あみん(岡村孝子/加藤晴子)の現在!年齢や若い頃・旦那との結婚や子供・病気・活動休止の真相も総まとめ

あみんは「待つわ」がミリオンヒットしたコーラスデュオですが、活動休止の真相が話題です。

 

今回は岡村孝子さんと加藤晴子さんの年齢差の理由や若い頃、活動休止の真相、結婚した旦那や子供、岡村孝子さんの病気など現在を紹介します。

あみんは人気絶頂で休止した伝説のデュオ

 

出典:https://news.1242.com/

若い頃のあみん

 

「あみん」は、同じ学校の同級生コンビ、岡村孝子さんと加藤晴子さんで1981年に結成されたデュオです。

 

それまでは素人だった2人でしたが、ミリオンヒットを飛ばす快挙を連発。

 

1983年に一度活動を休止したものの、2007年に活動を再開しています。

 

あみんをご存知ない方もいるかもしれませんので、まずは2人のプロフィールを見ていきましょう。

 

 

あみん・加藤晴子のプロフィール

 

出典:https://www.city.toyokawa.lg.jp/

加藤 晴子(かとう はるこ)

生年月日: 1963年1月2日

出身地: 愛知県豊川市

最終学歴: 椙山女学園大学卒業

 

1982年、「ポプコン」の愛称で親しまれていたヤマハポピュラーソングコンテストで、岡村孝子さんと共にグランプリに輝き、あみんとして活動を開始

 

1983年に活動を休止した後は、普通の大学生として大学を卒業後、テレビ局に就職。8年間勤務して結婚を機に退職してからは、子供を育て家庭を守る主婦として生活していました。

 

2007年から、再びあみんの活動を再開し、脚光を浴びています。

 

 

あみん・岡村孝子のプロフィール

 

出典:https://nobiciro.com/

岡村 孝子(おかむら たかこ)

生年月日: 1962年1月29日

出身地: 愛知県岡崎市

最終学歴: 椙山女学園大学中退

 

岡村孝子さんは、あみんの活動を1983年に休止すると大学を中退し、ソロシンガーに転向。

 

同世代の女性への応援歌が多く、1990年代は「OLの教祖」とも呼ばれていました。

 

 

あみん・岡村孝子と加藤晴子の出会い

出典:https://www.e-onkyo.com/

 

あみんの2人はデビュー当時、同じ女子大に通う同級生でした。

 

数多くの学生がいる中で、どのような経緯で出会い、デュオ結成に至ったのでしょうか。

 

そして、同級生のはずなのになぜか年齢が異なる理由についても紹介します。

 

名簿が前後だった

出典:https://ameblo.jp/

 

岡村孝子さんと加藤晴子さんが初めて出会ったのは、椙山女学園大学のキャンパスです。

 

同じ年度に入学した2人は、あいうえお順の名簿だったので入学式で隣同士だったそう。

 

そして、科目の履修届の書き方が分からなかった岡村孝子さんが、加藤晴子さんに質問したことが会話のきっかけでした。

 

お互いに音楽を聴くことが好きだったことから、あっという間に意気投合。さらに、岡村孝子さんは自身で作った曲を加藤晴子さんに聞いてもらうようになったのです。

 

加藤晴子さんは、岡村孝子さんが作る曲に才能を感じて、学校の裏山で一緒に歌の練習をしていたそう。

 

 

あみん・岡村孝子と加藤晴子は同級生なのに年齢が違う理由

2人の年齢は?

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

椙山女学園大学の入学式で出会った2人ですから、本来であれば同じ年齢のはずですが、岡村孝子さんは1962年1月29日生まれ、加藤晴子さんは1963年1月2日生まれで1つ年齢が下です。

 

これは岡村孝子さんが浪人しているため、同級生ですが実年齢は年上なんです。

 

ただし、2人とも1月の生まれなので、1月2日から1月28日の期間限定で年齢が同じになります。

 

 

あみんの名前の由来

出典:https://mysuki.jp/

 

2人で一緒に歌って遊ぶだけではなく、デュオとして音楽をやっていきたいと岡村孝子さんが提案したところ、加藤晴子さんが快諾し、1981年にあみんが結成されました。

 

ところで気になるのはグループの名前ですよね。

 

