キマグレンの解散理由と現在!人気曲LIFEも総まとめ【ISEKI・KUREI】

大ヒット曲「LIFE」で一躍有名になり紅白歌合戦出場まで果たした人気デュオ「キマグレン」ですが、解散の本当の理由が話題です。

 

今回はキマグレンの結成の経緯と人気曲「LIFE」の影響、解散の本当の理由、現在を紹介します。

 

キマグレンのプロフィール

 

出典:http://ticket-news.pia.jp/

プロフィール

 

デュオ名:キマグレン

所属事務所:ボーダーグランド(代官山)

所属レーベル:ユニバーサルシグマ(ユニバーサルミュージック)

メンバー:

ISEKI(ボーカル・アコースティックギター)

KUREI(ボーカル・ラップ)

活動期間:2005年~2015年7月

 

2008年の第59回NHK紅白歌合戦に出場したキマグレン。

 

人気曲「LIFE」は400万ダウンロードを記録しています。また、「LIFE」が収録された1stアルバム「ZUSHI」はウィークリーチャート1位を獲得しました。

 

2012年には初の武道館ライブも成功させるなど快進撃は続きますが、2015年「キマグレン FINAL CONCERT 2015 〜LAST SUMMER DAYS〜」をもって突然の解散を発表。

 

現在は、各自ソロアーティストとして活動しています。

 

惜しまれつつ突如解散したキマグレン。解散した理由は何だったのでしょうか?まずは二人のプロフィールから見ていくことにしましょう。

 

 

元キマグレン・ISEKIのプロフィール

 

出典:https://rockinon.com/

プロフィール

 

名前:ISEKI

出生名:井関 靖将(いせき やすまさ)

生誕:1980年10月17日

身長:173cm

血液型:A型

出身地:神奈川県逗子市

学歴:明治学院大学法学部 中退

ジャンル:J-POP

職業:歌手

担当楽器:ボーカル・アコースティックギター

 

現在、Twitterでの情報発信は積極的なISEKIさんですが、キマグレン結成前の情報、特に生い立ちなどプライベートな情報については全く公開されていないようです。

 

従って、ISEKIさんのキマグレン結成前のエピソードとしては、せいぜいWikipediaかオフィシャルホームページに記載された情報しかありませんでした。

 

1998年度のYOKOHAMA HIGH SCHOOL HOT WAVE FESTIVAL(@横浜スタジアム)にて、「ベストプレイヤー賞 Vocal部門」を受賞。大学時代より本格的に音楽活動をスタートし、いくつかのバンドで活動。

 

2005年に幼馴染のKUREIと逗子海岸に海の家ライブハウス(現「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」)を発足。同年キマグレン結成。

 

引用:ISEKI オフィシャルサイト – PROFILE http://iseking.net/profile/

 

 

 

元キマグレン・KUREIのプロフィール

 

 

出典:https://girlschannel.net/

プロフィール

 

名前:KUREI

出生名:榑井 勇輝(くれい ゆうき)

別名:クレイ勇輝

生誕:1980年7月17日

出身地:新潟県/カナダ

学歴:ニューヨークシラキュース大学医学部、ハワイ大学医学部休学

ジャンル:J-POP

職業:歌手、経営者、司会者

担当楽器:ボーカル

活動期間:2005年 –

事務所:BOOM UP

 

新潟生まれで、逗子(神奈川県逗子市)育ちのKUREIさんは、幼少期は航空関係の仕事をしている父親の仕事の都合で、カナダ、ヨーロッパで過ごしていたそうです。

 

中学時代はオーストラリアのタスマニア州に留学し、大学はニューヨークのシラキュース大学医学部に入学しました。

 

しかし、スポーツ医学を学びたいと考えたKUREIさんは、ハワイ大学に転入してフィジカルセラピーを専攻しました。

 

さらに、「Skoop On Somebody」のボーカルTAKEさんの影響でボクシングを始めたというKUREIさんは、2013年5月9日には何とプロテストを受験し、合格を果たしています。

 

