中心とした反原発派を脅して黙らせるために、熊取町7人連続怪死事件を起こして、圧力をかけていったのではないか?という説があるのです。

 

ただ、この説にも疑問は残ります。熊取6人衆を黙らせるためなら、10代の不良少年を狙うのではなく、もう少し反原発派に近い人物を狙った方が効果的なように思えます。

 

また、熊取6人衆は冷や飯を食わされてきた研究者です。

 

原発関連の仕事をする中で反原発を唱える研究者は少なく、「異端児」ですから、学会の中でも冷ややかな目で見られていました。

 

それでも、確固たる信念を持って、自分たちの研究を貫いてきた人たちですから、そのような人たちが、そんな脅しに屈するとも思えません。

 

もし本当に反原発派を黙らせるために熊取町7人連続怪死事件が起きたのだとしたら、反原発派はただ黙って引き下がるのではなく、違う手段で圧力をかけてきた人たちと対抗するはずです。

 

ちなみに、熊取町7人連続怪死事件で7人目の死者が出た7月に、京都大学複合原子力科学研究所の存続は決まっています。

 

 

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人③:警察&暴力団共謀説

A

 

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人の3つ目の説は、警察と暴力団の共謀説です。

 

2ちゃんねる(現在の5ちゃんねる)に次のような書き込みがありました。

 

736 :sage:2008/01/06(日) 15:14:24 ID:otb1BZRvO
熊取町の事件?
あれはあの馬鹿たちが車上荒らしをして、それがたまたま大きな組のヤクの運搬車だったわけ。
そのまま逃げりゃ良かったのに、ヤクをいくらかくすねて知り合いに売ったんだよ。
すぐにアシがついて回収と口封じをかねて殺られちゃったの。
何人かたまたま殺害の現場に出くわした運のわるい人も混ざってる。
警察があんまり調べなかったのは、関西じゃヤクザからの上納金があたりまえのように警察幹部に流れるようになってるから。
結局、ヤクを盗まれたヤクザと警官一人も「自殺」してんだぜ。

地元じゃ知らない人がいないくらい有名な話しさ。

 

引用:大阪府熊取町の謎の連続自殺

 

Aさん・Bさん・Cさん・Dさん・Eさんが車上荒らしたのが、偶然ヤクザの麻薬取引の車で、麻薬も一緒に奪って売り払ったら、ヤクザに犯行がバレて報復されたというわけですね。

 

そして、警察もヤクザとズブズブだったから、サクッと事故や自殺で処理したということのようです。

 

この説は、なかなか信ぴょう性がありますね。

 

Fさん・Gさんは車上荒らしとは関係ないけれど、現場に出くわしてしまい、口封じで殺害されてしまったのでしょう。だから、Gさんは「違う違う」と繰り返していたと思われます。

 

車につけられていたというのも、これで説明がつきますよね。

 

また、警察とヤクザが共謀していたから、見せしめでわかりやすく殺害するのではなく、事故・自殺として処理しやすい形で殺害したと推測できます。

 

結局、ヤクを盗まれたヤクザと警官一人も「自殺」してんだぜ。』という情報も、やたらリアルに感じられます。

 

 

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人④:自殺の連鎖説

 

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人の4つ目の説は、自殺の連鎖説です。

 

ただのウェルテル効果だよ
7人中5人がシンナー中毒
シンナーがキマっている時はまともな判断能力が欠如している状態
一人はシンナーでラリってる時に池で泳ごうとして水死
二人目は自宅でただの中毒死
残りの三人はウェルテル効果による連鎖的自殺
他二人はシンナー中毒者とは関連が無かったのでただの同タイミングによる自殺

 

引用:大阪府 熊取町連続怪死事件とかいう闇が深すぎる事件 [無断転載禁止]2ch.net

 

AさんBさんはシンナーによる事故死、Cさん・Dさ・・Eさんは自殺の連鎖、Fさん・Gさんは無関連の自殺というわけですね。

 

ウェルテル効果とは、自殺報道によって自殺が増える現象のことです。

 

