象皮病の日本人や有名人3人!原因や画像と臭い噂・手術など治療法も総まとめ

身体の一部が象のように巨大化し、皮膚が硬くなる象皮病ですが、日本ではどのように根絶されたのでしょうか。

 

今回は象皮病の概要や画像、原因や臭い噂と真相、手術など治療法、日本で根絶できた理由、象皮病の有名人をまとめました。

象皮病とは

出典:en.wikipedia.org

 

象皮病とは、リンパ性フィラリア症の後遺症で皮膚が象の皮膚のように変化してしまう病気です。


「リンパ性フィラリア症=象皮病」と認識されていることも多いですが、リンパ性フィラリア症と象皮病は厳密には異なります。

 

リンパ性フィラリア症は、フィラリアという寄生虫に寄生されることで発症します。感染すると、急性期の症状として悪寒戦慄・発熱がありますが、その後いったん落ち着きます。

 

しかし、リンパ性フィラリア症が治ったわけではありません。発熱・リンパ管炎・リンパ節炎を繰り返す慢性状態へと移行し、ここから象皮病が発症するのです。

 

リンパ性フィラリア症は体のリンパ管やリンパ節で炎症を繰り返し起こすので、リンパ管が閉塞したり、破壊されたりします。

 

リンパ管が破壊されると、身体の体液(組織液)が体の中枢に戻ることができず、そこに貯留してしまうのです。

 

あなたは、「足がむくんだ」という経験はありませんか?

 

リンパ性フィラリア症でリンパ管が破壊されると、むくむという状態のもっともっとひどい状態になります。

 

そのむくみ(浮腫)が増悪し、その状態が長時間続く刺激により皮膚や皮下組織の結合組織が増殖して硬くなり、象の皮膚のようになってしまうのです。

 

つまり、象皮病はリンパ性フィラリア症の合併症・後遺症ということができます。

 

 

象皮病が起こりやすい部位

次のような部位に、象皮病が起こりやすいということです。

 

・脚
・陰嚢
・上腕
・陰茎
・外陰部
・乳房


象皮病は足に起こることが多いですが、外陰部・陰茎などの生殖器に生じることもあります。

 

象皮病はその外見の変化が強いため、差別を受けたり、自宅に引きこもったり、仕事や学校を辞める選択をしなければいけなかったりします。


そのことで、収入は激減しますが、医療費が必要になるため、患者さんは社会的にも経済的にも大きな負担・デメリットを強いられて生活しています。

 

 

象皮病の疫学

日本にいると、象皮病の人を街中で見かけることはありません。また、周囲に「象皮病の人がいる」という噂も聞いたことがないと思います。

 

リンパ性フィラリア症は熱帯・亜熱帯の国を中心に蔓延していて、1億人以上がリンパ性フィラリア症に感染し、4000万人の人が象皮病などの症状が出ているようです。

 

世界73か国の14億人以上の人が、象皮病として知られるリンパ性フィラリア症の脅威にさらされています。
現在、1億2000万人以上の人が感染しており、約4000万人がこの疾患による外観の変形、障害を被っています。

 

引用:FORTH|最新ニュース|2013年|リンパ性フィラリア症について (ファクトシート)

 

世界で4000万人と考えると、象皮病の患者さんは非常に多いことがわかります。

 

 

象皮病の画像

象皮病は、リンパ性フィラリア症によってリンパ管が破壊され、ひどい浮腫が生じ、それに伴って皮膚が象のように硬くなってしまう病気です。

 

「皮膚が象のようになる」と言われても、いまいちピンとこない人もいると思いますので、象皮病の画像の一例をご紹介します。

 

出典:samarpanphysioclinic.com

 

こちらは象皮病を患ったバングラデシュの女性の画像です。

 

右足だけが腫れてしまい、皮膚が硬く分厚くなっているのがわかります。左脚も画像に移っていますが、左脚はごく普通のサイズです。

 

この女性は、象皮病の右足だけで重さが60kgもあるそうです。

 

次は男性の象皮病の画像です。

 

