ウトヤ島ノルウェー銃乱射事件の犯人と現在!被害者や生き残りのその後・判決・映画化も総まとめ

2011年7月22日にウトヤ島で起きた「ノルウェー銃乱射事件」では犯人の主張や判決が注目を集めました。

 

今回はノルウェー銃乱射事件の概要、被害者数、事件の経緯や判決など詳細、生き残りのその後、映画化など現在を紹介します。 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の概要

 

2011年7月22日に起きたテロ事件

場所:ノルウェー オスロ、ウトヤ島

標的 ノルウェー政治指導部(オスロ)ノルウェー労働党青年部(ウトヤ島)

攻撃手段:爆破、銃乱射

死亡者77人、負傷者 100人以上

容疑者:アンネシュ・ベーリング・ブレイビク

 

2011年7月22日午後5時頃、ノルウェーのオスロ近郊にあるウトヤ島で行われていた、約700名が参加するノルウェー労働党青年部の集会を標的にした大量殺戮事件が発生しました。

 

犯人であるアンネシュ・ベーリング・ブレイビクは、この事件の前にオスロにある行政機関の庁舎が爆破事件を起こし、その後、警察官の制服に着替えてボートでウトヤ島に上陸します。

 

そして、自身がついさっき行った爆破テロの捜査を口実に近づき、その後、銃の乱射による大量殺戮を始めました。

 

逃げ惑う子供たちをブレイビクは銃で殺戮して回り、ブレイビクから逃れるために、泳いで脱出をする者もおり、そのうちの2名は溺死してします。

 

事件後、島からは爆発していない爆弾が発見されたことから、ブレイビクは爆弾を使って更なる被害を出そうとしていたことも判明しました。

 

市庁舎爆破事件では8名、その後のウトヤ島での銃乱射事件では69名が犠牲となりノルウェーにおいて第2次世界対戦以降、最悪の大惨事となっています。

 

なお、ウトヤ島での銃乱射事件の犠牲者の中には、王太子妃の義兄が含まれていました。

 

また、ブレイビクは当時移民の受け入れを推進していたグロ・ハーレム・ブルントラント元首相の暗殺も企てていました。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の被害者数

出典:https://pixabay.com/

 

ノルウェー労働党青年部の集会(サマーキャンプ)は、ノルウェーの当時の首相であるイエンス・ストルテンベルグの労働党青年部が主催したものです。

 

事件発生時、ウトヤ島には10代と20代の青年がおよそ700人滞在していました。

 

このうち、ブレイビクの銃乱射により、69名の子供や若者が犠牲となっています。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の犯人はアンネシュ・ベーリング・ブレイビク

 

子供や青年69名、その前に起こしていた爆破事件での死亡者8名の計77名を殺害したのは、極右思想を持つキリスト教原理主義者のアンネシュ・ベーリング・ブレイビク(当時32歳)です。

 

ウトヤ島での銃乱射事件後に逮捕されましたが、ブレイビクは持っていた銃に大量の弾丸を残しながらも警察に向かって一切発砲しませんでした。

 

また事件後、投降することを警察に電話していたことがわかっています。

 

銃撃戦を繰り広げて自身も命を失うのではなく、生きて法廷の場で自分の思いを訴える狙いがあったとみられています。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の詳細① 犯人は何年も前からテロの準備していた

 

 

ブレイビクは2009年秋、爆弾を作るために必要な爆薬や化学肥料を入手する目的で、鉱山会社や農場を購入しました。

 

爆弾を作るにあたり、ノルウェー国内のネオナチ系サイトに掲載されていた、自動車爆弾の製造方法を参考にしていたようです。

 

さらに、2011年5月に爆弾の材料となる肥料6トンを購入し、約80日間をかけてアンホ爆薬を使用した爆弾を製造しました。 

 

ノルウェーでは狩猟や射撃目的で銃を所持することは認められており、ブレイビクも許可証を得た上で拳銃と自動式ライフル銃を所持していました。

 

