福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件の遺体・生き残りのメモや手記・現在の考察も徹底解説【アンビリバボーで特集】

近年全国で獣害が多発していますが、中でも「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」は凄惨で、アンビリーバボーで特集されました。

 

今回は事件の経緯や死者など詳細、遺体の状況、生き残り3人のメモや手記、現在の考察を紹介します。

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」とは 【アンビリーバボーでも特集】

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」は、1970年7月に北海道静内郡静内町(現・日高郡新ひだか町静内高見)で発生しました。

 

日高山脈カムイエクウチカウシ山に登山に訪れていた、福岡大学ワンダーフォーゲル同好会(後に部に昇格)がヒグマに襲撃され、3名の尊い命が失われました。

 

この事件は、「福岡大学ワンダーフォーゲル同好会ヒグマ襲撃事件」「福岡大学ワンゲル部員日高山系遭難事件」とも呼ばれています。

 

福岡大学ワンダーフォーゲル部の登山予定ルート

日高山脈カムイエクウチカウシ山の登山に参加したメンバーは、福岡大学ワンダーフォーゲル同好会の5人です。

 

リーダーを務めた竹末一敏さん(当時20歳)、サブリーダーの滝俊二さん(同22歳)、興梠盛男さん(同19歳)、西井義春さん(同19歳)、河原吉孝さん(同18歳)でした。

 

1970年7月12日9時に博多駅発の電車に乗り、14日に北海道上川郡新得町の新得駅へ到着しています。

 

そして、同日14時半に芽室岳へ入山、ペテガリ岳へ向けて日高山脈を縦走する計画でした。

 

この「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」で犠牲になったのは、リーダーの竹末一敏さん、興梠盛男さん、河原吉孝さんの3人です。

 

ちなみに、ワンダーフォーゲルとは、「青少年が自然溢れる山野に出向き、それを通じて心身を鍛える運動」を総称するスポーツです。

 

ワンダーフォーゲルはドイツ語で「渡り鳥」の意味であり、登山に限定されず、幅広い自然環境と触れ合うことを目的としています。

 

こう聞くと、専門の登山家ではなかったため事故が起きたと思われがちですが、福岡大学ワンダーフォーゲル同好会は事前に入念な下調べと準備をし、万全を期して登山に臨んだようです。

 

 

アンビリーバボーで特集され話題に

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」は、2013年7月11日放送のフジテレビ系番組「奇跡体験!アンビリバボー 山に潜む恐怖★残された絶命までの記録」で特集されました。

 

次の章からは、その特集の内容も取り入れつつ、「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」について詳しく紹介していきます。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細① ヒグマの接近

 

1970年7月12日9時頃、福岡大学ワンダーフォーゲル同好会の竹末一敏さん、滝俊二さん、興梠盛男さん、西井義春さん、河原吉孝さんの5は博多駅を出発、北海道新得駅に向かいました。

 

14日に到着した5人は、14時半から芽室岳へ入山し、ペテガリ岳を目指して登山を開始します。

 

予定より大幅に遅れておよそ10日後となる25日、1979m地点にあるカムイエクウチカウシ山・八ノ沢カールに到着しました。

 

予定の遅れから、翌日の登頂後すぐに下山を開始する計画に変更し、その日の夕方にテントを設営して最後の行程のために準備をし始めます。

 

しかし、登山最後の前夜、待ち構えていたようにヒグマが5人のテントに迫ってきていました。

 

10メートルの距離までヒグマが近づきましたが、5人はこの時はそれほど恐れておらず、物珍しさもあって、興梠盛男さんは家族に自慢するためにカメラで撮影をしていたほどでした。

 

それから30分経過後、ヒグマはさらに近づいてきて、テントの外に置いていたキスリング(荷物)を漁り、食料を探し始めました

 

登山に欠かせない貴重な食料を食べられるとまずいと感じた5人は、火を起こしたり、ラジオのボリュームを上げたり、食器をガンガンと鳴らしてヒグマを追い払うことに成功します。

 

その隙にキスリングをテントの中に入れて確保しました。

 

その後の午後9時頃、5人は登山での疲れからすでに就寝中でしたが、再びヒグマが近づいてきました。

 

唸りと荒い息遣いから空腹で飢えている様子で、さらに食料を隠されたことに腹を立てたようにテントに攻撃を加え、こぶし大の穴を空けて去っていきました。

 

メンバーはいよいよ恐怖を覚え、それからは2時間毎の交代制で見張りを立てて寝ることにしました。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細② ヒグマの1度目の襲撃

 

日をまたぎ、5人は7月26日午前3時に起床しました。しかし、ヒグマがいつまた現れるかも分からない恐怖に怯えていたため、誰もが一睡もできませんでした。

 

すぐにその場を離れるために荷造りをしていたところ、ヒグマが再び現れました

 

