栃木リンチ殺人事件の犯人の現在!加害者(萩原克彦・梅沢昭博・村上博紀)の生い立ち・裁判や判決も総まとめ

栃木リンチ殺人事件は罪のない若者が犠牲になっただけでなく、警察の対応や隠ぺいが問題になった事件として話題です。

 

今回は栃木リンチ殺人事件の経緯、被害者、加害者犯人(萩原克彦・梅沢昭博・村上博紀)の生い立ち、問題点、裁判や判決など現在を紹介します。

栃木リンチ殺人事件とは

出典:ameblo.jp

 

栃木リンチ殺人事件とは、栃木県で発生し、1999年12月4日に発覚したリンチ殺人事件です。

 

何の落ち度もない19歳の少年を3人の少年が2ヶ月間連れまわし、監禁しながら、サラ金などでお金を借りさせて、自分たちの遊興費としていました。

 

最終的には凄惨なリンチを加え、絞殺しています。しかも、遺体は栃木県内の山林に穴を掘り、そこにセメントを流し入れて埋められてしまいます。

 

 

この事件は、被害者の両親が早い段階で被害者(息子)が危機状態にあるということを掴み、警察に相談していました。

 

しかし、警察はきちんと対応しなかったばかりか、さらに間違った対応をして犯人たちに殺害を決意させた要因となるなど、栃木県警の不手際が目立ちました。

 

さらに、警察は事件の情報操作をしようとしたことも明るみになりました。

 

そして被害者が勤務していた企業の日産自動車は、事件隠しを行っていました。

 

それだけでなく、被害者がリンチを受けて出社できなかったにも関わらず、退職金が出ない「諭旨退職処分」のままにするなど、被害者へのあまりにもひどい対応が問題視された事件でした。

 

 

栃木リンチ殺人事件の経緯

出典:showkichi-othabashiblog.com

 

<被害者>
・須藤正和さん(19歳)

<犯人>
・萩原克彦(19歳)
・梅沢昭博(19歳)
・村上博紀(19歳)

 

 

栃木リンチ殺人事件の始まり

栃木リンチ殺人事件は、1999年9月29日に被害者の須藤正和さんが拉致されることから始まりました。

 

犯人の萩原克彦は高校時代からの不良であり、暴力団関係者に知り合いがいることをダシにして、梅沢昭博と村上博紀に金銭を要求し、2人とも萩原に数十万円を渡していました。

 

しかしお金が尽きた梅沢と村上は、萩原に「もう勘弁してください」と泣きつきます。

 

すると、萩原は2人に「金になる奴を連れてこい」と命令します。

 

その命令に、梅沢は同じ職場にいた大人しい性格だった須藤正和さんに目をつけました。

 

そして梅沢は、電話で須藤さんをコンビニに呼び出し、萩原に紹介します。萩原は銀行口座から7万円を引き出させて、そのお金を使って犯人グループ3人は遊びます。

 

お金の強要とリンチ

最初に須藤さんに7万円を引き出させてから、犯人グループは須藤さんを連れまわし始めます。

 

自宅(社員寮)に帰ることを許さず、ホテルの部屋に監禁し、須藤さんに金を要求し続けます。

 

サラ金を回って無理やり借金させたり、自分のお金が無くなった須藤さんの両親に金の無心の電話をさせ銀行口座にお金を振り込ませたり、さらに知人や友人に借金させたりしました。

 

2ヶ月間で須藤さんから巻き上げたお金は、728万円にも上ります。

 

さらにホテルに監禁して、次のようなリンチを加えます。

 

・髪の毛や眉をそり落とす
・「熱湯コマーシャル」(最高温度のシャワーを浴びせる)
・「火炎放射器」(殺虫スプレー+ライターの火を浴びせかける)
・やけどした皮膚に90度のポットのお湯をかける
・殴り続ける

 

須藤さんの皮膚は焼けただれ、顔は腫れあがっていたようで、死亡した段階では、全身の8割以上にやけどを負っていたとのことです。

 

リンチを続けた2ヶ月間で病院に行ったのは、たったの1回です。しかも、診察室にまで犯人の萩原が付いてきて圧力をかけ、診察させたのは腕のやけどのみでした。

 

 

