石橋和歩の現在&親や生い立ち!東名あおり運転事故の裁判や判決も総まとめ

2017年に起きた「東名あおり事故」は加害者・石橋和歩による常軌を逸した行動に注目が集まりましたが、親や生い立ちも話題です。

 

今回は石橋和歩の生い立ちや親、同乗していた彼女、現在の裁判や判決を紹介します。

 

「東名あおり事故」とは?加害者・石橋和歩が萩山嘉久さん一家を煽る

 

出典:https://www.sankei.com/

「東名あおり事故」とは…

 

「東名あおり事故」とは、2017年6月5日、東名高速道路上で起きた悲惨な事故です。

 

加害者・石橋和歩の執拗なあおり運転の末、追い越し車線上に無理やり停車させられた被害者のワンボックスカーに、後続のトラックが追突。男女2名が死亡し、4名が重軽傷を負いました。

 

この事故の被害に遭った静岡市在住の萩山嘉久さん一家は、この日、家族旅行を楽しんで帰宅する途中だったそうです。

 

ワンボックスカーは追突の衝撃で、進路を塞ぐ形で駐められていた石橋和歩の乗用車を巻き込みながら中央分離帯に激突。

 

これにより、ワンボックスカーに同乗していた高校1年生の長女と小学6年生の次女は幸い軽傷だったものの、一家の父親・萩山嘉久さんと母親・友香さんが全身を強く打って死亡しました。

 

 

出典:https://i2.wp.com/

 

捜査関係者によると、長女らは「事故の前に石橋容疑者とトラブルになり、あおってきた」などと説明。一方、石橋容疑者は「(夫婦側に)あおられたり、パッシングされたりしたので停車した」などと話した。

 

県警交通捜査課などは、当時現場周辺を走っていた260台以上の車両を防犯カメラなどで割り出し、運転手らの証言やドライブレコーダーの記録を収集。石橋容疑者の説明は虚偽と断定し、10月10日、自動車運転処罰法違反(過失致死傷)の疑いで逮捕した。事故発生から約4カ月後のことだった。

 

引用:激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故 https://www.sankei.com/

 

 

出典:http://wild-cat.seesaa.net/

 

この「東名あおり事故」の具体的な経緯や詳細は、既にご存知の方が多いでしょう。

 

そこで、この記事ではあえてそこには深入りせず、特に加害者・石橋和歩の生い立ちや人となり、そして最新の裁判の進捗状況に注目してまとめてみました。

 

 

「東名あおり事故」の加害者・石橋和歩の車に同乗していた彼女とは

 

石橋和歩の車には女性が同乗していました。

 

その女性は石橋和歩被告の彼女だと言われており、萩山嘉久さんが乗るワゴンの中に子供が同乗していることを知り、「子どもがいるからやめて」と石橋和歩を諫めたとされています。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

ちなみに事故当日の石橋和步と女性は、横浜市内の赤レンガ倉庫などでデートして自宅へ帰る途中だったようです。

 

 

「事故がなければ結婚する予定だった」…石橋和歩の常軌を逸した謝罪文

 

事故がなければ彼女と結婚する予定でした

彼女は体が弱く自分が支えたいと思っていたので事故の事はお許しください。

 

これは法廷で読み上げられた、「東名あおり事故」の遺族に対する謝罪文に書かれていた石橋和歩の言葉なんですよね。

 

とても“謝罪”とは言えない、あまりに常軌を逸した身勝手さに、法廷内は騒然としたと言います。

 

 

出典:https://bungu-uranai.com/

 

弁護側も、こんな「謝罪文」を出して情状酌量をしてもらえると思ったのでしょうか?こんなものは謝罪でも何でもありませんし、むしろ遺族の気持ちを逆なでするだけかと…。

 

ただ、逆の見方をすれば、こんな謝罪ともとれないような文章を出さなければならないほど、石橋和歩を弁護する材料が乏しかったのかも知れませんね。

 

 

「東名あおり事故」の加害者・石橋和歩の親や生い立ち① 小学校~高校時代

 

