旭川女子中学生集団暴行事件の加害者と被害者のその後現在!真相も総まとめ

1996年12月に北海道旭川市の中学校で発生した「旭川女子中学生集団暴行事件」に再び注目が集まっています。

 

この記事では「旭川女子中学生集団暴行事件」の事件の真相や、被害者や加害者の情報、その後や現在などについてまとめました。

この記事の目次

「旭川女子中学生集団暴行事件」とは

 

出典:https://lh3.googleusercontent.com/

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」は、1996年12月に北海道旭川市の公立中学校「旭川市立北都中学校」で発生した、女子中学生に対する集団暴行・強姦事件です。

 

被害者は、当時、同中学校に通っていた女子生徒、加害者は同じ中学校の札付きの不良グループでした。

 

1996年12月の某日の昼休みの時間に、この被害者の女子生徒は加害者の不良グループの少年ら10人に校内のトイレに無理矢理連れ込まれ、裸にされて口淫の強要や強姦されるなどの被害を受けました。事件直後、泣いている被害者生徒を別の女子生徒が発見し教師に報告。教師は被害者生徒を自宅まで送り届けた事で事件が発覚しました。

 

その後、被害者少女の両親が警察に届け、事件の凄惨な内容が明らかになり、大きな騒動となりました。

 

今回はこの「旭川女子中学生集団暴行事件」について詳しくまとめていきます。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の加害者は札付きの不良グループ

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の加害者は、「旭川市立北都中学校」に通っていた被害者女子生徒の同級生の男子生徒グループの少なくとも10人(家庭裁判所が認定した加害者が10人)でした。

 

この加害者のグループは地元でも有名な札付きの不良で、校内での喧嘩や喫煙などの非行、カツアゲなどは日常茶飯事、学校外でも万引きやカツアゲなどの犯罪行為を日常的に行なっていたようです。また、他校の生徒との喧嘩事件も何度も起こしていたという事です。

 

特に加害者のリーダー格の男子生徒は、学校の廊下をバイクで走る、教師にも暴力を振るうなど手がつけられず、教師らも怖がって指導ができずに野放しのような状態になっていたという事でした。

 

また、加害者の少年グループのリーダー格の少年は旭川市でも有数の名士の息子で、他の加害者少年も暴力団関係者の息子などがいたとの情報もネット上で出ています。この事も事件のあった中学校の教師らが加害者少年らの犯行を見て見ぬ振りをした原因になったと言われています。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の被害者はアイドル並にかわいかった

 

 

当時の週刊誌やワイドショーなどの報道によれば、「旭川女子中学生集団暴行事件」の被害者女子生徒は、アイドル並みのかわいいルックスで、入学式の当日には「すごいかわいい子がいる」と他のクラスの男子の間でも話題になるほどだったようです。

 

また、被害に遭うまでの女子生徒は明るく活発な性格、服装などの見た目も真面目なタイプで、成績も100人中20番目くらいと学力も優秀な方だったようです。

 

事件発覚当時のワイドショーによる同級生へのインタビューでは、「可愛い子」、「学校で一番可愛い子」、「クラスで1番美人でした」などと言われていて、かなりの美人だったのは間違いないようです。

 

被害者女子生徒の写真などは公開されていませんが、当時を知る人の証言によれば、不良っぽかったり派手なタイプではなくごく普通の女子中学生で、小柄で色白、黒髪で目が大きく二重でかわいい顔立ち、加えて中学生とは思えないほど胸が大きかったという事でした。

 

被害者女子生徒はこの際立ってかわいいアイドル並みのルックスから加害者の不良グループリーダー格男子生徒から目をつけられ被害に遭ったという事です。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の真相① きっかけは加害者の告白を被害者が断った事

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の事件発覚までの真相を、当時のワイドショーや週刊誌での報道、事件発覚後の民事裁判での訴状などを元に、これまでに判明している内容をまとめていきます。

 

被害者の女子生徒がアイドル並みにかわいいルックスだったことは既に触れましたが、加害者の不良グループリーダー格の男子生徒は、入学してすぐにこの女子生徒に目をつけ、日常的に服の上から身体に触るなどしていたようです。

 

当初はふざけ半分のスキンシップのような認識であったのか、被害者女子生徒も「やめてよ」などと言いながらも、笑いながら普通に会話をしていたという事でした。

 

しかし、中学1年生年生の2学期に、この加害者グループリーダー格の男子生徒が被害者女子生徒に告白し、被害者生徒がそれを断った事に加害者男子生徒が激昂、それが契機となって嫌がらせ行為がはじまったようです。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の真相② 嫌がらせ行為がエスカレート

 