そして2011年7月17日、ツイッター上に犯行声明を出し、同月22日の犯行直前に1514ページに及ぶ文章をWeb上に公開しました。

 

そこには自ら「テンプル騎士団」と自称し、詳細な殉死作戦が書き連ねられていたのです。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の詳細② 庁舎の爆破を決行

 

2011年7月22日午後3時半頃、ノルウェーの首都オスロの中心部にある、17階建ての首相府および法務・警察省庁舎付近において、ブレイビクが仕掛けていた爆弾が爆発しました。

 

庁舎の最上階には首相の執務室がありましたが、この時ストルテンベルグ首相は不在だったため、被害を免れています。

 

この爆発により、石油・エネルギー省や貿易・産業省庁舎で火災が発生し、付近の建物も被害を受けました。

 

爆発現場となったのは、日本でいう霞ヶ関のようなノルウェーの行政機関の庁舎が立ち並ぶ地域であり、同国の主要紙であるヴェルデンス・ガング本社も近くにありました。

 

このテロ事件が発生したのは金曜日の午後でしたが、当時はバカンスシーズンであり出勤していた人が少なかったため、被害は最小限だったと言われています。 

 

事件後、警察は市民に対してオスロ中心部から避難するように指示し、付近の道路は全て封鎖されました。

 

なお、ブレイビクは重さ約950キロと推定される車爆弾を複数仕掛けており、数回にわたり爆発が起きたとみられています。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の詳細③ ウトヤ島での銃乱射を決行

 

 

ブレイビクは庁舎での爆弾テロを実行した後、オスロ近郊にあるウトヤ島近くにタクシーで向かい、そこで警察官の制服に着替えてボートで島に上陸しました。

 

事件当日のウトヤ島ではノルウェー労働党青年部のサマーキャンプが行われており、10代から20代の青年約700名が参加していました。

 

午後5時頃、ブレイビクは爆破テロ事件が起きたことを伝えた上で、キャンプ参加者を守るために島に来たと関係者に語ったようです。

 

そして「こちらへおいで。大事なお知らせがある。こちらへおいで。怖がることはないよ」と安心させながら子供や青年たちを近づかせ、集まってきたところで突然、銃を乱射し始めました。

 

阿鼻叫喚の地獄絵図となった現場の様子を、被害者の1人がインタビューで答えています。 

 

銃撃犯から数歩しか離れていない至近距離の岩の陰にいた少女は、犯人の息づかいまでが聞こえたという。「人びとがあらゆる方向に逃げ回ってた。男は撃って、撃ちまくった」

 

 左肩を撃たれた男性(21)は病院で、豪ABCテレビに対し、現場はまるで「ナチスの映画」のようだったと語った。

 

   「みんなのことを撃ち始めたので、僕は横になって死んだふりをした。2メートルも離れていないところに立っていた。あの男の息が聞こえてきたし、銃が熱くなっているのも分かった。彼は1人1人、生きているかどうか蹴って確かめたり、銃を撃ったりしていた」

 

 また、カムジーさんは、友人たちと走って逃げた様子をブログで語った。

 

   「私たちはとにかく走り続けた。銃撃犯が、警官の格好をしているとわかって絶望した。だって、それなら誰を信じればいいの?もし警察を呼んだとして、それでやって来た人たちが、本当に私たちを『救助する』ために来たのかどうかわかる?」

 

引用:生存者が語る、ノルウェー・ウトヤ島の銃乱射事件


ブレイビクは確実に殺せるように、1人当たり2発ずつ弾丸を打ち込んでいくという念の入れようでした。

 

仲間が次々と銃弾に倒れていく中、青年たちの中には島から泳いで脱出を図ろうとする者もおり、このうち2名が溺死しています。

 

この日は本当なら、ノルウェー労働党青年部党首で同青年部の代表を務めたこともあるストルテンベルグ首相がウトヤ島に訪れる予定でした。

 

事件後にウトヤ島では使用されていない爆弾も発見されており、もし首相が来ていたなら、爆弾が使われてさらに被害が拡がっていたかもしれません。 

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の詳細④ 犯人の逮捕と裁判

ウトヤ島銃乱射事件

出典:https://afpbb.ismcdn.jp/

 