実は、岡村孝子さんが高校生の時からファンだった、さだまさしさんの楽曲「パンプキン・パイとシナモン・ティー」に登場する喫茶店「安眠(あみん)」から拝借したのだとか。

 

結成した当初はひらがなではなく、漢字で「亜未夢」としていたそうですが、「あくむ」と呼ばれてしまうこともあり、紛らわしいからとひらがなの「あみん」に変えたそうです。

 

 

あみんの若い頃の経歴:デビュー後すぐにスターダムへ

出典:https://ameblo.jp/

 

あみん結成後、2人が狙ったのは歌手の登竜門として知られていた「ヤマハポピュラーソングコンテスト」のグランプリを手に入れることでした。

 

想像していたよりも早くグランプリに輝いた2人は、その日からいきなりスターダム街道を突き進むことになります。

 

ここでは、2人のデビューまでの道のりや、芸能活動について紹介します。

 

ポプコンでまさかのグランプリ

出典:https://minne.com/

 

歌の甲子園として知られる「ヤマハポピュラーソングコンテスト」は、アマチュアであれば、ロックでもフォークでもジャンルを問わず参加が可能なコンテストです。

 

このコンテストからは、辛島美登里さんや中島みゆきさんなどの著名なシンガーも誕生しています。

 

岡村孝子さんと加藤晴子さんが初めてエントリーしたのは、あみん結成の1981年。岡村孝子さんが作詞作曲した「琥珀色の思い出」を引っ提げて地区予選に出場しました。

 

この年は残念ながら本選に進むことはできず敗退しましたが、中部北陸大会で優秀曲賞を受賞しています。

 

次こそはと、気合を入れ直した2人は、毎日授業が終わると学校裏に集合して歌の練習に励み、1982年もエントリー。

 

岡村孝子さんが作った楽曲「待つわ」で本選に出場したのです。

 

本選でのレベルの高さに驚き、歌を歌い終えると2人は帰り支度を進めていたそうですが、なんとグランプリを獲得

 

これにより、あみんはデビューが決まったのです。

 

ミリオンセラー達成

出典:https://www.amazon.co.jp/

 

グランプリを獲得すると、あみんの2人の生活は一変しました。

 

1982年7月、PHILIPES RECORDS(現在のユニバーサルミュージック)から「待つわ」がリリースされると、あっという間にセールスを伸ばし1982年のオリコン年間売上ランキング1位に。

 

生放送歌番組「ザ・ベストテン」に合計12週出場し、さらにこの年のNHK紅白歌合戦にも出場しました。デビューからわずか5か月弱の新人が紅白に出場するのは異例でした。

 

そんなデビュー曲「待つわ」はミリオンセラーを達成し、一躍時の人なった2人は、まさに寝る暇もなくなるほど多忙な生活を送ることになります。

 

 

あみんの活動休止の理由とは

出典:https://www.sponichi.co.jp/

 

あみんの2人が活動を休止したのは、1983年12月20日のことです。デビューからわずか1年半程で休止したことになりますね。

 

デュオを組んでいる2人が人気絶頂の最中に突然活動を停止を発表したことで、その理由が知りたいと注目を集めました。

 

理由は、売れすぎたことが原因だったそうです。

 

加藤晴子は学業に専念したかった

出典:https://unistyleinc.com/

 

デビューしてから火が付いたような人気ぶりの2人でしたが、学業との両立が困難になるほどハードな生活を送っていました。

 

そして1983年4月には、ファーストアルバム「P.S.あなたへ…」をリリースし、翌月の5月からは全国ツアーも開始。

 

スケジュールは分刻みで、日中に学校を終えると新幹線に飛び乗り東京へ。仕事を終えるとハイヤーで帰宅、という日々を繰り返していたそうです。

 

加藤晴子さんはデビュー当時、あくまで学生をしながら楽しく音楽活動を続けたいという気持ちでいましたが、人気が爆発して以降は、学業がおろそかになっていきました。

 

そんな中、加藤晴子さんが学校に登校すると「芸能人は学校に来ないで欲しい」と言われてしまったこともあったといいます。

 

そこで、大学を普通に卒業したいという希望が強かった加藤晴子さんは、学業に専念するために活動休止を申し入れたそうです。

 

しかし、実はこれは100%の理由ではなかったことが後年明かされています。活動休止の真相はこの後の章で紹介します。

 

 