ヒグマはしばらく距離を取って様子をうかがっていましたが、テントに近づいてきたため、メンバーは急いでテントの中に避難しました。

 

ヒグマは食料を奪い取ろうとテントを押しつぶそうとしてきたため、メンバーは必死にテントを支えて5分ほど格闘が続きました。

 

しかし、ヒグマの腕力にはかなわないと危険を感じたことから、5人は反対側の入口から急いで逃げ出します。

 

すると、ヒグマはテントを完全に押しつぶし、中にあったキスリングから食料を引っ張り出して食べ始めました。

 

リーダーの竹末一敏さんはこのままではヒグマで命を落とす危険を感じ、サブリーダーの滝俊二さんと最年少の河原吉孝さんの2人を別動隊として下山させ、救助を呼びに向かわせました

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細③ 2人が救助要請のために下山

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件

出典:https://lh3.googleusercontent.com/

 

1970年7月26日早朝  2人が北海道学園大学のパーティーと遭遇

 

7月26日午前5時頃に滝俊二さんと河原吉孝さん2人は下山を始めます。

 

そして、午前7時10分頃には北海道学園大学の北海岳友会のパーティ18人と出会うことができました。

 

話を聞くと、このパーティーも2日前に同じヒグマに襲われていて、命からがら逃げて下山してきたということでした。

 

2人は北海学友会のパーティーから一緒に下山するよう勧められましたが、他の3人を置いていけないと伝え、北海学友会に下山後に救援要請を出してほしいと依頼します。

 

北海学友会パーティーはヒグマのいる山中に戻るのは危険だと必死に諭したものの、最終的には説得が難しいと考え、食料と燃料を分けて救援隊を呼ぶことを固く約束して下山を始めました。

 

食料、燃料、コンロ、地図などを受け取った滝俊二さんと河原吉孝さんは、3人と合流するため、八の沢を再度登り始めました

 

 

1970年7月26日午後15時 再び5人が合流した 

早朝6時10分頃、竹末一敏さん、興梠盛男さん、西井義春さんはヒグマが去ったことを確認後、半分になっていたキスリングの一部を回収し、疲労のあまりその場で数時間仮眠を取りました。

 

幸い、目を覚ます時までヒグマは現れず、残りのキスリングを回収して来た道を戻り、稜線に戻っています。

 

その道中で、鳥取大ワンゲル部や中央鉄道学園のパーティーと遭遇し、ヒグマの出没情報を共有しました。

 

そして午後15時頃には、滝俊二さん、河原吉孝さんの2人が合流し、5人が揃っています。

 

5人はヒグマに壊されてしまったテントを修復し、より安全だと思われる別の稜線に移動してテントを設営しました。

 

これで安心だと感じた5人は、翌日の下山のために休憩を取りました。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細④ 最初の死者:河原吉孝さん

福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

安全だと思ったのもつかの間、7月26日午後4時半ごろ再びヒグマが姿を現しました。

 

ヒグマは今度は様子を見ることなく、大胆にテントを襲い始めたそうで、メンバーは急いでテントから逃げ出します。

 

少しでも荷物を回収しようと竹末一敏さんがヒグマの様子をうかがいますが、ヒグマはなかなかテントから離れず、荷物回収は諦めることにしました。

 

そして5人はテントを放棄して、鳥取大のパーティーに合流することを目指して一気に沢を下って行きました。

 

午後6時半頃にはすっかり日が暮れて、辺りは暗くなりつつあったところ、西井義春さんがふと後ろの気配に気づいて振り返ると、なんとヒグマが猛烈な勢いで追いかけてきていました。

 

5人は恐怖に駆られて逃げ出しましたが、最年少の河原吉孝さんだけが別の方向に逃げてしまい、それが囮となる形でヒグマはそちらに向かって行きました。

 

そして間もなく、「ギャーッ!」 という凄まじい悲鳴が響きわたったといいます。

 

また、「畜生!!」と叫びながら鳥取大のパーティーがいる方向へ足を引きずりながら逃げていく河原吉孝さんの姿を4人は確認しました。

 

しかし、4人が河原吉孝さんの姿を見たのはこれが最後でした。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細⑤ 2人目の死者:興梠盛男さん

 

河原吉孝さんがヒグマに襲われたことを確認したリーダーの竹末一敏さんは、近隣にいると思われる鳥取大のパーティーに助けを求めました。 

 

その声を聞いた鳥取大パーティーは、ヒグマがいると察知し、焚き火を起こしたりホイッスルを鳴らしたりして福岡大パーティーに居場所を知らせました

 

そして、自分達も避難するために下山を始めましたが、福岡大パーティーのためにテントと物資はそのままにしておきました。

 

竹末一敏さん、滝俊二さん、西井義春さんの3人は鳥取大のパーティ―のテントで合流できましたが、興梠盛男さんだけが逃げる途中にはぐれてしまったようです。

 

