勝又拓哉の現在!生い立ちと母親や冤罪証拠【今市事件の犯人/栃木小1女児殺害事件】

栃木小1女児殺害事件(今市事件)の犯人として無期懲役が事実上確定した勝又拓哉さんですが、現在冤罪も囁かれています。

 

今回は事件詳細、勝又拓哉さんの生い立ち~養父や母など家族、犯人である証拠や冤罪を示す証拠を紹介します。

 

栃木小1女児殺害事件(今市事件)とは

 

「栃木小1女児殺害事件」は、2005年12月1日に栃木県今市市(現在は日光市)に住む小学1年生の吉田有希ちゃんが下校中に行方不明となり、翌日、茨城県常陸大宮市の山林で刺殺体で発見された事件です。

 

吉田有希ちゃんが行方不明となった地名から、特にメディアでは「今市事件」とも呼ばれていました。

 

 

出典:http://fugathegameplayer.blog51.fc2.com/

 

吉田有希ちゃんは、2005年12月1日の午後2時50分頃、日頃から通学路として利用していた三叉路で下校途中の同級生3人と別れた後、行方不明になりました。

 

 

出典:https://www.youtube.com/

この三叉路で友達と別れた吉田有希ちゃん

 

 

 

この三叉路から120メートル程行った砂利道に曲がる手前の場所で、吉田有希ちゃんの痕跡が忽然と消え、警察犬が反応を示さなくなったため、この辺りで連れ去られたと考えられています。

 

翌12月2日に、栃木県警が公開捜査に踏み切ったところ、午後2時頃になって、吉田有希ちゃんの自宅から60kmも離れた茨城県常陸大宮市の山林で、遺体となって発見されます。

 

吉田有希ちゃんの遺体遺棄現場周辺は人通りが少なく、人目につかない場所だったようです。

 

 

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

吉田有希ちゃんの遺体は全裸の状態で、胸などを特殊な刃物で十数カ所も刺されていたことなどから、栃木県警は殺人事件と断定しました。

 

また、連れ去り現場と遺体遺棄現場で県境を跨いだことから、茨城県警との合同捜査本部が設置され、捜査が開始されました。

 

遺体遺棄現場には、吉田有希ちゃんのランドセルや着ていた衣服などの遺留品が見当たらず、捜索が行われましたが、現在まで発見されていないようです。

 

ただ、連れ去り現場や遺体遺棄現場周辺での聞き込みや、学校からの情報提供により、吉田有希ちゃん失踪直後の午後3時頃、若い男が運転する白いセダンタイプの乗用車の目撃情報など、いくつか不審者情報が寄せられました。

 

 

出典:https://ppden.exblog.jp/

 

すぐさま、今市市から常陸大宮市へ至る国道293号や国道123号・日光宇都宮道路では、検問やコンビニ・インターの料金所などの防犯カメラ・監視カメラの映像チェックも行われました。

 

しかし、それらしい人物や車は映っていなかったようです。

 

両県警は、フリーダイヤルを設置し、電話での情報提供を呼びかけると同時に、配布されたポスターやチラシは両県内はじめ、多くの駅やショッピングセンターなどに貼り出されています。

 

さらに、2006年8月1日より、犯人逮捕に結びつく情報に200万円の懸賞金がかけられ、翌2007年7月27日からは、捜査特別報奨金の対象事件として懸賞金は500万円に引き上げられました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

しかし、それでも一向に有力な手がかりが掴めませんでした。

 

捜査が難航した原因は、吉田有希ちゃんの誘拐目的がはっきりせず、犯人像が特定できなかったことや、遺留品が全く見つからなかったことなどが挙げられています。

 

ところが、いよいよ迷宮入りしてしまうかと思われた2014年、事態は急展開を迎えました。

 

 

 

栃木小1女児殺害事件(今市事件)で逮捕された勝又拓哉とは

 

2014年4月17日、栃木県警より栃木県鹿沼市内の男(当時32歳)が、栃木小1女児殺害事件への関与を認める供述をしたため、現在裏付け捜査中との発表がなされました。

 

そして6月3日には、同事件の犯人として勝又拓哉容疑者を逮捕したとの発表がありました。

 

 

出典:http://jin115.com/

 

有力な証拠が無かったことから、捜査は難航を極め、実に事件発生から9年以上もの歳月を経て、ようやく栃木小1女児殺害事件の容疑者が逮捕されたわけです。

 

勝又拓哉容疑者は、2014年1月に販売目的でブランド品の偽物を所持したとする別件の商標法違反容疑で、実母共々逮捕されており、この事件では既に起訴されていたと言います。

