吉展ちゃん誘拐殺人事件とは?死因や犯人・両親・その後と現在を解説

幼い子供を誘拐して身代金を要求する。許せない事件ですよね。近年は、身代金目的の誘拐事件は少なくなりましたが、昭和の時代には身代金目的の誘拐殺人事件が起こっていたんです。

 

そして、戦後最大の誘拐事件とも言われたものが吉展ちゃん誘拐殺人事件です。今回は残虐な事件だった吉展ちゃん誘拐殺人事件について詳しく解説していきます。

吉展ちゃん誘拐殺人事件とは

出典:matome.naver.jp

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件とは1963年に東京都台東区で起こった誘拐殺人事件です。

 

<吉展ちゃん誘拐殺人事件>
・被害者=村越吉展ちゃん(当時4歳)
・加害者=小原保(当時32歳)
・事件の概要=身代金目的の誘拐殺人事件
・身代金=50万円
・事件の結末=被害者が白骨死体で発見

 

この事件は身代金の受け渡しが行われ、犯人は身代金奪取に成功しています。また、事件解決までには、事件発生から2年3ヶ月もかかりました。

 

さらに、報道協定が初めて結ばれた事件でもあります。この吉展ちゃん誘拐殺人事件で初めて被害者保護のためにマスコミ各社が報道を自粛し、これ以降、誘拐事件では報道協定が結ばれるようになりました。

 

また、公開捜査の際にはテレビやラジオで犯人の音声が公開され、情報提供を呼び掛けるなど、メディアを用いて捜査が行われたことも特徴です。

 

あまりにセンセーショナルな事件であり、さらにメディアを通じて捜査への協力が呼びかけられたことから、国民の関心が高く、「戦後最大の誘拐事件」と呼ばれるようになった事件でもあります。

 

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件の概要と流れ

吉展ちゃん誘拐殺人事件の簡単な流れを確認しておきましょう。これを確認しておくと、どんな事件だったのかがわかりますよ。

 

 

事件の概要と流れ:① 事件の発生

出典:middle-edge.jp

 

1963年3月31日の16時30分~17時40分頃、1人で公園に遊びに出かけていた村越吉展ちゃんが行方不明になります。

 

吉展ちゃんの姿が見えなくなった時、両親は誘拐とは思わずに、迷子になったとして警察に通報します。そのため、最初の報道では行方不明と報じられました。

 

 

事件の概要と流れ:② 身代金要求

 

事件発生の翌日の4月1日、吉展ちゃんと30代とみられる男性が一緒にいたという目撃情報があり、警察は誘拐事件の可能性があるとして捜査本部を設置します。

 

そして、4月2日に犯人から身代金50万円を要求する電話がありました。その後、数回にわたって、身代金を要求する電話が吉展ちゃん宅にかかってきて、警察は電話の録音に成功します。

 

実はこの時点で、すでに吉展ちゃんは犯人によって殺害されています。しかし、ご両親も警察もそのことを知らずに、身代金の受け渡しを行うことになります。

 

 

事件の概要と流れ:③ 身代金の受け渡し

 

4月6日に第1回の身代金の受け渡しの機会がありました。母親が指定された電話ボックスに現金50万円が入った封筒を持っていきますが、犯人は現れませんでした。

 

その翌日の4月7日に吉展ちゃんの自宅からわずか300m離れた自動車販売店にある軽三輪自動車に50万円を置くようにとの指示があります。

 

母親はすぐに現金を置きます。そこから捜査員が見張りの位置につくまでのわずかなスキに、犯人は現金を奪い取り逃走しました。

 

この時、現場から歩いてくるスーツ姿の男と捜査員はすれ違いますが、「早く見張りの位置につかなければ!」と捜査員が焦っていたため、職務質問をしませんでした。このスーツ姿の男が犯人だったのではないかと思われています。

 

 

事件の概要と流れ:④ 公開捜査へ

出典:sengoshi.blog.ss-blog.jp

 

身代金奪取に成功した犯人は、その後は連絡をしてきませんでした。もちろん、吉展ちゃんも帰ってきません。そこで、警察は身代金奪取から12日後に公開捜査に切り替えます。

 

テレビやラジオで犯人の声を公開し、情報提供を呼びかけます。情報は集まったものの、犯人逮捕に結びつくような情報は得られず、捜査は暗礁に乗り上げました。

 

