宮永正隆(さくらももこ元旦那)の現在!離婚原因は浮気?岡田あーみんとの関係・結婚や子供(息子/娘)・経歴とプロフィールも総まとめ

宮永正隆さんは漫画家さくらももこさんの元旦那で、再婚説も話題です。

 

今回は宮永正隆さんのプロフィールや経歴、馴れ初めと結婚、離婚の原因、子供(息子・娘)、岡田あーみんさんとの関係、浮気説や再婚の噂、現在を紹介します。

宮永正隆のプロフィール:音楽評論家&さくらももこの元旦那

 

生年月日:1960年4月23日

出身地:石川県

 

 

宮永正隆さんは音楽評論家かつ、イギリスのロックバンド「ビートルズ」の評論家です。

 

プロデューサーとしても活躍しているほか、”ビートルズ大学”の学長・哲学部教授も務めています。

 

音楽評論家。ポール・マッカートニーやヨーコ・オノ、ショーン・レノン取材、ジョンレノン・ミュージアム展示品解説や、「コンプリート・レコーディング・セッションズ・完全版」(マーク・ルーイスン著)監修を手がける。膨大な知識と愛情に裏打ちされた骨太なビートルズ論は評価も高く、トーク・ライヴ、TV、ラジオや活字で発信する評論活動の総称は「ビートルズ大学」という名で浸透している。

 

引用:宮永 正隆

 

プライベートでは1989年に漫画家のさくらももこさんと結婚。1998年に離婚しています。

 

 

宮永正隆の経歴① 早稲田大学を卒業し「りぼん」の編集者に

 

宮永正隆さんは、1983年に早稲田大学法学部を卒業後、集英社へ入社して少女漫画誌『りぼん』の編集者となります。

 

1981年

早稲田大学の同級生いとうせいこうと共に「早稲田面白共同体」を設立、自主制作ギャグオムニバス映画「モンデ・パイオツ」制作および実験ギャグ・ミニコミ誌「ヒックリカエス」創刊etc.

 

引用:宮永”みーやん”正隆 profile

 

同誌では、のちの嫁であるさくらももこさんをはじめ、柊あおいさん・岡田あーみんさんなどといった名立たる面々を担当

 

読者投稿ページ「みーやんのとんでもケチャップ」も担当しており、いわゆる”サブカル”の紹介が中心であったことから、少女漫画誌としては”異例の内容”と話題になりました。

 

同ページには、役者のイッセー尾形さんや竹中直人さん、ミュージシャンの細野晴臣さんも登場。読者だった数多くの少女たちををサブカルの世界へと引き込むきっかけとなったようです。

 

1983年
集英社入社。「りぼん」編集者として「ちびまる子ちゃん」「お父さんは心配症」「星の瞳のシルエット」等々を担当・プロデュース。読者投稿ページ「みーやんのとんでもケチャップ」のDJ“みーやん”としても活動。

 

引用:宮永”みーやん”正隆 profile

 

 

宮永正隆の経歴② 集英社退社後はプロデューサーに

出典:https://chibimaru.tv/

 

宮永正隆さんは1990年に集英社を退社すると、同年よりフジテレビ系列で放送を開始したアニメ「ちびまる子ちゃん」の監修者に就任。

 

「監修者」とは、著作物の著述や編集を監督する・指揮する人のことです。

  • 例:本の監修者として、専門家の大学教授にチェックをお願いした。
  • 例:今回、有名な〇〇先生が監修者になっております。

 

引用:監修の使い方と例文

 

声優のキャスティングや主題歌の選定などに携わり、初代エンディング曲「おどるポンポコリン」や2代目エンディング曲「走れ正直者」に関してはプロデュースも担当しています。

 

また、1990年に公開された劇場版「ちびまる子ちゃん」でも企画・サントラのプロデュース・解説などを担当。

 

さくらももこさんと「株式会社さくらプロダクション」を設立し、同社の社長も務めていました。

 

 

宮永正隆の経歴③ ビートルズ評論家としても活躍するように

出典:https://furamu4568.com/

 

宮永正隆さんは、1991年に放送を開始したニッポン放送のラジオ番組「さくらももこのオールナイトニッポン」にも出演

 

さくらももこさんの相方、そして選曲を担当していました。

 

同番組では、りぼん編集者時代に連載していた「みーやんのなんでもケチャップ」にて紹介していた楽曲を中心に紹介。

 