 

そして9月10日には、栃木県警により、容疑者逮捕に繋がる情報を提供した2名に対して、捜査特別報奨金及び遺族による謝礼金計500万円が支払われた旨が発表されています。

 

 

勝又拓哉のプロフィール

 

出典:https://twitter.com/

プロフィール

 

名前:勝又 拓哉(かつまたたくや)

職業:無職

出身:台湾

国籍:日本

住所:栃木県鹿沼市

出身校:今市市立大沢小学校、今市市立大沢中学校

 

その後の取り調べで、勝又拓哉さんからは次のような犯行時の詳しい行動についての供述が得られたと言います。勝又拓哉さんの自供内容は次の通りです。

 

 

「無理やり女児を車に乗せ、布テープで縛って口をふさぎ、スタンガンを当て、目に布テープを貼った。2日、車で山林に連れていって午前4時ごろわいせつ行為に及んだが、そこに第三者がやってきて、バタフライナイフで女児を刺し殺害、遺体を山林内に投げて捨てた」

 

引用:栃木小1女児殺害事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/

 

しかし、2016年2月29日、宇都宮地裁で開かれた初公判では、勝又拓哉被告は、「自白は強要されたもので、私は殺していません」とハッキリした口調で無罪を主張。

 

ですが、同年4月8日に開かれた判決公判(松原里美裁判長)では、「自白の強要は認められない」として、検察の求刑通り、勝又拓哉さんに無期懲役が言い渡されました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

 

栃木小1女児殺害事件(今市事件)の犯人・勝又拓哉の生い立ち~養父や母など家族

 

台湾人の母親の連れ子として9歳で日本に帰化

 

勝又拓哉さんは、台湾人の両親の間に台湾で誕生するも、両親は離婚。その後、母親が日本人男性と再婚したことで、幼少期に来日した勝又拓哉さんは、2009年に日本に帰化しています。

 

ちなみに、2014年1月にブランド品の偽物を販売目的で所持していたとして商標法違反で逮捕された時の、勝又拓哉さんの母親の画像が残っていました。

 

 

出典:http://livedoor.blogimg.jp/

 

 

養父と異父弟妹との新しい家族関係は破綻していた

 

再婚相手の養父にも3人の連れ子がおり、幼少期に来日するも日本語が上手く話せなかった勝又拓哉さんは、3人の異父弟妹との関係はあまり上手くいっていなかったようです。

 

また、同じ理由で学校でも上手くいっていなかったようで、小中と不登校気味だったと言われています。

 

もちろん言葉の壁もあったのでしょうが、勝又拓哉さんは性格的に人付き合いや話すのが苦手なタイプだったようで、実母の再婚相手である養父からもよく思われていなかったようです。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

日本語が不自由だったこともあり、小中ともに不登校気味で「からかわれるとすぐにキレて手を出した」(同級生)。義理の父親だった男性(63)は「母親の偏愛を受けて育った。ほしいものは何でも与えられ、自制心のない子に育っていた。パソコンが好きでのめり込み、昼夜逆転の生活だった」という。

 

引用:ロリコン男の素性、母親の偏愛受け自制心なく… 栃木・小1女児殺害 http://www.zakzak.co.jp/

 

 

出典:http://dokujyoch.net/

 

ちなみに、この事件以降この養父と母親は離婚しています。

 

 

栃木小1女児殺害事件(今市事件)の犯人が勝又拓哉とする証拠  

 

実は事件直後から捜査線上に浮上していた勝又拓哉

 

「栃木小1女児殺害事件」が発生してから、実に9年以上もの歳月をかけてようやく犯人逮捕に至ったわけですが、実は事件発生直後から、捜査線上に勝又拓哉さんが浮上していたようです。

 

 

出典:https://yamatotakada.blog.so-net.ne.jp/

 

事件発生からすぐ、「無職でひきこもりの怪しい男がいる」と捜査本部には情報がよせられ、勝又容疑者宅の近隣の住民も「部屋を暗くしてパソコンを開いていた」と噂をしていたことで、捜査の端緒を掴む。

 

引用:ネットで囁かれる栃木県警のアブナイ噂!? 栃木・旧今市の女児殺害事件でも… https://tocana.jp/

 

 

養父も勝又拓哉を怪しみ通報までしていた

 

勝又拓哉さんは、5、6年前から骨董商を営む母親の仕事を手伝っていたようで、事件への関与が疑われていた白色のセダンタイプの乗用車を仕事で使っていました。

 