出典:bio.davidson.edu

 

この男性は左足が象皮病になっています。皮膚は分厚く硬く、さらにいぼ状のように変化しています。

 

こちらの象皮病の画像は、右脚がまさに「象」のように太くなっています。

 

出典:dnaindia.com

 

こちらの男性は陰部と左脚が象皮病の状態になっています。

 

出典:wellcomecollection.org

 

これだけ陰部が大きくなるなんて、象皮病がいかに恐ろしい病気かがわかりますね。

 

 

象皮病の原因

出典:eisai.co.jp

 

象皮病の原因はフィラリアに感染することです。

 

フィラリアとは線形動物門に属する寄生虫(線虫類)です。糸のような細い長い形をしています。

 

象皮病を引き起こすフィラリアはリンパ管やリンパ節に炎症を起こすタイプで、主に次の3種類のフィラリアが象皮病の原因となります。

 

・バンクロフト糸状虫
・マレー糸状虫
・チモール糸状虫

 

例えば、バンクロフト糸状虫の成虫は、雄は体長40mm前後、雌は65~100mmです。4cmや6.5~10cmの寄生虫がどうやって人間の体内に入るのでしょうか?

 

実はフィラリアは蚊を媒介して感染します。

 

1.フィラリアの幼虫を持つ蚊が人間を刺す
2.フィラリアの幼虫が人間の体内に侵入
3.フィラリアの幼虫が体内で成虫に成長
4.成虫が体内のリンパ管でミクロフィラリアを生む
5.フィラリアに感染した人を蚊が刺して、ミクロフィラリアを蚊が取り込む
6.蚊の中でミクロフィラリアがフィラリアの幼虫に成長して蚊の口先に移動する
7.フィラリアの幼虫を持つ蚊が人間を刺す(1に戻る)

 

このように、フィラリアは人間と蚊の体内に寄生しながら成長し、どんどん感染者を広げていきます。

 

フィラリアは蚊が媒介しますので、知らないうちにフィラリアに感染している可能性があるんです。

 

しかも、フィラリアに感染してすぐに象皮病になるのではありません。子どもの頃にフィラリアに感染し、その後に慢性的に炎症を繰り返し、大人になってから象皮病が進行していきます。

 

だから、象皮病の患者さんの多くは、いつ自分がフィラリアに感染したか分からないまま、なぜか体の一部がむくんできて、皮膚が硬くボコボコになってしまうのです。

 

象皮病の原因はフィラリアだけではない

ただ、象皮病のすべての原因がリンパ性フィラリアではありません。フィラリアに感染していなくても象皮病になることはあります。

 

リンパ浮腫が長期的に起こると、象皮病を発症するリスクがあります。

 

リンパ管が破壊され、リンパ浮腫が起こると、リンパ液がうっ滞して蜂窩織炎などの感染・炎症を起こしやすくなり、そこから皮膚・皮下組織が硬くなって、象皮病になります。

 

リンパ浮腫が起こる原因の多くがリンパ性フィラリアですが、リンパ性浮腫はがんの治療後にもなります。

 

続発性リンパ浮腫の原因としては、乳癌、子宮癌、前立腺癌などの手術(リンパ節郭清 りんぱせつかくせい)や放射線照射後におきることが多く、手術直後から発症することもあれば数十年経過してから発症することもあります。

 

引用:形成外科シリーズ ⑭ リンパ浮腫(りんぱふしゅ) | 中頭病院

 

ただ、がんの治療後にリンパ性浮腫になっても、象皮病にまで移行することは現在の日本においてはほぼありません

 

がんの治療後にリンパ性浮腫になる人はいます。でも、がんの治療をしたということは、病院に通える状況だったということです。

 

そして、がんの治療後も定期的に通院し、リンパ性浮腫の治療・ケアをしていくので、象皮病に進行することはないのです。

 

それに対し、熱帯・亜熱帯地域でフィラリアに感染した人は、知らないうちにフィラリアに感染していて、なぜ足などがむくんでいるのか、その原因もわかりません。

 

また、病院まで遠かったり、経済的な理由で病院に行かない人もいます。そのうちにリンパ性浮腫から象皮病に移行してしまうのです。

 

 

象皮病は臭い?