ブレイビクは銃乱射テロを起こした後、無抵抗で投降することを警察に電話で伝えており、銃撃戦をすることなく逮捕されました。

 

翌7月23日には殺人や反テロ法違反の罪で起訴され、同月25日には勾留延長について尋問するためにオスロ地方裁判所に出廷しています。

 

ノルウェーでは国民に知る権利を保障していることから、原則的に裁判は全て公開されますが、ブレイビクのゆがんだ思想が市民に影響することが懸念され、非公開になりました。

 

また、慣例となっていたメディアによる犯人へのインタビューも行われなかったことから、ブレイビクが法廷で自分の理念を世間に広めるという目的は果たされることはありませんでした。

 

 

ブレイビクの裁判での主張

 

ブレイビクがテロ事件を起こした動機は、「イスラムによる乗っ取りから西欧を守るため」であり、移民受け入れによる多文化共生主義を真っ向から否定することが目的でした。

 

ブレイビクは愛国心に基づいてテロ事件行った自負があり、手段は非道だったが仕方ないことだったとして無罪を主張しました。

 

同時に、ブレイビクは自分の所属している組織に同様の理念を持っている人間があと2人いることを示唆しました。

 

この審理は約40分続き、警察が求めていた8週間の勾留延長も認められています。

 

その後の8月13日には、ウトヤ島にてブレイビクの犯行を再現する形で現場検証が行われました。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の詳細⑤ 犯人の判決

ウトヤ島銃乱射事件

出典:https://afpbb.ismcdn.jp/

 

犯人は統合失調症だった?

 

11月29日に行われた犯人・ブレイビクの精神鑑定において、統合失調症と診断されました。

 

この精神鑑定は2人の精神科医がブレイビクと36時間に及ぶ面会を行い、その結果、ブレイビクは犯行当時、妄想の世界で生きていたと判断され、責任能力がないと結論づけられました。

 

この診断結果により、ブレイビクは刑務所に収監されずに精神病院での治療になる可能性が浮上します。

 

これに対して被害者遺族が猛反発し、2012年1月に裁判所は再鑑定を命じました。

 

 

ブレイビクの判決内容について

 

2012年3月7日、ブレイビクはテロ及び殺人容疑で起訴され、4月16日に公判が開始されました。

 

前述の精神鑑定結果が最大の争点となり、検察側はブレイビクを精神病療養施設へ強制収容するように主張しましたが、ブレイビク側は精神病ではないと反論しています。

 

ブレイビクは自分の信念に従って行った犯行が、精神病という言葉で片付けられ、訴えたいことが葬られることを恐れたため、精神病であることを否定し続けたようです。

 

オスロ司法裁判所は最終的にブレイビクに責任能力はあったと認め、 禁錮最低10年、最長21年の判決を言い渡しました。

 

日本人の感覚からすれば、事件によって亡くなった方が69名もいるのに非常に刑が軽いという印象ですが、この判決はノルウェーにおいては最高刑にあたります。

 

また、人道に対する罪が適用されれば禁錮30年となるため、司法当局が動く可能性も報じられました。 

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件のその後

ウトヤ島に遅れた警察に避難殺到

 

この「ウトヤ島銃乱射事件」において、現地に駆けつけるのが遅れた警察に対して世間からの批判が殺到します。

 

オスロ警察が現場に駆けつけるのが遅れた理由として、出動要請をしていたSWATの到着待ちだったことや、詳細な状況が把握できずにいたことなどが挙げられました。

 

また、ウトヤ島に向かうボートが小さく、重装備の警察官等を乗せるには重量オーバーで、上陸に手間取っていたようです。 

 

加えて、特殊部隊の輸送に適しているヘリコプターは、飛行制限があるものを一機しか所有していなかったため、事件発生後も使われませんでした。

 

こうした警察の初動ミスとも取れる問題点がいくつも浮上しましたが、事件当時、警察側は初動に問題なかったと発表しています。

 