石橋和歩が高校2年生の時に両親は離婚・母親と暮らしていた

 

石橋和歩の幼少期は、父親が会社経営をしており、母親もその会社で働いていたと言われています。

 

石橋和歩の幼少期を良く知る人物は、次のように証言しています。

 

 

出典:https://brandnew-s.com/

 

「和歩は男ばかりの3人兄弟の真ん中で、小さなころからガタイは大きかったけど、大人しい子やったけ。とにかく全然しゃべらんち。教室でも1人でぼーっとしとることが多かった。この辺りは中高でグレる子も多いんやけど、彼は髪も染めず、近所の学校に通っていた」

 

引用:東名死亡事故石橋容疑者 女性と一緒だと態度がひどくなる|NEWSポストセブン https://www.news-postseven.com/

 

小学校時代の卒業アルバムには、まだあどけない石橋和歩少年の姿が収められています。

 

 

出典:https://www.news-postseven.com/

小学校時代の石橋和歩

 

ただ、自己紹介スペースに並んでいるのは、次のような無気力な言葉だったと言います。

 

《好きな授ぎょう ありません》

《あこがれの人 いません》

《しょうらいの夢 ありません》

 

そんな石橋和歩の人生が一変したのは、高校2年生の時でした。

 

両親が離婚し、長男と三男は会社を経営する父親に引き取られ、3兄弟の真ん中だった石橋和歩だけが母親に引き取られることになります。

 

その後は、築30年の1DK、家賃3万3,000円の木造アパートで、母との2人きりの生活でしたが、無職だった母親に代わって石橋和歩が学校を中退し、生活費は彼が稼いでいたと言います。

 

 

出典:http://himalab.com/

 

近隣住民によると、そんな母親は石橋和歩の逮捕後は、それまで彼と暮らしていたアパートを逃げるように出ており、現在はどこか別の場所で暮らしているそうです。

 

 

「東名あおり事故」の加害者・石橋和歩の親や生い立ち② 強烈ないじめられっ子だった

 

石橋和歩は裁判中も反省の色を見せず、遺族の感情を逆なでし続けるような言動を繰り返していることから、世間から猛バッシングを受けています。

 

そんな傍若無人なモンスターっぷりを見せている石橋和歩ですが、彼を良く知る人物によると、そんな”モンスターっぷり”とはまったく違う、彼の“別の顔”が浮かび上がってくるんですよね。

 

その別の顔がこちら。

 

 

出典:https://bungu-uranai.com/

 

この写真は、2018年12月14日発売の「FRIDAY」に掲載された、顔一面にマジックペンで落書きされた石橋和歩なんです。

 

数々の交通トラブルを起こし、日本の各地で傍若無人な振る舞いを見せていた石橋和歩は、実は地元・福岡では強烈ないじめられっ子だったようなのです。

 

「つい数年前まで、アイツは地元の仲間の中でイジメを受けていました。普段の石橋は、口数の少ない大人しいタイプ。自分の意見を主張しないので、仲間内でもイジられキャラでしたね。あおり運転で報じられている姿とは違って、強気な態度ではなかったですよ」

 

引用:東名あおり運転事故・石橋和歩被告は強烈なイジメられっ子だった | FRIDAYデジタル https://friday.kodansha.co.jp/

 

このあまりに異なる2つの顔を持つ石橋和歩。

 

そのギャップと「東名あおり事故」との関連性について、精神科医の和田秀樹氏は次のように指摘しています。

 

「恥をかかされたり惨(みじ)めな思いをさせられることで、感情の振れ幅が大きくなることがあります。さらに今回の事案もそうですが、イジメられた経験のある人は、自分よりも弱そうな他者に対して高圧的な態度を取ってしまうことがあるのです。

 

イジメにより沁みついた被害者意識で、『自分は弱い存在。その弱さがバレたら、何をされるかわからない』という恐怖心に苛(さいな)まれる。

 

その結果、何とか虚勢を張ろうと攻撃的な態度を取ってしまうのでしょう。今回は、石橋被告のそんな心理状況が引き金となった事件と言えます」

 