殺害後セメントで山中に埋める

須藤さんを拉致・監禁して約1か月半経った11月半ば頃、主犯の萩原は「須藤を殺してしまおう」と口癖のように言い始めます

 

梅沢と村上はそんな萩原をなだめていましたが、11月下旬になって、自分たちに捜査の手が伸びてきていることを感じた犯人グループは、須藤さんを殺害することを決めます。

 

12月2日、須藤さんを殺害するため、犯人グループ3人と都内で出会った高校生1人を加えた4人は須藤さんを連れて市貝町の山中に穴を掘ります。

 

そしてセメントの準備ができると、須藤さんを全裸にして正座させ、萩原に命じられた梅沢と村上は須藤さんの両脇に立ち、ネクタイで左右から首を絞めています

 

村上は途中で怖気づいて手を放したようですが、その後は萩原が首を絞めて殺害しました。その後、遺体を穴に入れて、セメントを流し込み埋めてしまいます。

 

その夜は4人で宇都宮市内のホテルに泊まり、「15年間逃げ延びよう」(この時は時効があったため)とビールで乾杯しました。

 

 

事件の発覚と逮捕

殺害翌日、犯人グループは須藤さんが生きているように見せかけるため、須藤さんの携帯電話から父親に電話します。父親から折り返し電話があった時には、梅沢が鼻をつまんで須藤さんのものまねをして対応しています。

 

その翌日、都内で出会って巻き込まれるように須藤さんの殺害現場に立ち会ってしまった高校生は、良心の呵責に耐えられなくなり、母親に罪を告白して警視庁に出頭します。

 

そして、その証言を基に捜索したところ、須藤さんの遺体が発見され、そこから犯人グループは逮捕されました。

 

 

栃木リンチ殺人事件の被害者・須藤正和さんとは?

出典:newsjiken.blogspot.com

 

栃木リンチ殺人事件の被害者は、須藤正和さんです。事件当時19歳でした。

 

・生年月日:1980年5月6日
・出身:栃木県那須郡黒羽町(現在の大田原市)
・家族:父・母・姉・祖父・祖母
・出身高校:栃木県立黒羽高等学校
・就職先:日産自動車・栃木工場

 

須藤正和さんは高校時代までは家族6人で暮らしていましたが、日産自動車の栃木工場に就職してからは、社員寮である白鷺寮に入寮します。

 

職場では第二製造部第二鋳造課に勤務し、エンジン部品の製作を担当していました。

 

欠勤もなく真面目な勤務態度であり、大人しく穏やかな性格の人物でした。会社で加入していた生命保険の受取人には、「未来の妻子」と書かれていたそうです。

 

 

栃木リンチ殺人事件の加害者犯人(萩原克彦・梅沢昭博・村上博紀)の生い立ちとは?

栃木リンチ殺人事件の犯人3人の生い立ちを見ていきましょう。

 

犯人① 萩原克彦

出典:matome.naver.jp

 

犯人グループの主犯格である萩原克彦は、幼い頃からトラブルメーカーだったようです。そして、父親は栃木県警の警部補でした。

 

中学卒業後は専門学校に進学しますが中退して、とび職をしたり、土木のアルバイトをしていました。勤務態度は非常に悪く、早退や無断欠勤を繰り返していたようです。

 

栃木リンチ殺人事件の2年前の1997年には、宇都宮市内に住む同い年の少年から100万円もの大金を脅し取り、傷害と窃盗の罪で逮捕されています。

 

しかし、警察官の父親が被害者宅に出向いて示談で済ませたため、保護観察処分になっています。

 

1999年には梅沢と村上と行動を共にするようになり、この2人を脅して数十万円を巻き上げ、さらに須藤さんを脅してリンチを加えるようになりました。

 

 

犯人② 梅沢昭博

出典:newsbfc.com

 

犯人グループの2人目は梅沢昭博です。

 

梅沢は母子家庭で育ち、中学・高校といじめに遭っていたという証言があります。そして、暴走族の仲間入りをして、もう1人の犯人の村上と親しくなりました。

 

日産の栃木工場に就職し、そこで被害者の須藤さんと出会います。自分が萩原から脅されて金を巻き上げられていたため、自分の身代わりにしようと、須藤さんを萩原に紹介しました。

 

須藤さんが殺害されるきっかけを作った張本人と言える人物です。

 

