BOYS AND MEN(ボイメン)のメンバー人気順2019最新版~プロフィール・カラー・脱退者の現在も紹介

名古屋のご当地アイドルグループ「BOYS AND MEN(ボイメン)」。


名古屋から全国区へと知名度・人気を上げたボイメンの、現役メンバー10人の人気順ランキング、プロフィールとメンバーカラー、脱退者の現在をまとめました。

BOYS AND MEN(ボイメン)とは

 

出典:https://girlswalker.com/

 

BOYS AND MEN(ボーイズ・アンド・メン)通称「ボイメン」は、東海地方出身・在住のメンバーで結成された男性エンターテイメント集団です。


名古屋発のご当地アイドルグループとして知られ、現在は10人組で活動中。ヤンキー風の学ラン衣装が特徴で、今では全国にその名を轟かす人気グループとなりました。

 

 

BOYS AND MEN(ボイメン)結成からデビューまで

2016年4月から10人のメンバーで活動しているボイメン。


元々はテレビ番組「IKEMEN☆NAGOYA」のオーディションから始まりました。名古屋で活動できる男性タレントを育成するべくスタートしたプロジェクトで、番組開始後に「BOYS AND MEN」と名付けられ、当時は約60人のメンバーが在籍していました。

 

約60人のメンバーで舞台演劇を行い、地道な活動でジワジワとファンを獲得。メンバーの脱退が相次ぎながらも、舞台だけでなくメディアへの出演、歌・ダンスにも力を入れて、名古屋を拠点に活動していました。

 

結成当初は人気も知名度も現在と比べればほとんどないに等しく、2〜3年は舞台やライブの動員が上がらず、CDも売れない状態が続きました。

 

しかし2013年頃からメンバー個人の活動が増え、ローカルのテレビ番組に出演することも多くなりました。


「ミュージカル テニスの王子様」への出演や、「仮面ライダー鎧武」への出演も重なり知名度を上げ、東海地区での人気が高まり、全国区のメディアでも「名古屋のご当地男性アイドルグループ」として取り上げられるようになりました。

 

知名度と人気が上がったボイメンは、2015年5月27日に念願のメジャーデビューを果たします。デビューシングル「ARC of Smile!」をリリースして以降、自社レーベルのインディーズ・そしてメジャーレーベルから複数の曲をリリース。

 

そして2016年には「BOYMEN NINJA」と「Wanna be!」で2作連続オリコンチャート1位を獲得し、名実共に人気のエンターテイメント集団に成長しました。

 

 

名古屋から全国へ

 

出典:https://www.m-on-music.jp/

 

 

全国区の知名度と人気を獲得したボイメンは、2017年にとうとう全国へ進出。

 

2017年1月7日に行われた日本武道館での初ワンマンライブ「BOYS AND MEN LIVE 2017 in 武道館 〜One For All, All For One〜」を皮切りに、2月から約3ヶ月をかけて全国47都道府県を回るコンサートツアーを開催しました。

 

2019年には結成史上最大規模となるナゴヤドームでの単独公演を成功させ、名実共に人気のアイドルグループとなりました。

 

「名古屋から全国へ」の目標を達成し、ジャニーズ事務所所属ではないアイドルグループの中ではトップクラスの人気となったボイメン。

 

しかしあくまでも拠点は名古屋で、「名古屋に来なければ会えない」というスタンスを大事にしています。


愛知県警察広報大使、名古屋観光特使など、名古屋の顔となって活躍するボイメンは、今後更に人気が出ることは間違いありません。


そんなボイメンのメンバー10人の人気順をランキング形式でまとめました。

 

 

 

BOYS AND MENのメンバー人気順ランキング【TOP10-6】

第10位・土田拓海(つちだ たくみ)

 

出典:https://mantan-web.jp/

 

生年月日:1991年6月15日
出身地:愛知県
身長:183cm
血液型:O型
メンバーカラー:紫


高身長揃いのボイメンの中でも183cmという抜群のスタイルで、王子様のような整った顔立ち、そしてグループ1のいじられキャラとして人気の“つっちー”こと土田拓海。

 

ボイメン初期からメンバーとしてグループを支えてきた功労者ですが、ちょっと抜けているためメンバーから愛のあるいじりを受けています。

 