思い立ったらすぐに行動!のKUREIさんのポジティブな人柄が垣間見られる経歴ですね。

 

 

出典:https://number.bunshun.jp/

 

 

 

キマグレンの結成の経緯と人気曲「LIFE」の影響

 

キマグレンはKUREIの気まぐれで結成

 

そんなISEKIさんとKUREIさんは、高校時代、地元逗子のスイミングスクールで出会いました。

 

その後、進学や就職により別々の道を歩み始めますが、地元の友人としての関係は続いていたそうです。ちなみにキマグレン結成前は、お互いに他のバンドで音楽活動をしていたようです。

 

そして、ある日KUREIさんがISEKIさんに「海の家を一緒にやらないか?」と持ちかけたのがキマグレン結成のきっかけとなりました。

 

そして、2005年5月にキマグレン結成。

 

 

出典:http://lifepages.jp/

 

同年6月25日には、地元逗子海岸で現在の「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」の前身となる、夏季限定ライブハウス(海の家)「CLUBEACH HOUSE KANNON」を設立しました。

 

ちなみに、「キマグレン」というユニット名は、KUREIさんの気まぐれから命名されたそうです。

 

 

ユニット名は、元々ISEKIが「自由に音楽活動をしたい」という意味で付けたきまぐれというソロユニット名義に由来する。KUREIがISEKIに「一緒にやろうよ!」と言って、ライブハウスのブッキング表に誤って片仮名で「キマグレン」と書いてしまったのがきっかけとなり、現在のユニット名となる。

 

引用:Wikipedia – キマグレン https://ja.wikipedia.org/

 

 

 

“海の家”とともに始まるキマグレンの快進撃

 

そんなキマグレンは、2006年3月18日に自主制作シングル「想い思い」を発売します。

 

そして同時に、同年6月24日には、逗子海岸に海の家とライブハウスが合体した「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を設立

 

これ以降、毎年6月末から8月末にかけて夏季限定で運営することになります。

 

 

出典:https://www.barks.jp/

 

そして、同年12月に本格的に音楽活動を再開したキマグレンは、翌2007年7月25日、ミニアルバム「LIFE」をリリースすると、その後、ユニバーサルミュージックと契約。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

2008年2月20日に発売したシングル「ありえないウタ」で、遂にメジャーデビューを果たすと、同年7月16日には、初のアルバム「ZUSHI」をリリースしました。

 

 

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

 

キマグレンの人気曲「LIFE」は地元、逗子の活性化に貢献

 

代表曲とも言える人気曲「LIFE」の大ヒットにより、キマグレンは一躍人気アーティストの仲間入りを果たしました。

 

そして、2008年の第59回NHK紅白歌合戦に出場したことで、“キマグレン”の名前が全国に知れ渡るとともに、彼らの地元であり活動拠点の逗子もまた、広く注目を集めることになりました。

 

2008年11月13日には、松沢成文神奈川県知事から「かながわ観光親善大使」に任命されます。

 

 

出典:http://510style.air-nifty.com/

 

そして同年11月18日、キマグレンの人気曲「LIFE」のインストが、京急逗子線・新逗子駅の列車接近案内音(駅メロ)に導入されることになりました。

 

 

 

 

さらに翌2009年6月には、京浜急行バスが「OTODAMA SEA STUDIO」を経由するルートを走るバスを「キマグレン号」と命名するなど、キマグレンは地元の活性化に大きく貢献しました。

 

 

出典:https://shonan.keizai.biz/

 

 

 

キマグレンが解散を発表し話題に

 

そんなキマグレンは、2015年7月に横浜で開催されるライブ「キマグレン FINAL CONCERT 2015~LAST SUMMER DAYS~」をもって解散することを公式サイトで突然発表し、ファンを驚かせました。

 

 

出典:https://www.youtube.com/

 

公式サイト上に、「キマグレン解散とラストLIVE、BEST ALBUM発売のおしらせ」というタイトルで発表されたコメントは次の通り。

 

 

「今年結成10周年を迎えたことを機にそれぞれの次のSTEPへ向かう為、そして個々の可能性の追求の為、解散することになりました」

 