あみんの活動休止の真相とは

出典:https://ameblo.jp/

 

1983年に突如活動を休止したあみんの2人。

 

理由は学業を優先したいからと公表されましたが、実はもっと根深い問題が当時あったことが、再結成した2007年に明かされています。

 

ここでは、活動休止の真相、そして岡村孝子さんが選んだ感動の選択肢についても紹介します。

 

加藤晴子は才能のなさを感じていた

出典:https://zexy.net/

 

長い休止期間を経て、あみんが本格的に再結成したのは2007年です。

 

再結成されると、加藤晴子さんは休止当時を振り返り、当時の思いや岡村孝子さんとのやり取りなどを詳細に明かしました。

 

加藤晴子さんはデビューして以降、売れれば売れるほど自身には才能がなく、芸能界は私の居場所ではないと悩んでいたそうです。

 

この思いを告げられた岡村孝子さんは、そんな風に悩んでいたことを全く知らなかったと語っています。

 

そして、芸能界に引っ張り込んだのは自分に責任があると考え、引き留めることができず、加藤晴子さんの意志を尊重したのです。

 

 

メンバーを変えて継続する気はなかった

出典:https://news.1242.com/

 

活動休止にあたり、加藤晴子さんは岡村孝子さんに、あみんを継続するために相方を探すように伝えました。

 

社会現象にまで発展したあみんを止めてしまうことは勿体ないと考えたからです。しかし岡村孝子さんは、加藤晴子さん以外の人と組むつもりは一切ないとキッパリ断ったといいます。

 

レコード会社からも、メンバーを探して音楽活動を継続するように説得されたそうですが、頑として聞かず、結局あみんは活動を休止しています。

 

2人の強い絆が感じられるエピソードですよね。

 

あみんの活動休止後、岡村孝子さんは学校を中退し、2年間の充電期間を経てソロシンガーとして再スタート。加藤晴子さんは一般人として会社に就職しました。

 

全く別の道を歩むことになりましたが、どんなに忙しい時でも交流を絶やすことはなかったそうです。

 

 

あみん・岡村孝子と元旦那の石井浩郎の結婚と子供や離婚理由

 

出典:https://jisin.jp/

岡村孝子の元旦那の石井浩郎

 

岡村孝子さんは、1997年に元読売ジャイアンツの選手・石井浩郎さんと結婚。

 

1人娘にも恵まれましたが、2003年に離婚を発表しています。

 

元旦那との馴れ初めや離婚の理由につて見ていきましょう。

 

石井浩郎のプロフィール

出典:https://www.sponichi.co.jp/

石井 浩郎(いしい ひろお)

生年月日: 1964年6月21日

出身地: 秋田県南秋田郡

 

石井浩郎さんは元プロ野球選手で、プリンスホテルでのアマチュアを経て、1989年度のドラフト会議で近鉄バッファローズから3位指名を受けてプロに転向しました。

 

1997年のトレードで読売ジャイアンツに移籍、その後はロッテマリーンズと横浜ベイスターズへと移籍し、2002年のシーズンで現役を引退しています。

 

引退後は実業家に転身し、博多もつ鍋チェーン店のオーナーに。その傍らでプロ野球の解説者としても活動しています。

 

2010年以降は参議院議員として活動し、選挙制度に関する特別委員にも就任しています。

 

馴れ初めは?

出典:https://zexy.net/

 

 

岡村孝子さんと石井浩郎さんの縁を繋いだのは、岡村孝子さんの代表曲である「夢をあきらめないで」でした。

 

石井浩郎さんは、プロになりたての頃に急性肝炎を患って入院したことがありました。

 

当時は近鉄バッファローズに所属しており、同僚の野茂英雄さんがお見舞いとして持ってきたのが「夢をあきらめないで」だったのです。

 

この楽曲に勇気づけられたことで治療が順調に進み、無事退院。岡村孝子さんのライブに赴き、楽屋でお礼を言ったことが出会いでした。

 

これをきっかけに、2人はプライベートでも会うようになり、交際に発展したそうです。

 

娘が誕生するも離婚

出典:https://diamond.jp/

 

 

2人の間には子供は娘が1人誕生しています。

 

名前や顔画像は公表されていませんが、2018年に成人していますので、2022年現在は24歳だと思われます。

 

