大本萌景(愛の葉Girls)の母親と父親・裁判や現在!死去の真相まとめ

農業アイドルグループ「愛の葉Girls」のリーダー・大本萌景さんが自殺で16歳の若さでこの世を去った事は社会に大きな衝撃を与えました。

 

今回は事件の顛末を振り返ると共に、大本萌景さんの死因、おかしいと噂される母親や義理の父親、裁判の様子、事件のその後現在についてなどをまとめました。

大本萌景のプロフィール

 

大本萌景のプロフィール

 

生年月日:2001年10月23日

没年月日:2018年3月21日(16歳没)

出身地 :愛媛県松山市

身長  :154cm

血液型 :O型

 

大本萌景(おおもとほのか)さんは、愛媛県松山市のご当地アイドルグループ「愛の葉(えのは)Girls」に所属していた女性アイドルです。「愛の葉Girls」は農業をテーマにしており、農業アイドルとも呼ばれていました。

 

人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」が好きでアイドルに憧れており、中学生の頃に「愛の葉Girls」のオーディションに自ら応募、中学2年生の7月に研修生となり、2018年1月からはリーダーも務めていました。

 

しかし、大本萌景さんは、2018年3月21日に16歳の若さで急逝します。後にその死因が自宅で首を吊っての自殺だった事が判明し、世間に衝撃が走りました。

 

 

 

大本萌景の死因は自殺!原因は事務所のパワハラだとして遺族が提訴

 

出典:https://www.huffingtonpost.jp/

 

大本萌景さんの死因は縊死(いし)でした。つまり、首吊り自殺です。大本萌景さんが首を吊ったのは自宅の2階で、第一発見者は大本萌景さんの母親・大本幸栄さんでした。

 

大本萌景さんの遺族は、自殺の原因は、当時所属していた事務所「Hプロジェクト」の社長やスタッフによるパワハラや過酷な労働環境にあったと訴えています。

 

2018年10月12日、大本萌景さんの母親の大本幸栄さんと姉の大元可穂さんら遺族は、「Hプロジェクト」の代表取締役の佐々木貴浩さんやスタッフらを相手取り、損害賠償金・約9200万円の支払いを求める訴訟を起こしました。

 

 

 

大本萌景の遺族が訴えるパワハラの内容① 学業よりアイドル業を優先させた

 

出典:https://girlschannel.net/

 

まずは、大本萌景さんの遺族が訴えている事務所からのパワハラの内容について見ていきましょう。

 

大本萌景さんの遺族や、その弁護団によれば、大本萌景さんは「愛の葉Girls」のアイドルとして活動する中で、学校(通信制高校)よりもアイドルとしての活動を優先させる事を事務所に強要され、実際に単位を落とすなどして悩んでいたそうです。

 

また、アイドルとしての勤務状況も過酷さを極めており、拘束時間は1日平均10時間以上で、ある時には、午前4時に集合し、翌日の午前2時に解散するような事もあったとされます。

 

 

 

大本萌景の遺族が訴えるパワハラの内容② 高圧的な態度を日常的に取られていた

 

出典:https://www.huffingtonpost.jp/

 

また、大本萌景さんは日常的に事務所スタッフから高圧的な態度を取られており、その証拠として、遺族や弁護団からは、大本萌景さんとスタッフとの「LINE」のやりとりの一部が公開されています。

 

あるLINEでのやり取りでは、脱退を申し入れたものの説得され「自分が勘違いしていることに気がつきました」「脱退する事を辞めました」「ご心配おかけしてすみませんでした」と謝罪する大本萌景さんに対し、スタッフからの返信は、

 

「次また寝ぼけた事言いだしたらマジでぶん殴る」

 

引用:大本萌景さんの自死、「真実」求め遺族が裁判へ なぜ16歳のアイドルは追い込まれたのか

 

という、高圧的な内容でした。

 

また、大本萌景さんが、前回は仕事を優先させて学校の行事に行けなかったので、今回は仕事を休んで学校の行事に参加したいと伝えると、

 

「お前の感想はいらん。」

「学校の判断と親御さんの判断をそれぞれ教えろ」

「その理由によって、今後事務所はお前の出演計画を考えにゃならん。そこまで考えて物を言え」

 