引用:マイナビニュース – キマグレン、7月のライブをもって解散「それぞれの次のSTEPへ向かうため」 http://news.mynavi.jp/

 

 

出典:https://spice.eplus.jp/

 

 

この時の発表では、突然の解散はあくまでキマグレン結成と“音霊 OTODAMA SEA STUDIO”の10周年を1つの節目にして、次のステップへ向かうため、そして個々の可能性の追求のため、とのことでしたが…。

 

 

 

キマグレンの本当の解散理由とは~「しくじり先生」でKUREIが激白

 

キマグレンの解散は表面上は「次のステップへ向かうため」「個々の可能性を追求するため」と前向きな言葉で説明されていたのですが、実は、より現実的な解散理由があったようです。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

キマグレンの解散によって、名前を「クレイ勇輝」と改めたKUREIさんは、2016年10月31日放送のテレビ朝日の人気バラエティ「しくじり先生」に出演。

 

そして、キマグレン解散の本当の理由について語りました。それによると…。

 

 

近隣住民とトラブルを起こしていたキマグレン

 

2005年6月25日、キマグレンの地元である逗子海岸に、「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」を設立したのですが、実は設立当初から近隣住民とのトラブルを抱えていたのだとか。

 

 

出典:https://andmore-fes.com/

 

ライブハウスの性質上、騒音問題があったことは容易に想像できますが、それ以外にも近辺に松杭を放置するなど、ずさんな管理体制にもクレームが殺到していたようです。

 

結果的に「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」は強制的に撤去させられることになり、地元逗子からの撤退を余儀なくされることになったようです。

 

 

キマグレン解散の本当の理由はKUREIが“ポジティブなバカ”すぎたから

 

当時KUREIさんとISEKIさんは、「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」の共同経営者という立場でした。

 

しかし、経営については無頓着でありながら、ポジティブにどんどん即決していくKUREIさんの経営方針を、ISEKIさんはあまり快く思っていなかったようです。

 

 

出典:http://hashinosekai.net/

 

そこへ騒音問題や松杭放置の件により、地元逗子からの強制退去を余儀なくされてしまい、2億円という借金を背負うことになってしまったそうです。

 

そんな困窮した状況でも常に「大丈夫でしょ!」とポジティブシンキングで突っ走ろうとするKUREIさんに、ISEKIさんはほとほと嫌気がさしてしまった…というのが解散の本当の理由だったようです。

 

 

出典:http://news.livedoor.com/

 

そんなクレイ勇輝さんは番組内で、「ポジティブなバカだったから」とキマグレンが解散した本当の理由をふり返りましたが、実はそのポジティブさにで現在は大きく成功しているんです!

 

 

 

キマグレンの現在~2019年夏に解散後初となるツーマンライブを開催

 

地元逗子からの撤退を余儀なくされた「音霊 OTODAMA SEA STUDIO」ですが、その後神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜海岸、三浦海岸と拠点を移し、現在も日本の夏を盛り上げてくれています。

 

 

出典:https://www.musicman-net.com/

 

もちろん「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2019」は、今年も神奈川県三浦海岸で開催されることが決定しており、今年も多くのアーティストがライブへの出演を予定しているのですが…。

 

今年で15周年を迎えることを記念して、なんとこのイベントを立ち上げた2人である、クレイ勇輝さんとISEKIさんのツーマンライブが最終日に行われることが発表されたんですよね!

 

この2人が同じステージでライブするのは、キマグレン解散後初めてのことなのだとか。

 

解散後初のツーマンライブに対するKUREIさんのコメントは次の通り。

 

キマグレンが解散して5年目の夏。 当たり前にあった空気感、言葉たちや、存在感。OTODAMAがたとえば学校みたいな場所だとして、そこで再会する幼馴染2人と、それをきっかけに集まるクラスメイト。15周年のOTODAMAの最終日といういつもよりちょっと特別な1日がISEKIやみんなのおかげで幻のような格別な1日になりそう!そんな1日を楽しみに今年の夏はワクワクしながら過ごせそう。

