高橋まつり自殺は電通上司や失恋が原因?母の現在・違和感の指摘も総まとめ

電通社員の高橋まつりさんが自殺し世間は同情の声が溢れましたが、違和感を覚える人も一部いたのも事実です。

 

今回高橋まつりさんの学歴や経歴、上司のパワハラや失恋など自殺の原因3つ、母親の現在、違和感とは何かをまとめました。

 

電通社員・高橋まつりが自殺するまでの経緯

 

2015年12月25日クリスマスの早朝、東京で独り暮しをしながら広告大手代理店「電通」に勤めていた高橋まつりさんから、静岡県に暮らす母・幸美さんに次のメールが届きます。

 

「大好きで大切なおかあさん。さようなら。ありがとう。人生も仕事もすべてがつらいです。お母さん、自分を責めないでね。最高のお母さんだから」

 

このメールを読んだ母・幸美さんは、慌てて高橋まつりさんに電話し、「死んではだめよ」と話しかけるも、「うん、うん」と力ない生返事が返ってくるだけだったそうです。

 

そして、その数時間後、高橋まつりさんは自ら命を絶ちました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

高橋まつりさんが過労自殺するまでの学歴と経歴を簡単にまとめてみると…

 

・2010年3月、加藤学園暁秀高等学校を卒業

・2014年春頃、株式会社電通への就職が内定

・2015年3月、東京大学文学部卒業

・2015年4月、株式会社電通に入社

・2015年7月、ダイレクトマーケティング・ビジネス局 デジタル・アカウント部に配属

・2015年10月、本採用になる

・2015年12月25日、電通女子寮4Fから投身自殺

 

翌2016年の9月、三田労基署は当時電通社員だった高橋まつりさんの自殺を労災認定しています。

 

広告大手の電通に勤めていた高橋まつりさん(当時24)が昨年12月に自殺したのは、直前に残業時間が大幅に増えたのが原因だとして、三田労働基準監督署(東京)が労災認定していたことが7日、分かった。遺族代理人の川人博弁護士が明らかにした。認定は9月30日付。

 

川人氏によると、高橋さんは東大卒業後の昨年4月、電通に入社し、インターネット広告などを担当した。本採用となった10月以降、業務が増加し、11月上旬にはうつ病を発症したとみられる。12月25日、東京都内の社宅から投身自殺した。

 

労基署は発症前1カ月の残業時間は月約105時間に達したと認定。2カ月前の約40時間から倍増していた。

 

引用:電通女性社員の自殺は労災 三田労基署、残業倍増を認定 https://www.nikkei.com/

 

 

出典:https://sun.ap.teacup.com/

 

この労災認定に対する電通の反応は次の通り。

 

 

「社員の自殺については厳粛に受け止める。労災認定については内容を把握していないので、コメントは差し控える」

 

引用:電通女性社員の自殺は労災 三田労基署、残業倍増を認定  :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/

 

一方、高橋まつりさんの母親・高橋幸美さんは都内で記者会見を開き、次のようにコメントされています。

 

 

「労災認定されても娘は二度と戻ってこない。過労死等防止対策推進法が制定されたのに、過労死は起きた。命より大切な仕事はない

 

引用:電通女性社員の自殺は労災 三田労基署、残業倍増を認定 https://www.nikkei.com/

 

 

出典:http://headlines.yahoo.co.jp/

 

 

電通社員・高橋まつりの学歴や経歴

 

出典:http://www.todaishimbun.org/

高橋まつりのプロフィール

 

名前:高橋 まつり(たかはし まつり)

生年:1991年

没年月日:2015年12月25日(享年24歳)

出生地:広島県

出身地:静岡県

最終学歴:東京大学文学部 思想文化学科(哲学専修)卒業

電通入社:2015年4月

 

 

母子家庭に育ちながらも自力で東大に現役合格

 

高橋まつりさんは、中学2年生の時に両親が離婚し、以降は弟と一緒に母子家庭で育ちました。

 

シングルマザーとして2人の子供を抱え、経済的に苦しい環境にあった中で、高橋まつりさんは中学生の頃に東京大学に入学することを考え始めたそうです。

 

沼津市の進学校である暁秀高等学校にトップの成績で入学した高橋まつりさんは、卒業するまで特待生として授業料は免除されていたと言います。

 

また、この暁秀高校時代には、真剣に東大を目指す高橋まつりさんのために、教師陣が東大受験のための「まつりプロジェクト」なる補習授業企画を立ち上げて、応援してくれたのだとか。