 

犯人③ 村上博紀

出典:matome.naver.jp

 

犯人グループの3人目の村上博紀さんは、作新学院に進学するものの、暴走族に入っていることが学校にバレて退学処分になります。

 

実家は裕福で甘やかされて育ったようで、退学処分後、親は村上を立ち直らせるために、車の免許を取らせて、新車のホンダ・インテグラを村上に買い与えています。

 

この車で犯人グループは須藤さんを連れまわし、拉致監禁することになります。

 

高校退学後は警備会社に勤めるものの長く続くことはなく解雇され、その後はとび職や土木のアルバイトをして、常に萩原と行動を共にするようになります。

 

 

栃木リンチ殺人事件の問題点① 被害者家族は警察に相談していた 

栃木リンチ殺人事件前までは真面目に欠勤もなく勤務していた須藤正和さんですが、9月29日に犯人グループに拉致されて以降、無断欠勤が続きます。

 

そのため、家族は須藤さんに何らかの異変が起こっていることを比較的早い段階で気づき、警察に相談しています。

 

しかし、その家族の相談に警察はまともに取り合いませんでした。

 

被害者の両親は警察に相談していた

出典:youtube.com

 

被害者の須藤正和さんは犯人グループに拉致されてから、6日間連続で無断欠勤をします。その時点で職場から両親に連絡が入り、両親は須藤さんに注意をします。

 

この連絡が入ってからは約1週間ほど須藤さんは出勤しますが、また再び無断欠勤をするようになりました。

 

そして10月18日、上司は「須藤さんに金を貸した」と話す社員がいることを知り、両親に連絡を取ります。

 

ただ事ではないと知った両親は、石橋警察署に出向き、捜索願を出します。そして、その翌日にまた石橋警察署に行き、捜査を依頼します。

 

しかし、石橋警察署の生活安全課は家族の必死の願いを聞き入れようとはせず、次のような対応をします。

 

・「お宅の息子さんが悪いんじゃないの」
・「仲間に金を分け与えて、面白おかしく遊んでいるんだろう」
・「麻薬でもやっているんじゃないの」
・「警察は事件にならないと動かないんだよ」
・「またか。今日はなにしにきたんだ」
・「憶測でものを言うな」

 

このように言い放ち、結局まともに捜査しようとはしませんでした。

 

警察の怠慢・ミスが殺害のきっかけになった

出典:youtube.com

 

警察に相談に行っても取り合ってもらえず、むしろ「麻薬でもやっているんじゃないの」などと失礼なことを言われる始末。

 

そんな中、須藤さんの家族は、息子が事件に巻き込まれ、その事件には梅沢と村上が関わっていることをなんとか突き止めます。

 

そして、梅沢と村上の保護者に直談判するために、2人の保護者をファミリーレストランに呼び出して事情を話します。

 

そこで、村上の父親が萩原が事件に関わっている可能性があることを話します。

 

須藤さんの家族と梅沢・村上の保護者4人で今度は宇都宮東警察署に行って事情を話しますが、宇都宮東警察署では捜索願は石橋署で出ているため、話を聞いてもらえませんでした。

 

それから石橋署に4人で出向いて事情を話したものの、やっぱりまともに取り合ってもらえなかったようです。

 

しかしこの時偶然、須藤さんから家族の携帯電話に連絡が入ったため、石橋署の刑事が両親の友人を装って話を聞き出そうとします。

 

しかし、須藤さんに代わって犯人の1人が電話口に出て「あんた、誰だ?」と聞いたところ、「誰だと?石橋の警察だ」と答えてしまったため、電話が切れてしまいます。

 

電話が切れた後、刑事は「あ、切れちゃった」と言って、両親に携帯電話を返したそうです。

 

この携帯電話での犯人と刑事のやり取りが、須藤さん殺害のきっかけになったと裁判で認定されています。

 

つまり、このやり取りで犯人グループは自分たちに捜査の手が伸びていることを知り、追い詰められて、「殺すしかない」と考えてしまったのです。

 

 

栃木リンチ殺人事件の問題点② 加害者犯人の家族の非常識な対応

出典:elife-media.jp

 

栃木リンチ殺人事件では、前述の通り、主犯である萩原克彦の父親は栃木県警の警部補でした。1997年に萩原が100万円を脅し取った時も、立場を利用して示談で済ませています。