この事件は世間の関心も高く、事件から2年後の1965年にはこの事件をテーマにした「かえしておくれ今すぐに」という歌がザ・ピーナッツやフランク永井などによる競作で発売されます。

 

この歌は、「たったひとりの人物に聴かせるために作られ、発売された歌」、つまり犯人の心情に訴えかけた歌でした。

 

 

事件の概要と流れ:⑤ 平塚八兵衛の投入

出典:news.nicovideo.jp

 

事件に行き詰った警察は、捜査陣を一新して、専従者による特捜班を設置し、昭和の名刑事で警視庁の至宝と言われた平塚八兵衛を投入します。

 

平塚八兵衛は当時のアリバイを徹底的に洗い直したところ、捜査開始当時に容疑者の1人として捜査線上にあがっていた小原保を参考人として事情聴取することになります。

 

この平塚八兵衛は昭和の大事件の数々を担当した刑事で、帝銀事件や下山事件、BOACスチュワーデス殺人事件、三億円事件などの捜査に参加した伝説の刑事です。

 

 

事件の概要と流れ:⑥ 犯人の自供と逮捕

 

事情聴取をすることになった小原保は、窃盗罪で懲役2年の実刑判決となり、前橋刑務所に収容されていました。

 

服役中の事情聴取は10日間のみと限定されます。小原保は最初は事件への関与を否定していましたが、最後の最後で平塚八兵衛ら刑事にアリバイの矛盾を突かれ、全面的に犯行を自供することになり、逮捕されました。

 

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件での吉展ちゃんの死因

出典:news.goo.ne.jp

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件では、誘拐発生から2日後に身代金要求の電話がかかってきています。しかし、実際は誘拐直後に吉展ちゃんは殺害されています。そして、円通寺というお寺の境内の埋められています。事件から2年後に発見された時には、白骨化していました。

 

吉展ちゃんの死因は絞殺です。歩き疲れた吉展ちゃんをうつぶせにして、ベルトで絞殺したとのことです。絞殺後に円通寺の境内に埋めたようです。

 

犯人の小原保は足が悪かったのですが、吉展ちゃんに「おじちゃん、足が悪いんだ」と言われて、この「足が悪い」という特徴に気づいた吉展ちゃんを生きたまま返してしまったら、すぐに逮捕されてしまうと思い、殺害に及んだとのことです。

 

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件での両親の動き

出典:jiji.com

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件では、両親が記者会見を行っています。吉展ちゃんの遺体が発見された日、母親の豊子さんは「なんでもいいから生きていてほしかった…」と泣き崩れたとのことです。

 

また、吉展ちゃんの身代金の受け渡しは両親が行っていますし、今の時代では考えられないほど、吉展ちゃん誘拐殺人事件で両親が表に出て動いています。

 

吉展ちゃんのご両親が現在どうなさっているのかは不明です。

 

ただ、自分で身代金受け渡しに行き、警察のミスも重なって、吉展ちゃんは帰ってこなかったという事実は、たとえ吉展ちゃんが身代金受け渡し時にはすでに殺害されていたとわかっていても、ご両親は一生ご自分を責めていらっしゃることは想像に難くありません。

 

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件は警察の失態だった?

 

吉展ちゃん誘拐殺害事件は、警察のミスで最悪の事態になったと言われています。身代金の受け渡しの際にミスがあったんです。

 

身代金の受け渡しでは母親が近くの自動車販売店の軽三輪自動車に身代金50万円を置きましたが、この時、捜査員はまだ現場に到着していませんでした。

 

母親が自宅を出発する時のミスで、捜査員の出発は母親よりも遅くなったんです。そのため、捜査員は母親から2分遅れで現場に到着することになりました。この2分の隙に犯人は身代金を奪取したというわけです。

 

しかも、現場から歩いて来る男(犯人かどうかは不明)に職務質問をしなかったり、身代金の1万円のナンバーも控えていなかったなど、いろいろなミスが重なり、犯人逮捕までに時間がかかってしまったとされています。

 

捜査では次のような問題点がありました。

 

・身代金の受け渡しに遅れた
・お札のナンバーを控えていなかった
・逆探知ができなかった
・電話の声の主を40~55歳くらいとしていた(実際の犯人は32歳)
・当時は身代金目的の誘拐が少なく、捜査のノウハウがなかった

 

逆探知ができないことや捜査のノウハウがないのは致し方ないところはありますが、それでも警察の失態が目立ちますね。現在、このような捜査が行われていたら、日本国民全員がSNSやインターネット、その他の手段で叩きまくって炎上するでしょう。