ちなみに、有希ちゃんが行方不明になった場所と遺棄現場近くの高速道路の料金所に設置されている防犯カメラに、勝又容疑者が所有していた乗用車が写っていることも確認されています。

 

 

出典:http://www.iza.ne.jp/

 

また、勝又拓哉さんにはナイフマニアの一面もあり、ナイフなどを多数所持しており、実際、車の中で刃渡り20cmほどの短刀を持っているところを養父に目撃されています。

 

吉田有希ちゃんが特殊なナイフで十数カ所刺されていたことを考えると、その点でも勝又拓哉さんが犯人として有力視される根拠となったようです。

 

さらに、勝又拓哉さんは吉田有希ちゃんと同じ小学校の卒業生で、宇都宮市内の中学校に転校するまでは連れ去り現場付近で暮らしており、周辺の土地勘があったことも分かっていました。

 

ここまで勝又拓哉さんが、「栃木小1女児殺害事件」の犯人像と符合することから、養父も彼の関与を疑い、母親に「拓哉じゃないだろうな」と聞いたことがあるのだとか。

 

すると母親に「黙ってろ」などと怒鳴られたと言います。

 

いよいよ怪しいと感じた養父は、2006年1月に、「息子を調べてみろ」と警察に情報提供までしているそうです。

 

 

勝又拓哉に幼児性愛や猟奇的な性癖があることも明らかに

 

さらに、勝又拓哉さん本人のものとみられるTwitterアカウントには、次のようなロリコン趣味をうかがわせるような投稿が確認できたそうです。

 

 

「ランドセルはよ!! 実装はよ! スク水(スクール水着の意)+ランドセル、最強な組み合わせ!!」

 

引用:ロリコン男の素性、母親の偏愛受け自制心なく… 栃木・小1女児殺害 http://www.zakzak.co.jp/

 

また、鹿沼市の自宅から押収された勝又拓哉さんのパソコンには、多数の女児のビデオ画像が見つかっているんですよね。中には、幼児性愛や猟奇的な画像も含まれていたそうです。

 

 

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/

 

さらに、パソコンのデータを解析し、削除されていた画像を復元したところ、殺害された吉田有希ちゃんとみられる少女の遺体が写っていた…なんて話も報道までされたようです。

 

もしそれが事実だとすると冤罪を争う余地は、もはやありませんよね。しかし、これは証拠としては認められなかったってことでしょうか。

 

ただ、最後の噂話はさておき、その全ては状況証拠なんですよね。

 

それでも、ここまで犯人像と符合する勝又拓哉さんは、心情的にはとっても怪しいと言わざるを得ません。

 

が、しかし!そんなとっても怪しい勝又拓哉さんなんですが、現在ではいささか風向きが変わってきているようなんですよね。

 

 

栃木小1女児殺害事件(今市事件)の犯人・勝又拓哉の現在① 冤罪を訴えている

 

以上、ここまではあくまで報道、つまり警察からマスコミにリークされた情報に基づいて、勝又拓哉さんの「栃木小1女児殺害事件(今市事件)」への関与の可能性を見てきました。

 

しかし、現在、ネットを中心に冤罪の可能性が盛んに指摘されているようです。

 

 

出典:http://enzaibusters.seesaa.net/

 

最後に、勝又拓哉さんの冤罪の可能性について具体的に見ていくことにします。

 

 

自白を強要された可能性がある

 

勝又拓哉さんは逮捕後、吉田有希ちゃんを殺害した時の状況について、次のように自白しています。

 

「ナイフで胸のあたりを10回くらい刺した」

「6~7秒だった」

 

しかし、勝又拓哉さんは裁判で、「警察(栃木県警)から『有希ちゃんを殺しましたというまで寝かせない』『殺してごめんさないと50回言わないと晩飯抜きだ』と連日責められたそう。

 

また、『自白すれば罪が軽くなる』と利益誘導までされたと証言し、一貫して無罪を主張し続けました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

そんな中で、主にネット上で話題になったのが…「栃木リンチ殺人事件」などでの栃木県警の過去の不祥事なんですよね。

 

 

『栃木リンチ殺人事件』の犯人の主犯の親が栃木県警の現職刑事だったため、被害者の親が警察署に相談に行くと、被害者が悪いと突き放した。その後も被害者の親は、栃木県警管轄の別の警察署に事件の相談に行くが、どこも受け付けず。さらに、栃木県警は『被害者少年は元暴走族仲間』という趣旨で発表し、各メディアでも「暴走族仲間の喧嘩で死亡」と報じられ、真相が明るみにならない構造を作っていた。