しかし2012年8月の独立検証委員会による調査結果では、警察の対応次第で事件の防止は可能だったと報告され、警察トップが辞任する事態に至りました。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件各国の反応

 

ブレイビクが起こした「ウトヤ島銃乱射事件」「庁舎爆破事件」の2つの凶悪テロ事件について、各国の反応を以下に紹介します。

 

 

欧州連合

欧州理事会議長のヘルマン・ファン・ロンパウ氏は「卑劣なテロだ」と批判し、欧州委員会委員長のジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ氏もノルウェー政府の支持を表明。

 

日本

当時の首相である菅直人氏は「犠牲となられた方々とその御遺族に心からお悔やみを申し上げます。また、負傷された方々の一日も早い御回復を祈念します」、「無辜の人々を犠牲にする暴力行為はいかなる理由によっても許されないことであります」、「ストルテンベルグ首相、ノルウェー政府そしてノルウェー国民に対して連帯の意を表すつもりであります」との声明を発表。松本剛明外相は暴力行為を否定し、事件を非難する声明を発表。

 

中国

馬朝旭外務省報道官は、ブレイビクが起こした2つのテロ行為への非難声明を発表。

 

アメリカ合衆国

バラク・オバマ大統領は、ノルウェーに対する支援を表明。

 

フランス

ニコラ・サルコジ大統領は、ノルウェー首相府に「憎むべき許しがたい行動」としたためた書簡を送り、ブレイビクが起こしたテロ事件を非難。

 

ドイツ

アンゲラ・メルケル連邦首相は「厳しく非難すべきテロである」、「本事件の遺族らに哀悼と連帯の意を表する」とした緊急声明を表明。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件現在① 生き残りの3分の1以上がPTSDを発症

 

この世の地獄絵図と化した「ウトヤ島銃乱射事件」の被害者たちは、3分の1以上がPTSD(心的外傷後ストレス障害)になったと言われており、その後も長く苦しんでいます。

 

ただその中でも懸命に生き、結婚して静かに暮らしている人や、理不尽と戦うために政治家になった人など、その後の人生に大きく影響を与えているようです。

 

ここからは、テロ事件の被害者となった方々のインタビューを紹介します。 

 

 

イルバ・シュウェンケ (当時15歳/2021年現在24歳)

 

テロ事件当時15歳だったイルバ・シュウェンケさんは、ブレイビクの凶弾を受けながらも奇跡的に助かりました。

 

そして、失っていたかもしれない命だからこそ、現在を精一杯生きる生き方ができるようになったようです。 

 

殺戮が起きている間、イルバは「恋人の小道」の近くに隠れていたが、肩と腹部、両ももを撃たれた。事件後、彼女はこう語っていた。「この傷痕に誇りを持っている。自分が信じるものと引き換えに受けたものだから。私が意気消沈しても誰のためにもならないし、まして自分のためにならない。だから私は毅然と振る舞い、人生の楽しいことに集中する」

 

現在はジャーナリストとして働き、秋には大学の修士課程に進む。「いま悩んでいるのは、どう生きるべきか分からないといった20代にありがちな問題。つらいときや、困難にぶつかったときは自分にこう言う──あなたは14歳で死んでいたかもしれないのだ、と。今は問題があっても、少なくとも生きている。そう考えると、物事をより広い視点で見られる

 

過去の自分にはこうアドバイスする。「将来、とても多くの善良な人に出会うだろう。与えられたチャンスに挑戦し、旅をして、働き、修士号を取る。幸せを感じても、やましく思わなくていい。事件のことが遠く感じられるようになったら、以前と同じく日常の小さなことが気になるだろう。でもそれは事件を忘れたわけではなく、違う形で思い出しているだけだ」

 

引用:【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会

 

普通の人は当たり前のように生きていると思いがちです。

 

しかし、誰もがある日突然に事件に巻き込まれて死ぬこともあり、実際に九死に一生を得たことでイルバ・シュウェンケさんは、その後の人生観が大きく変わったようです。

 