見た目はスタイル抜群で整った顔立ちという王子様のようなルックスなのに、なぜかいつも大事なところで決まらない、ちょっと抜けてる天然キャラとして「決まらない王子」というニックネームをつけられるほど。
しかしそのかっこいい顔立ちで天然いじられキャラという可愛すぎるギャップで人気を集めています。

 

 

第9位・勇翔(ゆうひ)

 

出典:https://minnano-idol.com/

 

生年月日:1993年2月5日
出身地:長野県
身長:178 cm
血液型:A型
メンバーカラー:白と紺


2015年頃から個人活動が多くなり、映画や舞台、CMに出演して人気と知名度をアップさせています。

ボイメンのメンバーとして名古屋を拠点に活動するかたわら、出身の長野県での活動が増え、長野放送の「土曜はこれダネッ!」に出演するなど活動の幅を広げています。

 

ボイメンでのキャッチフレーズは「世界の救世主」で、漫画やアニメが好きなオタク気質として知られています。

その一方でメンバーからも顔面偏差値の高さを絶賛されるほどの端正な顔立ちをしていて、さらに性格はクールなのにマイペースという勇翔ワールドを作り上げており、幾多の顔を持つ可愛らしいギャップで人気を集めています。

 

 

第8位・平松賢人(ひらまつ けんと)

 

出典:https://rankingbox.jp/

 

生年月日:1994年11月14日
出身地:愛知県
身長:175 cm
血液型:O型
メンバーカラー:黄色


ボイメン1の歌唱力でグループを引っ張る音楽リーダー平松賢人。その実力はプロデューサーの谷口誠治も高く評価しており、最年少ながら音楽的リーダーとダンスリーダーを任されています。

 

ボイメンの曲は平松賢人の綺麗な高音域に合わせて高めのキーに設定されていて、その美しい歌声で多くの人を魅了しています。

 

幼少期から芸能活動をしていて、キッズモデルやキッズダンサーとして活動していたので芸歴も長く、さらに趣味のカメラを仕事に繋げ、自身が撮影したメンバーのオフショットを展示した写真展が開催されたり、平松賢人が撮影した写真集が発売されたりと、仕事の幅を広げています。

 

圧倒的な歌唱力でボーカルを務め、生粋のダンサーとしてパフォーマンスで魅せ、自分にしかできない仕事を掴み取る。そんなところが支持されて人気を博しているようです。

 

 

第7位・吉原雅斗(よしはら まさと)

 

出典:https://ar-mag.jp/

 

生年月日:1994年7月22日
出身地:愛知県
身長:184 cm
血液型:A型
メンバーカラー:緑


最年少でありながら最も長身というスタイル抜群のコミュ力おばけ・吉原雅斗。

 

キャッチフレーズは「ゆとりが生んだ風雲児」で、メンバーからは吉原雅斗のコミュニケーション能力の高さを評価されています。誰にでも分け隔てなく接するフランクな性格はファンに対しても変わらず、仲の良い友達のように対応してくれる姿で人気を集めています。

 

よく「カピバラ」と呼ばれる可愛らしい顔立ちも人気の秘訣ですね。歌とダンスの実力が高いため、最年少にしてグループを牽引している姿もかっこいいです。

 

特技はモノマネ・書道・糖質計算で、趣味は映画鑑賞・おしゃれ、そしてもちろん歌とダンスも得意という器用で多才な面があり、本人曰く「“ゆとり”が滲み出ている」という可愛らしさもあって、幅広い魅力で多くのファンを虜にしています。

 

 

第6位・辻本達規(つじもと たつのり)

 

出典:https://news.aol.jp/

 

生年月日:1991年5月17日
出身地:岐阜県羽島市
身長:177 cm
血液型:A型
メンバーカラー:赤


「岐阜のパンドラの箱」というキャッチフレーズで、ボイメンのお笑い担当・おちゃらけキャラとしてグループの元気印を務めている辻本達規。

 

グループを盛り上げる三枚目として元気で天真爛漫な姿に人気が集まり、近所のお兄さんのような親しみやすさもあって子供から大人まで老若男女に愛されるタイプです。

 

プロデューサー曰く最初からいい意味で生意気で、チャラチャラした今時の若者で目立ちたがりに見えた、と言われていますが、実際はそんなことはなく、すごく真面目に仕事に取り組む頑張り屋です。

 