 

引用:SNSに”元キマグレン”ツーショットの写真も公開!元キマグレンのクレイ勇輝が元相方のISEKIとのキマグレン解散後初のツーマン! https://www.excite.co.jp/

 

 

出典:https://emtg.jp/

 

そして、ISEKIさんは次のように語っています。

 

音霊を離れてから5年目の夏、 もうそんなに経ったのかと 改めて時間の流れの早さを感じた 場所や形は変わっても またこうして帰ってこれるところがあるというのは嬉しいことです。 続けてきてくれた 全てのスタッフの方々に 感謝と尊敬の想いを込めて 『15周年おめでとう』 今年の夏は久しぶりに ワクワクしています。

 

引用:SNSに”元キマグレン”ツーショットの写真も公開!元キマグレンのクレイ勇輝が元相方のISEKIとのキマグレン解散後初のツーマン! https://www.excite.co.jp

 

 

出典:https://emtg.jp/

 

そう言えば、クレイ勇輝さんはキマグレン解散時に、次のような興味深いコメントをされていました。

 

「そんな旅の先にいつか”二人の音楽”という交差点があってあいつと巡り合えたら、また始めようか。俺らのLIFE」

 

引用:マイナビニュース – キマグレン、7月のライブをもって解散「それぞれの次のSTEPへ向かうため」 http://news.mynavi.jp/

 

 

出典:http://dokujyoch.net/

 

今回はあくまでツーマンライブなので、まだ“キマグレンの復活”とまではいかないようですが、今回の共演がキマグレンの復活に繋がる可能性も大いにあるのではないでしょうか。

 

と言うか、盛り上がり次第では何か素敵な景色が見られるのかも!そんな2019年の夏を前に、キマグレンファンたちのソワソワは止まりません。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

大ヒット気曲「LIFE」で一躍有名になり、紅白歌合戦への出場まで果たすとともに、地元逗子の活性化に多大なる貢献をしてきた人気デュオ「キマグレン」。

 

そんなキマグレンが突如として解散してしまった本当の理由や、この夏に初のツーマンライブが決定した、ISEKIさんとクレイ勇輝さんの現在についてまとめてみました。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

X JAPAN・hideの死因と自殺の真相~後追い人数・すっぴん素顔も総まとめ

三代目 J Soul Brothersのメンバー7人の人気順とプロフィール【2019最新版】

河口恭吾の現在!代表曲「桜」のパクリ疑惑・結婚した嫁や子供情報など総まとめ

ORANGE RANGEメンバー6人の現在!KATCHAN・YAMATO・HIROKI・RYO・NAOTO・YOHとバンドの今

赤西礼保(赤西仁の弟)の現在!彼女は加護亜依?錦戸亮や赤西軍団との関係も総まとめ

DISH//メンバー人気順TOP4!人気曲10選・脱退メンバーも紹介【最新版】

木山裕策の現在!病気やがん再発は?嫁や子供・若い頃も総まとめ

男性ソロ歌手の人気ランキングTOP32・最新版【日本限定・歌の動画付き】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

石田えりの現在!若い頃・旦那や子供・ライザップCMなど総まとめ

志茂田景樹の現在!若い頃・嫁や息子と自宅・病気や死亡説の真相まとめ

高橋まつり自殺は電通上司や失恋が原因?母の現在・違和感の指摘も総まとめ

Juice=Juiceの人気順&8人のプロフィールと脱退者の現在【2019最新版】

一発屋のお笑い芸人35選!衝撃順ランキングと現在【2019最新版】

スネオヘアーの現在!ともさかりえ(元嫁)との子供や離婚原因まとめ

中井美穂の現在と若い頃!古田敦也との子供や離婚の噂・大腸がんも総まとめ

伊崎右典と伊崎央登兄弟の現在!ハーフ説や結婚など噂の真相・家族画像も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

加藤智大の弟や母親と父親の現在~生い立ちや秋葉原無差別殺傷事件の真相も総まとめ

クマムシ(芸人)の現在!消えた理由4つを解説【あったかいんだからぁ♪】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す