加害者の少年グループによる被害者女子生徒への嫌がらせは、最初はスカートをめくる、服の上から身体に触る程度だったという事ですが次第にエスカレートしていき、集団で囲んでパンツの中に手を入れる、教科書を隠して代わりに机の中にエロ本を入れるなどのセクハラ行為に発展。

 

エスカレートする嫌がらせに耐えられなくなった被害者女子生徒は、中1の秋頃に担任の教師に相談しています。この時、担任教師は加害者グループの少年らを呼び出して注意しているのですが、「女の子が嫌がるような事をしてはいけない」とやんわりと伝える程度だったため、むしろ加害者らの行動を増長させる結果となりました。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の真相③ 中2の夏に強姦される

 

中1の秋頃に教師から注意を受けたものの、何の処罰もなかった事から調子づいた加害者男子生徒グループは、被害者女子生徒への嫌がらせをエスカレートさせました。

 

この頃から、日常的に女子生徒をトイレに連れ込んで裸にして身体に触るなどの行為をしています。中学1年の冬頃には性交の直前まで行っていますが、この時点ではそこで止まっています。

 

不良グループの男子生徒らは、日常的に被害者女子生徒の胸やお尻に触るなどをしていましたが、女子生徒がそれを誰にも相談しないのを見て、中学2年生の夏に加害者グループリーダー格の家に無理やり連れ込んでついに強姦に及んでいます。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の真相④ 毎朝口淫を強要される

 

被害者女子生徒は強姦されて以降、毎朝呼び出されて橋の下や公園のトイレなどで加害者グループのリーダー格の男子生徒に口淫を強要されて精液を飲まされ、その行為が終わった後「今日も美味しい牛乳をありがとうございました」と屈辱的な言葉を言わされたという事です。

 

中学3年の5月、加害者の男子生徒グループに公園内のトイレに連れ込まれた被害者女子生徒は、浣腸器具を用いて強制的に排泄させられ、それを写真に撮影されています。その弱みにつけ込んだ加害者グループらは、被害者女子生徒に下着を着用せずに学校に登校する事を強要しています。

 

以降、加害者の少年らは、被害者女子生徒を毎朝トイレへと呼び出して「ノーパンチェック」などと言い、ジャージを下げさせて下着をつけていない事を証明させられていたという事です。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の真相⑤ 学校内でも性的暴行

 

 

この頃から加害者少年グループらは、被害者少女に対して中学校内での陰湿な性的ないじめも行うようになり、被害者女子生徒のお尻に「たれぱんだ」のイラストをマジックペンで描き、お尻の穴に火のついたタバコを挿入して尻を振るようにして踊らせるなどしています。

 

これは最初、「たれぱんだ」のシールを女子生徒が文房具に貼っていたのを見た加害者側のリーダー格の少年が「そんなに好きならお前にも描いてやるよ」と言ってはじめた事で、仲間少年らのウケが良かった事から頻繁に行われていたという事です。

 

加害者少年らは、タバコを挿入した状態で被害者少女に肛門に力を入れてタバコを動かすように命令すると、まるでたれぱんだがタバコを吸っているように見えるとして、それを見て大笑いしていたという事でした。

 

その他にも加害者少年らは、家庭科室から盗んできた漏斗を使って小便をペットボトルに溜めて女子生徒に無理やり飲ませる、被害者女子生徒の小便を溜めたペットボトルを教室に持ち込んで女子生徒の前で他の生徒にその匂いを嗅がせる、被害者少女を四つん這いにさせて後輩に陰部を見せ肛門のシワを数えさせる、肛門に指をつっこみ大便を壁になすりつけた上、そこに「〇〇(被害者女子生徒の名前)の大便」と落書きする、そして、大便が指についたと言って逆ギレし、被害者女子生徒の腹を殴るなど数々の極悪非道な行為を繰り返すようになりました。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の真相⑥ 強姦や輪姦が日常化

 

さらにその後、加害者グループの少年らは被害者少女に学校内外のいたるところで口淫を強要するようになります。

 

リーダー格の少年だけは被害者少女をこっそりと強姦していましたが、ある日それが仲間らにバレたのがきっかけとなり、被害者女子生徒は加害者グループらに日常的に輪姦されるようになったという事です。

 

加害者少年らは、トイレの個室に被害者女子生徒を無理やり連れ込んで性交し、行為が終わった後に個室に閉じ込め、上から水をかけるなどの虐待行為も行なっていたようです。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の真相⑦ 加害者による被害者への脅迫や拷問行為

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」は、ここまで見てきたようにあまりにも陰惨な内容でありながら、事件が明るみに出るまでに2年以上がかかっています。

 

これは、教師や他の生徒らが加害者少年グループらを恐れて見て見ぬふりをしていた事も原因でしたが、被害者の女子生徒自身が加害者グループの少年らから脅迫や拷問的行為を受け、周囲に相談や助けを求める事が難しくなっていた事も大きな原因となっていたようです。

