岡田陽子(阪神/岡田彰布の嫁)の現在!結婚や子供(息子/娘)・自宅・経歴やプロフィールもまとめ

阪神の岡田彰布監督の妻・岡田陽子さんは、監督を徹底サポートしている才女と話題です。

 

今回は岡田陽子さんのプロフィールや経歴、旦那の岡田彰布との結婚や馴れ初め、子供(息子・娘)の有無、自宅でのサポートなど現在を紹介します。

岡田陽子は岡田彰布の嫁

出典:news-postseven.com

 

岡田陽子さんは、阪神監督の岡田彰布氏の妻です。


2023年シーズンは阪神の38年ぶりの日本一で大阪・関西を中心に日本中が湧きました。

 

阪神を優勝に導き、「アレ(A.R.E.)や」「おーん」などの流行語を生みだしたのが岡田彰布監督、そしてその岡田監督をサポートしていたのが、妻の岡田陽子さんです。

 

優勝後に岡田陽子さんがスポーツ新聞やメディアに手記を寄せたことで「岡田監督の妻は実は才女!」「A.R.E.」の考案者と話題になり、岡田陽子さんは夫と共に世間の注目を集めました。

 

 

岡田陽子のプロフィール

出典:sankei.com

 

岡田陽子さんはあくまでも岡田彰布監督の妻であり、一般人ですので、詳しいプロフィールは公表していませんが、わかっている範囲で紹介します。

 

・年齢:64歳(2023年シーズン終了時)
・出身:東京都

 

岡田陽子さんは岡田監督の2歳年下と思われますが、1982年に23歳で結婚、とご本人が話していました。

 

そして同年12月、占い通りに私が23歳、夫が25歳の時に結婚しました。

 

引用:(3ページ目)阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

そのため、1959年生まれでほぼ間違いないでしょう。

 

 

岡田陽子の経歴① 大学までカナダで過ごす

出典:news-postseven.com

 

岡田陽子さんは関西出身のご両親のもと、東京で生まれました。


父親は商社に勤めていたこともあり、中学2年生の時に父親の赴任に伴ってカナダのモントリオールに移住します。


モントリオールでは伝統的な私立の学校に通っていたとのことです。

 

海外の学校に適応できない子もいたそうですが、私はまったく平気で。父が知人から「クラスの人数が少ない私立のほうが慣れやすい」と聞き、伝統ある私立校に入れてくれたことが大きかったと思います。

 

引用:(2ページ目)阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

中学・高校・大学まで現地で過ごし英語がペラペラであることはもちろん、モントリオールはカナダの中でもフランス語圏なのでフランス語もできて、しかもスペイン語もできるのだとか!

 

 

岡田陽子の経歴② 帰国後は上智大学に

出典:https://pixabay.com/

 

モントリオールでは6年間過ごし、大学2年生の時に帰国した岡田陽子さんは、帰国子女が多かった上智大学比較文化学部に編入しました。

 

講義はすべて英語だったため、楽しい学生時代だったとのことです。

 

大学卒業後は日本ビクターに入社し、企画室に配属になりました。岡田陽子さんの主な仕事は製品に関する情報収集です。

 

英語で製品に関する情報収集を行い、情報を日本語に翻訳する仕事をしていました。

 

しかし、入社して1年後の1982年3月には岡田彰布氏と婚約することになり、入社から1年足らずで寿退社。

 

その後は、夫である岡田彰布氏のサポートに徹しています。

 

 

岡田陽子の旦那は阪神の岡田彰布監督

岡田彰布(おかだあきのぶ)
生年月日:1957年11月25日
出身:大阪府大阪市中央区
身長:175cm
体重:77kg
所属:阪神タイガース
活動:野球指導者、元プロ野球選手

 

 

岡田彰布氏は元プロ野球選手であり、野球指導者です。


阪神タイガース第30代及び第35代監督、オリックス・バファローズ第25代監督でもあります。

 

2023年シーズンからは阪神タイガースの監督として18年ぶりのリーグ優勝、さらには38年ぶりの日本一を成し遂げたことで大きな話題になりました。

 

 

岡田陽子の旦那・岡田彰布の経歴① 6球団から1位指名を受ける

出典:https://pixabay.com/

 