 

その甲斐あって、高橋まつりさんは塾にも通わず、時には1日12時間もの猛勉強を積み上げて、2010年に見事、東京大学文科Ⅲ類に現役合格を果たしました。

 

 

出典:http://jin115.com/

 

入学式で受けたインタビューが縁で「週刊朝日」でアルバイトをしていた

 

その年の東京大学の新入生の中でも、目を引く美少女だったという高橋まつりさん。

 

東京大学の入学式で、その様子を伝えようと駆けつけたマスコミの目にも留まったのでしょう、インタビューの対象に選ばれたそうです。

 

インタビューの中で、将来の夢について尋ねられた高橋まつりさんは、キッパリと「将来は週刊朝日で働きたい」と答えたそうです。

 

というのも、高橋まつりさんは、中学時代から週刊朝日を愛読していたそうなんです。

 

そして、話はそれにとどまりませんでした。当時の週刊朝日の編集長だった山口一臣氏は、そのことを知り、「そんな奇特な女子大生がいるのか」と、すぐに彼女を探させたのだとか。

 

 

出典:https://dot.asahi.com/

 

それが縁で、高橋まつりさんは「週刊朝日」の編集部でアルバイトをすることになりました。

 

このアルバイトでは、著名人とのインタビューや、週刊朝日が配信するネット動画番組のアシスタントなどを務めていたそうです。

 

なお、当時の高橋まつりさんをよく知る人は、彼女について次のように語っています。

 

 

「おしゃれもするし、ミスチルが好きな今どきの大学生という雰囲気。でも番組ゲストの下調べもきちんとするし、叱られてもへこたれない芯の強さがあった。裏方の仕事もきちんとできる、本当に頑張り屋さんでした」

 

引用:高橋まつり – Yourpedia https://ja.yourpedia.org/

 

 

出典:https://vipper-trendy.net/

 

 

第一志望の電通から早々に内定を受ける

 

高橋まつりさんの就職活動は、第一志望だった大手広告代理店の「電通」から早々と内定を獲得し、就職活動をあっさりと終えたそうです。

 

電通からの内定が決まった際、SNSで次のように報告されています。

 

 

「マスコミ関係の仕事であること、職種の異動があり出来ることの幅が広いこと、新しいコンテンツをつくりだしていけること…などを重視して選びました」

 

引用:高橋まつり – Yourpedia https://ja.yourpedia.org/

 

 

出典:https://okigogo.ti-da.net/

 

そして2015年3月、高橋まつりさんは東京大学文学部思想文化学科哲学専修を卒業。同年4月、電通に入社しました。

 

前述した大学時代の高橋まつりさんをよく知る人によれば、高橋まつりさんは決してハードワークに耐えられないような子ではなかったと強調しています。

 

しかし電通は、そんな彼女ですら死に追いやるほどの激務を課していたようです。

 

というのも、高橋まつりさんのツイッターには、長時間労働の実態が垣間見えるような書き込みが頻繁に見られたからです。

 

 

電通社員・高橋まつりの自殺の原因① 過酷な労働環境?

 

高橋まつりの実際の残業時間は?

 

2015年4月に電通に入社した高橋まつりさんは、同年10月、入社後半年間の試用期間を終えて本採用となり、インターネットの広告部門の担当になりました。

 

その後の労基署の調査の結果、高橋まつりさんの10月半ばからの1ヶ月間の残業時間が105時間と認定されていますが、その実態はさらに過酷で悪質だったとされています。

 

 

出典:http://sexual-power-harassment.blogspot.com/

 

というのも、労使協定で決められた“所定外70時間”という残業時間内に収まるように、勤務表に勤務時間を過少申告するように指導されていた疑いが判明したからです。

 

そもそも電通社員は勤務表をパソコンで入力しており、始業と終業の時間はあくまで自己申告で、上司が承認して管理しているのですが、関係者によると…

 

 

申告に基づく高橋さんの残業は、自殺する直前の昨年10月が「69・9時間」、同11月が「69・5時間」で、労働組合との取り決め上限である「70時間」のぎりぎりで記載されていた

 

しかし、遺族側弁護士が、自動的に記録される入退館ゲートのデータを基に集計した残業は、月に130時間を超えることがあった。弁護士は「残業が70時間を超えると、正確に申告がなされなくなっていた。指導があったとみられる」と指摘する。