そんなイルバ・シュウェンケさんは現在、ジャーナリストとして働いています。

 

トルヘ・ハンセン (当時14歳/2021年現在23歳)

 

テロ事件当時14歳で最年少だったトルヘ・ハンセンさんは、兄がブレイビクに撃たれたようです。

 

銃撃テロに遭った当時、トルヘは14歳。サマーキャンプ参加者の中で最年少だった。

 

トルヘは兄ビリヤルと、数人の若者と共に「恋人の小道」の下に隠れていたが、兄が撃たれると湖へ泳ぎだした。だが銃弾が飛んできたため、方向転換して水中に潜り、その後ボートに助けられた。

 

現在は若者や子供相手の仕事をし、音楽やアート作品を作っている。「暗闇が生きる力をくれると、僕はずっと思っていた。苦痛や死のこと、人はいつ死んでもおかしくないという事実が頭から離れない。未来のことは考えない。成功しようという野心なんて僕には必要ない。今を十分楽しんでいるから」

 

引用:【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会

 

一歩間違えれば殺されていたというギリギリの体験をしたトルヘ・ハンセンさんは、今を懸命に生きることを大切に考えるようになったようです。

 

音楽やアート作品を通して命の大切さ、生きることの大切さを伝えていくことでしょう。

 

 

セシリエ・ヘルロフセン (当時17歳/2021年現在26歳)

 

テロ事件当時17歳だったセシリエ・ヘルロフセンさんは、ブレイビクに撃たれたことで右腕と親友を失うという地獄を体験しました。

 

殺戮の間、セシリエはウトヤ島の南端に、親友のアンドレーネと一緒に隠れていた。肩とあごを撃たれたが、銃弾は親知らずのところで止まり、おかげで命が助かったのかもしれない。親友は亡くなり、セシリエは右腕を切断した。銃撃で受けた傷のせいで、セシリエは働くことができない。現在はミコという名の犬と暮らし、合唱団で歌っている。

 

『ウトヤ刑務所』と私が呼んでいるところから出られるよう努力している。でも傷のせいで、完全には自由になれないだろう。私は強いが、それでも日々を生きていくのは大変だ。調子がいいときには、以前よりも生きる喜びを感じられる。より自信がついて、より内省的になった」

 

過去の自分にはこうアドバイスする。「負の側面には目を向けないで。始めたことは続けて。孤立しないで、近しい人々には自分の気持ちを打ち明けて。あなたは彼らの重荷ではないのだから」

 

引用:【写真特集】ウトヤ島乱射事件、惨劇の被害者との10年目の再会

 

セシリエ・ヘルロフセンさんの目には、生きるという強い決意が感じられます。

 

 

ウトヤ島でのノルウェー銃乱射事件の現在② 映画化されている

 

ウトヤ島、7月22日

上映日:2019年03月08日

製作国:ノルウェー

上映時間:90分

 

2019年3月8日に公開された映画「ウトヤ島、7月22日」は、事件当日が72分間ワンカットで映像化された鬼気迫る内容で、視聴した人の評価は比較的高いようです。

 

映画紹介サイトに掲載された視聴者の評価を紹介します。

 

実話に基づくストーリー。

仮想で作られてるがワンカットで制作してるから緊迫感が半端ない。

映画ミストみたいな展開でした。

 

引用:フィルマークス – ウトヤ島、7月22日の映画情報・感想・評価・動画配信

 

絶対足震えるほど怖い状況なのにお姉ちゃん人助けて偉すぎ。

妹探す気持ちはわかるけど他の人まで目まわらないと思う。

ミストみたいな終わり方だな

 

引用:フィルマークス – ウトヤ島、7月22日の映画情報・感想・評価・動画配信

 