出典:voanews.com

 

象皮病の画像を見て、「なんとなく臭そう」と思った人もいるのではないでしょうか。

 

ただ、象皮病についていろいろな病院・製薬会社・政府関係のサイト・論文を調べてみても、象皮病自体が臭いという情報はありません

 

ただ、象皮病があると2つの理由で悪臭を放つ可能性があります。

 

1.蜂窩織炎で膿が溜まる
2.動きにくいことで衛生・清潔な行動がとれない

 

象皮病の人はリンパ浮腫でリンパ液が貯留し、蜂窩織炎が起こりやすくなります。蜂窩織炎は膿が溜まることもありますので、その膿が排膿されると、周囲に悪臭が漂うこともあります。

 

また、象皮病の患者さんは体の一部が象のように肥大化してしまいますので、気軽にシャワーを浴びることが難しくなります。

 

陰部が象皮病になれば、トイレにも困る状態になるでしょう。そのために、臭くなってしまうことがあるかもしれません。

 

 

象皮病の治療法は手術?治る?

 

出典:edition.cnn.com

 

象皮病の治療方法はリンパ浮腫の治療に準じます


リンパ液のうっ滞を解消することと、感染をコントロールすることが必要です。

 

リンパ液のうっ滞が軽度の場合は、患部を挙上したり、弾性ストッキング(着圧ソックス)を使ったりすることで、むくみが軽減されます。

 

画像で紹介したような重度の象皮病では、うっ滞したリンパ液を排出するために、外科的手術を行うこともあります。

 

また、象皮病で足が動かなくなった人は関節の拘縮(関節が硬くなり動きが制限された状態)が見られますし、リンパ液を排出しても硬くなった皮膚が元に戻るわけではありません。

 

そのため、足の切断を選択せざるを得ないことがあります。

 

また、フィラリアの感染の治療のために、抗寄生虫薬を投与し、血中のミクロフィラリアを駆虫する必要があります。

 

 

象皮病は日本では根絶している

象皮病は、現在の日本ではほぼ根絶されています。

 

リンパ性フィラリアによる象皮病は根絶宣言が出ていますし、がんの治療後のリンパ浮腫からの象皮病も症例数は非常に少ないです。

 

でも、江戸時代には象皮病は日本に存在していました。象皮病はどうやって日本で根絶されたのかを見ていきましょう。

 

 

江戸時代は日本でも流行していた

出典:ja.wikipedia.org

 

象皮病は、江戸時代には日本に存在していました。それどころか、鎌倉時代にも象皮章は存在していたようです。

 

12世紀に描かれた異本病草上には、女性の足が象のようにボコボコに膨張している絵がありました。

 

全身をはだけた貴族の女の両下肢が、醜く腫れ上がっている。難儀な様子を、傍らの女たちに話している仕種である。しかし如何ともしがたい状況であろう。

 

引用:錦小路家本『異本病草紙』について-その5

 

また、江戸時代にも象皮病は身近な病気だったようで、いろいろな作品で描かれています。

 

・葛飾北斎:象皮病を見世物にしている男性の絵
・十返舎一九:東海道中膝栗毛の中に象皮病の症状の歌


江戸時代どころか、終戦直後も日本ではフィラリア患者がたくさんいました。

 

1940年代半ば,終戦直後の日本においてフィラリアは東京・八丈小島(八丈島の隣 現在は無人),愛媛,鹿児島,そして,米国の施政権下に置かれた沖縄などで猛威を奮い,沖縄を含め日本だけで少なくとも 100万人の患者がいるのではないか,と言われていた.

 

引用:小林照幸「日本におけるリンパ系フィラリア症の根絶」

 

日本だけで100万人のフィラリア患者、全員が象皮病を発症していなかったとしても、十分に多い数字です。


特に、奄美諸島や沖縄は世界的にもまれに見るほどの大流行地だったようです。

 

 

治療薬を発見

出典:twitter.com

 

太平洋戦争終戦後、日本にはたくさんのフィラリア患者がいて、特に奄美・沖縄では大流行していましたが、どうやって日本ではフィラリアを根絶できたのでしょうか?