 

引用:ネットで囁かれる栃木県警のアブナイ噂!? 栃木・旧今市の女児殺害事件でも… http://tocana.jp/

 

この事件に関しては、今や都市伝説的なものとして語られているに過ぎませんが、少なくともこんな都市伝説ができてしまうほど栃木県警の信頼性が低いことを意味していると言えそうです。

 

 

被害者の遺体から新たな第三者のDNAが検出されている

 

吉田有希ちゃんの右目の下には、粘着テープをはがされた跡と見られる、幅約2cm、長さ約14cmの平行に走る2本の線状の皮膚の変色がありました。

 

2018年2月には、その周囲から、勝又拓哉さんでも警察関係者でもない、第三者のDNA型が検出されていたことが分かっています。

 

 

出典:https://hashigozakura.wordpress.com/

 

この点について、吉田有希ちゃんを司法解剖した本田克也筑波大教授は、次のように述べておられます。

 

傷はテープをはがした際に犯人がつけた可能性がある、と指摘。第三者のDNA型は「犯人の指と爪の細胞から検出された可能性が極めて高い。犯人に結びつく証拠として極めて重要だ」と述べた。

 

引用:被害女児の傷周辺から第三者のDNA型 栃木・小1殺害 https://www.asahi.com/

 

つまり、この新たな証拠は、勝又拓哉さん以外の犯人が存在する可能性が極めて高いことを意味しているわけで、弁護側は、勝又拓哉さんの無罪を裏付ける重要な証拠としています。

 

ちなみに、吉田有希ちゃんの遺体からは、勝又拓哉さんのDNA型は一切検出されていません。

 

 

勝又拓哉の自供と遺棄された遺体や現場の状況が矛盾している

 

「栃木小1女児殺害事件」では、物的証拠が非常に乏しい中、勝又拓哉さんの自供が最大の争点とされています。

 

そこで今一度、勝又拓哉さんの自供内容を振り返ってみましょう。

 

 

「無理やり女児を車に乗せ、布テープで縛って口をふさぎ、スタンガンを当て、目に布テープを貼った。2日、車で山林に連れていって午前4時ごろわいせつ行為に及んだが、そこに第三者がやってきて、バタフライナイフで女児を刺し殺害、遺体を山林内に投げて捨てた」

 

引用:栃木小1女児殺害事件 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/

 

つまり、吉田有希ちゃんの殺害現場を遺体遺棄現場と自供したわけですが、実は、遺体遺棄現場では吉田有希ちゃんの血液がほとんど採取されていません。

 

吉田有希ちゃんの死因は、検視の結果“失血死”だったことが判明しています。死に至るほどの大量の出血がある場合、たとえ小1の子供であっても血だまりなどができるはずなんですよね。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

それにもかかわらず、遺棄現場のルミノール反応は、「指を切ったか鼻血程度の量」だったそうです。

 

また、吉田有希ちゃんの遺体は発見当時は死後硬直が進んでいました。

 

もしも、勝又拓哉さんの供述通り、遺棄現場で殺害されたとすれば、現場の急斜面に沿った形で硬直していなければなりません。

 

しかし、実際の吉田有希ちゃんの体は、現場の斜面には沿わない形で固まっていたと言います。一説によると、まるで車の後部座席に寝かされていたような固まり方だったのだとか。

 

 

栃木小1女児殺害事件(今市事件)の犯人・勝又拓哉の現在② 2審東京高裁でも無期懲役判決が下される

 

2018年8月3日、東京高裁で開かれた控訴審の判決公判(藤井敏明裁判長)は、無期懲役だった一審の裁判員裁判判決を破棄した上で、勝又拓哉被告に改めて無期懲役が言い渡しました。

 

 

出典:https://www.shimotsuke.co.jp/

 

平成17年に栃木県今市市(現日光市)の小1女児を殺害したとして、殺人罪などに問われた勝又拓哉被告(36)を1審宇都宮地裁の裁判員裁判判決に続いて無期懲役とした3日の東京高裁判決で、藤井敏明裁判長は、遺体に付いていたテープから検出された第三者のDNA型について「指紋検出作業をした際のコンタミネーション(汚染)の可能性がある」とし、この型が「殺害犯人に由来するものである可能性が高いと言える合理的な理由はない」と判断した。

 

藤井裁判長は1審を破棄した上で「間接証拠などから、被告が殺害の犯人だと認められる」として、改めて無期懲役を言い渡した。

 