 

引用:【電通女性社員自殺】「残業隠し」過少申告を指導 全社的な隠蔽工作か 労働局が調査 https://www.sankei.com/

 

 

出典:http://www.zakzak.co.jp/

 

また、高橋まつりさんの母・幸美さんは、オフィス以外の労働時間も含めれば、さらに多くの時間を仕事に費やしていた可能性を指摘しています。

 

 

まつりさんの働き方について、幸美さんは、残業に加えて自宅で徹夜の作業をしていたと明かした。まつりさんが、2015年10月に本採用となった後は、土日出勤、朝5時帰宅という日もあった。

 

(中略)

 

さらに、亡くなった12月には部署全員に対して、残業の上限を撤廃する36協定の特別条項が出され、深夜労働が続き、忘年会の準備のためにも土日や深夜に残業していたという。

 

引用:電通過労自殺、高橋まつりさんの母が訴える「命より大切な仕事はありません」 | ハフポスト https://www.huffingtonpost.jp/

 

労働基準法36条は、「1日8時間、週40時間」を労働時間の限度と規定しています。

 

これを超える時間外労働や休日勤務を社員に命じる場合には、労組などと書面による協定を結び、労働基準監督署に届け出ることを義務づけています。

 

つまり、労働協定を労働基準監督署に届けさえすれば、労働基準法が定める労働基準の限度を超えることが可能なのです。

 

ちなみに、厚生労働省が過労死リスクが高まる「過労死ライン」として示している残業時間は、1ヶ月あたり残業「80時間」です。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

そして、電通は表向きそれに引っかからないようにするためか、1ヶ月あたり残業を「70時間」と届けていたわけです。

 

もっとも、それも過少申告するよう指導していたとすれば、全く意味のないことですが…。

 

そして、高橋まつりさんが自殺する前年の2014年6月には、関西支社が管轄の労基署から是正勧告を受けており、2015年8月にも、今度は本社が三田労基署から同様の勧告を受けています。

 

つまり、労基署による2度の勧告をもってしても、高橋まつりさんの自殺を防ぐことができなかったことになりますね。

 

ただし!高橋まつりさんの就業実態には、時間外労働だけではない苦悩があったと言われています。

 

 

電通社員・高橋まつりの自殺の原因② 上司からパワハラ? 

 

高橋まつりさんの遺族は、高橋まつりさんが過労自殺するに至った原因として、これまで見てきた時間外労働だけではなく、次のような上司からのパワハラ的言動があったと訴えていました。

 

「今の業務量でつらいのはキャパがなさ過ぎる」

「髪がボサボサ、目が充血したまま出勤するな」

「女子力がない」

 

しかし、労基署はパワハラの有無については判断していないとし、結局、労災認定されたのは、月105時間の時間外労働のみでした。

 

そこで、高橋まつりさんが受けていたパワハラ的言動について、生前に本人がSNSで言及していたツイートを紹介しましょう。

 

 

出典:https://www.komazaki.net/

 

出典:https://twitter.com/

 

出典:https://twitter.com/

 

 

・「休日返上で作った資料をボロくそに言われた もう体も心もズタズタだ」(10月13日)

・「土日も出勤しなければならないことがまた決定し、本気で死んでしまいたい」(11月5日)

 

引用:高橋まつり – Yourpedia https://ja.yourpedia.org/

 

 

そもそも配属された部署は新人には難しいとの指摘も

 

また、そもそも高橋まつりさんが配属された部署が、新人には難しい業務があったのでは?との指摘もあるようです。

 

 

出典:https://blog.goo.ne.jp/

 

 

高橋さんは1年目で自動車火災保険と証券会社のデジタル広告業務を担当し、データの分析とクライアント向けリポートの作成を任されていた。ウェブデータは膨大で分析も難しく、専門的な知識も必要。

 

この関係者は、「1年目でそんな仕事を1人で任されたら追い込まれるに決まっている。事実、ウェブ広告部門に配属されて数年でやめる若手社員は結構いる」と指摘する。

 

引用:高橋まつり – Yourpedia https://ja.yourpedia.org/

 

ある若手の電通社員によれば、高橋まつりさんが配属された部署は、若手社員の中でも評判の“行きたくない部署”だったそうです。その理由として…

 

 

「関連会社からの出向社員が多く、本社の若手社員が『本社なのに、その学歴なのに、こんなこともできないのか』と叱責されたり、意図的に間違えた指示を出されたりと、パワハラが常態化していたと聞いています」

