“中島らも”の死因!家族(嫁/息子/娘)・アルコール依存や薬での逮捕歴も総まとめ

小説家でミュージシャンや劇団主宰者としても活動していた中島らもさんは、破天荒な性格や言動でも有名で薬で逮捕された過去もあります。

 

今回は中島らもさんの経歴や名言、嫁・息子・娘など家族、薬での逮捕や死因をまとめました。

中島らものプロフィール 

 

出典:https://middle-edge.jp/

プロフィール

 

名前:中島らも(なかじまらも)

本名:中島裕之(なかじまゆうし)

出身地:兵庫県尼崎市
生年月日:1952年4月3日

没日年月:2004年7月26日(52歳)
職業:小説家、劇作家、随筆家、広告プランナー、放送作家、ラジオパーソナリティ、ミュージシャン

 

 

中島らもの生い立ちなど経歴

兵庫県尼崎市で生まれた中島らもさんは、尼崎市立七松小学校に入学しますが、その後、母親の勧めで神戸市立本山第一小学校に転入しています。

 

そんな中島らもさんはスポーツ嫌いで、友人の野球の誘いを断って偉人伝を読むような子供で、将来は漫画家になりたいと思っていたそうです。

 

その後、名門進学校である灘中学校に約150人の全合格者中8位という高成績で進学した中島らもさん。

 

しかし、ある教師の一言で自分を取り巻いている環境に幻滅し、『親や教師に言われるままの勉強ロボット』になっていたことに気付いたのです。

 

そんな中島らもさんは、中学から高校にかけて数々の趣味に没頭しています。

 

  • ・ギター演奏およびバンド活動(ラジオ出演の経験あり)
    ・漫画投稿
  • ・深夜ラジオ
  • ・B級映画
  • ・自慰
  • ・本の窃盗

 

そして未成年にも関わらず、お酒やタバコ、薬にまで手を出し始めた中島らもさんは、素行の悪さから成績も下がり、テストも授業も受けずに高校を卒業したのです。

 

そんな中島らもさんは1年のフーテン生活の後、大阪芸術大学芸術学部放送学科に入学するも、またしても授業にあまり出なかったため友達もおらず、校内で暇つぶしをする毎日だったそう。

 

そしてこの頃から中島らもさんは、精神的に不安定な面が見られるようになりますが、1975年に大学を卒業しています。

 

 

営業マンを経てコピーライター、そして作家に

出典:https://hanabun.press/

 

大学卒業後は印刷会社にコネ入社した中島らもさんは、広告の制作・営業を担当し、新規開拓の飛び込み営業、受発注、校正、見積もりなど何でもこなしています。

 

しかしその後、上司が経理の女子社員ににぎりっ屁をかがせたことで会社の将来を案じ、コピーライター養成講座に通いだします。

 

そして半年の受講で1等賞を8回受賞した中島らもさんは、1981年に広告代理店に再就職しています。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

『啓蒙かまぼこ新聞』を企画

 

そんな中島らもさんは1982年、『啓蒙かまぼこ新聞』の企画・制作をし、翌1983年にTCC準新人賞を受賞しています。

 

 

出典:https://withnews.jp/a

『明るい悩み相談室』

 

そして1984年からは、朝日新聞大阪本社版日曜版「若い広場」で、独特のユーモアを交えた人生相談コーナー『明るい悩み相談室』の連載が始まり、人気となりました。

 

 

出典:https://matome.naver.jp/

個人事務所を設立し、本格的に作家活動をスタート

 

1987年7月、『有限会社 中島らも事務所』を設立した中島らもさんは、作家活動を本格化。

 

戯曲、エッセイ、小説、新作落語、バラエティ番組の脚本やコントなど、多数執筆しています。

 

そんな中島らもさんは、ひねくれたユーモアセンスで多くの読者を魅了したのです。

 

 

中島らもはアルコール依存症・薬で逮捕もされている

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

こうして多忙な人気作家となった中島らもさんですが、大好きなお酒を飲み続けるようになります。

 

中島らもさんはその後、疲労感や食欲の減退、体重減少、嘔吐、失禁、黄疸を自覚するようになり、1988年にアルコール性肝炎で50日間入院しています。

 

しかし、入院中も病院を抜け出し大好きな蕎麦屋でこっそりと飲酒していた中島らもさんは、後にこの体験を基に小説『今夜、すべてのバーで』を執筆しています。

 

らもさんは“そば屋飲み”に相当ハマっていたようで、自身がアルコール性肝炎で入院した時のエピソードをもとに書いた小説『今夜、すべてのバーで』の描写からもその様がよく分かる。主人公の小島はアルコール依存症。それが原因で発症した肝炎のために入院し、禁酒生活を続けていた。にもかかわらず、病院を抜け出しそば屋へ駆け込んでしまう。我慢できなかったのだ。

 