 

この父親はなかなかのクズだったようで、須藤さん殺害の翌日、須藤さん家族と梅沢の母親が萩原の自宅に行った時、事情を説明されたこの父親はどこか他人事のように対応していたそう。

 

また、その後に息子である萩原克彦と食事をしていますが、事件については一切息子に聞かなかったようです。

 

そして須藤さんの葬儀では、須藤さんのご遺体を見た後、「家内の調子が悪くなったようなので、今日のところはこれで失礼させてもらっていいだろうか」と切り出しています。

 

加害者の家族としては、被害者の遺族の気持ちを逆なでするような言動ですよね。

 

 

さらに、民事裁判で1100万円の賠償が命じられると、被害者遺族への謝罪は一切ない状態で須藤さんの自宅を訪れ、「賠償の減額を認めてもらうまで何度でも来る」と言い放ちました。

 

自分の未成年の息子がリンチ殺人を犯したのに、謝罪するどころか、賠償金の減額を求めるなんて、良心が疑われるような言動と言えるでしょう。

 

 

栃木リンチ殺人事件の問題点③ 警察・企業の数々の隠ぺい

栃木リンチ殺人事件では、警察や被害者が勤務していた企業(日産自動車)の隠ぺい体質が目立ちました。

 

警察はデマの情報を流す…

出典:youtube.com

 

栃木リンチ殺人事件では、須藤さんの家族が早い段階で警察に何度も相談に行ったにもかかわらず、まともに取り合ってもらえないことで、最悪の結果となっています。

 

須藤さんが犯人グループに脅されて、しかもリンチされたことでやけどの痕などがある状態で、銀行のATMに行った防犯カメラの映像が残っていました。

 

須藤さんのご家族は銀行関係者から「いつでもビデオを証拠として提出する用意があるので警察に相談してください」と言われていました。

 

須藤さんの家族はそのことを警察に話しても、「裁判所の許可もないのにそんなことできない」と取り合わなかったんです。

 

しかも事件発覚後、須藤さんは暴走族とは一切関りがなかったにもかかわらず、須藤さんが暴走族の一味で暴走族の仲間割れの事件のように情報操作をしたとも言われています。

 

このように、まともに取り合わず、捜査せず、情報操作したのは、主犯格の萩原の父親が栃木県警の警部補で、事件が発覚すると困るから組織ぐるみで隠ぺいしようとしたとの説があります。

 

 

日産は事件隠しの可能性も

出典:amazon.co.jp

 

被害者の須藤さんが勤めていた日産自動車も、事件の隠ぺいに一役買っていた可能性があります。

 

犯人1人である梅沢は日産自動車の社員でしたから、事件が明るみに出ると企業の不祥事となり、企業のイメージがダウンします。

 

また当時、日産自動車には警察出身の社員がいて、その社員を通じて、事件隠ぺいを働きかけた可能性があります。

 

実は、須藤さんの無断欠勤が続いた時、職場は梅沢の証言を信じ、須藤さんが嘘をついているだけと結論付けています。

 

須藤さんは真面目で欠勤をしない社員であったのに対し、梅沢は勤務態度が悪く札付きのワルだったにもかかわらず、無条件で梅沢の証言を信じているのも、おかしいですよね。

 

また、事件発覚後は須藤さんは拉致監禁されて出勤できなかったにもかかわらず、「諭旨退職処分」を受けており、その後もそれを撤回することはありませんでした。

 

なんとかイメージダウンを避けたかった企業の保身がうかがえます。

 

 

栃木リンチ殺人事件の裁判と判決とは?