 

引用:過酷電通に奪われた命、女性新入社員が過労自殺するまで https://dot.asahi.com/

 

 

電通社員・高橋まつりの自殺の原因③ 失恋?【電通側が流した噂】

 

実は、高橋まつりさんが自殺したのは、彼氏にフラれたから…との噂もあるようです。

 

高橋まつりさんが自殺した日が、ちょうどクリスマスの朝だったこともその根拠になっているようです。

 

寝る暇もないくらいの激務に加え、クリスマス前に彼氏から別れを告げられ、その後の人生を悲観してしまったのではないか…というものでした。

 

 

出典:http://homeless12552.seesaa.net/

 

 

「失恋による自殺」は電通による隠蔽工作の可能性も!

 

その一方で、「高橋まつりさんの自殺は彼氏にフラれたせい」という噂を流したのは、他ならぬ電通側では…という黒い噂もあるんですよね。

 

と言うのも、電通関係者が高橋まつりさんの友人たちに「失恋が原因」との情報を流していた事実が明らかになったからです。

 

 

それどころか、電通は裏で、高橋さんの自殺が会社の責任ではなく個人的な問題であるという情報を流布していた疑いがある。高橋さんが自殺した後、電通関係者が彼女の知人に対して「失恋が原因らしい」という情報をしきりに流していた形跡があるのだという。

 

引用:電通が新人女性社員の「過労自殺」で隠蔽工作の事実が! 過去にもパワハラによる社員の自殺で責任逃れ https://www.excite.co.jp/

 

 

 

電通社員・高橋まつりの自殺間際のSNSが話題に

 

高橋まつりさんは自殺をする直前の2ヶ月間、友人や母親らに対してLINEやTwitterなどで、悲痛なメッセージを50通以上発信していました。

 

そのいくつかを引用しておきます。

 

 

・「眠りたい以外の感情を失った」(10月14日)

・「生きているために働いているのか、働くために生きているのか分からなくなってからが人生」(11月3日)

・「土日も出勤しなければならないことがまた決定し、本気で死んでしまいたい」(11月5日)

・「毎日次の日が来るのが怖くてねられない」(11月10日)

・「道歩いている時に死ぬのにてきしてそうな歩道橋を探しがちになっているのに気づいて今こういう形になってます…」(11月12日)

・「死にたいと思いながらこんなストレスフルな毎日を乗り越えた先に何が残るんだろうか」(12月16日)

・「なんらな死んだほうがよっぽど幸福なんじゃないかとさえ思って。死ぬ前に送る遺書メールのCC(あて先)に誰を入れるのがベストな布陣を考えてた」(12月17日)

 

引用:高橋まつり – Yourpedia https://ja.yourpedia.org/

 

 

出典:http://blog.livedoor.jp/

 

 

電通社員・高橋まつりの母親の現在 

 

【2018年7月】高橋まつりの元上司「不起訴相当」が決定

 

2017年、電通は労働基準法違反で罰金50万円の有罪判決を受けたものの、高橋まつりさんに対してパワハラを繰り返していた元上司に関しては不起訴処分になっていました。

 

これに対し、高橋まつりさんの母・幸美さんは、2017年12月「過重な業務を課した上で会社に対して虚偽の報告をするよう指示し、残業時間を過少申告させていたのは悪質」として、元上司の起訴を求めて審査を申し立てています。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

しかし、2018年7月、高橋まつりさんの元上司を不起訴とした東京地検の決定について、東京第1検察審査会は「不起訴相当」と議決し、これによって元上司の不起訴が確定しました。

 

この議決の理由は次の通りです。

 

 

「違法な長時間労働は全社的に行われ、元上司ができる対策は限られていたこと、抜本的対策が取られつつあることなどから「まつりさんの無念さや親族の心情は察するに余りあるが、不起訴処分を覆すだけの理由はない」

 

引用:電通違法残業事件、高橋まつりさんの元上司「不起訴相当」 検察審査会 https://www.sankei.com/

 

この決定について、高橋まつりさんの母・幸美さんは、後に次のようにコメントされています。

 

 

他の管理職も同様な労務管理をしていてひとりだけ処分すると不公平になるからと言う理由がありました。サービス残業も深夜労働も労基法違反もみんながやっているから処分されないと言うのは納得できません。

 

引用:「今も名を呼んでます」 高橋まつりさん母、命日に手記:朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/

 