ウェルテル効果とは、マスコミの自殺報道に影響されて自殺が増える事象のこと。
米国の社会学者のデイヴィッド・フィリップスが1974年 、ニューヨークタイムズの一面に掲載された自殺と、1947年から1967年までの全米の月間自殺統計を比較するこ
とで、報道の自殺率に対する影響を証明し、これを「ウェルテル効果」と呼んだ。

 

引用:コロナ禍における自殺の動向|厚生労働大臣指定法人いのち支える自殺対策推進センター(JSCP)代表理事 清水 康之

 

BさんとCさんはバイク仲間で、Bさんがシンナー事故で亡くなったショックで、Cさんが自殺。

 

その知らせ・ニュースで友人のDさんが自殺し、それからDさんの友人のEさんが自殺ということのようです。

 

ただ、この自殺の連鎖説では、なぜEさんは後ろ手に手で縛られていたのか?という疑問が残ります。

 

Fさん・Gさんの死についても、そんなにタイミングよく小さな熊取町で自殺が起こるものだろうか?そもそも、Fさん・Gさんは自殺とは言い難い点があります。

 

そう思うと、自殺の連鎖説で説明するのはちょっと無理な気がします。

 

 

熊取町7人連続怪死事件はなんJでも話題に

出典:blog.livedoor.jp

 

熊取町7人連続怪死事件は、なんJでもよく話題になっています

 

なんJとは、5ちゃんねるの板の1つ「なんでも実況ジュピター」の略です。なんJの未解決事件のスレッドでは、必ずと言ってよいほど、熊取町7人連続怪死事件が出てきます。

 

そして、スレッド内ではいろいろな考察が出てきていますが、今のところ「これが真相!」という事実にはたどり着いていないようです。

 

 

熊取町7人連続怪死事件のまとめ

熊取町7人連続怪死事件の概要・詳細と怪しい点、犯人と真相やなんJでの扱いをまとめました。

 

熊取町7人連続怪死事件の真相はいつかわかるのでしょうか?

 

本当にただの事故死と自殺だったとしても、真相は知りたいですね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

セラミック松村の現在!職業と身長・元嫁・小出恵介の事件との関係まとめ

加藤朝香(玄倉川水難事故の生き残り)の現在!ブログ炎上騒動・プリクラの魚拓・加藤直樹(父親)も総まとめ【DQNの川流れ】

スーパーフリー事件の犯人の現在!逮捕者のその後・被害者女性の数も総まとめ

紀州のドンファン野崎幸助の死因~結婚歴や嫁と子供・経歴や会社名・死亡事件まとめ

和田真一郎の現在の顔や名前~生い立ちや家族・スーフリ事件も総まとめ

志布志事件の犯人や黒幕など真相!判決や警部補の処分・弁護士とその後の訴訟も総まとめ

【工藤会】野村悟の現在!自宅・息子や嫁・看護師刺傷など事件5つと死刑判決も総まとめ

イモムシ雄太(安井雄太)の今現在!死亡説・事故とその後の後遺症・家族も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

陸山会事件の真相!弁護士の強制起訴・検察による小沢一郎の冤罪説などわかりやすく解説【半沢直樹のモデル】

大下えみる(風見しんご娘)の事故の現場や犯人!その後・現在も総まとめ

淡路島5人殺害事件の犯人・平野達彦の現在!生い立ちと家族・裁判の判決まとめ

ウクライナ21の犯人の現在!殺人動画の流出・サイコパスの噂・判決などその後も総まとめ

徳永美穂(電波子17号)の現在!大学生駆け落ち&旦那のその後の死去など総まとめ

ユッケ集団食中毒事件の概要とその後!焼肉酒家えびす社長・被害者の後遺症・裁判も総まとめ

比叡山女子大生殺人事件の犯人の現在!被害者や殺害方法など詳細・動機と判決も徹底解説

高知小2水難事故の加害者犯人と真相!岡林優空君の父親や母親の現在・事故の不審な点も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

中川桂子(中川翔子の母親)の年齢や若い頃と現在!店の閉店理由も総まとめ

マデリン・マクカーン失踪事件の真実と犯人!両親への疑惑や霊視結果・Netflix番組も徹底紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す