引用:東名あおり運転事故・石橋和歩被告は強烈なイジメられっ子だった | FRIDAYデジタル https://friday.kodansha.co.jp/

 

もちろん、石橋和歩が過去に酷いイジメを受けていたからと言って、家族4人を死傷させた罪の重さは何ら変わるものではありません。

 

しかし、石橋和歩に対して陰湿なイジメを繰り返した者にも、少なからず責任があると言えるのではないでしょうか。

 

 

 

 

「東名あおり事故」の加害者・石橋和歩の親や生い立ち③ 彼女の前では豹変するとの証言も…

 

また、いじめられっ子だった一面とは別に、石橋和歩には女性の前で態度が一変するとの証言もあるようなんですよね。

 

石橋和歩の自宅近くのコンビニ店員の証言がこちら。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

「1人で来ると普通なのに、女と一緒やとひどい態度なんよ。やたらイキっとお、『なんでレジそんな遅いんか!』いうて怒鳴り散らして、小銭投げつけてくるち。いつも女があおるけん。もう殴るぞと思ったこと何回もあるち」

 

引用:東名死亡事故石橋容疑者 女性と一緒だと態度がひどくなる https://www.news-postseven.com/

 

女性と一緒にいる時は良いカッコしたい…なんて思ってしまうのは、ある意味男の“サガ”ではあるのですが、いくらなんでもこの豹変ぶりは異常です。

 

もしも、「東名あおり事故」も、同乗する女性の前で良いカッコしたいたがために起こした事故だったとしたら…あまりに身勝手過ぎると言わざるをえません。

 

 

 

「東名あおり事故」の加害者・石橋和歩の余罪が話題に

 

石橋和歩はあおり運転常習犯だった!当たり屋をやっていたとの情報も…

 

「東名あおり事故」の時、石橋和歩の車に同乗していた女性の証言により、石橋和歩には余罪があることが明らかになりました。

 

それによると、2017年4月頃から8月までの約4ヶ月の間に、石橋和歩はなんと10回以上ものあおり運転による交通トラブルを起こしていたことが判明しています。

 

 

出典:http://noranekookayama0424.blog.fc2.com/

 

これまでの調べで、石橋容疑者が今回の事故の約1カ月前にも、山口県下関市の一般道で同様の妨害走行を3件起こしていたことが分かっている。そのうち5月9日の事案では、追い越そうとした車の進路を妨害して停車させようと幅寄せし、接触事故を起こしたという。山口県警はこの事故で、自動車運転処罰法違反(過失致傷)容疑で書類送検していた。

 

引用:激高、あおり…ハンドル握ると攻撃的になる“人格変貌”男の犯行か 東名高速夫婦死亡事故 https://www.sankei.com/

 

さらに、石橋和歩は運転免許を取得してから7回の交通違反と4回の交通事故を起こしており、中には故意に事故を起こして相手に金を請求する、当たり屋だったとの情報まであります。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

 

石橋和歩、「東名あおり事故」の2ヶ月後にもあおり運転でトラブルを起こしていた!

 

さらに石橋和歩は、「東名あおり事故」により萩山嘉久さん夫婦が亡くなったわずか2ヶ月後、別の男性が運転する車をあおり運転により停車させ、トラブルを起こしています。

 

 

出典:http://noranekookayama0424.blog.fc2.com/

 

しかも、「東名あおり事故」により神奈川県警に任意提出していた自分の車を、受け取る手続きを神奈川県内で済ませ、レンタカーで自宅に帰る途中にトラブルを起こしていたのです。

 

石橋和歩は、通報を受けて警察が駆けつけた後も「殺すぞ」と何度も怒鳴りつけ、挙げ句の果てには次のように叫んだと言います。

 

「俺は人を殴るために生きてるんだ!」

 

ちなみに、この時のトラブルの被害者の車は、「東名あおり事故」で被害にあった萩山嘉久さん一家が乗っていた車と同じ車種だったそうな…。

 

 

 