三枚目のお笑い担当ということもあり、ボイメンに加入した時期が近かった水野勝と漫才コンビ「ブルークレヨン」を結成して活動していた時期があります。
グループに笑顔をもたらしてくれる太陽のような存在として、メンバーからもファンからも愛されているのが辻本達規です。

 

 

BOYS AND MENのメンバー人気順ランキング【TOP5-1】

第5位・水野勝(みずの まさる)

 

出典:https://boysandmen.jp/

 

生年月日:1990年11月22日
出身地:愛知県名古屋市
身長:184 cm
血液型:O型
メンバーカラー:金


「BOYS AND MENの黄金柱」のキャッチフレーズで、グループのリーダーを務める、頼れる男・水野勝。

ボイメン活動当初から男らしさと可愛らしさを兼ね備えたルックスで人気を博し、さらに真面目で優しく見えるのに中身は熱くて血気盛んというギャップで多くのファンを生み出してきました。

 

ボイメン初期のメンバーの中では加入が遅かったため、舞台「ホワイト☆タイツ」の主演に選ばれた時は逆風もありました。しかし持ち前の熱い性格で逆風に負けず突き進み、主演としてリーダーとして成長していく姿はファンの心を掴みました。

同時にメンバーも水野勝をリーダーとして頼るようになり、現在は「黄金柱」というボイメンに欠かせない存在となりました。

 

辻本達規と結成した漫才コンビ「ブルークレヨン」の後に田村侑久ともコンビを結成し、2017年にはキングオブコントに出場するアイドルらしからぬ経歴も。その一方で2016年放送のドラマ「白鳥麗子でございます!」のヒロインの相手役を務めたり、映画「復讐したい」で主演を務めたりと、メインキャストに名を連ねる俳優としても活躍しています。

 

頼れるリーダーとして、そして個人仕事で結果を出すボイメンの広告塔として、多くのファンに愛されています。

 

 

第4位・本田剛文(ほんだ たかふみ)

 

出典:https://townwork.net/

 

生年月日:1992年11月3日
出身地:愛知県名古屋市
身長:171 cm
血液型:O型
メンバーカラー:ピンク


「年中無休の桜前線」というキャッチフレーズで、メンバーカラーのピンクが似合う本田剛文。グループ1の秀才で優等生キャラクターが人気を博しています。

 

しかし優等生ながら同期の吉原雅斗と漫才コンビを組み、「ホワイトダルビッシュ」として活動していたこともある、お笑いもこなす人物です。

 

控えめで前に前にという性格ではないため、プロデューサーからの第一印象は「オタクで暗い奴」というものでしたが、それ以上に努力家な面があり、頭の良さを評価されています。
語彙力が豊富で発言には説得力がありますし、周りをよく見て機転を効かせるのも得意。そしてリーダーシップも持ち合わせているなど、ボイメンのブレイン的存在でもあります。

 

現在は元々のお喋りな面も出てきて、控えめというよりは男らしいイメージが強くなり、そのギャップがかっこいいと支持されています。

 

 

第3位・田中俊介(たなか しゅんすけ)

 

出典:https://twitter.com/

 

生年月日:1990年1月28日
出身地:愛知県
身長:175 cm
血液型:B型
メンバーカラー:銀


キャッチフレーズの「白銀のギャップ野郎」の通り、ギャップが魅力の田中俊介。

「ホワイト☆タイツ」で演じた役柄がクールなキャラクターだったことでクールなイメージが付き、本人もクールに振る舞うように心掛けていたこともありますが、本来は体育会系の兄貴肌で人の上に立つ者の才覚があり、グループのまとめ役をしていたこともある熱い男なのです。

 

加入当初からオーラがあり目立っていたタイプで、売れそうな予感をビシビシと感じる存在感を持っていた田中俊介は、その通りに現在もグループ屈指の人気を誇っています。
プロデューサーからの第一印象は「チャラチャラしてる今時の若者で、いちばん嫌いなタイプ」「田舎のヤンキーがいきがってる感じ」と散々なものでしたが、いざ話をしてみるとその第一印象は変わり、持ち前の芯のある性格に心を動かされたのか旗揚げ公演の主演に抜擢されるほどの“持っている”男です。

 

その上、俳優として活動したいという思いを抱きながらも映画に触れることが少なかった過去を省みて、俳優として活動するにあたって映画をよく見て勉強するようになったという努力家でもあります。
そんな真面目さや熱さ、頼りがいのあるところに惹かれて絶大な人気を誇っています。

 

 