出典:ameblo.jp

 

刑事裁判の判決

栃木リンチ殺人事件での裁判の判決は次の通りです。

 

・萩原克彦=無期懲役
・梅沢昭博=無期懲役
・村上博紀=懲役5~10年

 

裁判では、主犯格の萩原はリンチをしてどう思ったかを聞かれ、「楽しかった」と答えています。

 

また、最初は「死刑を覚悟している」としていたものの、のちに「須藤君の分まで長生きしたいというのが正直な気持ち」と意見を変えています。

 

しかし、裁判中はあくびをしたり、椅子にふんぞり返るなど、かなり態度は悪かったようです。

 

 

民事裁判の判決

栃木リンチ殺人事件では、刑事裁判だけでなく民事裁判も行われました。

 

須藤さんの家族は、栃木県警の怠慢が須藤さんを死に追いやったとして、栃木県と犯人、犯人の保護者に対して損害賠償を求めています。

 

一審では「栃木県警の捜査怠慢と殺害の因果関係」を認めて、須藤さん家族の主張を全面的に認める判決(賠償金1億5000万円)を下します。

 

しかし、二審では「栃木県警の怠慢がなくても、被害者を救出出来た可能性は3割程度」とし、賠償金は1100万円に減額されました。

 

須藤さん家族の上告は棄却され、賠償金1100万円で確定しています。

 

 

栃木リンチ殺人事件の加害者犯人(萩原克彦・梅沢昭博・村上博紀)の現在

出典:amazon.co.jp

 

栃木リンチ殺人事件の関係者の現在を見てみましょう。

 

須藤さんのお母様は2002年に病死されています。息子さんがリンチされ殺されたという心労が祟ったのかもしれません。

 

また、犯人3人の現在はどうなっているのでしょうか。

 

・萩原=無期懲役のため、現在も服役中と思われる
・梅沢=無期懲役のため、現在も服役中と思われる
・村上=懲役5~10年のために現在は出所している

 

村上は現在は服役を終えて出所していると思われます。一方、萩原・梅沢は無期懲役のため、おそらくまだ服役中です。

 

しかし、今後模範囚となったり、恩赦などがあれば出所してくる可能性は十分にあります。

 

 

まとめ

栃木リンチ殺人事件の概要や事件の流れ、被害者、犯人3人の生い立ち、被害者家族と加害者家族の動き、警察と企業の隠ぺい、裁判の判決と現在をまとめましたが、いかがでしたか?

 

・3人の犯人が被害者1名をリンチして殺害した
・須藤さんから脅し取ったお金は728万円にものぼった
・主犯の萩原の父親は栃木県警の警部補
・栃木県警は須藤さんの家族の相談をまともに取り合わなかった
・警察の怠慢が問題となった
・日産の企業隠蔽体質も見られた
・3人の犯人のうち2人が無期懲役となった
 
もう二度と、こんな悲しくて胸くそが悪くなるような事件が行らないことを祈るのみです。
 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

大山真白さん殺人事件の犯人・礒野和晃の現在!生い立ちや家族・裁判の判決まとめ

山田浩二の生い立ちと親・死刑判決の現在まで!寝屋川中1殺害事件の犯人まとめ

イモムシ雄太(安井雄太)の今現在!死亡説・事故とその後の後遺症・家族も総まとめ

西山美香の冤罪や刑事・山本誠の現在!知的障害の生い立ちや家族も総まとめ

画伯の冤罪事件とは?香川・坂出3人殺人の犯人が父親と言われた理由・その後や現在も総まとめ

田所浩二(野獣先輩)の現在!消息不明や死亡説と死因・発見や目撃情報も総まとめ

竹井聖寿の現在!生い立ちや家族・刺青姿や奇行・裁判や判決などその後【柏市連続通り魔殺傷事件の犯人】

星島貴徳の現在や家族情報!江東マンション神隠し殺人事件と犯人まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

チャレンジャー号爆発事故の原因と乗組員の死因!会話が残ったボイスレコーダーの噂も総まとめ

藤井萩花の現在!引退理由と結婚の噂・兄弟など家族・最新情報も総まとめ

相澤仁美の現在!結婚した旦那や子供・ビデオ流出騒動まとめ

藤圭子の生い立ち・旦那と子供・事故現場・精神疾患など自殺の理由も総まとめ

内柴正人の現在や事件の真相!被害者・元嫁と子供のその後なども総まとめ

星由里子の若い頃と現在!夫や子供・死因とお別れの会まとめ

団野村の現在!野村克也(父親)と野村沙知代(母親)や兄弟など家系図まとめ

堀北真希の現在!山本耕史との子供や結婚秘話など総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

エンリケ(小川えり)の現在!結婚した旦那は?身長や経歴・キャバ嬢の引退式も総まとめ

野久保直樹の現在!なぜ干された?その真相や結婚の噂も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す