「東名あおり事故」の加害者・石橋和歩の現在 

 

石橋和歩に一審の裁判員裁判で懲役18年の実刑判決が下る

 

2018年12月14日、石橋和歩の裁判員裁判による判決公判が横浜地裁で開かれ、深沢茂之裁判長は石橋和歩被告に、懲役18年の実刑判決を言い渡しました。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

判決理由は次の通り。

 

「4度の妨害運転後に停止させたのは密接に関連した行為といえる。死傷の結果は妨害運転によって現実化した」と述べ、被告のあおり運転と夫婦の死亡に因果関係があると認定し、危険運転致死傷罪が成立すると判断した

 

判決は「常軌を逸しており、強固な意志に基づく執拗(しつよう)な犯行で結果は重大。家族旅行の帰りに突然命を奪われた無念は察するに余りある」として、被告について「真摯(しんし)に反省しているとまでは言えない」とした。

 

一方で、高速道路上で停車させた速度ゼロの状態が同罪の構成要件の「重大な危険を生じさせる速度」とするのは解釈上無理があると指摘。停車状態で大きな事故が生じたり、事故の回避が困難になったりするとは認められないとした。

 

引用:東名あおり事故、石橋和歩被告に懲役18年判決 横浜地裁 危険運転致死傷罪認める https://www.sankei.com/

 

石橋和歩被告の弁護側は、この判決を不服として、12月21日に控訴していました。

 

 

石橋和歩の控訴審は、一審の懲役18年を破棄して審理差し戻しに…

 

2019年12月6日、石橋和歩の控訴審判決公判が東京高裁で開かれました。

 

そこではなんと、山芳史裁判長が、懲役18年の実刑判決を下した一審・横浜地裁の裁判員裁判判決を破棄、審理差し戻しを命じたのです。

 

 

出典:https://www.fnn.jp/

 

その理由は、一審の公判前整理手続きに不備があり、訴訟手続きが違法と判断されたためなのだとか。

 

東京高裁が一審の何を問題視しているのかと言うと…

 

一審・横浜地裁が裁判官だけの話し合いで危険運転致死傷罪が成立しないと一度は判断し、公判前整理手続きで検察側、弁護側にも見解を表明した点を問題視。法律の適用については裁判官と裁判員が協議して決めると定めた裁判員法に違反し「越権行為だ」と批判した。

 

地裁が審理中に見解を変更して同罪の成立を認め、有罪を言い渡したのは「被告と弁護人に対する不意打ち」と指摘し、この手続きが違法だったと結論づけた。

 

引用:東名あおり運転、審理差し戻し 高裁「手続き違法」 (写真=共同) :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/

 

要するに、横浜地裁が検察側と弁護側を交えた事前の話し合いの中で、「この件は危険運転致死罪は成立しないよ」と明言していたにもかかわらず、審理中にその見解をひるがえしたそう。

 

そして、被告人に危険運転致死罪の成立を認めたのは、被告人と弁護人に対する不意打ちである…と。

 

だったら、最初から危険運転致死罪の成立の可能性もあるよ~という前提の下で、今一度最初からしっかりと話し合いなさい。と言うことのようです。

 

 

出典:https://www.fnn.jp/

 

同罪の成否は裁判員も含め合議で判断すべきで、裁判所が事前に見解を表明することは裁判員法に違反する越権行為だ」と判断して「改めて裁判員裁判をやり直すべきだ」と結論付けた。

 

引用:東名高速夫婦死亡事故 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/

 

しかしその一方で、最高裁は一審の認定事実に基づけば、危険運転致死傷罪が成立する可能性があるとの見解を明確に示しているんですよね。

 

一方、一審判決に基づけば被告による妨害運転は被害者に大きな恐怖心を覚えさせ、高速道路上での停車を余儀なくさせるものだったと指摘。停車後の暴行で後続車両の追突の危険性が高まり、事故を招いたとして、危険な運転と事故との間に因果関係を認めた。

引用:東名あおり運転、審理差し戻し 高裁「手続き違法」 (写真=共同) :日本経済新聞 https://www.nikkei.com/

 