子供も生まれて夫婦仲は良好と思われてきた岡村孝子さんと石井浩郎さんでしたが、2003年に離婚を発表しました。

 

離婚理由は明かされていませんが、一説によると、岡村孝子さんの父親がホテル経営に失敗して15億円の借金を背負ってしまい、家族に迷惑をかけないためでは?と言われています。

 

一方で、石井浩郎さんのDVや性格の不一致などの噂がささやかれているのも事実です。

 

また、石井浩郎さんは離婚会見で、「人魚と思って釣ったら、ホオジロザメだった」と語り、岡村孝子さんに対して失礼だと批判を浴びました。

 

なお、1人娘は岡村孝子さんが親権を持ち養育しています。

 

 

あみん・加藤晴子の旦那との結婚と子供

 

出典:https://mainichi.jp/

 

 

あみん活動休止後、加藤晴子さんは一般人として過ごしていた時代に結婚しています。

 

旦那はどのような人物なのでしょうか。子供についても調査しました。

 

旦那は一般人

出典:https://news.yahoo.co.jp/

 

加藤晴子さんは、あみん活動休止後は無事に大学を卒業して、その後、テレビ東京に就職。

 

8年の勤務を経て、旦那と結婚して会社を退職しています。

 

旦那は一般人のようで、残念ながら顔や名前などの情報は明かされていません

 

1人娘が誕生している

加藤晴子さんには1人娘が誕生しています。出産した時期や名前、通っている学校なども調査しましたが、娘は芸能人ではなく、プロフィールは公開されていませんでした。

 

加藤晴子さんは、昔は歌手だったことを娘さんには明かさずに生きてきたそうです。

 

昔の話を子供にしたのは、あみんとして活動を再開するという話が出てからのことでした。

 

あみん再開の経緯については、この後の章で詳しく紹介します。

 

 

あみんが活動再開した理由

出典:https://diskunion.net/

 

あみんの活動再開は2007年のことです。ここからは、あみん活動再開に至るまでのエピソードを紹介します。

 

断られることを覚悟していた

2002年、岡村孝子さんのデビュー20周年の記念楽曲「天晴な青空」において、加藤晴子さんはコーラスとして参加しています。

 

この年に開催されたツアー最終日には、一夜限りのあみん再開として、岡村孝子さんと加藤晴子さんは「待つわ」を披露。

 

やはり加藤晴子さんと一緒にやりたいという気持ちが高まった岡村孝子さんは、2007年、断られるだろうなという想いもありながら、思い切ってあみんを再開しようと伝えたのです。

 

加藤晴子を動かした言葉とは?

出典:https://www.daily.co.jp/

 

 

ちょうどその頃の加藤晴子さんは、成長していく娘に対して、親としてどう振る舞うべきか悩む機会が増えていた時期だったそうです。

 

そして、娘が通う学校の保護者や教師と集まった時、当時の校長が「子育てに必要なことは、親の生き様をみせるのが大事なことですよ」と語り、その言葉が胸に突き刺さったといいます。

 

自分がかつて歌手だったことを娘に隠し続けていたけれど、きちんと向き合わないといけないと考えていた矢先、岡村孝子さんからあみん再開のお誘いがあったのです。

 

加藤晴子さんは不安もありましたが、自分の中でも風が吹いていることを感じて承諾し、2007年6月20日付けであみんは再スタートを切りました。

 

同年のNHK紅白歌合戦にも出場を果たし、個人別視聴率でベスト5にランクインするなど、人気は健在でした。

 

 

あみんの現在:岡村孝子の病気とは

出典:http://vwventovw.blog.jp/

 

最後に、あみんの2022年現在の活動について紹介します。

 

あみんの2人は、2022年の誕生日を迎えると岡村孝子さんが60歳、加藤晴子さんが59歳になります。

 

そんな岡村孝子さんは近年、病気療養のために歌手活動を休業することがニュースになりましたが、現在は病気を克服したのでしょうか。

 

 

闘病生活を送っていた

出典:https://hotaka-hospital.or.jp/

 

岡村孝子さんに病気が判明したのは2019年4月のこと。娘との旅行中に足が上がらなくなり、何かおかしいと気になったそう。

 

偶然、予約してあった健康診断を受けてみると、「白血球の数値に異常がある」との結果。その後、病院で詳しく検査したところ、急性骨髄性白血病であると宣告を受けたのです。