引用:16歳「農業アイドル」自殺で遺族が提訴 大本萌景さんの実姉と代理人弁護士に聞く裁判の争点

 

と、かなり高圧的な返信をしています。

 

この他にも、少しでもLINEでの返事が遅れると「返事せえや」といった返信や、「世の中ナメるにも程があるぜ」といった、高圧的なメッセージが度々ぶつけられていたようです。

 

中学を卒業したばかりの16歳の少女が、こうした高圧的なメッセージを日常的に送られれば、精神的に追い詰められていく事は十分に想像できます。

 

 

大本萌景の遺族が訴えるパワハラの内容③ 学校の学費の貸付をめぐるトラブル

 

出典:https://twitter.com/

 

大本萌景さんは、このまま学校に行けないのであれば「愛の葉Girls」を脱退したいと事務所社長(代表取締役)の佐々木貴浩氏に伝えたところ、「それならば全日制の学校へ行けばいい(日曜日のイベントに出られるため)、学費の心配はいらない(事務所が金を貸す)」といった提案を受けたという事です。

 

このやり取りは当初、大本萌景さんの親を介さずに、本人と事務所社長の間で話が進んだという事ですが、この提案を受け入れた大本萌景さんは、その後母親を説得し、希望していた高校(松山城南高等学校と言われている)を受験して合格し、2018年4月からの入学を決めています。

 

母親は、当初は全日制の高校へと大本萌景さんが転校する事に反対していたという事でしたが、「萌景がそこまで言うなら」との想いから、最終的には応援する事に決めたという事です。

 

その後、母親は事務所の経理を担当していた社員に電話し「契約満了まではアイドルとして活動を頑張るが、その後はグループを辞めたいと(大本萌景さんが)言っている」という内容を伝えています。

 

実際に事務所は入学費用を大本萌景さんに貸し付けており、2018年2月22日に入学金3万円を、3月1日には制服代として6万6千円を学校に支払っています。

 

そして、大本萌景さんと母親・大本幸栄さんは、新入生説明会の前日の2018年3月20日、入学に必要な費用12万円を借りるために事務所を訪れました。

 

母親はこの時、事務所側に1年半後の契約満了までは「愛の葉Girls」での活動を頑張る事、借りたお金は働いて返す事などを、経理担当の社員に伝えたという事です。

 

すると経理担当の社員は「なぜ今このタイミングで辞めることを考えるのか」「その考えのままでは、お金は貸せない」と母親と大本萌景さんに伝え、資金の貸付を断っています。

 

さらに、この日の夜に、大本萌景さんは社長と電話で話しており、その際に「グループを脱退するのなら違約金として1億円支払え」などと言われていた事なども遺族側は主張しています。

 

そして、その翌日の3月21日、大本萌景さんは自宅で首を吊って死亡しています。遺族側は、この入学金の貸付けを断られた事で、大本萌景さんは絶望し自ら命を絶ったと主張しています。

 

なお、この1億円云々の話は事務所側は事実ではないと否定しています。この1億円の話を証言したのは、大本萌景さんの彼氏でしたが、本人からそう聞いたという証言だけが根拠となっており、証拠となる記録は何も残されていないため、裁判での証拠能力は高いとは言えません。

 

 

 

大本萌景の母親がおかしいとネット上で話題に

 

出典:https://mainichi.jp/

 

上で紹介した事務所からのパワハラの内容などを、大本萌景さんの母親・大本幸栄さんは手記として「週刊文春」の誌上でも主張されています。

 

ただ、この手記の内容も踏まえた上で、ネット上では「母親も少しおかしいのではないか?」という意見が浮上しているのです。

 

ネット上で批判や疑問が多く集まっているのが、子供の高校の学費を何故自分で用意せずに、事務所から借りる形にしたのか?という点です。

 

そもそも、母親の頭を通り越して事務所と16歳の少女が話をして借金の話をしているのが異常であり、そうした状況になってしまったのは親としてあまりにも無責任すぎるのではといった声が多く出ています。

 

また、話の流れからすると、事務所側は大本萌景さんにアイドル活動を続けて欲しいから高校の学費を貸すと提案したように見えます。にも関わらず、母親は契約満了までは「愛の葉Girls」での活動を頑張るが、その後は辞めるつもりであるとはっきりと言ってしまっています。

