麻美ゆまの現在!がんのステージや闘病・過去の経歴や今の様子まとめ

元AV女優で、アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」などでも活躍した麻美ゆまさんは、2013年にがん闘病中である事を告白しました。

 

今回は麻美ゆまさんの闘病生活やがんのステージ、抗がん剤で髪の毛が抜けた時のエピソード、これまでの経歴や本名、現在の様子についてもまとめました。

麻美ゆまのプロフィール

 

麻美ゆまのプロフィール

 

生年月日:1987年3月24日

出身地 :群馬県高崎市

身長:158cm

血液型:AB型

スリーサイズ:B96cm-W58cm-H88cm

 

 

 

麻美ゆまさんは、元大人気AV女優で、AV女優引退後の現在はタレント、歌手、女優などとして芸能界で幅広く活躍しています。

 

2008年から2013年にかけては他業種混成の大人気アイドルグループ「恵比寿マスカッツ」の元メンバーとしても活躍し、男女幅広い年齢層から人気を得ました。

 

また、2013年には「境界悪性卵巣腫瘍(悪性のがんと良性のがんの中間に位置する病変)」が発覚し、手術・抗がん剤治療を経て回復しており、その時の経験をセミナーで伝えるなどの活動も行なっています。

 

今回は、そんな麻美ゆまさんの「境界悪性卵巣腫瘍」での闘病生活と、過去の生い立ちや経歴から、現在の活躍までをを紹介します。

 

 

 

麻美ゆまががん(境界悪性卵巣腫瘍)を告白〜ステージは?

 

出典:https://www.sponichi.co.jp

 

麻美ゆまさんは2013年6月、自身の公式Twitterで「卵巣に良くない腫瘍が見つかった事」と「手術を終え、現在は抗がん剤治療中」である事をファンや関係者に向けて発表しました。

 

 

この発表の前から、麻美ゆまさんは体調不良を理由に「恵比寿マスカッツ」の活動をはじめ、芸能活動を休止していました。ただし、2013年4月7日に公演された恵比寿マスカッツの解散ツアーライブの最終日には病を押して出演。ファンに向け恵比寿マスカッツとしての最後のパフォーマンスを見せていました。

 

 

麻美ゆまのがんのステージは?

 

出典:https://medical.nikkeibp.co.jp

 

麻美ゆまさんは、この発表時には自分のがんの詳細な情報は明かしていませんでしたが、後のインタビューで、術後に「境界悪性卵巣腫瘍ステージIIIb」という検査結果が出た事を公表しています。

 

手術から1週間後に出た病理検査でも、やはり境界悪性という結果でした。境界悪性にもがんのように、進行の度合いによってステージがあって、私の場合は「Ⅲb」というかなり進行していたものでした。境界悪性というのは、見つかる人の80%が「Ⅰa」だそうですが、私はすごくまれなケース。先生もレントゲンでは悪性のような広がりをしていたから、境界悪性と分かって予想外だったみたい。

 

引用:手術から1週間 予想外の結果が…

 

同時に、厳密には「がん」と呼ぶかについて意見が分かれていると言う「境界悪性卵巣腫瘍」という状態だった事も明かされています。

 

この「境界悪性卵巣腫瘍」については「良性腫瘍と悪性腫瘍の中間に位置する病変」と説明されています。

 

 

 

麻美ゆまのがん(境界悪性卵巣腫瘍)闘病生活① がん発覚

 

出典:https://twitter.com

 

麻美ゆまさんはその後のインタビューで、がん(境界性卵巣腫瘍)での闘病生活についても詳細に明かされています。

 

 

がん(境界性卵巣腫瘍)の発覚は2013年2月

 

麻美ゆまさんはAV女優や「恵比寿マスカッツ」のメンバーとして活躍していた2012年の末頃、お腹の調子が悪くなって風船のように膨らみ、体重が激減するなどの異変を体に感じました。

 

病院に行きレントゲンを撮ったところ、医者から深刻そうな様子で「最近周囲から痩せたと言われませんか?」と尋ねられ「これは消化器系ではなく婦人科の病気の可能性が高いと思う」と診断されたそうです。

 

そこで麻美ゆまさんは、婦人科に行って再度診断を受けたところ「子宮内膜症」の疑いがあるとして、念のためにMRIなどの検査を受ける事になりました。検査の結果が出たのは年が明けて2013年2月の頃で、担当医から「卵巣に悪性の腫瘍の疑いがあります」との告知を受けます。

