KGB(チーマー)の現在!初代から4代目までの歴代リーダーも総まとめ【内藤裕・田中雄士・高谷裕之・矢尻哲郎など】

1990年代に東京都や千葉県を中心に活動していた伝説的チーマーグループ「KGB」が話題です。

 

この記事ではチーマー・KGBの成り立ちや、初代から4代目までの歴代のリーダーやそのエピソードや現在、内藤裕さんや高谷裕之さん、矢尻哲郎さんといった有名メンバーなどをまとめました。

 

KGB(チーマー)の概要…内藤裕や高谷裕之も所属していた

 

出典:https://livedoor.blogimg.jp/

 

KGB(キング・オブ・ギャング・ボーイズ)は、1990年代初めから半ばにかけて東京都と千葉県を中心に活動していた伝説的チーマーグループです。

 

チーマー・KGBの結成のきっかけは、亀有の高校に通っていた、東京都江戸川区、葛飾区の千葉県松戸の不良少年グループが、千葉県津田沼(習志野市)、柏市の不良グループと合流し共闘体制を敷いた事だったようです。

 

KGBは武闘派の集団として知られ、当時の不良少年らに恐れられる存在でした。全盛期には関連グループも含めると1000人以上もの構成員がいたとも言われています。

 

 

 

YouTubeチャンネル開設で話題の内藤裕は元KGBメンバー

 

出典:https://sai001.com/

 

YouTube「内藤ゆたかチャンネル」で話題の内藤裕さんは、このチーマーグループ・KGBの幹部で、初代から3代目まで在籍していました。

 

内藤裕さんは、チーマー時代、喧嘩になると全く躊躇することなの人を刺しまくるため、「人刺ゆたか」と呼ばれて恐れられていました。

 

危ない奴というイメージがある内藤裕さんですが、身内に対しては非常に優しく、面倒見も良い人物らしく、後輩からはとても慕われているようです。

 

そんな内藤裕さんですが、2009年には総合格闘技大会「THE OUTSIDER」に出場し話題になりました。

 

内藤裕さんは自身のYouTube動画でチーマー・KGBについてもよく話されています。

 

 

 

 

元総合格闘家の高谷裕之もKGBの元メンバー

 

 

KGBの幹部・高谷裕之のプロフィール

 

生年月日:1977年6月10日

出身地 :千葉県習志野市

身長  :168cm

血液型 :A型

 

 

また、元総合格闘家で元DREAMフェザー級王者の高谷裕之さんも、少年時代にはこのチーマーグループ・KGBに所属していた事が知られています。上で触れた内藤裕さんは、尊敬する人物、格闘家としてこの高谷裕之さんの名前を挙げられていた事があります。

 

高谷裕之さんは、総合格闘家としてかなりの実績を残しており、「修斗」の2003年ライト級新人王、2010年に第2代DREAMフェザー級王座を獲得されています。通算成績は「25勝15敗2分」でした。この高谷裕之さんの総合格闘技での活躍によって、チーマーグループ・KGBの名前も全国的に知られるようになりました。

 

現在、高谷裕之さんは、EXILEの所属する芸能事務所「LDH」傘下のトレーニングジム運営会社「LDH martial arts」の代表取締役CEOを務められています。

 

私生活では2009年11月22日にモデルの三浦麻穂さんと結婚されています。2人は三浦麻穂さんが17歳、高谷裕之さんが19歳の頃に交際をはじめ、当時から同棲されていたそうです。13年の交際を経て結婚されています。

 

 

 

KGB(チーマー)の歴代リーダー① 古谷もりひろ

 

チーマーグループ・KGBの歴代のリーダーについて見ていきます。

 

KGBの初代リーダーは、「信義(のぶよし)」という人物や、「兼弘(カネヒロ)」という人物だという情報がネットの匿名掲示板などに書き込まれていましたが、KGBの2代目リーダーで、総合格闘家として活躍後、現在は芸能事務所やトレーニングジムを経営する田中雄士さんが、KGBの初代リーダーは「古谷もりひろ」という人物だと明言されています。

 

 

ただ、「兼広」という人物は亀有の高校の不良グループのトップで、KGBの中心的人物だったようで、当初はそこから「カネヒロ・ギャング・ボーイズ」と命名され、これが「KGB」の命名由来になったという説もあります。

 

また、他にも亀有の高校の不良グループが中心だったため「カメアリ・ギャング・ボーイズ」がKGBの命名由来となったとする説もあります。

 

 

 

KGB(チーマー)の歴代リーダー② 2代目・田中雄士

 

KGB2代目リーダー・田中雄士のプロフィール

 

生年月日:1977年7月4日

出身地 :千葉県千葉市

身長  :170cm

 

 

初代リーダーのところでも触れましたが、チーマーグループ・KGBの2代目リーダーは、プロキックボクサーの田中雄士さんです。

 

田中はプロライセンスを持つ歴としたキックボクサーだ。ただ同時に、渋谷や六本木に複数のネイルサロンとバーを経営する実業家でもある。

 そして過去をさかのぼれば、構成員300人──周辺を含めれば最大1000人にも達したと言われる伝説のチーム、KGB(キング・オブ・ギャング・ボーイズ)を束ねた2代目リーダーだった。

 

引用:伝説のチーマーリーダーが戦極デビュー 戦いを極めた男・田中雄士が見せた“魂の戦い”

 

田中雄士さんは、子供時代から空手を学んで中学に入る頃には黒帯に、また中学校ではバスケットボール部に所属してキャプテンを務め、高校は県内有数の進学校へ進学するなど元々は優等生でした。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

しかし、趣味のサーフィンなどのハマるうちにチーマー文化へ憧れを持つようになり、次第に不良グループの一員として過ごすようになったようです。

 