引用:病院を抜け出してでも飲みたい、そば屋の一杯 中島らも『今夜、すべてのバーで』 https://www.asahi.com/

 

その後、治療を経て退院した中島らもさんでしたが、薬の副作用がひどく、文字を書くことが出来なくなり、持病の躁鬱病に加え、居眠り病も発症するなど、壮絶な人生を歩んでいます。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

2003年 薬で逮捕された中島らも 

 

高校時代に薬に手を出した中島らもさんは2003年2月、『オランダで尻から煙が出るほど大麻を吸ってきた』とラジオで発言。

 

これにより、数日後の2月4日、麻薬及び向精神薬取締法違反、大麻取締法違反で逮捕されています。

 

そして家宅捜索では大麻の他、冷蔵庫から幻覚作用のある干からびたマジックマッシュルームも見つかり、同年5月に懲役10ヶ月、執行猶予3年の有罪判決を受けています。

 

また同年夏には、自らの獄中体験をつづったエッセイ『牢屋でやせるダイエット』を出版し、手錠姿でサイン会を開き、話題となりました。

 

 

出典:http://www.ne.jp/

手錠姿でサイン会を開いた中島らも 

 

ちなみに、この手錠姿はあくまでもパフォーマンスのため、サイン会修了後にはマネージャーにより手錠が外され、中島らもさんは『釈放や~』と言っていそうです。

 

 

中島らもの名言8選 

アルコール中毒でジャンキーだった中島らもさんですが、小説家としてはとても素晴らしい人で、人々の心に残る数々の名言を残してます。

 

 

そこで、中島らもさんの心に残る名言を紹介いたします。

 

 

夢を掴むためには才能ではなく努力!

 

今まさに夢を追っている人にはとても力になる名言です。

 

 

自分で行動に移さない限り、何も変わらない。

 

世界を昨日にするか明日にするかは、自分次第だということが伝わってきます。

 

 

恋をすると心が痛くなることがありますが、世界で一番美しい病気と言われると、辛いことがあっても勇気が湧いてきますね。

 

 

確かに美しいかは別として、大笑いしている顔はその人にとって一番幸せに満ちている表情です。そして笑顔は周りをも幸せにしてくれます。

 

 

どんな辛い日や平凡な日にも、電車で席を譲ってくれたり、人の笑顔に癒されることがあります。

 

このような何げない幸せをくれる人が天使で、それを当然だと思わず生きることが大切です。

 

 

もし親友であるならば、自身がピンチの時、軽々しく助けを求めたりしません。

 

なぜなら、親友に迷惑や心配をかけたくないという考えが先に働くからです。

 

 

人は心から嬉しいことがあると、『生きていてよかった』と思います。また、命の危険に晒された時も『生きていてよかった』と思うでしょう。

 

このように『生きていてよかった』と思える日があれば、他がもしダメダメでも良いと思える名言です。

 

 

人は過去の出来なかったことを後悔しがちですが、実はそれも頑張った結果なので、もっと自分を評価してあげようという気持ちが伝わってくるような名言ばかりです。

 

 

中島らもの家族① 嫁

破天荒な生活で自由奔放に生きてきた中島らもさんですが、実は若い頃に結婚しています。

 

 

出典:https://www.flickr.com/

1975年に結婚した中島らも 

 

中島らもさんは、1970年の18歳の高校生の時、神戸山手女子短期大学の学生だった1歳上の美代子さんと三宮のジャズ喫茶で知り合い、4年間の交際を得て結婚しています。

 

そんな中島らもさんの嫁である美代子さんは、薬やタバコ、シンナーなどに手を染めた中島らもさんのすべてを受け入れたそうです。

 

そして結婚から7年後の1977年、中島らもさんがまだ営業マンをしていた頃に30年ローンで宝塚市に一戸建てを購入したのです。

 

しかしこのマイホームは後に、自称ミュージシャンやジャンキー、不良外国人などの溜り場となり、夫婦で居候と性交渉したりと、薬、乱交などを繰り広げることに…。

 

次第に『ドラッグが回ってくる家』として口コミが広がり、ヘルハウスと呼ばれたのです。

 

 

そんな中島らもさんの嫁である美代子さんは、この壮絶な人生を後に『らも―中島らもとの三十五年』で赤裸々に語っています。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

中島美代子の著書『らも―中島らもとの三十五年』

 

 

『バンド・オブ・ザ・ナイト』の時代は、薬やお酒と、それから恋愛とセックスの時代でもあった。あの頃、らもも私も何人の人と寝ただろう。
らもは他の女の子とやりたかったんだろう。でも、私は他の人と寝たかったわけではない。ただ、ラリっていたし、そういう雰囲気だったし、何より、私はらもに「彼としいや」と言われるので、少々嫌いな相手とでもやった。(119-120頁)

 

引用:らも:中島らもとの三十五年 https://otium.hateblo.jp/

 