 

担当医は、開腹してみるまではわからないとしつつ「悪性の可能性が高い」と言い「色んな先生に見てもらったけど、10人中10人が悪性だと言うでしょう」と診断し、この時に、子宮を全摘出しなければならないという可能性や、抗がん剤治療についての説明も受けたそうです。

 

麻美ゆまさんは事実上の「がん告知」を受けたのでした。

 

 

 

麻美ゆまのがん(境界悪性卵巣腫瘍)闘病生活② 入院〜子宮全摘出手術

 

出典:https://www.tokyo-sports.co.jp

 

がん(境界性卵巣腫瘍)の発覚を受けて、麻美ゆまさんは手術を受ける事になりました。担当医の話では子宮を全摘出する必要があるという事でしたが、麻美ゆまさんはどうしても子供が欲しいと思い、なんとかして全摘出は避ける方法は無いでしょうか?と何人もの専門医に相談されたそうです。

 

しかし、どこの病院でも「子宮の全摘出は避けられないだろう」との診断で、麻美ゆまさんは深く悲しみながらも、赤ちゃんを諦めるしかなかったのだそうです。

 

その診断を受けて、麻美ゆまさんが子宮を全摘出しなければならない事を母親に伝えたところ、孫を楽しみにしていた母親が「そんなの困る」と大号泣してしまうというショックな出来事もあったとか。

 

また、医師の中には、麻美ゆまさんが「AV女優」である事を知った途端に冷たい態度に変化したり、喧嘩腰に対応されたりする方もいたのだそうで、信頼できる先生を探す事にも苦労されたのだそうです。

 

 

手術は無事成功

 

出典:https://www.sponichi.co.jp

 

麻美ゆまさんの状態は、回復してみるまでわからない状態だったという事で、子宮と卵巣の全摘出は術前に決まっていたものの、腸に関しては手術中に判断を下す「術中迅速診断」という方針が取られたそうです。

 

開腹してみて初めて麻美ゆまさんのがん(腫瘍)が「境界性卵巣腫瘍」である事が判明し、その時点で執刀医は一時、手術を中断、外で待っていた麻美ゆまさんの母と姉に腸を切るかどうかの確認を求めたそうです。

 

麻美ゆまさんは、手術前に母に「人工肛門になるのだけは避けたい」と伝えていたため、お母さんは、腸を切らないで欲しいと医師に伝え、それで人工肛門にならずに済み、手術も無事に成功しました。

 

 

入院生活について

 

出典:https://twitter.com

 

麻美ゆまさんは、この手術のために3週間の入院生活を送りました。この時「恵比寿マスカッツ」のメンバーからメッセージボードや千羽鶴などが届いたそうで、とても心強かったのだそうです。

 

また、メンバーからは漫画本やDVDなども差し入れにされ、手術の日までの不安な時間を紛らわす事が出来たんだとか。

 

また、明るく人懐こい性格の麻美ゆまさんは、手術後のリバビリ期間中に他の入院患者の方ともすぐに仲良くなり、一緒にご飯を食べたり、お互いの手術の傷跡を見せ合ったりして、とても励まされたのだそうです。

 

 

 

麻美ゆまのがん(境界悪性卵巣腫瘍)闘病生活③ 現実逃避で旅に出る

 

出典:https://twitter.com

 

そうして手術と入院生活を終えた麻美ゆまさんでしたが、退院した後になって強い不安に襲われたそうです。

 

自分以外の「恵比寿マスカッツ」のメンバーは解散ツアーで全国を回っており、自分だけが取り残されていると感じて絶望的な気分になったのだそうです。また、今後は抗がん剤治療も予定されており、それで自分が変わってしまうと感じ、さらに強い不安に襲われたのだとか。

 

そして、麻美ゆまさんは「このまま消えてしまいたい、現実から逃げ出したい」と思い、衝動的に逃避行的に東京から旅に出てしまいます。

 

麻美ゆまさんはまず、東京から盛岡に向かい、その後北海道旭川に行っています。この時の心境について、麻美ゆまさんは「本当に『死』と隣り合わせだった」と後に語っています。

 

それでも、麻美ゆまさんは意を決して、抗がん剤治療の打ち合わせ予定の前日に東京に戻ってきます。お母さんはかなり心配しており「後1日遅ければ捜索願いを出すところだった」と言われたのだそうです。

 

 

麻美ゆまのがん(境界悪性卵巣腫瘍)闘病生活④ 抗がん剤治療で髪の毛が抜ける

 