わたしが知らないだけでテロはたくさん起こってるんだろうなあって気づかされた

画面越しに再現をみてるだけでも怖いのに、実際にここにいた人たちはどんな気持ちなんだろうか

何も悪いこともしてない普通の生活をおくってきた人たちが狙われるのはやっぱりおかしい、無差別テロって本当に残酷

“わからないと思うけど最後まできいて”、最初のわたしたちに向けてのセリフ?に一瞬どきっとした

セリフは少ないけどだからこそ、恐怖がひしひしとつたわってくる

こういうことって突然起こるんだよね、さっきまで普通の会話をしてたのに次の瞬間には銃声が

逃げるときって1人の方がいいのかみんなと一緒の方がいいのか迷う
1人だったら恐怖で動けなくなりそう、でもみんなとだったら揉めそう
少しでも判断を間違えたら命はないもんなあ
そんな恐怖に怯えながら生活している人たちは世界にはたくさんいるってことを忘れないようにしようって思った

 

引用:フィルマークス – ウトヤ島、7月22日の映画情報・感想・評価・動画配信


日本ではこのような銃乱射事件はほぼありませんが、海外では数十人が殺害される規模のテロ事件は比較的発生しています。

 

これを対岸の火事だと思わず、「ウトヤ島、7月22日」を通して命のあり方について考えることは、亡くなった犠牲者の人たちへの追悼にもなるでしょう。 

 

 

まとめ

 

2011年7月22日にノルウェーのオスロやウトヤ島で発生した、犯人・ブレイビクによるテロ事件についてまとめてきました。

 

ブレイビクがいくら愛国心を主張してテロ事件を正当化したとしても、多くの青年や庁舎の人たちを無差別に殺害したことは罪に他ありません。

 

このウトヤ島での事件は映画化もされ、多くの人に衝撃を与え続けています。

 

そして、生き残ってPTSDで苦しみ続けている方々が懸命に生きている姿を見ると、決してテロでは人の心は捻じ曲げられないという人間の強さも感じますよね。

 

亡くなった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

マデリン・マクカーン失踪事件の真実と犯人!両親への疑惑や霊視結果・Netflix番組も徹底紹介

ジェフリー・エプスタインは暗殺?資産・結婚や子供・逮捕と日本人との関係・死因や真実も総まとめ【ヘッジファンドのオーナー】

ハンター(バイデン息子)のスキャンダルと家族!兄嫁やオバマ娘との関係・小児性愛疑惑や逮捕の噂も総まとめ

ブラックマンデーはいつ?原因や影響・日経平均と為替のチャートなどわかりやすく解説

トワイライトゾーン死亡事故の原因!ヴィック・モローや子役の死因/ラストシーン動画/その後も徹底解説

マレーシア機行方不明事件の真相と現在!370便のその後・撃墜事件も総まとめ

ヘンリー・リー・ルーカスの一生!家族や生い立ち・晩年や死因まとめ【ハンニバル・レクター博士のモデル】

イルミナティカードの予言一覧!新型コロナやオリンピック延期・地震と津波・トランプの件も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

ジョージ・フロイドの犯罪歴と死因!何をした?偽札騒動や警察官の過剰行為・その後のデモへの流れも徹底解説

ジュリアナ・ブラウンの現在!年齢と経歴・元カレと彼氏・逮捕の噂まとめ

東日本大震災(3.11)の被害!震度や死者数・津波動画・被災した有名人とその後現在まとめ

神宮外苑火災事故・日本工業大学の現在!火事の原因や真相も総まとめ

大矢誠の現在!猫13匹虐待事件の犯人の経歴・裁判の判決まとめ

阿部利樹(アクリフーズ農薬混入事件の犯人)の現在!生い立ちと家族・犯行動機と判決・出所後まとめ

小林基の現在!桜宮高校体罰事件の加害者教師・被害者生徒の自殺・判決などその後も総まとめ

ヒンターカイフェック事件の犯人と真相!写真や関連映画も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

大澄賢也の若い頃と今現在!元嫁/小柳ルミ子との結婚と離婚理由・岡千絵との再婚・子供の有無も総まとめ

竹下亘(竹下登の弟)の死因は食道がん!家系図と家族・結婚した嫁と子供・DAIGOとの関係も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す