また、ビートルズ好きであったため、ビートルズの未発表曲が話題となった際には、「わたしは既に持っております」とそのうちの1曲を紹介していました。

 

その後、2002年よりビートルズに関するトークライブ「ビートルズ大学」をスタート。2009年からは音楽評論誌「レコード・コレクターズ」にて、「ビートルズ来日学」を連載しています。

 

2011年にオランダのアムステルダムへと移住し、ビートルズ研究に注力。2019年に帰国すると、「国立金沢大学オープンアカデミー ビートルズ大学」の学長に就任しました。

 

さらに、同年より北陸放送ラジオのラジオ番組「ラジオ ビートルズ大学」をスタート。

 

YouTubeでも「YouTubeビートルズ大学」として配信しています。

 

 

宮永正隆と漫画家・さくらももこの馴れ初め

 

宮永正隆さんは1989年、漫画「ちびまる子ちゃん」の作者として知られている漫画家のさくらももこさんと結婚。

 

馴れ初めなどについては明かされていませんが、宮永正隆さんは編集者としてちびまる子ちゃんを担当しており、仕事を通じて仲を深めたと考えるのが自然でしょう。

 

ネット上では、さくらももこさんがデビュー前に編集部へ原稿を郵送するも「絵が下手」との理由で破棄され、それを拾い上げた宮永正隆さんによってデビューの道が開かれた…との噂も。

 

さらに、宮永正隆さんはサブカル好きで有名ですが、さくらももこさんもまたサブカル好きだったのだとか。

 

「さくら先生は長年、東京の高円寺に住んでいたりなどしていたりもして、業界ではかなりのサブカル好きとして知られていました。国民に支持されるメジャーな作品を生み出しながら、そういった文化的な面を作品に反映してカルチャー好きからも支持されていた、稀有な漫画家さんだと思います」(出版関係者)

 

引用:さくらももこ、音楽好きで尊敬するマンガ家はガロ系……知られざる”サブカルクィーン”な素顔

 

仕事のパートナーで恩人、かつ趣味も合う…ということで惹かれていったのかもしれませんね。

 

 

宮永正隆が結婚した元嫁・さくらももこのプロフィール

 

生年月日:1965年5月8日

出身地:静岡県

 

さくらももこさんは漫画家で、エッセイスト・作詞家・脚本家としても活動。

 

漫画家としての代表作には「ちびまる子ちゃん」「COJI-COJI」、エッセイストとしての代表作には「もものかんづめ」「さるのこしかけ」「たいのおかしら」が挙げられます。

 

高校在学中より漫画家を目指すようになり、卒業後は1984年に静岡英和女学院短期大学(現在の静岡英和学院大学短期大学部)へと進学。

 

同大学在学中に少女漫画誌『りぼん』増刊号である「りぼんオリジナル」にてデビューを果たします。

 

同短大を卒業すると上京し、出版社「ぎょうせい」へと入社。

 

しかし、漫画家との二足のわらじは仕事にも影響を及ぼし、勤務中の居眠りを見かねた上司から「会社を取るか漫画家を取るか」と迫られ、わずか2ヵ月で退職を決意します。

 

その後、1986年より少女漫画誌『りぼん』にて、「ちびまる子ちゃん」の連載をスタートしました。

 

同作では「第13回講談社漫画賞少女部門受賞」を受賞、1990年にはフジテレビ系列でアニメ化されて以来、今日まで続く長寿アニメ番組となっています。

 

さらに、作詞を手掛けた同作の主題歌「おどるポンポコリン」は「第32回日本レコード大賞」を受賞しました。

 

  • 1991年~1994年にかけてはアニメ脚本を担当したり、1991年には初のエッセイ「もものかんづめ」を発売したりして、エッセイストとしても活動しています。

 

1997年には「コジコジ」もアニメ化されるなど、漫画家・エッセイストとして人気を博しました。

 

順風満帆に見えた桜モモコさんでしたが、2007年頃より乳がんを患っていたそうです。

 

「闘病期間は7年ほどだったと聞きました。数年にわたって通院しながら、ホルモン療法などの薬物療法を受けている最中に再発し、急に亡くなってしまう患者さんは少なくありません」(ベルーガクリニック院長・富永祐司氏)

 

引用:さくらももこさん「印税20億円」を支えた2人の夫

 

  • そして、乳がんのため2018年53歳という若さで死去。その後、「静岡市市民栄誉賞」を受賞しています。

 

 

宮永正隆が元嫁・さくらももこと離婚した原因は浮気?