覚悟を決めた麻美ゆまさんは、2013年3月21日から抗がん剤治療をスタートさせました。これには、「恵比寿マスカッツ」の解散ライブの最終日に何としても出演したいという強い想いもあったのだそうです。

 

 

髪の毛が抜けるのを逆手にとってこれまで出来なかった髪型に挑戦

 

出典:https://medical.nikkeibp.co.jp

 

医師からは、麻美ゆまさんに投与される抗がん剤は、副作用で必ず髪の毛が抜けると説明されたそうです。しかし、麻美ゆまさんはこれを逆手に取り、どうせならこれまで出来なかった髪型に挑戦してみようと前向きに考え、ボブの内側刈り上げてそこに星形の模様を入れる髪型に挑戦しています。

 

この頃の麻美ゆまさんは、逃避行を経て心の整理をつけ、前向きにがん治療と向き合おうとされていたようです。

 

 

ファンに向けてのメッセージ動画を発信

 

抗がん剤治療を終えた麻美ゆまさんは、YouTube動画でファンに向けてメッセージを発信しています。

 

 

 

麻美ゆまの経歴① 生い立ち〜子供時代

 

出典:https://www.sponichi.co.jp

 

ここからは麻美ゆまさんの経歴を紹介していきます。

 

麻美ゆまさんは1987年3月24日に群馬県高崎市の生まれました。両親と10歳年上の姉と7歳年上の兄の5人家族で、姉と兄は再婚の母の連れ子で麻美ゆまさんとは血が繋がっていません。

 

両親は、日本初と言われるフィリピンパブ「ドリーム」を経営しており、その2号店にあたる「ニュードリーム」が自宅を兼ねており、麻美ゆまさんはそこで成長しました。幼少期は開店時間前の店に行き、設置してあるカラオケ機を使って兄妹で歌を歌うのが好きだったそうです。

 

現在は歌手としても活躍する麻美ゆまさんですが、この頃から歌うのが好きで「歌手になりたい」と漠然と思っていたのだそうです。子供時代の麻美ゆまさんは好奇心旺盛で、歌以外にも、英会話にピアノ、ポートボール、習字など色々な習い事をしていたそうです。

 

小学校5年生の頃には、新聞で出演者を募集していたミュージカルに自らハガキで応募して出演したそうです。「くまごんの森」という環境問題をテーマにしたミュージカルで、麻美ゆまさんは「木の精」の役を演じたのだとか。

 

ミュージカルでのダンスレッスンが楽しかった事で芸能界に興味を持った麻美ゆまさんは、当時、社会現象になるほどの人気を誇っていた「モーニング娘。」のオーディションにも何度も挑戦しようと思ったそうですが、結局あと一歩の勇気が出ずに挑戦できなかったのだそうです。

 

 

 

麻美ゆまの経歴② 中学生時代に初恋や初エッチを体験

 

出典:https://twitter.com

 

地元の中学に進学した麻美ゆまさんは、かなり早熟な女の子だったようで、常に誰かに恋をしていたのだとか。麻美ゆまさんは当時、ジャニーズ系のルックスが好みで、そういうタイプの男子を見つけてはすぐに告白する「超肉食系女子」だったといいます。

 

中学生になってすぐに彼氏もできたそうですが、同級生との恋は、一緒に学校から帰ったりするだけのウブな恋だったようです。しかし、中学3年生になった頃、プリクラを撮りに行っていたゲームセンターで伊崎右典似のイケメン高校生に声をかけられ、交際するようになり、3度目のデートでこの彼氏と初体験をしたそうです。

 

この高校生の彼氏は、毎週土曜日にはチームの集会に参加するようなかなりヤンキー系の少年だったそうですが、当時の麻美ゆまさんは不良少女だったわけではなく、英語が得意なごく普通の生徒だったそうです。

 

ちなみに、麻美ゆまさんは中学生の頃から胸が「Fカップ」あったのだそうで、当時は「エフちゃん」のあだ名で呼ばれ、今でも地元に帰ると「エフちゃん」と呼ばれるんだとか。

 

 

 

麻美ゆまの経歴③ 留学費用のために高校を中退しアルバイトに明け暮れる

 

出典:https://twitter.com

 

麻美ゆまさんは、中学卒業後は群馬県前橋市の私立高校へ進学されました。英検準2級を取得するなど英語が得意だった麻美ゆまさんは、推薦入試で英語科へと進んだそうです。

 