 

中島らもの家族② 息子 

1975年に美代子さんと結婚した中島らもさんは、翌1976年に第一子となる長男・晶穂さんが誕生しています。

 

そんな中島晶穂さんは、父親である中島らもさんのマネージャーを務めていたのです。

 

 

出典:http://www.ne.jp/

右のメガネの人物が中島らもの息子・中島晶穂 

 

 

中島らもの家族③ 娘 

長男に恵まれた中島らもさんは、2年後の1978年6月に第二子となる長女・さなえさんが誕生しています。

 

 

出典:https://andsmile.tv/

中島さなえ


生年月日:1978年6月13日

血液型:O型

 

大阪音楽大学短期大学部へ入学した中島さなえさんは、短大ジャズクラブでサックスを学び、20代前半はバンド活動に時間を費やしています。

 

そんな中島さなえさんは2006年からライター記事・コラムを執筆し、2008年に『いちにち8ミリの。』で父親と同じ作家としてデビューしています。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

『いちにち8ミリの。』で作家デビュー

 

そして現在では、テレビにラジオ、そしてイベントなどにも出演し、バンド『山内圭哉率いるWat Mayhem Orchestra』のサックスとしてライブへも出演しています。

 

 

中島らもの死因とは?

アルコール依存症や躁鬱病など患いながらも、小説家や作家、ミュージシャンとして精力的に活動してきた中島らもさんでしたが、2004年7月26日、52歳という若さで亡くなっています

 

中島らもさんの死因は“脳挫傷”

出典:https://www.nikkansports.com/

 

 

中島らもさんは2004年7月16日、前日に参加した三上寛さんらのライブ後の打ち上げで酒を飲み、16日未明に酔って飲食店の階段から転落。全身と頭部を強打し、HCUに搬送されました。

 

そして嫁・美代子さんらが看病を続ける中、25日に一旦は回復の兆しが見えたそうですが、翌26日に意識が戻らないまま死去しています。

 

そんな中島らもさんの死因は、脳挫傷による外傷性脳内血腫だそうです。

 

作家島らもさん(本名・中島裕之=なかじま・ゆうし)が26日午前8時16分、脳挫傷による外傷性脳内血腫のため神戸市内の病院で死去していたことが27日、明らかになった。52歳。中島さんは16日早朝に階段から転落し頭など全身を強打、HCU(高度治療室)に入院していた。

 

引用:中島らもさん死去 階段から転落、脳挫傷/復刻 https://www.nikkansports.com/

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

小説家や作家、ミュージシャンなど幅広く活躍し、2004年に急死した中島らもさんについてまとめました。

 

アルコール中毒でジャンキーだった中島らもさんですが、作家や小説家としては素晴らしく、人々の心に残る名言をたくさん残しています。

 

そんな中島らもさんは2004年に脳挫傷で急死した現在も、親交のあったミュージシャンなどにより追悼イベントが度々開かれています。

 

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

GENERATIONSのメンバー7人の人気順とプロフィールまとめ【最新2020年版】

RIP SLYME・SUの現在!浮気相手とのフライデー・活動休止と脱退の噂も総まとめ

米良美一の現在!事件で逮捕?死亡?身長と病気の関係・性別の障害など総まとめ

浦田直也の今現在!逮捕や薬疑惑・AAA脱退理由とソロ復帰など最新情報も総まとめ

美川憲一の若い頃と現在!薬での逮捕歴2回・コロッケとのブレイクも総まとめ

上杉昇(元WANDS)の現在!脱退理由・結婚・最新活動も総まとめ【画像多数】

豊川誕の今現在!ジャニー喜多川との関係・結婚した嫁や息子も総まとめ

宮史郎の死因!女のみちなどヒット曲・髪型やかつら疑惑・病気など晩年も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

デューク更家の現在!嫁と娘や兄など家族・弟子など総まとめ

後藤健二の嫁と子供・母など家族!イスラム国に首切断で殺害された経緯と真相も総まとめ

村上世彰の現在!村上ファンド事件での逮捕・嫁や息子と娘・資産も総まとめ

西川隆宏の現在!ドリカム脱退理由・逮捕事件・嫁や子供・バー経営も総まとめ

千葉真一の家系図!元嫁の野際陽子との娘/玉美との息子2人も総まとめ

鈴木宗男の現在!汚職逮捕事件・嫁や息子2人と娘・食道がんも総まとめ

川崎老人ホーム殺人事件・今井隼人の現在!生い立ち~母親など家族・裁判も総まとめ

西山美香の冤罪や刑事・山本誠の現在!知的障害の生い立ちや家族も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

藤森安奈の現在!結婚した旦那や出産・引退の噂・筋肉の画像も総まとめ

山咲千里の昔と現在!目の整形疑惑・結婚した旦那との離婚原因や子供も紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す