竹末一敏さんは大声で呼びかけましたが、興梠盛男さんから返事は返ってくることありませんでした。

 

実はこの時、興梠盛男さんは竹末一敏さんの声が聞こえていましたが、20メートル下の崖にヒグマがいたため、居場所を知らせることができませんでした。

 

そしてこの後、興梠盛男さんはヒグマに襲われたと見られています。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細⑥ 3人目の死者:竹末一敏さん

出典:https://pixabay.com/

 

ヒグマから逃げ始めて3日目の27日早朝、3人を追い詰めるように、この日は朝から霧が立ち込めて3メートル先も見えないような状態でした。

 

それでも、3人は興梠盛男さんが生きていることを信じて、午前8時に捜索に出発しました。 

 

竹末一敏さん、滝俊二さん、西井義春さんの順番で縦に並び歩いていましたが、出発して15分後、先頭を歩いていた竹末一敏さんの2メートル前の霧の中に突然、ヒグマが現れました

 

恐怖のあまり、竹末一敏さんは八ノ沢カールの方向に逃げていきましたが、ヒグマはそれを追いかけるように霧の中に消えてきました。

 

これが残された2人が竹末一敏さんの姿を見た最後でした。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細⑦ 残り2人は生還

 

ついに2人になってしまい、恐怖に駆られた滝俊二さんと西井義春さんは、急いで麓まで下りました。

 

午後1時頃には山を抜けて、なんとか五ノ沢の砂防ダムの工事現場に到着しました。

 

現場にいた人にヒグマに襲われたことを伝え、自転車を借りて近くの駐在所まで助けを求めに行きました。

 

この時すでに午後6時を過ぎていて薄暗くなっていたため、遭難した3人の救助活動は翌日に持ち越されました。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の詳細⑧ 捜索活動で3人の遺体を発見 

出典:https://pixabay.com/

 

夜が明けた28日早朝に、ハンター達による捜索活動が始められました。

 

同日中には発見できませんでしたが、翌29日には竹末一敏さんと河原吉孝さんの遺体が見つかり、30日に興梠盛男さんの遺体が見つかりました。 

 

3人の遺体は、直視できないほど無残な状況で、いずれも服がすべて剥ぎ取られていて裸にベルトだけという状態でした。

 

また、顔半分が噛みちぎられ、耳や鼻、臀部など柔らかい部分が食いちぎられ、腹も食い破られて腸が出ている状態で、発見したハンター達は絶句したということです。

 

当日は悪天候のため、遺体を麓までおろすことができず、現地にて荼毘に付されました。 

 

そして3人を殺害したヒグマは、同日中にハンターに発見されて射殺されました。

 

体長2メートル超えの4歳のメスでした。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」でヒグマが狂暴化した原因とは?

 

実はヒグマが凶暴化するのは珍しく、ヒグマによる事故の中でも死者が出る事故は全体の1割にも満たないそうです。

 

その中でも最も事故が多いのは狩猟中であり、そのほかには釣り、山菜採り、森林作業中の順になっており、登山中のヒグマ事故というのは本当に少ないようです。

 

そうした事例から言うと、「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」のヒグマはとても執拗に何度も5人を襲っており、異常な状態のヒグマだったようです。

 

このヒグマが凶暴化していた原因ははっきりしていませんが、開発により餌場が減り、飢餓状態に置かれた熊が人を襲う事故が増えているようです。 

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の生き残り2人はメモや手記を公開している

出典:https://pixabay.com/

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」で生き残った滝俊二さん、西井義春さんの2人は、事故からちょうど1ヶ月後に報告書を作成して公開しました。

 

この度、我福岡大学ワンダーフォーゲル北海道日高縦走パーティーが、日高山脈カムイエクウチカウシ山十勝側、八ノ沢カールにおいて、遭難し、A君、B君、C君の尊い生命が、失なわれるという最悪の結果に終りました。ここに、関係者の皆様に、多大な御心労、御迷惑をおかけしましたことを深く、お詫び申し上げると共に、とくに現地において三君の捜索並びに遺体の収容に当って困難な条件の中を献身的に活動して頂いた十勝地方山岳連盟やハンターの方々、自分達の計画を中止して応援にかけつけてくれた九州産業大をはじめとする他大学のワンゲルのパーティーの方々および終始好意的に協力を惜しまれなかった警察その他の関係者の方々に、この紙上をかりて、改めて深く感謝の意を表したいと思います。

 

私達は三君の冥福を祈ると共に、今度の遭難が滑落、雪崩等の山岳遭難とは違い、十勝地方では戦後初めて熊に襲われたものであるという特異性はありましたが、この悲しい事実に対し、ここに深く反省し、その原因を追求するものです。

 