 

フィラリア根絶のきっかけは、治療薬の発見でした。

 

1950年、東京大学伝染病研究所の佐々木学氏がアメリカで動物実験中だったDECという薬がフィラリアに効くのではないかと考えます。

 

八丈小島で治験を行ったところ、ミクロフィラリアは死滅したのです。この治験により、日本は世界に先駆けて、フィラリアの治療方法を発見・確立しました。

 

それから、佐々木学氏らが中心となって、このDECを流行地域で投与し、さらに蚊の駆除対策にも力を入れるようになりました。

 

そして、新聞・テレビ・ラジオなどのマスコミによるフィラリア治療の正しい情報を広報するようになり、厚生労働省が本腰を入れてフィラリア対策を行うようになりました。

 

 

世界初の象皮病根絶国に

出典:lstmed.ac.uk

 

国を挙げてのフィラリア対策の成果が出て、1978年に沖縄県でミクロフィラリア陽性者ゼロ、1979年にも陽性者ゼロとなり、1988年には沖縄県でフィラリアの根絶宣言が出されます。

 

これは、世界初の「フィラリア根絶宣言」でした。

 

日本の製薬会社エーザイは、WHOにDECを22億錠を無償提供することで合意しています。エーザイの見通しだと、今後数年間でフィラリアは地球上から根絶されるかもしれません。

 

東京五輪・パラリンピック開催の 2020(令和 2)年には,世界からフィラリアの新規感染者はいなくなり,数年間経過報告を受けて根絶の見通しである.

 

引用:小林照幸「日本におけるリンパ系フィラリア症の根絶」

 

今後どうなっていくのか、注目していきたいですね。

 

 

象皮病の有名人①:西郷隆盛

出典:kodomo.go.jp

 

象皮病の有名人の1人目は、西郷隆盛です。

 

西郷隆盛といえば、幕末の志士であり、西南戦争を起こした人物としても知られています。


西郷隆盛は1958年から約5年間、奄美大島、徳之島、沖永良部島で過ごしていますが、この時にフィラリアに感染したと見られています。


西郷隆盛が象皮病を発症したのは陰嚢でした。晩年には象皮病で陰嚢が腫れあがったために、馬に乗ることができず、移動はかごを使っていました。

 

さらに、西南戦争では負傷し、仲間に介錯してもらう形で自害しました。西郷の首は、敵に取られるのを恐れ埋められました。

 

首がない死体で、どうやってその死体が西郷隆盛だと確認したのか?それは象皮病で人の頭ほどにも膨れ上がった陰嚢だったそうです。

 

「大きな金玉」は西南戦争の政府軍の検死で「間違いなく西郷は死んだ.影武者ではない」という決定打となったが,西郷は明治維新の前,32 歳から延べ 4年7か月,奄美諸島の奄美大島と沖永良部島で流謫生活(徳之島にも一時滞在)を送っている.

 

引用:小林照幸「日本におけるリンパ系フィラリア症の根絶」

 

「大きな金玉」で西郷隆盛と結論付けられるということは、西郷隆盛の象皮病は世間一般でも有名だったのでしょう。

 

 

象皮病の有名人②:金正恩(噂のみ)

出典:tokyo-np.co.jp

 

象皮病の有名人の2人目は、金正恩です。ただ、金正恩が象皮病という証拠はなく、これはあくまでも噂になります。

 

これは、金正恩が不自然なほど太いズボンを履いていて、しかもそのズボンが意外と余裕がなくパンパンに見えることから推測されたものです。

 

1つ目は、金正恩が暖かい空気を上に吹き出す通気口のそばに立っている可能性。2つ目は、このズボンの内部にワイヤーのようなものが入っている可能性。3つ目は、彼が脚に象皮病を患っている可能性だ。

 

引用:金正恩の異常なほど太いズボンが語る米朝関係の今後

 