今後は、横浜地裁が裁判員を選任し直し、「危険運転致死傷罪の成立があり得る」ことを前提に、検察側・弁護人側の双方に主張・立証の機会を設け、改めて審理し直すことになります。

 

 

出典:https://delay.fteinfo.com/

 

なお、この結果を受けて、産経新聞は2018年12月15日付けのインターネット版コラムの中で、危険運転致死罪を改正すべきとの主張を展開しています。

 

「高速道路上で強制的に停車させる行為は『危険な運転』でないはずがなく、現行の危険運転致死傷罪には不備がある。条文が想定しきれていない悪質運転による事故が頻発している以上、改正を躊躇すべきではない

 

引用:東名高速夫婦死亡事故 – Wikipedia https://ja.wikipedia.org/

 

高速道路の走行車線に無理矢理停車させたにも関わらず、速度ゼロの車両に危険性はないとの理由で危険運転致死罪が成立しない…なんてバカバカしいにも程がありますよね。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2017年6月5日、東名高速道路上で起きた「東名あおり事故」の加害者・石橋和歩の生い立ちや親、そして事故当時同乗していた彼女、2020年1月現在の裁判や判決を詳しくまとめました。

 

2019年12月6日、東京高裁で開かれた控訴審の結果、懲役18年の一審判決を破棄した上で、審理差し戻しが命じられました。

 

ただ、最高裁が危険運転致死罪が成立する可能性を明示したことは、大きなことだったと言えますね。

 

 

出典:https://friday.kodansha.co.jp/

 

高速道路の走行車線で車を停止させることのリスクは、運転中のリスクを遙かに上回るわけですし、ドライバーであれば誰もがそのことを知っているはず。

 

しかも、石橋和歩は萩山嘉久さんに詰め寄り、胸ぐらをつかんで「高速道路に投げ入れるぞ」「殺されたいか」と明確な殺意を示しているわけです。

 

法律的なことはさておき、心情的にこの蛮行は“殺人”以外の何ものでもないかと…。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

石橋和歩により“殺害された”、萩山嘉久さんと友香さんのご冥福を、心よりお祈りいたします。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

勝又拓哉の現在!生い立ちと母親や冤罪証拠【今市事件の犯人/栃木小1女児殺害事件】

大津いじめ事件の加害者の現在~木村束麿呂・小網健智のその後や被害者への虐め内容など公開

岩崎隆一の生い立ち&両親といとこ!川崎市登戸通り魔事件の犯人まとめ

中田充の生い立ちと現在!福岡母子殺害事件の動機や判決も総まとめ

小番一騎の現在!嫁は南部希実?弁護士・和田正の局部切断事件とその後まとめ

黒子のバスケ脅迫事件の犯人・渡邊博史の現在!生い立ちと親・無敵の人の意味も総まとめ

寝屋川事件・星野凌斗くんの母親や避妊具の真相は?平田奈津美さんらの死因も総まとめ

スーパー玉出がヤバイ&闇が深い?創業者(元社長)の逮捕も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

後藤翔之(秋山莉奈の旦那)の現在!年収や子供・フライデー不倫騒動とその後まとめ

カールルイスの今現在!記録や名言・ドーピング疑惑騒動とその後まとめ

青木隆治の現在!研ナオコ激怒&彼女や結婚の噂など総まとめ

GENKING(ゲンキング)の昔と現在!彼氏や結婚情報・性別や本名も総まとめ

石黒賢の現在!若い頃や石田ゆり子との破局・嫁や子供も総まとめ

死相が出た芸能人10名!16の特徴や見方も総まとめ【2020年最新版】

性の喜びおじさん死去~正体・病気説・犯人の現在やその後も総まとめ

堀鈴香の現在!旦那の事故死とその後まとめ【元ポップティーン読者モデル】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

大本萌景(愛の葉Girls)の母親と父親・裁判や現在!死去の真相まとめ

山田浩二の生い立ちと親・死刑判決の現在まで!寝屋川中1殺害事件の犯人まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す