 

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件の犯人

吉展ちゃん誘拐殺人事件は、小原保です。

 

 

吉展ちゃんを誘拐した動機は借金

出典:oitachi-ima.com

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件の犯人は小原保です。事件当時の1963年ごろは、小原保は定職にもつかず、貴金属のブローカーのようなことをやったり、ヒモのようなことをして生活をしていました。

 

そして、借金がかさみ、借金の返済に追われていたことで、吉展ちゃんを誘拐することを思いつきます。映画の「天国と地獄」を見て犯行の計画を立てたとのことです。

 

身代金50万円を奪取した後は、それで借金を返済し、残ったお金は甥っ子にお小遣いを気前よく与えていたようです。

 

その後も、結局は仕事がうまくいくことなく、神社の賽銭を窃盗するなどして、逮捕時には服役中でした。

 

 

小原保は死刑に

出典:youtube.com

 

逮捕された小原保は、1967年に最高裁で死刑判決を受けています。服役中は平塚八兵衛に何度か手紙を送っていたようです。

 

そして、1971年に死刑執行されますが、死刑執行の当日に小原保は看守に「真人間になったから平塚さんによろしく」との言葉を残しています。

 

また、死刑確定後は執行前まで短歌に取り組み、1980年と1983年には短歌集が出版されています。短歌でのペンネームは「福島誠一」で、「今度生まれ変わる時は愛する故郷で誠一筋に生きる人間に生まれ変わるのだ」との願いが込められていたそうです。

 

翌日に死刑執行になることを聞かされて作った短歌は次のものです。

 

・明日の日をひたすら前に打ちつづく 鼓動を胸に開きつつ眠る
・怖れつつ想いをりしが今ここに 終るいのちはかく静かなる
・静かなる笑みをたたえて晴ればれと いまわの見ずに写るわが顔
・世をあとにいま逝くわれに花びらを 降らすか窓の若き枇杷の木

 

引用:吉展ちゃん誘拐殺人事件 – Wikipedia

 

これを見ると、小原保は罪は犯してしまいましたし、いくら反省しても吉展ちゃんが戻ってくることはありませんが、しっかりと反省して罪を償おうとしていたことは伺うことができますね。

 

 

小原保の生い立ち

 

小原保は福島県の貧しい農家に生まれています。11人兄弟の10番目の子どもで、小学5年生の時には骨膜炎を患い、片足を悪くします。

 

片足が悪い小原保は座ってもできる仕事として、中学卒業後には時計職人として働き始めます。最初は仙台で働いていましたが、上京し、東京の上野にある時計店で働くことになります。しかし、月給24000円ではやっていくことができず、時計のブローカーをしていたところ、それがバレてクビとなり、無職となってしまいます。

 

その後は、先ほど説明したように貴金属のブローカーやヒモなどをやりながら、借金を重ねていくことになります。

 

 

小原保の母親は自殺

 

小原保が逮捕された後、報道陣は小原保の実家に押し寄せました。報道陣に対し、小原保の母親はただただ頭を下げ続けたといいます。

 

そして、小原保の死刑確定後、母親は次のような手記を残し、自殺しています。

 

わしは吉展ちゃんのお母さんが吉展ちゃんをかわいがっていたように、おまえをかわいがっていたつもりだ。おまえはそれを考えたことはなかったのか。

保よ、おまえは地獄へ行け。わしも一緒に行ってやるから。それで、わしも村越様と世間の人にお詫びをする…。

 

引用:吉展ちゃん誘拐事件のまとめ | ノクターン

 

自殺したことを賞賛するつもりは全くありません。でも、そうでもしないとやり切れないという誠実な思いと、重大な犯罪を犯したとは言っても子供への確かな愛を感じずにはいられません。

 

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件のその後と現在への影響

吉展ちゃん誘拐殺人事件のその後と現在への影響を見ていきましょう。

 

吉展ちゃん誘拐殺害事件は戦後最大の誘拐事件とされ、世間一般の関心が高く、さらに身代金は奪われ、犯人逮捕までに時間がかかり、吉展ちゃんは遺体となって見つかったため、その後への影響はいろいろ大きかったんです。

 

 

その後の捜査への影響

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件を受けて、次のようなことが変わりました。

 