出典:ここにURLを入力

 

宮永正隆さんと元嫁・さくらももこさんは、公私ともにパートナーとして歩んでいましたが、1998年に離婚。

 

離婚の原因については明らかにされていませんが、ネットでは、宮永正隆さんが亭主関白だった、浪費家だった、女好きだったといった噂も囁かれています。

 

しかし、いずれも具体的な証拠はなく、実際のところはわかりません。浮気に関しても、一部で有力視されていましたが、相手の言及もされておらず、信憑性は低そうです。

 

また、宮永正隆さんがクレーマー気質で、その点が離婚の原因となったのではないかと仮説を立てる人もいます。

 

なんでも、宮永正隆さんが「ちびまる子ちゃん」の声優・TARAKOさんに「ちびまる子ちゃんに似た声を他のキャラクターで出すな」と要望していた…というエピソードがあるのだとか。

 

ただし、こちらについてもあくまで噂です。

 

 

宮永正隆は着物デザイナー豆千代と再婚した?

 

宮永正隆さんが元嫁・さくらももこさんと離婚後、再婚したかどうかはわかっていません。

 

一部では、着物デザイナー・豆千代さんが現在のパートナーなのでは?とも言われていますが、豆千代さんも宮永正隆さんとの関係に言及されていないようです。

 

ちなみに、豆千代さんが宮永正隆さんのパートナーではないかと言われる理由の1つに、宮永正隆さんがオランダへと移住していた期間に、豆千代さんもオランダにいたことが挙げらます。

 

そんな豆千代さんは過去に受けたインタビューで、”主人”という単語を用いており、豆千代さん自身は結婚している様子。

 

主人が先にオランダ好きだったのですが、15年前位に訪れて以来、私も好きになりました。私はオランダの街並みに「江戸」を感じたのです。運河が交通の要だし、橋を渡ったら花街があったり…。「アムステルダマー(アムスっ子)」の気質もカラッとしていて「江戸っ子」に共通するものを感じました。昔の日本のようなのですよ。

 

引用:豆千代さんとの懇談会 レポート

 

また、2003年に発売した「豆千代モダン 豆千代さんと選んだ、きもの柄のポストカードブック」には”協力”として宮永正隆さんの名がクレジットされていました。

 

一方で元嫁のさくらももこさんは、2003年にイラストレーターのうんのさしみさんと再婚しているとのことです。

 

 

宮永正隆の子供は息子が1人・娘はいない

 

  • 出典:https://pixabay.com/
  •  
  • 宮永正隆さんと元嫁・さくらももこさんの間には、1994年に第1子となる息子・三浦陽一郎さんが誕生しています。

 

当時はアニメ「ちびまる子ちゃん」が大人気だったこともあり、2人とも多忙を極めていたのだとか。

 

仕事と子育ての両立に限界を感じるようになり、1996年にさくらももこさんの両親を東京に呼び寄せて同居。子育てをサポートしてもらっていたといいます。

 

また、さくらもこさんは離婚後、再婚して第2子となる次男を出産していますが、宮永正隆さんについては他に子供がおらず、ネットで噂されている娘は実際にはいないようです。

 

 

宮永正隆の息子・三浦陽一郎はさくらプロダクションの社長に

息子である三浦陽一郎さんは、2002年に「さくらめろん」という名義で作家デビュー。さくらももこさんとの親子共作として、『おばけの手』を発売しました。

 

エッセイでおなじみ、ももこの息子が「さくらめろん」としてデビュー?!初めての親子合作の絵本が完成。秘蔵イラストとエッセイ付きでファン必携のオリジナルブック!