私達は、この事故に対する自覚を新たにし、三君の尊い犠牲を無駄にすることなく、今後、このような事故を再度繰り返さない為にも、日高遭難の諸要因を深く検討すると共に、今日までのワンゲル活動の歴史を顧みて、反省すべき点などをきびしく真剣な態度で追及し、全ての自然に対して、今一度、深く謙虚に考えることが、必要であると思うものです。

 

引用:保存版「福岡大ワンゲル部ヒグマ襲撃事件報告書」

 

2人の脳裏に焼き付いているヒグマに襲われた恐怖は、生涯消えることはないでしょう。

 

そしてそれ以上に、大切な仲間3人を失った無念は、 想像を絶するものがあると思います。

 

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の現在 【事故は防げたのか?】

 

「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」発生後、事件を未然に防げたのかどうかが検証されました。

 

まず、1回目のヒグマの襲撃の時にすぐに下山をしていれば、3人を失うような大事故にはつながらなかったとみられています。

 

しかし、この時すでに辺りが暗く下山も危険だったことや、当時ヒグマが人間襲うという情報はほとんどなく、大きな音を鳴らすなどで追い払えば済むという認識があったためでした。

 

1度目のヒグマの襲撃時に、興梠盛男さんが嬉々として写真撮影していたことからも、それがうかがえます。 

 

2度目のヒグマの襲撃の時も、一般的に知られた対処法で追い払うことができたため、即座に下山をするという判断もする必要がないと感じていたようです。

 

以上のことから、当時のヒグマに対する常識が事故の原因であり、襲ってきたヒグマが異常な性質を持った個体だったことが、3人の犠牲者を出した不運につながったということになります。

 

 

まとめ

 

日本のヒグマ事故の中でも最悪の被害を出した「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」 について、まとめてきました。

 

5人がヒグマに何度も襲われた状況を知ると、まさにホラー映画やパニック映画のようです。

 

クマの走る速度は時速50キロ以上とも言われ、人間の足で走って逃げても楽々追いつかれてしまうことになります。

 

それだけ野生の動物というのは人間を嗅ぎ分ける嗅覚が鋭く、人間の常識などいとも簡単に覆されていることを思い知らされます。

 

たとえヒグマではなくても、万が一、野生の動物を見かけた時には安易な考えで近づいたりせず、命を守る行動を心がけることが必要でしょう。

 

最後に、「福岡大学ワンダーフォーゲル部ヒグマ事件」の犠牲者3人のご冥福をお祈りいたします。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

2.26事件の黒幕は?場所と原因・天皇の激怒などわかりやすく解説

名古屋アベック殺人事件の犯人6人の現在!詳細・被害者・判決や出所後も総まとめ

小林カウ(ホテル日本閣殺人事件の犯人)の最期の言葉!生い立ちや家族(夫/息子/娘)・判決と死刑執行時の様子・映画化も総まとめ

神谷力の生い立ち&死因など現在まで!父親や職業・トリカブト保険金殺人の真相まとめ

大崎事件の真犯人は?知的障害の容疑者・再審と弁護団の主張・真犯人や冤罪の可能性も総まとめ

名古屋妊婦切り裂き殺人事件の真相!犯人の動機・夫や子供の現在も総まとめ

一柳展也の今現在!金属バット両親殺害事件の犯人の生い立ち・判決や獄中などその後も総まとめ

長岡京ワラビ採り殺人事件の真相と犯人!遺体の状況・謎のメモ写真と現場の場所・関連事件も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

【宝塚】香月弘美の胴体切断事故の真相!詳細や原因・墓の場所・陰謀説や隠蔽説も徹底解説

藤本敏夫(加藤登紀子の夫)の死因!学歴や学生運動・連合赤軍の関係・獄中結婚と娘3人・死後も総まとめ

杉沢村伝説の内容は嘘?真実?映画やアンビリバボーの特集も総まとめ

勝田清孝の生い立ち&嫁と息子など家族!殺人事件8件の詳細・死刑執行と最期の言葉・ドラマと映画化も徹底紹介

加藤朝香(玄倉川水難事故の生き残り)の現在!ブログ炎上騒動・プリクラの魚拓・加藤直樹(父親)も総まとめ【DQNの川流れ】

菊容子殺人事件の犯人と現在!藤沢陽二郎の動機や判決・愛人説など黒い噂も総まとめ

巣鴨子供置き去り事件の母親と長男の現在!事件概要と現場・母が知的障害の噂と真相も解説【映画「誰も知らない」のモデル】

スーパーフリー事件の犯人の現在!逮捕者のその後・被害者女性の数も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

パラコート連続毒殺事件の女子高生など被害者と犯人!模倣犯や自作自演事件・テセウスの船との関係も徹底解説

毛利公子(モーリ)の死因!Sugar時代・旦那や死産した子供・福井県の墓も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す