 

すぐに入院して治療を開始しましたが、抗がん剤治療の副作用は凄まじく、毎日吐いてトイレに行くのも困難になるほど体力は落ちたそうで、なんと背中の骨が折れたことも。

 

また、無菌室で5か月間暮らした時には、風も当たらず小さな窓からも何も見えず、季節すら分からないという状態で心理的にもかなり過酷だったようです。

 

そんな中でも心の支えになったのは、大学生になった娘や同居していた母親、加藤晴子さん、そしてファンからの応援でした。

 

周囲の応援があったからこそ、辛くて先の見えない治療と向き合うことができたと語っています。

 

病気からの復帰を遂げた

2021年9月、ソロデビュー35周年記念コンサートを開いた岡村孝子さん

 

会場にはギッシリとファンが来場し、大きな拍手で迎えてくれました。会場では涙を流して喜ぶファンもいたそうです。

 

岡村孝子さんはもらい泣きしてはいけないと、あえて観客を見ないようにして、歌をきちんと歌い終えることに集中したといいます。

 

大盛況の中、無事コンサートを終えると「帰って来られたという気持ちになっています」と、コメントを発表しています。

 

 

まとめ

出典:https://aucfree.com/

 

あみんは、1982年にデビューした岡村孝子さんと加藤晴子さんのデュオ。

 

デビュー曲「待つわ」がいきなりのミリオンセールスを記録し、デビューした年にはNHK紅白歌合戦に出場するなど一世を風靡しました。

 

しかし1983年、突然の活動休止を発表したあみん。

 

岡村孝子さんは2年の充電期間を経てソロシンガーに、加藤晴子さんは一般人に戻って大学卒業後は、就職・結婚しています。

 

岡村孝子さんも1997年、元プロ野球選手の石井浩郎さんと結婚し、娘が1人誕生しましたが、2003年に離婚しました。

 

岡村孝子さんと加藤晴子さんは2007年、あみんの活動を再開します。しかし、岡村孝子さんは2019年に急性骨髄性白血病を発症し、闘病生活を余儀なくされました。

 

現在は退院しており、2021年9月にソロコンサートを開いて元気な姿を見せました。今後、あみんの活動も増えていくかもしれません。

 

これからのあみんに期待です。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

倖田來未の現在!旦那や子供・炎上した羊水発言やすっぴんまとめ

大黒摩季の現在!旦那や子供と離婚原因・病気と闘病生活まとめ

宮崎薫(ASKAの娘)の現在!兄など家族・学歴と経歴や結婚情報まとめ

MAX・NANAの現在!旦那と子供・結婚や不妊治療まとめ【画像多数】

北野井子(ビートたけし娘)の現在!元旦那や子供・消えた理由と近況まとめ

江利チエミ(高倉健の元嫁)の生涯と死因!身長や家族(弟/姉)・結婚と離婚原因や子供もまとめ

ZONE・MIZUHOの現在!結婚と子供・出身高校や石橋貴明からのセクハラ発言まとめ

姫乃樹リカの現在!若い頃やスタンドバイミー・旦那と子供・最新活動も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

“高部あい”の現在!旦那や子供・コカイン逮捕と保釈後まとめ

牡丹きぃの炎上騒動と現在!顔と年齢など中の人や前世・運営トラブルや妊娠疑惑・引退や復活の噂も総まとめ

打越スペクターの現在!関東連合や木村兄弟との関係・メンバー西村聡造が関与した事件も総まとめ

高橋英樹の若い頃と現在!嫁と娘や孫・自宅の断捨離と別荘・年収も総まとめ

石田ひかりの現在!夫や子供・若い頃の画像まとめ【姉は石田ゆり子】

シェイプUPガールズのメンバー4人の現在!梶原真弓/中島史恵/三瀬真美子/今井恵理の結婚や旦那と子供も総まとめ

神原三兄弟の現在!長男・神原雅行の伝説と事件/親や生い立ちまとめ

柴田大輔の死因!関東連合など経歴と身長・顔写真や工藤明男の本・現在まで総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

人気の10代女優ランキング50選・2022最新版を投票で決定【今後に期待の女優!】

バーターの芸能人/有名人19名!意味や使い方・語源・誰のバーターなのか&出演作品も徹底紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す