 

加害者少年らは、被害者女子生徒が少しでも抵抗しようとすると、容赦無く火のついたタバコを押し付けるなど拷問し、「兄貴(被害者には兄がいた)とセックスさせるぞ」、「母親も犯すぞ」、「自宅に火をつけるぞ」、「少年院なんてすぐに出てこられるから出てきたらもっともっと酷い事になる」などの脅迫を行なっていたという事です。

 

加害者少年らによる拷問行為の中で、被害者女子生徒がもっとも恐れていたというのが、校舎の2階に放置されていたという「六角椅子」に閉じ込められる事だったそうです。

 

この「六角椅子」は上の部分が蓋になっていて中が空洞になっており、加害者少年らはその中に被害者女子生徒を頭を床部分につけるような姿勢にして無理やり押し込め、蓋をして上に何人かで座るようにしていたという事です。この状態になると、被害者女子生徒は中で全く身動きが取れない状態になり、加えて真っ暗で息苦しくかなり暑い状態になるため、数分もすると女子生徒は耐える事ができなくなり、大声で泣き叫んで許しを乞うようになったという事です。

 

加害者少年らはその様子を大笑いしながら楽しみ、被害者女子生徒が衰弱して静かになるまで出さなかったという事です。

 

被害者女子生徒は「六角椅子」という言葉を聞いただけで酷く怯えるようになり、加害者男子生徒らの言いなりのようになって次第に周囲に助けを求める事ができない状態にされていったという事でした。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」で被害者は複数回教師に助けを求めるも無視されていた

 

脅迫行為や拷問行為により、被害者の女子生徒は周囲に助けを求める事が難しかったとはいえ、その中でも何度か被害者女子生徒が教師に助けを求めていた事が明らかになっています。

 

事件発覚のその後の裁判の記録によれば、被害者女子生徒は1996年4月頃に、加害者少年らに無理やりに特別活動室に連れ込まれそうになっている時に、近くにいた女性教師に大声で助けを求めていますが、加害者男子生徒の1人に「帰れ!」と怒鳴られて、その教師は見て見ぬふりをしてその場を立ち去ったようです。

 

また、被害女子生徒は1996年6月頃に、加害者少年グループのリーダー格ら複数人に市内スーパーで身体を触られるなどの被害を受けた事を担任教師に相談しています。また、同時期には他の複数の女子生徒も、加害者少年グループからの同様の被害を教師らに訴えていたようです。

 

民事裁判の記録から、被害者女子生徒は少なくとも3回は担任教師に被害を相談していた事や担任教師や他の女性教師が犯行現場を目撃しているにかかわらず見て見ぬふりをしていた事などが明らかになっています。

 

また、事件が発覚した後も中学校側は事件を公表しようとせず、責任の逃れのために隠蔽工作に躍起になっていたとの情報も出ています。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」のその後① 加害者は少年院や試験観察に

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」のその後についても見ていきます。

 

1996年12月になって被害者女子生徒とその両親がようやく警察に相談した事で事件化し、直接強姦や輪姦に加わった加害者の少年ら10人は、旭川家庭裁判所の裁定によって、主犯格の少年3人が少年院送致、6人が試験観察、1人が保護観察という処分が下されています。

 

この処分については、当時から下手をすれば命の危険もあった事件に対してあまりにも甘すぎると批判する声が多く上がっていました。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」のその後② 被害者側は市などを相手取り民事訴訟

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」はその後、被害者の女子生徒とその両親が、「事件は教諭ら学校側が安全配慮義務を怠った結果」だとして、国家賠償法に基づいて旭川市と北海道を相手取って慰謝料など総額4430万円の損害賠償を求める民事訴訟を起こしています。

 

この裁判は2001年1月30日に判決が下され、旭川地方裁判所の斉木教朗裁判長は。「学校が加害男子生徒の指導を徹底すれば女生徒が悲惨な性暴力にさらされることはなかった」と述べ、事件全体の慰謝料として1千万円が相当だと認定しました。

 

その上で、加害者側から既に被害者女子生徒とその両親に示談金860万円を支払っていた事を考慮し、旭川市と北海道が連帯して被害者女子生徒に対して170万円、被害者の両親にはそれぞれ15万円を支払うように命じる判決を下しています。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の現在① 旭川市立北都中学校は既に廃校

 

出典:https://haikyo.info/

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」が発生したのは北海道旭川市の旭川市立北都中学校ですが、2015年3月末に、旭川市立常盤中学校(旧・市立第五中学校)、旭川市立聖園中学校(旧・市立第六中学校)と共に統合される形で新設の旭川市立中央中学校に機能を引き継がれて廃校になっています。