 

引用:おばけの手

 

2018年にさくらももこさんが亡くなると、2019年に三浦陽一郎さんが「さくらプロダクション」の社長に就任。作品管理などを担当しているといいます。

 

 

宮永正隆と漫画家・岡田あーみんとの関係は?不倫や三角関係の噂も

 

宮永正隆さんについて調べていると、漫画家・岡田あーみんさんについて触れている記事が目につきます。

 

宮永正隆さんは少女漫画誌『りぼん』の編集者として活躍しており、さくらももこさんのほかにも多数の漫画家を担当。

 

その中でも、有名なのが「お父さんは心配性」「ルナティック雑技団」などで知られる岡田あーみんさんでした。

 

岡田あーみんさんはさくらももこさんととても仲が良く、過去には共作も発表したこともあります。しかし、ネット上では「宮永正隆さんを巡り三角関係にあったのでは」という不穏な噂も

 

元々岡田あーみんさんと宮永正隆さんが交際していたところを、さくらももこさんが略奪した…という説もあるようですが、これまた実際のところはわかりません。

 

どうやら、さくらももこさんが出版した本の欄外に「あーみんごめんよぉ」とコメントしたことから噂が立ったようですが、恋人を略奪したことへの謝罪をそんな簡単に済ませるでしょうか。

 

 

さらに調べてみると、この謝罪は「隠していた岡田あーみんさんの性別を明らかにしてしまったこと」に対するものだったことが判明しました。

 

その後、2人の関係がどうなったかは不明ですが、岡田あーみんさんは1997年以降ほとんど活動をしておらず、2000年の時点で出版社ですら連絡がとれない状態になってしまったようです。

 

 

宮永正隆の現在① ビートルズ大学などビートルズ評論家として活躍中

 

宮永正隆さんは現在も音楽評論家・ビートルズ評論家として活動中で、2020年にはラジオ番組「ビートルズ大学」の放送局が拡大。

 

ビートルズ関連のコラム執筆や講演会への出演なども行っています。

 

富山新聞文化センター高岡本部のスペシャル講座「ビートルズ大学 TAKAOKA」は21日、富山新聞高岡会館で始まった。ビートルズ研究の国内第一人者で音楽評論家の宮永正隆氏が講師を務め、「ビートルズを味わうことは人生を味わうこと」とメンバーの歴史や音楽の魅力を交えて楽しみ方を紹介した。約150人が聴講した。

 

引用:〈富山新聞文化センター〉「最後の新曲」を解説 高岡本部講座「ビートルズ大学」始まる

 

また、2021年から2023年にかけては北國新聞で「みーやんの金沢ポップンロール」を連載

 

2023年に公開されたドキュメンタリー映画「ミスタームーンライト~1966 ザ・ビートルズ武道館公演 みんなで見た夢~」にも出演しています。

 

 

 

宮永正隆の現在② 「ちびまる子ちゃん」ドラマ化の裏話を語っている

 

 

宮永正隆さんは2024年2月に、漫画化・芦原妃名子さんが急死した件についてX(旧Twitter)で言及しています。

 

芦原妃名子さんは死の直前、自身の漫画「セクシー田中さん」のドラマ化に関して投稿していました。

 

それを受けて宮永正隆さんは、元嫁であるさくらももこさんの「ちびまる子ちゃん」ドラマ化について振り返っていました。

 

同作について、宮永氏は「さくらももこ自ら脚本を書き下ろし、キャスティング案も提出し、祖父役をいかりや長介にして最後に『全員集合!』と仕切らせたり画期的な内容にした」というが、「なのに脚本もキャスティングも一切無視した酷い出来ドラマが『完成版』としてビデオで突然届いたのが放送数日前」と告白。「先生には叱られるかもしれませんが」と一筆添えられているだけだったという。

 

引用:さくらももこさん元夫・宮永正隆氏 「セクシー田中さん」問題受け過去トラブル告白「当事者の声、尊重を」

 

宮永正隆さん自身も監修者として深く関わっていたこともあり、「誰も観ないでほしい」とさえ思う内容に落胆したそうですが、「今さら差し止められない」と諦めたのだとか。

 

現実のさくらの歩みをドラマ化というコンセプトなのに、現実と異なり、担当編集者はさくらの前で放屁ばかりする意味不明の描かれ方で」と、自身の描写も不明だったといい、物語終盤では、「ちびまる子ちゃん一家を描くドラマには最もそぐわない」ような、史実ではない“下世話なオチ”が採用されていたと指摘した。

 

引用:さくらももこさん元夫・宮永正隆氏 「セクシー田中さん」問題受け過去トラブル告白「当事者の声、尊重を」

 

宮永正隆さんは、なし崩しでやってきた制作サイドが改め、当事者の声を尊重すべきだと主張しています。

 

 

宮永正隆の現在③ 「ちびまる子ちゃん」声優決定の裏話を語っている

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

宮永正隆さんは2024年3月、アニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公の声を長年務めてきた声優・TARACOさんが亡くなったことを受けて、TARACOさんを起用した当時を回顧。