 

これでは、事務所側が「それならばお金は貸せない」というの当たり前ではないかという声が多く挙がっています。ネット上では、母親のこうした身勝手な主張が普段からあり、それもあって母親の頭を飛び越して大本萌景さんと直接やりとりする形になっていたのではないか?と勘ぐる声も出ています。

 

母親の手記によれば、全日制高校の学費については「家族には迷惑をかけたくないから」という大本萌景さんのたっての希望で事務所からギャラを前借りする形で充てる事にしたという事ですが、これにも違和感を抱く人が多いようです。

 

健在な親がいるにも関わらず、16歳の少女が仕事先から学費を借金をするという事自体が常軌を逸していると感じますが、大本萌景さんの母はこれに違和感を抱かなかったのか?という点も、母親もおかしいのではないか?という声につながっています。

 

 

大本萌景の自殺には義理の父親による性的虐待が関係との噂も

 

出典:https://twitter.com/

 

大本萌景さんの母親は一度離婚を経験しており、3年ほどシングルマザーとして大本萌景さんと姉を育てており、その後、現在の旦那さんと結婚して息子が生まれた事をTwitterで明かしています。

 

ネットの噂レベルなのですが、この母親の再婚相手、つまり、大本萌景さんの義理の父親が、大本萌景さんに対して性的虐待まがいのことをしていたとの衝撃的な情報を週刊誌「女性セブン」が掴んでいます。

 

以下は「女性セブン」が伝えた、大本萌景さんが知人に相談していたという内容です。

 

亡くなる1年ほど前でした。萌景が、『お義父さんがこたつの中にカメラを入れて、私の下半身の写真を撮っていた。私はカメラを取り上げて、撮られた画像も確認した』と言うんです。その他にも、『お風呂に入っているとき、脱衣所に誰かが入ってくる』『部屋のドアの鍵が壊された』とも

 

引用:自殺した地方アイドルが苦悩していた「家庭でのトラブル」

 

これについて、記者が大本萌景さんの母親にこの事について質問すると、母親は以下のように回答したという事です。

 

うん、いろいろ言われていますよね。本当にいちばんの難しい年頃じゃないですか。それでお互いがぶつかることは、たびたびありましたよ。それは正直、誤解といえば、誤解なんですよね。はっきりとは聞いていないけど、そういうふうなのじゃない。ふだんから家の中を下着で歩く子でもあったんで。しかもそれはすごく前のことですよ。中学生になったばかりの頃かな

 

引用:自殺した地方アイドルが苦悩していた「家庭でのトラブル」

 

ちょっと何を言っているのかわかりませんが、つまりは大本萌景さんの勘違いで、思春期の難しい年頃なのでなんらかの「誤解」があったという事なのでしょうか?ただ、こたつの中にカメラを入れるという行為のどこに「誤解」が生じる余地があるのか疑問を感じます。

 

記者がさらに質問すると、母親は以下のように続けたそうです。

 

そやけん、周りが思うような、そんな深いんじゃない。登校拒否してた中学時代、私が戸外に出したら、近所中に聞こえる声で『ママが虐待する』って叫ばれたことがある。そういう子なんです

 

引用:自殺した地方アイドルが苦悩していた「家庭でのトラブル」

 

まるで大本萌景さんが悪いと言っているかのようなニュアンスが受け取れます。これも大本萌景の母親がおかしいという声につながっています。

 

これらの情報のどこまでが真実かは不明ですが、メジャーな週刊誌である「女性セブン」が直撃取材した上での記事という事なので、少なくともこの発言自体は本当にあったのではないでしょうか?