また、娘、まつりさんに対しては…

 

 

出典:https://twitter.com/

 

 

【2018年12月25日】高橋まつりの母親が手記を公表

 

高橋まつりさんが過労自殺して丸3年が経過した2018年12月25日、高橋まつりさんの母・幸美さんは、まつりさんの命日であるこの日にあわせて手記を公表されました。

 

 

出典:https://www.sankei.com/

 

高橋幸美さんは、手記の中で次のように綴っています。

 

「長時間労働とパワハラがなければ、(まつりさんは)今も元気で働き、大声で笑っていたはずだ」

「大切な娘を守ることができなかった私の苦しみは消えることはありません」

 

そして電通に対して、次のような要望を述べられています。

 

不眠不休で命を犠牲にするビジネスモデルが異常で間違っていたと言う意識の改革が必要なのです。会社も社員も非常識な文化や成功体験を捨て改革の意識を共有して本気で取り組み、電通単体でだけでなく電通グループ全体で改善を行い、犠牲者を二度と出さないよう本気で取り組んでほしいと思います。

 

そして、手記の最後は次のように結ばれています。

 

まつりの死から働き方が変わった職場があると聞いています。

 

世界がどんなに変わろうとまつりの苦しみは消える事はなく、まつりは人生をやり直す事はできませんが、まつりと同じ苦しみを持って生きる人をなくすため、過労死・過労自殺をなくすため、過労死等防止対策推進協議会委員としても微力ながら声を上げ続けていく決意です

 

 

出典:https://twitter.com/

 

そんな高橋幸美さんは、2018年12月、厚生労働省の過労死等防止対策推進協議会の委員に就任されています。

 

 

電通社員・高橋まつりの自殺や母親に違和感を覚えるとの声も 

 

高橋まつりさんに同情を寄せ、電通の長時間労働やパワハラ体質を非難する声が大多数の一方、高橋まつりさんの自殺そのものや、母親の対応に違和感を覚えるとの声があるのも事実です。

 

 

出典:https://www.sankei.com/

 

特に、広告業界に精通している人の意見に多いようで、その代表的なものを拾ってみました。

 

 

この女性が残したSNSをみると、「東大をでた優秀な私の価値が評価されない」ということをベースに、「想像していたお仕事と、現実の地味な仕事のギャップ」で、不満が増大していった模様。現実なの空想なのかは、わからぬけれど、「彼との関係」が悪化していった記述も認められる。

 

個人的には、奇妙にプライドの高い人間が、不向きな職種につき、不満をつのらせ自滅した印象。 なまじ、週刊朝日の現役東大生の取材アルバイトという、仮想現実的アルバイトを体験したのが、裏目にでたこともあるかと。

 

はっきりいって、一番きついのは、下請け、孫受けの実務を担う人々だ。かれらからすれば、この記事など、「何の戯言」としか思わないはずだ。

 

中略

 

般若の形相の母親。そう、あなたの指摘はただしい。

ポリコレ的に反論の難しい「いちゃもん」をつけられたとしか考えていないのは確か。

取り合えず、幕引きして、いかに「いちゃもん」をつけられないようにするか対策中だろうから。

たぶん、これを期に、適性を考えた入社選抜を行うことになるだろう。

 

電通と関係して仕事を行ったことのある人間なら、大きな違和感を感じる記事 | mixiユーザー(id:7049076)の日記 http://open.mixi.jp/

 

また、Yahoo!知恵袋には次のような指摘も…。

 

 

電通の体制が手放しでいいとは誰も思っていないでしょう。しかし、自殺した理由だ電通のせいとするには違和感を覚えます。

 

彼女だけでなく他の新入社員も同じような生活をしていたんでしょう。彼女だけ人の倍とか仕事を回されたのなら別ですが。簡単に言えば能力がなかったんです。東大を出たからと言って仕事ができるとは限りません。いい大学を出たやつの中には案外使い物にならないのがおるんです。本人は一流大学を出たという意識があるからさらに手におえない。人の忠告を素直に聞かないので仕事もうまくいかず、叱る羽目になる。多分そうした背景があると思います。

 

受験勉強だけで大学へ入った連中はなりやすい。それと、最近は叱らずに誉めて育てるというのが流行しているそうだが、これも、耐性のない人間を育てている。挫折した経験がない。挫折するはずがないと思っているからうまくいかなかった時に対応できないんです。

 

引用:過労死で自殺された高橋まつりさん。お母さんがもう少し手を差し伸… – Yahoo!知恵袋 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

確かに、ごもっともな説ではありますが…。

 

ただ、専門家の意見によると単に能力的な要因などではなく、性格的な要因が大きいとの指摘もありました。

 

 

真面目で根性がある人ほどうつ病リスクが高く追い込まれやすいとの指摘も 

 

今回の高橋まつりさんの過労自殺に対して、よく目にする意見の1つに、

 

「死にたくなるほどつらい職場なら、辞めれば良かったんじゃない?」

 

というものがあります。

 

多かれ少なかれ、多くの人がそう感じたのではないでしょうか?