岡田彰布氏の父親は阪神の有力な後援者で、子どもの頃から阪神タイガースとの縁が深い中で野球に打ち込みました。

 

高校は地元大阪の北陽高校に進学し、甲子園にも出場しています。

 

高校卒業後は上京して早稲田大学に進学し、大学野球のスター選手として活躍して、東京六大学野球史に残る記録を次々に打ち立てました。

 

1979年のドラフト会議では西武・ヤクルト・南海・阪神・阪急・近鉄の6球団から1位指名を受けましたが、抽選の結果、阪神タイガースが交渉権を獲得。

 

契約金6000万円、年俸480万円で阪神タイガースへの入団が決まりました。

 

 

岡田陽子の旦那・岡田彰布の経歴② プロ現役中は中心選手として活躍

出典:https://pixabay.com/

 

阪神タイガースでは、ルーキーの頃は監督のブレイザー氏と確執があったものの、新人王を獲得し、すぐに阪神の中心選手に成長

 

1985年の日本一にも大きく貢献し、伝説の「バックスクリーン3連発」の締めとなるホームランも放っています。

 

1992年には日本プロ野球選手会会長としてFA制度導入に尽力しますが、1993年には「体力の衰え」を理由に自由契約になります。

 

現役続行を希望していた岡田彰布氏は、1993年シーズンからはオリックス・ブルーウェーブに移籍しました。

 

そして1995年のシーズンオフで現役を引退し、1996年3月の阪神とのオープン戦で引退試合が行われています。

 

 

岡田陽子の旦那・岡田彰布の経歴③ 野球指導者として

出典:https://pixabay.com/

 

現役引退後、翌シーズンからはオリックスでコーチに就任し、野球指導者としての道を歩みだします。

 

・1996年:オリックス二軍助監督・打撃コーチ
・1998年:阪神二軍助監督・打撃コーチ
・1999年阪神二軍監督・打撃コーチ
・2000~2002年:阪神二軍コーチ
・2003年:阪神一軍内野守備走塁コーチ
・2004~2008年年阪神監督
・2009年:解説者・評論家
・2010~2012年:オリックス監督
・2013年~2022年:解説者・評論家
・2023年~:阪神監督

 

2005年シーズンには阪神をリーグ優勝、2023年には阪神をリーグ優勝・日本一に導いている名将です。

 

 

岡田陽子の旦那・岡田彰布はファンから愛されている監督

出典:https://nlab.itmedia.co.jp

 

また、岡田彰布氏は野球ファンから人気が高い監督でもあります。

 

ネット掲示板の5ちゃんねるのなんjでは「どんでん」と呼ばれ、「そらそうよ」とか「あれ」、「おーん」などの口癖は掲示板の中でもよく使われますし、岡田彰布氏の言葉は「どん語」と呼ばれ愛されています。

 

岡田氏の発言は口癖で本のタイトルにもなった「そら、そうよ」が「そら(ああいう物事があったので)そう(いう結果になるのも当然)よ」に代表されるように、1回聞いただけでは難解なものが多々。

 

引用:「期待してもらって結構です」阪神・次期監督岡田彰布氏の“どんでん語録”がチャーミングすぎる! 優勝のカギは“通訳者”の有無か | 週刊女性PRIME

 

岡田彰布氏は名将であり、ファンからも愛される監督なんです。

 

 

岡田陽子と岡田彰布の馴れ初め

 

出典:bunshun.jp

 

岡田陽子さんと岡田彰布氏の馴れ初めは、阪神の後援会の人からの紹介です。

 

岡田陽子さんと岡田彰布氏が初めて出会ったのは1982年1月ですが、岡田陽子さんが岡田彰布氏との縁がつながったのはその約1ヶ月前の1981年12月のことでした。

 

この時、岡田陽子さんは社会人1年目、岡田彰布氏はプロ2年目のシーズンが終わったところ。

 

岡田陽子さんのご両親は関西出身ということもあり、阪神ファンでした。

 

そして1981年12月に、阪神の後援会のクリスマスパーティーに出席したご両親が、俳優の石坂浩二さんを通じて、岡田彰布氏のご両親の知人と知り合います。

 

ここから、岡田陽子さんが岡田彰布氏の花嫁候補になったようで、翌1982年1月に阪神の後援会の人から「結婚を前提に会ってみないか?」と言われて、会うことになりました