麻美ゆまさんは、中学時代に親友と共にカナダへホームステイした経験があり、それがとても楽しかったため、もう1度絶対に留学しようと心に決めていたのだとか。

 

それもあって、留学費用を貯めようとアルバイトを始めた麻美ゆまさんでしたが、バイトに力を入れすぎるあまり学業がおろそかになり、結果、このままでは留年するという状況になってしまいます。

 

そこで、親に金銭的な負担をかけたくないと思った麻美ゆまさんは、高校を中退し独力で留学費用を貯める事を決断。その後はアルバイトに明け暮れ、多い時には1ヶ月で30万円近く稼いだのだそうです。

 

麻美ゆまの経歴④ 上京し突然の芸能界入り

 

出典:https://twitter.com

 

留学費用のためにバイトに明け暮れた麻美ゆまさんでしたが、芸能界を目指して東京に住んでいた姉から「お金を貯めるなら東京の方が時給が良いよ」と上京を勧められます。

 

姉の家に居候させてもらえるという事もあって、麻美ゆまさんは18歳の誕生日の数字前に上京。高校は中退したものの、大検も取得していた麻美ゆまさんは、東京で短大に通うのも良いなと考えていたそうです。

 

しかし、上京後には意外な展開が待っていました。姉から「レースクイーンとかグラビアをやった良いじゃん」と自身が所属している芸能事務所入りを勧められたのです。

 

事務所の社長も「是非きて欲しい」という話になったようで、上京したばかりの18歳の誕生日で事務所と契約を結び、社長に「留学の費用を貯めたい」と相談すると、六本木のクラブを紹介され、翌日からそこで働き始めるなど急展開します。

 

すぐにグラビアアイドルとしても「麻生由真」の名前で活動を開始、芸能界入りします。大人数歌手ユニット「煩悩ガールズ」のメンバーの1人としても活動しますが、あまり売れませんでした。

 

麻美ゆまの経歴⑤ AVデビューして大ブレイクを果たす

 

出典:https://twitter.com

 

麻美ゆまさんは、アイドルとしてはあまり売れず、自分から芸能界に入りたいと思っていたわけでもなかったため、しばらく活動した後にやはり地元に帰ろうと思い立ち、社長にその旨を伝えたのだそうです。

 

しかし、社長からは「は?契約があるから辞めれないよ」と言われてしまい、辞めることが出来ず。さらに、これは芸能事務所ではよくある話なのですが、社長から「AVをやれば良い」とAV女優になる事を勧められます。

 

麻美ゆまさんは当時、AVの世界について何も知らず「ダークな世界」だと思っていたため、凄く怖かったのだそうです。しかし、60歳になる母親のためにお金を稼ぎたいという思いがあり、AVの世界に入る事を決意します。

 

そして、上京してからまだ半年ほどの2005年半ばに現在の「麻美ゆま」の芸名でAV女優としてデビューが決まり、同年10月「純情ハードコア」、11月には「新人×ギリギリモザイク」と立て新人とは思えないハードな作品を立て続けにリリース、鮮烈なデビューを飾ります。

 

元々キュートなルックスと、Hカップともいわれる巨大バストが売りだった麻美ゆまさんの作品は瞬く間に話題になり、売り上げランキング1位を獲得。一躍超人気AV女優の仲間入りを果たします。

 

麻美ゆまさんは、2015年のAV女優引退までに、約200本以上の作品に出演。そのどれもが大ヒットを記録し多くのファンを獲得したのでした。

 

麻美ゆまの経歴⑥ 「恵比寿マスカッツ」のメンバーとしても大人気に

 

出典:https://twitter.com

 

瞬く間にトップAV女優の1人となった麻美ゆまさんは、2008年4月から放送開始されたバラエティ番組「おねがい!マスカット」にレギュラーとして出演。番組企画として結成された、他業種混成型のアイドルユニット「恵比寿マスカッツ」の一員となります。

 

「恵比寿マスカッツ」はAV女優、グラドル、モデルなど、様々なジャンルのタレントが集まって結成されたグループで、当初は半年間の期間限定ユニットとして結成されたものの、予想外の大反響を巻き起こし、2013年まで5年間も活動が続く事になります。

 

麻美ゆまさんはメンバーの中でも人気が高く、2010年4月からは初代リーダーの蒼井そらさんの跡を継ぎ、2代目リーダーにも抜擢されています。

 