引用:【栃木女児殺害】遺体に付着したテープのDNA型「作業中に汚染の可能性」「犯人由来とは言えない」 https://www.sankei.com/

 

 

出典:https://www.sankei.com/

栃木小1女児殺害事件の控訴審判決が言い渡された東京高裁の法廷。

 

後列中央は藤井敏明裁判長

 

さらに、藤井裁判長は、勝又拓哉さんが最初に別件(商標法違反容疑)で逮捕された後に、母親に宛てて書いた手紙を取り上げて、次のように判決理由に盛り込まれています。

 

「被告が犯人であることを相当程度、推認させる間接事実が存在する」と指摘。別の事件で逮捕された後に、被告が母親にあてて「事件」を謝罪する手紙を書いていることも踏まえれば「被告が殺害の犯人でないとすれば、合理的に説明することは極めて困難」

 

引用:【栃木女児殺害】遺体に付着したテープのDNA型「作業中に汚染の可能性」「犯人由来とは言えない」 https://www.sankei.com/

 

 

出典:http://imadokinewsno1.blog.jp/

 

 

事実上、無期懲役が確定した現在も無罪を主張し続けている

 

1審に続き、2審控訴審でも無期懲役の判決が下された勝又拓哉さんですが、現在もなお、無罪を主張し続けているようです。

 

残すは、最高裁判所への上告しか道は残されていません。

 

しかし、死刑判決でもない事件で最高裁で上告審が開かれることは無きに等しく、たとえ上告したとしても、上告棄却となって無期懲役が確定するだろうと言われています。

 

 

 

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2005年12月1日に起きた「栃木小1女児殺害事件(今市事件)」の犯人として無期懲役が事実上確定した、勝又拓哉さん。

 

生い立ち、養父、母など家族との関係、そして検察側が勝又拓哉さんを犯人だと主張する状況証拠の数々と、逆に、勝又拓哉さんが冤罪を主張し続ける証拠の数々についてまとめてみました。

 

検察側の状況証拠を外観してみると、勝又拓哉さんは限りなく怪しく見えることは間違いありませんが、弁護側が主張する証拠に注目すれば、冤罪の可能性が高いように感じてしまいます。

 

果たしてどちらの主張が真実なのか、現時点でははっきりしたことは言えませんが、少なくとも、何の罪もない幼い吉田有希ちゃんが無残に殺害されたという重い事実は変わりありません。

 

そんな吉田有希ちゃんのご冥福と、最愛の我が子を最悪の事件で亡くした心労が祟り、2015年に若くしてお亡くなりになった吉田有希ちゃんのお母様のご冥福を、心よりお祈りいたします。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

川崎老人ホーム殺人事件・今井隼人の現在!生い立ち~母親など家族・裁判も総まとめ

岩埼友宏の現在と本名や家族情報!小金井ストーカー殺人未遂事件の犯人とその後まとめ

小番一騎の現在!嫁は南部希実?弁護士・和田正の局部切断事件とその後まとめ

バカッターその後の末路が悲惨!Twitter炎上事件ランキング15選【最新版】

ドローン少年ノエルの現在!逮捕歴やその後も総まとめ

小林基の現在!桜宮高校体罰事件の加害者教師・被害者生徒の自殺・判決などその後も総まとめ

飯塚幸三の現在!息子や孫・池袋事故とその後まとめ/捕まらない理由とは

高橋まつり自殺は電通上司や失恋が原因?母の現在・違和感の指摘も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

菊池勲(小倉優子の元旦那)の現在!離婚原因は馬越幸子との不倫?詳細まとめ

中島知子の現在!占い師洗脳の真相・オセロ松嶋尚美との不仲・収入源も総まとめ

愛沢えみりの昔と現在!結婚や旦那と彼氏の噂・引退理由も総まとめ

佐世保事件・徳勝もなみの現在!父と兄のその後・高1被害者と犯人の関係も総まとめ

市來杏香の現在!E-girls脱退理由・ハブられていた噂と真相も総まとめ

華城連続殺人事件の真相と犯人!事件の概要や詳細・真犯人など総まとめ

前田有紀(元ハロプロ)の現在!旦那や子供3人・花屋で働く噂と真相も紹介

てんかんの運転事故で逮捕された事例20件!基礎知識もまとめ【2020最新版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

東住吉事件の真相!青木恵子と朴龍晧の逮捕・息子の現在・娘の青木めぐみ死亡の経緯・冤罪確定まで

佐世保事件・徳勝もなみの現在!父と兄のその後・高1被害者と犯人の関係も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す