 

この時点で、岡田彰布氏は阪神の中心選手だったのですが、岡田陽子さんは岡田彰布氏の存在を全く知らなかったそうです。

 

当時の私はテレビドラマに夢中で、プロ野球なんていっさい観ていません。東京六大学野球のスターで、ドラフト1位で阪神に入団し、プロ野球の新人王に輝いた岡田彰布(あきのぶ)という選手のこともまったく知らず、「へー、有名人なんだ」と思うくらい。

 

引用:(3ページ目)阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

岡田陽子さんは迷ったものの、好奇心もあり岡田彰布氏と会うことにしました。大阪のバーで初めて会った時、岡田彰布氏はほとんど話さなかったそうです。

 

二人でだんまりしながら、「こんなに沈黙が平気な人、初めて見た。根性あるな!」と思いました。ただ、私の帰りの新幹線のチケットを買って、ハイと渡してくれた時は、「優しい人なのかも」と――。

 

引用:(3ページ目)阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

あまりにも話さなかったため、岡田陽子さんはもう会うことはないと思っていたそう。

 

しかし、岡田彰布氏は陽子さんを気に入ったようで「また会いたい」と連絡が入り、結婚を前提とした交際が始まりました。

 

お見合いのようなものだったこともあり、ここから結婚まではとんとん拍子で進みました。

 

結婚を決めるまで、実際に会ったのはたったの5回!それから1982年3月1日に婚約会見が開かれて、婚約が発表されました。

 

球団から「記者会見を開きますよ!陽子さんも出席してください」と言われ、エーッと。混乱の中だったので、話したことはまったく覚えていませんね。

 

引用:(3ページ目)阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

初めて会ってから婚約会見まで2ヶ月もありません。しかも、岡田彰布氏はあまり話さないし、実際に会ったのは5回しかない。

 

今の感覚で考えるとあり得ないかもしれませんが、2人の相性が良かったのでしょう。

 

話が弾まなくても、相手に興味を持つことができれば結婚の決め手になるし、結婚生活は長く続くんですね。

 

 

岡田陽子は1982年に岡田彰布と結婚

 

出典:origin.daily.co.jp

 

岡田陽子さんは日本ビクターを寿退社して、1982年12月に岡田彰布氏と結婚しました。


結婚後は岡田陽子さんは大阪に引っ越して、岡田彰布氏のご両親と同居しました。

 

旦那が現役のプロ野球選手だったため、遠征が多くて1年の半分は家にいないため、同居で良かったとのこと。

 

また、月に1回は実家がある東京で料理を習っていたため、実家にもよく帰っていたそうです。

 

その後、兵庫県西宮市に家を建ててからは旦那の両親との同居を解消することになりましたが、旦那のサポートはしっかり行っています。

 

明日、選手生命が終わるかもしれない」と思うようになり、夫の試合は必ずテレビで観ることにしました。毎日試合を観れば、調子がいいところも悪いところも見え、機嫌が悪い理由もわかります。

さらに愚痴を聞くこともできますし、仕事の話もわかってあげられる。ですから、ある意味私たちは自営業のような関係性で、二人三脚で戦っている感覚があります。

 

引用:(4ページ目)阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

二人三脚で戦っているなんて、岡田彰布氏にとっては岡田陽子さんは最高の妻であり、最高のコーチ・サポーターと言える存在なのではないでしょうか。

 

 

岡田陽子の子供は息子1人・娘はいない

出典:news-postseven.com

 

岡田陽子さんには子供が1人います。娘がいるという噂もありますが、子供は男の子なので、娘はいません。

 

岡田陽子さんは1985年7月に息子・陽集さんを出産し、1歳の時に家を建てて兵庫県西宮市に引っ越しました。

 

息子さんは大阪大学基礎工学部に現役合格した優秀な方で、超一流の総合商社に就職して、現在はジャカルタに単身赴任しているとのことです。

 

超一流総合商社に就職して、現在はジャカルタに単身赴任している。社内でも『有名人の子息やいわゆるコネ入社も多いが、彼は違います。本当に優秀で、周囲からの評判もいい』とされる好漢だそうです。

 

引用:阪神・岡田彰布監督は家庭もアレだった! 妻は英仏西語が話せてバースをサポート、長男は阪大に現役合格|NEWSポストセブン – Part 2

 