第2位・小林豊(こばやし ゆたか)

 

出典:https://boysandmen.jp/

 

生年月日:1989年3月19日
出身地:滋賀県栗東市
身長:174 cm
血液型:B型
メンバーカラー:黄緑


ボイメンでいちばん知名度が高いのは小林豊ではないでしょうか。仮面ライダー鎧武で主人公のライバル「駆紋戒斗/バロン」役を演じ、たちまち人気に火が付いて、少年から主婦、そして仮面ライダーファンまで幅広い層に支持されることになりました。

 

クールでかっこいい役柄の駆紋戒斗と小林豊の性格は正反対で、実際は可愛いという言葉がぴったりのふわふわしたキャラクターで、サービス精神旺盛でその場の空気を和ませる優しい雰囲気を持っています。
そのギャップに惹かれてファンになる人も多いのですが、小林豊のギャップはそれだけではありません。

 

一見すると美形で可愛いという完璧な王子様なのに、運動音痴でアクション撮影に苦心し、6歩歩くだけで足を挫くという伝説級の逸話を持っています。

そのバラエティ能力が高すぎるキャラクターは名古屋を飛び出し、全国放送のバラエティ番組にも多数出演するなど知名度はグループ1となりました。

 

また、舞台「ミュージカル・テニスの王子様」で観月はじめ役を演じて2.5次元ファン・舞台ファンからの人気も獲得。ボイメンから初のソロデビューを果たすなど、グループの人気を牽引しながらソロ活動も充実させています。

 

美形でクールに見えるのに、実は笑顔もキャラクターも可愛くて、さらにはちょっとポンコツなところもある小林豊。その人気は全国区となり、ボイメン屈指の絶大な人気を誇るまでになりました。

 

 

第1位・田村侑久(たむら ゆきひさ)

 

出典:https://twitter.com/

 

生年月日:1990年10月17日
出身地:愛知県
身長:176 cm
血液型:O型
メンバーカラー:青


ボイメンの人気メンバーと言えば、不動の人気ナンバーワンが田村侑久です。

ボイメンの宣伝活動の一環であるチラシ配りを趣味・特技と称し、チラシ配りに全力をかける姿は、いつからか「チラシ配りのポジティブ王子」と呼ばれるようになりました。

 

ボイメンは公式で人気投票をやっており、2013年に田村侑久が人気投票1位になった時は、この結果は「チラシ配りの賜物」とコメントしているほどです。さらに2014年にも1位を獲得し、2年連続で人気ナンバーワンとなり不動の地位を確立しました。

 

グループの中ではおバカキャラとして場を盛り上げることが得意な田村侑久ですが、実は芸能界入りする前はサラリーマンとして働いていたことがあります。

元々目立つことや人前に立つことが好きという性格だったため、安定したサラリーマンという肩書きを捨ててまで芸能界に挑戦し、人気ナンバーワンにまで上り詰め夢を掴みました。

 

そんなサクセスストーリー、地道な宣伝活動ができる努力家、そして可愛らしさと親しみやすさを兼ね備えたルックスも相まって、「応援したい!」というファンの心を掴み、ボイメン随一の絶大な人気を誇っています。

 

 

BOYS AND MENの脱退メンバーの現在【あのキンプリ平野紫耀も】

 

BOYS AND MEN(ボイメン)は結成当初は約60人の大所帯で、そこからメンバーの脱退や加入を繰り返し、2013年に「13人組グループ」と人数が明言されるようになりました。

メジャーデビューしドーム公演をするほどの人気となったボイメンですが、現在までに卒業・脱退者も出ており、現在は10人組グループとして活動しています。


ここではボイメンからの脱退を発表された過去の主要メンバー、そして過去に在籍していたスターを紹介します。

 

 

若菜太喜(わかな たいき)

 

出典:https://boysandmen.jp/

 

 

生年月日:1992年12月5日
出身地:愛知県
脱退時期:2016年3月31日


2015年末から持病のアレルギー性皮膚炎により活動を休止していた若菜太喜は、2016年3月に「役者として芝居をしたいという気持ちが強くなった。自分の力でゼロから夢にチャレンジしたい」という理由で3月末での脱退を発表しました。

 

休止理由となっていた体調については心配してくれたファンへの感謝とお詫びと共に、「おかげさまで元気です」と語っています。
ボイメン脱退後は舞台「恋するアンチヒーロー」で主演を務めるなど、俳優の道で頑張っています。