・捜査一課に特殊犯捜査係(SIT:誘拐捜査専門部隊)が設置された
・身代金目的の誘拐は普通の営利誘拐に比べて罪が重くなった
・捜査において逆探知が認められるようになった
・声紋が科学捜査に加えられるようになった
・マスコミの報道協定を結ぶことが慣例化された

 

それまでは警察に誘拐捜査専門の人たちはいなかったということになります。この吉展ちゃん誘拐殺人事件で誘拐専門部隊ができ、テレビドラマでよく見る「逆探知」もできるようになったんですね。

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件が日本の誘拐事件の捜査を進化させたといっても良いでしょう。そして、この特殊事件捜査係(SIT)や逆探知、マスコミの報道協定は現在に至るまでずっと続いていますので、現在でも吉展ちゃん誘拐殺人事件の反省・教訓は生かされているということになります。

 

 

狭山事件の強引な捜査のきっかけに

出典:flowmanagement.jp

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件は警察の失態があったのは事実です。吉展ちゃんは誘拐直後に殺害されていたとはいえ、警察の度重なる失態があったために、犯人逮捕までに時間がかかってしまいました。

 

そして、身代金の受け渡しで犯人を取り逃がした約1ヶ月後、埼玉県で狭山事件が発生します。狭山事件とは、女子高生強盗強姦(誘拐)殺人事件です。

 

吉展ちゃん誘拐殺人事件で、警察への風当たりが強い中、身代金の受け渡しで犯人と接触があったにも関わらず、またしても犯人を取り逃がし、女子高生は遺体で発見されました。

 

2度にわたる失態で、当時の警察庁長官は辞任し、警察は威信を取り戻すために強引な捜査を行います。

 

その結果、以前に近くの養豚場で働いていた石川一雄が逮捕され、無期懲役の判決を受けます。しかし、石川一雄は冤罪を主張し、仮出所後は再審請求を行い、活動しています。

 

 

まとめ

吉展ちゃん誘拐殺人事件の概要や死因、両親、犯人、その後・現在についてまとめましたが、いかがでしたか?吉展ちゃん誘拐殺害事件は戦後最大の誘拐事件であり、その後の誘拐捜査に大きな影響を与えた事件でした。

 

現在では4歳の子どもが一人で夕方に公園に遊びに行くなんて考えられないことですが、当時としては普通のことだったのです。

 

東京オリンピックを翌年に控え、高度成長の真っ只中だった日本の闇を写したような事件だったと言えるかもしれませんね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

木嶋佳苗の現在!生い立ち・獄中結婚した夫3人・テクニックも総まとめ【首都圏連続不審死事件の犯人】

布川事件・桜井昌司の冤罪の経緯と概要!真犯人以外が逮捕された理由も解説

瀬戸内シージャック事件の犯人・川藤展久の動機は?狙撃手のその後も解説

よど号ハイジャック事件の犯人メンバーとその後現在!わかりやすく解説

三毛別羆事件の詳細!生き残りの証言・場所やヒグマ写真も総まとめ【アンビリバボーで紹介】

津山事件の犯人・都井睦雄と寺井ゆり子の現在!30人殺人の詳細も総まとめ

城丸君事件の犯人・工藤加寿子の今現在!生い立ち・無罪の理由・判決などその後も総まとめ

帝銀事件の真犯人は?平沢貞通死刑囚の冤罪説や真相まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

千野志麻の現在!事故の真相&夫の横手信一や子供の情報まとめ

安達有里の今現在!安達祐実の母の家族・奇行4選・整形前後画像も総まとめ

松本零士の脳卒中の現在の容体!嫁と子供・槇原敬之の盗作騒動も総まとめ

吉川愛(吉田里琴)の現在!子役時代や昔・改名理由や本名も総まとめ【画像多数】

クリスティーナ・ピメノヴァの現在や幼少期の画像!両親・双子の姉妹と話題のモデルも総まとめ【世界で最も美しい女の子】

寿るいの今現在!大倉忠義や才賀紀左衛門と交際・本名や改名まとめ

堀鈴香の現在!旦那の事故死とその後まとめ【元ポップティーン読者モデル】

三井ゆりの現在と若い頃!野口五郎との結婚や子供・劣化説など総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

小林竜司の現在!生い立ちや父親と母親・死刑執行まとめ【東大阪集団リンチ殺人事件の主犯】

首都直下地震はいつで確率は?震源地や被害想定・予言・前兆を総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す