 

しかし、筑波大学大学院人間総合科学研究科教授で、職場のメンタルヘルスに詳しい松崎一葉医師は、専門家の立場から次のような見解を述べられています。

 

 

「過労による自殺のほとんどは睡眠不足の状態で起こっている。論理的に見えても脳は疲れ、判断能力が低下して、小さなきっかけでもう死ぬしかないと思ってしまうのです」

 

高橋さんはうつ病も発症していたとみられる。松崎さんは「推測だが、真面目で根性がある彼女は、うつにかかるリスクが高かったのでは」と分析する。

 

「嫌々過重労働をするのではなく、いい仕事をするために、進んで仕事をする。他者を気遣い、手助けは申し出るが、自分からは援助を求めない

 

真面目であるために、パワハラもまともに受けとめやすい

 

「上司のむちゃな要求も多くの人が受け流したり、10のうち8で諦めたりするのに、睡眠時間を削って最後までやってしまう」

 

引用:高橋まつり – Yourpedia https://ja.yourpedia.org/

 

今回、高橋まつりさんの人となりをじっくりと調べてみたわけですが、その上で、私にはむしろこちらの意見のがしっくりきたのですが、みなさんはいかがでしょうか?

 

 

出典:https://allin8.net/

 

 

まとめ

 

2015年のクリスマス、電通入社1年目の高橋まつりさんが、月105時間を超える時間外労働と上司からの度重なるパワハラに耐えかねて、過労自殺を図り、独りこの世を去りました。

 

今回、そんな高橋まつりさんの学歴と経歴、一部で失恋が自殺の原因とも言われている意外な真相と、現在の高橋まつりさん母親・幸美さんの活動についてまとめてみました。

 

最後に、高橋まつりさんのご冥福を心よりお祈りいたします。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

姉歯秀次の現在!姉歯事件や経歴・嫁や子供のその後も総まとめ

東住吉事件の真相!青木恵子と朴龍晧の逮捕・息子の現在・娘の青木めぐみ死亡の経緯・冤罪確定まで

ペッパーランチ事件の真相~犯人や黒幕など闇6つ・被害者も総まとめ

宅間守の生い立ち・父親と母親や兄・嫁や獄中結婚~死刑執行時と最期の言葉も紹介

小林薫死刑囚の生い立ちと事件・被害者家族の現在まとめ【奈良小1女児殺害事件】

高島雄平の現在!買春伝説と判決・家族や自宅まとめ【レジェンド校長】

3億円事件の犯人と真相!少年S・モンタージュ写真裏話・真犯人と名乗る人物の告白本も総まとめ

酒鬼薔薇聖斗(元少年A)の現在!本名や顔写真・結婚と子供の噂や家族まとめ【神戸連続児童殺傷事件】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

川越シェフの今現在と干された理由!水800円事件の真相も公開

山本モナの現在!旦那と子供・細野豪志や二岡智弘との不倫・芸能界復帰など総まとめ

財津一郎の今現在!嫁と息子・財津和夫との関係~若い頃のギャグ「厳しい~!」も総まとめ

錦野旦の若い頃と現在!嫁と子供・逮捕の経緯も総まとめ

三谷たくみお姉さんの現在!旦那や結婚と出産の噂・週刊ポストの熱愛報道が原因で卒業の噂も総まとめ

SMAP全メンバーの人気順ランキング~プロフィール・解散後の現在も解説

玄也の死因と自殺や遺書の内容~早乙女太一やすみれとの関係を総まとめ

大村崑の現在!オロナミンCやごはんですよCM秘話・嫁や息子・ライザップで減量成功も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

遠藤久美子の若い頃と現在!旦那や子供&結婚秘話も紹介【最新版】

バクステ外神田一丁目メンバー一覧&人気順位ランキングTOP17【2019最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す