 

 

沖津壮太郎(おきつ そうたろう)

 

出典:https://ameblo.jp/sotaroad/

 

生年月日:12月13日
出身地:石川県
脱退時期:2012年1月23日


2011年までボイメンのメンバーとして活動していた沖津壮太郎は、2012年からは「モデルとして更なる挑戦をしていきたい」として脱退を発表しました。

 

発表に際し「皆様からもらった声援、拍手、励まし、その全てがこれからの力になる」とファンへの感謝を綴りました。
現在はモデルとしてCMやファッションショー、TV出演などもしています。

 

 

小林亮太(こばやし りょうた)

 

出典:https://twitter.com/

 

生年月日:1998年12月16日
出身地:愛知県
脱退時期:2013年4月29日

 

脱退日となった2013年4月29日に行われたイベントでボイメンからの卒業を発表した小林亮太。
脱退理由は「俳優を目指して上京するため」で、名古屋を離れ上京してからは、Eテレ「ビットワールド」のレギュラー出演を獲得。2016年にはドラマ「傘をもたない蟻たちは」「仮面ライダーアマゾンズ」に出演し、2017年には「ZIP!」のレポーターに起用されるなど順調に俳優人生を送りました。

 

2018年に所属事務所の研音からプロフィールやSNSが削除されましたが、新たに開設したツイッターで芸能活動を続けていくことを発表しました。

 

 

平野紫耀(ひらの しょう)

 

出典:https://twitter.com/

 

生年月日:1997年1月29日
出身地:愛知県名古屋市
脱退時期:2011年頃


ジャニーズ事務所の「King & Prince」としてデビューし、若手ジャニーズの中でトップクラスの人気の誇っている平野紫耀ですが、過去にボイメンとして活動していたことがあります。
2010年4月にボイメンの前身となるプロジェクトに参加し、初期メンバーとして舞台やイベントに出演していました。

 

2011年9月にメンバーの個人ブログで平野の脱退が判明。その後はジャニーズに所属し、2018年に「シンデレラガール」でKing & Princeとしてデビューしました。

 

 

まとめ

 

名古屋の人気アイドルグループBOYS AND MENのメンバー人気順ランキング・脱退メンバーの現在をご紹介しました。


観客もまばらな舞台公演からスタートしたプロジェクトは、地道に名古屋での活動を続けた結果、ナゴヤドームや日本武道館を埋めるほどの人気を誇るグループに成長。今後も更なる活躍が期待できますね!

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ジャニーズJr.「美少年」メンバー人気順TOP6!身長やメンバーカラーなどプロフィールも紹介【2019最新版】

光GENJIメンバー7人の人気順と現在!プロフィールも総まとめ【最新版】

祭nine.メンバー人気順TOP7!代表曲4選・プロフィールも総まとめ【最新版】

ジャニーズのスキャンダルや噂32選~熱愛・逮捕・写真流出など

Hey! Say! JUMPのメンバー人気順・2019最新版!9人のプロフィールと共に紹介

【キンプリ】King & Princeのメンバー人気順・2019最新決定版!6人のプロフィールと合わせて紹介

SixTONES(ストーンズ)のメンバー人気順TOP6!カラーや身長などプロフィールも総まとめ【2019最新版】

D☆DATEメンバー人気順TOP4!代表曲・プロフィール・脱退者の現在も紹介【最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

男性アイドル歌唱力ランキングTOP30~歌の上手い動画付き【最新版】

【文春砲】週刊文春のスクープ!やりすぎランキングTOP40【最新版】

お笑い芸人のコンビ人気ランキング最新TOP25【男女・男性同士】

HKT48握手会対応の人気ランキングTOP20!神対応メンバーとは【2019最新版・レポ付き】

男性お笑い芸人の人気ランキング最新TOP30!若手からベテランまで【2019年版】

SKE48メンバー人気順~歴代TOP30・現在TOP30を紹介【2019最新版】

TOKIOメンバー5人の人気順とプロフィール【2019最新版】TOKIOの歴史や代表曲も紹介

ハロプロの現在のメンバー人気順ランキングTOP35【2019最新版・個人編】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

超特急のメンバー人気順2019最新版~プロフィール・メンバーカラー・脱退者の現在も紹介

俳優&女優の歌唱力~歌が上手いランキングTOP25【動画付き・最新版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す