この「恵比寿マスカッツ」での活躍をきっかけに、麻美ゆまさんには女性からの支持も集めるようになり、それが凄く嬉しかったのだそうです。

 

 

麻美ゆまは自叙伝「Restart」で本名も公開

 

出典:https://www.amazon.co.jp

 

麻美ゆまさんは、最後の抗がん剤治療を終えた後の2014年5月に、自叙伝「Re Start ~どんな時も自分を信じて~」を発表しています。

 

本作の中では、麻美ゆまさんのこれまでの半生が赤裸々に語られ、「境界悪性卵巣腫瘍」の闘病生活についても詳細に語られています。

 

また、この本の中ではこれまで公表されていなかった「さやか」という本名も公表され話題になりました。本当の名前をファンに向けて明かした事も含め、ファンに対してまっすぐに向き合う麻美ゆまさんの人間性がよく現れた本でオススメです。

 

 

 

麻美ゆまの今現在

 

出典:https://twitter.com

 

麻美ゆまさんは2015年5月にAV女優からの引退を発表していますが、その後も芸能活動を継続されています。

 

その後は歌手業をメインに、タレントや講演活動など幅広く活躍されています。

 

歌手としては作詞作曲やギターの弾き語り演奏もこなすなど本格的に活動しており、台湾進出も果たすなど人気を上昇させています。

 

 

 

また、講演活動では、自身の経験した「境界悪性卵巣腫瘍」での闘病生活についてや、AV女優という経歴を生かした性教育や性病について、自身の波乱万丈な人生についてなどをテーマに各地で講演を行っています。

 

 

 

 

まとめ

 

元大人気AV女優で、アイドルユニット「恵比寿マスカッツ」などで活躍した麻美ゆまさんについてまとめてみました。

 

麻美ゆまさんは、2013年にがん(境界悪性卵巣腫瘍)で闘病中である事を告白し、ファンに衝撃を与えました。しかし、その後の抗がん剤治療などの闘病生活を乗り越えて無事回復し、現在はAV女優を引退、歌手やタレント、講演活動などの活動を行い、元気な姿を見せてくれています。

 

元AV女優として偏見を持たれる事もあったという麻美ゆまさんですが、その明るくまっすぐなキャラクターでそうした偏見を払拭、現在では男女問わずに多くのファンからの支持を集めています。

 

2018年8月に、治療から5年が経ち「境界悪性卵巣腫瘍」は無事に「寛解」を迎えたという事で、麻美ゆまさんの今後のさらなる活躍を期待したいと思います。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

AV男優イケメン人気ランキングTOP25!女性向け作品で注目【2020最新版】

加藤鷹の現在!伝説と名言・嫁と結婚や子供・引退理由と最新活動も総まとめ

AV女優の引退と現在32選!病気や死因付き・ランキングで紹介【2020最新版】

AKB卒業後にAV女優に転向した9人まとめ・2020最新版【AKB48・SKE48・NMB48・HKT48】

小松千春の若い頃と現在!結婚や離婚・子供・病気も総まとめ【画像多数】

黒木香の転落事故と現在!村西とおるとの関係もまとめ【ワキ毛の女王】

小澤マリアの現在!歴代彼氏と結婚の噂・劣化疑惑・最新情報も総まとめ

紅音ほたるの死因は喘息?本名や引退理由・遺体発見の彼氏も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

野村義男の昔と現在!嫁の野坂なつみや子供・ジャニーズ退社後も干されなかった理由まとめ

佐々木健介の現在や引退理由!性格が悪い噂と研究生死亡事故の真相も総まとめ

イアンソープの現在!身長や足のサイズ・突然死や病気の噂・同性愛者の公表も総まとめ

新垣里沙の現在!旦那と結婚や子供・昔やデビュー当時の苦労話・モー娘。卒業理由も総まとめ

薬丸玲美(薬丸裕英の娘)の現在!かわいくない噂・出身大学や英語力・ドラマや仕事など最新情報も総まとめ

濱田龍臣の子役時代と現在!身長の変化・高校や大学・結婚の噂・最新情報も総まとめ

長谷川理恵の現在!旦那や子供・石田純一や神田正輝との関係まとめ

すわ親治の現在!若い頃やドリフターズの付き人時代・脱退理由とその後・最新情報も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

エドワードファーロングの現在!ターミネーター2子役・昔の美少年画像も総まとめ

川崎中1上村遼太くん殺人事件の犯人・舟橋龍一の現在!加害者少年3人の生い立ち・親や兄弟など家族のその後も紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す