 

廃校の理由は生徒数の減少のためだという事ですが、インターネット上では「旭川女子中学生集団暴行事件」の事実を中学校の存在ごと抹消して隠蔽する思惑により廃校にされたのではないかといった憶測も飛び交っているようです。

 

当時の教師や関係者らは既に同中学校にはほとんど在籍していなかった事から見てさすがにこれは勘繰りすぎの噂だと言えそうです。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の現在② 加害者や被害者のその後や現在は不明

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の加害者の元少年らや、被害者の元女性生徒は2021年の現在は中学卒業から24年が経過しており、現在はそれぞれに38歳か39歳くらいになっているはずですが、加害者らや被害者のその後や現在についての情報は出ておらず不明です。

 

この事件では被害者も加害者も実名が公開されておらず、事件から30年近くが経過している事もあり、インターネット上でも特定する事は難しいと思われます。

 

 

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」に対するネットの反応

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」に対するインターネット上の反応としては、「たまたま女子生徒が死亡しなかっただけでやっている事は女子高生コンクリート詰め殺人事件と変わらない、処分が甘すぎる」という声や「現在であればスマホで撮影されて映像や画像が拡散されていたかもしれない、不謹慎かもしれないがまだスマホなどが普及していない時代でよかったのではないか」といったものがあります。

 

また、同じく北海道旭川市で、2021年3月に性的ないじめにあっていた中学3年生の女子生徒が凍死した状態で発見された事件が発生した事から、1996年の「旭川女子中学生集団暴行事件」に再び注目が集まってろい、それについて言及するインターネット上の声が多く上がっています。

 

 

 

 

 

今回の旭川市での事件に対して、25年前の「旭川女子中学集団暴行事件」の頃と何も変わっていないという声が多いようです。

 

 

 

まとめ

 

今回は1996年12月に北海道旭川市の公立中学校旭川市立北都中学校で発生した「旭川女子中学生集団暴行事件」についてまとめてみました。

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」は、当時その中学に通っていたクラスのアイドル的存在だったという女子生徒が被害者となり、同級生の不良グループの少年ら10数人から2年以上にわたって性的な暴行を受け続けたという凄惨極まりない事件でした。

 

加害者少年らは、事件後に少年院送致や試験観察、保護観察などの処分が下されています。被害者側は事件後に北海道や旭川市を相手取って損害賠償を求める民事訴訟を起こして勝訴しています。

 

「旭川女子中学生集団暴行事件」の加害者や被害者のその後や現在については情報がなく不明です。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

三鷹ストーカー殺人事件の犯人・池永チャールストーマスの現在!生い立ちや家族・被害者の女子高校生・判決も総まとめ

東京大学誕生日研究会レイプ事件と犯人の現在!松見謙佑らのその後も紹介

姉歯秀次の現在!姉歯事件や経歴・嫁や子供のその後も総まとめ

四日市ジャスコ誤認逮捕死亡事件の真相!犯人の怖い顔写真・冤罪の理由・警察官の責任も総まとめ

【工藤会】野村悟の現在!自宅・息子や嫁・看護師刺傷など事件5つと死刑判決も総まとめ

喜本奈津子(ガラケー女)の現在!出身と実家や経歴・卒アル画像・逮捕その後まとめ

山野下せい香さん行方不明事件の現在!経緯やTwitter・ハリネズミカフェでの目撃情報・その後の不審点・発見の有無も徹底解説

五條堀美咲さん行方不明事件の犯人と真相!年下彼氏・佐野植物公園で発見の噂・北朝鮮の関連・5つの謎も徹底解説

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

Berryz工房メンバー人気順と現在~解散説や活動休止理由まとめ【2021最新版】

隠れ巨乳の芸能人/有名人70人~実は胸・おっぱいが大きい【2021最新版】

公開大捜索・和田竜人のその後現在!やらせ疑惑と真相も総まとめ

スーパーフリー事件の犯人の現在!逮捕者のその後・被害者女性の数も総まとめ

ヒンターカイフェック事件の犯人と真相!写真や関連映画も総まとめ

小川博(元ロッテ投手)の現在!強盗殺人事件と無期懲役の判決・成績や年俸推移・結婚した嫁と子供も総まとめ

ロッカジャポニカのメンバー人気順・最新版!解散と現在の活動も総まとめ【2021年版】

大津いじめ事件の加害者の現在~木村束麿呂・小網健智のその後や被害者への虐め内容など公開

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

白井家の現在!父親など家族・収入源・文春報道と炎上まとめ【志村どうぶつ園に出演】

池波志乃の若い頃と現在!父親など家系図・旦那の中尾彬との結婚や子供の有無も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す