息子の陽集さんには小3と小1(2023年時点)の息子がいるので、岡田陽子さんには2人の孫がいることになります。

 

岡田陽子さんと息子さんとの仲は良好とのことです。

 

家に父親がいないせいで寂しい思いはさせたくないと、夏は旅行、冬はスキーなどへ連れて行きました。今も私と息子は電話で4時間喋ることがあるほど、仲がいいです。

 

引用:(4ページ目)阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

父親である岡田彰布氏があまり家にいないので、母一人子一人で絆が深くなったのかもしれません。

 

 

岡田陽子は自宅で旦那の岡田彰布をサポート

出典:news.yahoo.co.jp

 

岡田陽子さんは自宅で岡田彰布氏のサポートをしています。「内助の功」とはこういうことかと思えるほど、手厚いサポートをしているんです。

 

 

外国人選手のサポート

岡田陽子さんは阪神の外国人選手サポートをしていたことがありました。

 

岡田彰布さんが現役時代時には、阪神の外国人選手の家族が生活で困ると、岡田陽子さんに電話がかかってきたとのこと。

 

岡田陽子さんは帰国子女で英語が堪能なので、外国人選手の家族も頼りやすかったのでしょう。

 

球団最強助っ人のランディ・バース選手が2年連続三冠王として活躍できたのも、陽子さんが彼の家族をサポートしたからといわれています

 

引用:阪神・岡田彰布監督は家庭もアレだった! 妻は英仏西語が話せてバースをサポート、長男は阪大に現役合格|NEWSポストセブン – Part 2

 

「それは球団の仕事」と断らずにしっかりとサポートしてあげたことで、阪神は1985年に優勝できたし、岡田彰布氏がプレーしやすい環境を作っていたのでしょう。

 

このサポートは岡田陽子さんだからこそできたことですよね。

 

 

スポーツ紙を熟読

岡田陽子さんの自宅には、毎朝スポーツ新聞が5紙届きます。

 

岡田彰布氏が読むためのものですが、陽子さんもスポーツ紙をくまなくチェックするとのことです。

 

評論家時代、岡田さんのマネジメントを担ったのが陽子夫人。彼女に連絡すると、正確な内容で間違いなく岡田さんに伝わった。家庭内でも常に野球談義の相手をするため、陽子夫人も常にスポーツ紙をチェックし、阪神戦をすべてテレビ観戦して野球の情報を頭に入れていたそうです

 

引用:【阪神・岡田監督“雪辱までの10年”】陽子夫人が明かす変化「年齢を重ねて、器が少し大きくなったのかな」|NEWSポストセブン

 

岡田彰布氏の野球の話を理解できるようにするだけでなく、選手を批判するようなコメントをしていないかをチェックするためとのこと。

 

食事をし、グラスを傾けながら、野球の話を夫人に聞いてもらう。夫人も岡田監督を支えるべくスポーツ紙を熟読。とくに岡田監督のコメントを一言一句チェックし、選手を批判するようなコメントを見つけると、発言に気をつけるよう注意しているそうです

 

引用:岡田彰布監督の「糟糠の妻」陽子さんはこんな人 高齢65歳での虎指揮官復帰を絶妙サポート|野球|日刊ゲンダイDIGITAL

 

マスコミとも良好な関係を築いていて、夫の岡田彰布氏が少しでも気持ちよく監督として働けるようにしているのでしょう。

 

 

A.R.Eを考案

2023年シーズンの阪神のスローガンは「A.R.E.」でした。

 

・A:Aim(目標)
・R:Respect(敬意)
・E:Empower(力をつけること)

 

そして、阪神優勝のことを「あれ」と呼ぶようになり、「あれ」は流行語大賞にもなっています。

 

実は、この「A.R.E.」は岡田陽子さんが考案したものだったんです。

 

2023年の阪神のスローガンは当初は違うものが候補になっていましたが、それを見た岡田陽子さんが違和感を持ち、球団の方にお願いをして提案をしたら採用されたそうです。

 

それで、球団の方に「私にも考えさせていただけませんか」とお願いしたんです。言葉を書き出して1案にまとめ、お見せしたところ、採用していただいて。内輪の暗号みたいなものでしたのに、こんなに世の中から注目され驚いているところです。