 

ちまたで噂されている、「最初は別の声優の予定だった」「さくらももこがイメージの違いから再オーディションを開催し、声が似ているTARACOを選んだ」とのエピソードを否定しました。

 

様々な声優が第1話冒頭を読むカセットを私が聴きTARAKO氏だと直感。さくら氏と一緒に聴く前に、二人とも『まる子の声は、少なくとも理科教室のお姉さんのような”ハキハキした活発タイプ”ではない』という見解で一致してはいたが、様々な声優さんの声に続き、TARAKOさんの声が流れた瞬間、心の深い部分がほぐれて細胞に染み入った。『この人しかいない』とお互いうなづいた

 

引用:さくらももこさん元夫・宮永正隆氏 TARAKOさんがまる子役に決定の“真相”明かす「神に誓って」

 

 

まとめ

宮永正隆さんは音楽評論家で、漫画家・さくらももこさんの元旦那としても有名です。

 

集英社に入社後、少女漫画誌『りぼん』の編集者となり、さくらももこさんと結婚。同社退社後は、さくらももこのさんの代表作「ちびまる子ちゃん」のアニメに携わっていました。

 

さくらももこさんと結婚し、公私ともにパートナーとして歩んでいましたが、その後離婚。

 

2人の間には子供が1人誕生しており、息子・三浦陽一郎さんがさくらももこさんの作品を「さくらプロダクション」の社長として守っています。

 

宮永正隆さんが現在、再婚しているのかは不明ですが、仕事面ではビートルズ評論家として活躍中。

 

近年はちびまる子ちゃんに関する裏話なども明かしており、今後もさらなる裏話が語られるのか、気になるところですね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

和田圭の若い頃や死因!有賀さつきとの馴れ初めや娘の現在・実家の兄弟も総まとめ

ドン小西の現在!結婚/離婚した元嫁や娘など家族・犬と実家や自宅・近況も総まとめ

岡田晴恵の結婚や家族は?年齢や経歴と医師免許の有無・かわいいと評判の理由まとめ

梨元勝の死因は肺がん!結婚した嫁と娘など家族・遺書や最後の言葉と葬儀も総まとめ【日本初芸能リポーター】

ナンシー関の死因!名言と作品・若い頃の松本人志との対談・結婚や体重・タクシー内での死去の真相まとめ

川井一仁(鈴木保奈美の元旦那)の若い頃と現在!結婚と子供・離婚原因・江辺真沙子との再婚も総まとめ

野坂昭如の死因!嫁と娘2人・大島渚や浜田雅功と殴り合い/石橋貴明への暴力など破天荒伝説・闘病生活も総まとめ

山路徹の若い頃と現在!身長や学歴・元嫁の大桃美代子/麻木久仁子との結婚や離婚原因・大久保佳代子との関係も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

和歌山出会い系サイト強盗殺傷事件の犯人の名前(原田亜矢子と安芸健太郎)と現在!顔画像の有無・被害者殺害の経緯や判決・アンビリバボーや映画化も徹底紹介

中村蒼の現在!結婚した嫁や子供・出身大学・薬物で逮捕の噂と真相も総まとめ

ヘイデンクリステンセン(アナキン役の俳優)の現在!ナタリーポートマンとの関係・彼女や結婚も総まとめ

飯星景子の若い頃と現在!統一教会の脱会理由と父親・結婚と離婚した旦那や子供もまとめ

アンジェリカ・ケノバの現在!身長とすっぴん・整形と加工疑惑・彼氏や結婚情報・両親など家族エピソードまとめ

河原雅彦(ともさかりえ元旦那)の若い頃と現在!再婚した安藤聖との子供や結婚生活・元嫁との離婚原因も総まとめ

ルーマニア女子大生殺害事件・益野友利香は3穴や眼球破裂?被害者の出身高校や大学など経歴・犯人や遺体の状況など総まとめ

榎本善紀(享楽社長)の現在!学歴や経歴・年収や元嫁・伊東美咲との馴れ初め~結婚や子供も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

野中英次の現在!家族や結婚・天才の理由や引退説・漫画の代表作(課長バカ一代/魁!!クロマティ高校)も総まとめ

ちゅけ(小学生ギャル男)の本名や親/兄弟/妹など家族!身長やすっぴん画像・彼女りゅあとの恋愛も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す