ただ、金正恩ほどの権力者であれば、万が一フィラリアに感染していて、リンパ浮腫があったとしても、象皮病になる前に北朝鮮総力を挙げた治療が施されるはず。

 

なので、本当に象皮病という可能性は低いと思います。

 

 

象皮病の有名人③:エマン・アーメド・アブド・エル・アティさん

出典:bbc.com

 

エマン・アーメド・アブド・エル・アティさんは、身長141cmで体重が約500kgあり、BMIは251.1という世界最高記録を持っていた女性です。

 

エマンさんは子供の頃から象皮病になり、病気が進行するとともに動けなくなり、そのこともあって体重がどんどん増えてしまったようです。

 

2017年には減量手術のためにインドに行き、インドで減量のための治療・胃切除術などを受けると、176.6kgまで減量に成功しました。

 

その後、UAEで継続的な治療を受けていましたが、2017年9月25日に心疾患や腎機能障害の合併症で死亡しました。

 

 

象皮病の有名人?左足壊死ニキは?

 

出典:http://matome.change-the-future.com/

プロフィール

 

愛称:左足壊死ニキ(ひだりあしえしにき)

本名:不明

生年月日:不明

年齢:40代~60代

出身地:青森県か東京都葛西区

職業:不明(元公認会計士との情報も)

 

左足壊死ニキは、主に東京都心の駅や電車内で度々目撃されていたホームレスの男性です。

 

左足壊死ニキは左足が異様に膨れあがっており、象皮病なのでは?という噂もありました。画像を見ると、確かに左足壊死ニキの左足は象皮病のように見えますが、真相は定かではありません。

 

 

 

象皮病のまとめ

象皮病の概要や画像、原因や臭い噂と真相、手術などの治療法、日本で根絶できた理由、象皮病の有名人をまとめました。

 

象皮病はWHOとDECを提供するエーザイの協力によって、世界から根絶することはできるのでしょうか?

 

少しでも象皮病に苦しむ人が減ることを願わずにはいられません。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ムーンフェイス(満月様顔貌)の芸能人/有名人9人!ステロイドとの関係や基礎知識も解説【2024最新版】

シェーグレン症候群の芸能人/有名人5人~涙や唾液が出ない病気【2024最新版】

多指症の芸能人/有名人16人!愛子様は?基礎知識も総まとめ【2024最新版】

突然死の芸能人33人!急死した有名人&兆候や原因を紹介【2024最新版】

多臓器不全の芸能人/有名人20名!臓器が2つ以上同時に機能不全になり急死【2024最新版】

発達障害の芸能人/有名人を種類別に48人紹介~自閉症・アスペルガー・ADHD・LD【最新版】

整形依存症の芸能人/有名人17人・女性男性別!症状や原因も解説【2024最新版】

統合失調症の芸能人/有名人36人~日本人・海外別で紹介【2024最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

佐藤優平と元嫁MALIAの離婚原因・子供・再婚の噂を総まとめ

ヤマギシ会の芸能人/有名人6人!場所やヤバい評判・危険性・現在を総まとめ【2024最新版】

高橋良明の事故&死因は医療ミスや無免許?弟と妹など家族・西尾まりや工藤静香との関係も総まとめ

藤田みどり(岡田眞澄の元嫁)の若い頃と現在!結婚と子供(息子3人)・離婚の原因・その後の不幸も総まとめ

聴覚障害の芸能人/有名人20人!耳で音が聞こえにくい障害【2024最新版】

子宮内膜症の芸能人/有名人10人!生理痛や過多月経などの症状【2024最新版】

チェルノブイリ原発事故の現在の画像!死者数や原因・福島との比較【わかりやすく解説】

【精神疾患】精神病の芸能人/有名人72人を職業別で紹介【2024最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

市川靖子の若い頃や死因!家系図と家族や親戚(香川照之/市川猿之助)・元旦那や子供・現在まで総まとめ

POSO(ポソ)と宗教戦争の現在!検索してはいけない理由・動画と写真も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す