 

引用:阪神・岡田監督と妻・岡田陽子さんの結婚生活41年「夫は何でも〈アレ〉と言います。内輪の暗号みたいなものだったのに…」 スピード婚約、ワンオペ子育てから流行語大賞「A.R.E.」誕生秘話まで|話題|婦人公論.jp

 

スローガンが「A.R.E.」でなかったら、阪神優勝が「あれ」と呼ばれなかったかもしれませんし、こんなに盛り上がらなかったかもしれません。

 

また、普段から岡田彰布氏と一緒に暮らしていて、日常的に「あれ」を聞いているからこそ、「A.R.E.」というスローガンが出てきたのだと思います。

 

 

岡田陽子の現在

出典:origin.daily.co.jp

 

岡田陽子さんは現在も、岡田彰布氏のサポートを続けています。

 

2024年シーズンも岡田彰布氏は阪神の監督を続けますし、チームスローガンは岡田陽子さんが考えた「A.R.E.」が継続することが決まっています。

 

2023年シーズンの優勝を喜んだのもつかの間、すぐにサポート体制に入ることを宣言していました。

 

今後も秋季キャンプやオフのイベントなどでゆっくりする時間は少なそうだが、陽子さんは「この仕事は忙しい方がいい」と監督をサポートしていく。

 

引用:妻が語る岡田監督…食事は「ほっこりするもの」優先し枝豆など小分け、昨夜は「ボーっと」 : 読売新聞

 

岡田陽子さんのサポート・内助の功がある限り、岡田彰布氏は思う存分、阪神を率いて戦うことができると思います。

 

 

岡田陽子のまとめ

岡田陽子さんのプロフィールや経歴、旦那の阪神の岡田彰布氏との馴れ初めや結婚、子供(息子や娘)の有無、自宅でのサポートと現在をまとめました。

 

岡田陽子さんがいたからこそ、阪神38年ぶりの「あれ」があったと言っても過言ではないかもしれません。

 

岡田陽子さんと岡田彰布氏は本当に素敵なご夫婦・素敵な関係だと思います。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

原田恵子夫人(原田雅彦の嫁)の現在!結婚と子供・離婚のデマ・経歴とプロフィールまとめ

桑田真澄の嫁と子供~長男や次男Mattなど息子&両親や兄弟も総まとめ

今井メロの現在!兄弟や元旦那と子供など家族・転落人生・再婚説など総まとめ

小野仁の現在!結婚や嫁と息子・逮捕とその後・巨人時代の成績と年俸まとめ

橋本真也の死因は腹上死?婚約者の冬木薫・元嫁と息子・葬儀や遺産も総まとめ

本間朋晃の昔と現在!結婚した嫁や子供・事故での怪我・ガラガラ声の理由や復活動画も総まとめ

国枝慎吾の現在!結婚した嫁や子供・車椅子の原因・年収や凄さがわかる経歴・名言も総まとめ

マイケルフェルプスの現在!記録や名言・食事方法・うつ病や引退後も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

伏石泰宏の現在!喜多嶋舞と大沢樹生の息子の父親説や真相まとめ

鹿沼絵里の若い頃と現在!夜逃げの真相・旦那の古尾谷雅人と子供まとめ

柏木ひとみの死因は乳がん再発?結婚や旦那と子供・フラワーデザイナーの経歴など総まとめ

ゆづか姫の今現在!高校はカナダで早稲田大学出身・でき婚の噂と真相も紹介【ニコ生配信者】

早瀬久美の現在!夫と子供や結婚歴と離婚歴・若い頃や出演ドラマと映画・再婚や不倫疑惑も総まとめ

中川桂子(中川翔子の母親)の年齢や若い頃と現在!店の閉店理由も総まとめ

テッド・バンディの事件の詳細&生い立ちや娘!映画のネタバレも総まとめ

保田賢也の現在!山中美智子と結婚?水球引退とその後も紹介【テラスハウスけんけん】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

蒼川愛の現在!本名や高校/大学など経歴・母親など家族・初代バチェラー久保裕丈との破局理由・結婚歴と子供・鼻の整形も総まとめ

見栄晴の現在!嫁と子供など家族&双子疑惑・下咽頭がんの原因・子役時代など経歴も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す