 

以上から、大本萌景さんの自殺は、芸能事務所がブラック云々だけではなく、家庭環境にもなんらかの問題があり、そうした様々な要因が重なり合って起こってしまったのではないか?とする声も多く出てきているようです。

 

 

大本萌景の自殺のその後や現在① 裁判の状況

 

出典:https://twitter.com/

 

大本萌景さんの自殺のその後や現在についても見ていきましょう。

 

大本萌景さんの遺族が起こした訴訟は、2019年2月18日に東京地方裁判所で第1回口頭弁論が開かれ、訴えられた事務所側は争う姿勢を見せています。

 

また、2019年10月11日には、被告側の代理弁護士である渥美陽子弁護士が司法記者クラブで会見を開き、事実とは異なる主張によって大本萌景さんの元所属事務所の名誉を毀損したとして、大本萌景さんの両親や、支援団体などを相手取り、慰謝料・3663万円を求める訴訟を起こす事を発表しています。

 

 

大本萌景の自殺のその後や現在② 「愛の葉Girls」は運営会社が代わるも活動休止へ

 

出典:https://www.nikkei.com/

 

大本萌景さんが生前所属していた農業アイドルグループ「愛の葉Girls」は、大本萌景さんの自殺事件後に運営会社が「フィールド愛の和」に代わって新体制で活動を再開させていました。

 

2019年10月20日には、メンバーやファンが愛媛県東温市に集まり、大本萌景さんを「送る会」を開催しています。

 

その後、2019年12月22日、「愛の葉Girls」は無期限活動休止し、事実上の解散となりました。グループのメンバーらはタレントとしてそれぞれ活動を続けるという事です。

 

 

まとめ

 

今回は、農業アイドルグループ「愛の葉Girls」のメンバーで、16歳の若さで自殺によりこの世をさった大本萌景さんについてまとめてみました。

 

大本萌景さんの遺族は、自殺の原因は所属事務所によるパワハラや過酷な労働環境にあるとして、所属事務所を訴えています。

 

所属事務所のブラック体質が批判される一方で、大本萌景さんの母親も少しおかしいのではないか?という声がネットで盛り上がり、物議を醸しています。

 

現在もこの事件の裁判は続いており、事務所側も争う姿勢を見せ、双方の意見が食い違って法廷は混沌の様相を呈しています。2019年10月には被告側が逆に遺族側を名誉毀損で訴えており、今後の展開にも注目が集まっています。

 

どちらの主張が正しいのかについては法廷に委ねるしかありませんが、どちらに転んだとしても最大の被害者は大本萌景さんであるという事実は間違いありません。まずは大本萌景さんの冥福を祈りたいと思います。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

小出恵介の現在と事件の真相~江原穂紀ハニートラップ説や黒幕も紹介

奥村秀一の現在!槇原敬之との関係や薬逮捕2回・事故の噂も総まとめ

佐村河内守の現在!耳が聞こえる噂・ゴーストライター新垣隆の事件の真相も総まとめ【全聾の作曲家】

内柴正人の現在や事件の真相!被害者・元嫁と子供のその後なども総まとめ

冨田真由の現在!事件後の状態や後遺症~犯人・岩崎友宏との関係まとめ

大沢零次(大沢樹生/喜多嶋舞の息子)の現在!DNA鑑定の結果・逮捕とその後まとめ

羽賀研二の今現在!生い立ちや若い頃・嫁や子供・梅宮アンナとの熱愛・逮捕事件詳細を総まとめ

性の喜びおじさん死去~正体・病気説・犯人の現在やその後も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

大倉士門の現在!関西ジャニーズJr.や日本大学時代・松本愛(まあぴぴ)との交際や破局・兄弟も総まとめ

Berryz工房メンバー人気順と現在~解散説や活動休止理由まとめ【2020最新版】

夏目雄大の現在!身長や山口組との関係・サイテー男が露見したブサイク発言などTwitter炎上騒動まとめ

常盤貴子の若い頃や現在が綺麗すぎる!画像やネットの反応まとめ

明智光秀は本能寺の変でなぜ裏切った?最後や死因・5つの説まとめ

田野岡大和くんの現在は?置き去り事件と家族(父親・母親・姉)のその後まとめ

赤西礼保(赤西仁の弟)の現在!彼女は加護亜依?錦戸亮や赤西軍団との関係も総まとめ

渡辺友子の今現在!ジェリー藤尾との結婚・娘が暴露した離婚理由も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

千葉真一の家系図!元嫁の野際陽子との娘/玉美との息子2人も総まとめ

石橋和歩の現在&親や生い立ち!東名あおり運転事故の裁判や判決も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す