田中雄士さんは高校時代に傷害事件を起こして逮捕収監され、これが原因で高校を中退。この時、内藤裕さんも別の傷害事件を起こすなどして逮捕収監されるなどしたため、田中雄士さんの上の世代のKGBは一時的に解散状態になりました。

 

そして、上の世代から引き継ぐ形で、田中雄士さんはKGBの2代目リーダーになったという事です。それまで通称であったKGBを正式に「ギャング・オブ・キング・ボーイズ」という名称にしたのはこの2代目リーダーの田中雄士さんだとも言われていますが真偽不明です。

 

田中雄士さんが率いていた頃のKGBは、刃物や催涙スプレー、手製のスタンガンなどを容赦なく使うなど勝つためには手段を選ばない喧嘩の強さだけでなく、その力と人脈を背景にしたビジネスを展開し、かなりの資金力を持っていたようです。

 

その頃のKGBは大きなクラブを貸し切ってイベントを催して、そのチケット販売などで毎回数百万円単位の利益を上げていたという事でした。

 

その当時のKGBの幹部らは、そうして得た資金を使い、キャデラックやベントレーのリムジンを乗り回し、かなり華やかな日々を送っていたようです。アウトロー系のメディアでも度々取り上げられるなど、当時のストリートの不良少年らの憧れの存在でもあったようです。

 

 

 

KGB2代目リーダー・田中雄士の現在…プロキックボクサーで実業家

 

出典:https://sports-pctr.c.yimg.jp/

 

チーマーグループ・KGBの2代目リーダー・田中雄士さんは、KGBを引退後に、明海大学不動産学部へと入学し、卒業後に不動産会社を経て独立し、飲食店やネイルサロンなどの経営者になりました。

 

一方で、24歳の頃にキックボクシングのプロライセンスを獲得し、東京都品川のレンジャージムに入門して本格的にトレーニングを積み、32歳で初めてプロデビュー戦を飾っています。しかし、このデビュー戦では敗北、続く試合でも敗戦を喫しています。

 

この2連敗で闘争心に火が付いた田中雄士さんは奮起し、格闘技大会「戦極 Soul of Fight」や、「K-1」などに出場して試合を重ね、ムエタイの本場、タイやシンガポールにも遠征して鍛錬を積み、35歳にして初のチャンピオンに輝き、さらに、WBKFの初代世界スーパー・フェザー級王者、第3代GRACHANキック・フェザー級王者、蹴拳インプレッションの初代スーパー・フェザー級王者を獲得し3冠を達成しました。

 

田中雄士さんはその後、HIPHOPシンガーとしても活動し、2017年に「遅咲きのヒーロー」、2019年に「断捨離 feat. HOKT(N.C.B.B)」という楽曲をリリースしています。

 

現在も実業家として活躍を続けながら、プロキックボクサーとしても現役を続けられています。

 

 

 

KGB(チーマー)の歴代リーダー③ 3代目・矢尻哲郎

 

出典:https://stat.ameba.jp/

 

チーマーグループ・KGBの3代目リーダーは、矢尻哲郎(やじり・てつお)さんという方です。

 

上の画像の正面から見て左端に立っているスキンヘッドの大柄な方が矢尻哲郎さんです。この矢尻哲郎さんは圧倒的な喧嘩の強さで知られ、体重127kgの体格で子供の頃から柔道をやっており、喧嘩相手が彼に投げ技をかけられると身体が半回転して吹っ飛んだそうです。

 

当時、渋谷区の有力なチーマーグループだった「TOP-J」の井上勇さんは、この矢尻哲郎さんに喧嘩で敗れて土下座したという情報もあります。

 

ちなみに今回の記事でも度々登場している元KGBメンバーの内藤裕さんは胸に刺青で「矢尻哲郎」と彫っています。内藤裕さんにとって矢尻哲郎さんは兄貴分にあたるようです。

 

この矢尻哲郎さんですが、2009年1月に東京都八王子市で現金2千万円が強奪された事件で2010年に逮捕されています。この時の報道では指定暴力団山口組系組員と報じられていました。

 

 

 

KGB(チーマー)の歴代リーダー④ 4代目は不明

 

チーマーグループ・KGBには4代目リーダーまで存在すると言われていますが、どういった理由かこの4代目リーダーについては、匿名掲示板の噂レベルも含めて全く情報が上がっておらず、どのような人物だったのか不明です。

 

 

 

KGB(チーマー)の現在

 

当時は関東でも最強と言われたチーマーグループ・KGBですが、現在は既に存在していません。

 

KGBは4代目まで存続した事はわかっていますが、その後、どのような経緯で無くなったのかなどの情報もないようです。

 

現在は元KGBのOBが格闘家や経営者として何人も活躍していますが、それぞれKGBへの特別な想いは持たれているようなので、元メンバー間のつながりなどは現在も存在していると思われます。

 

ただ、一般的な世界(いわゆるカタギの世界)で成功されている方も多いため、反社会的な存在であるKGBの名前を公に出す事は避けている部分もあるようです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1990年代はじめから半ばにかけて、東京都、千葉県を中心に悪名を轟かせた伝説的チーマーグループ・「KGB(キング・オブ・ギャング・ボーイズ)」についてまとめてみました。

 

KGBは、勝つためには手段を選ばない武闘派集団として恐れられ、その力と人脈を武器にビジネスの面でも成功し、一時は関東のチーマーグループでは最強と言われました。

 

KGBの初代は、亀有の高校の不良少年グループと、千葉県津田沼や松戸の不良グループと手を組んだ事でできた不良グループで、初代リーダーは古谷もりひろという人物だったようです。この頃からのメンバーには後に総合格闘家として成功する高谷裕之さんや、現在はアウトロー系YouTuberとして人気の内藤裕さんなどがいました。

 

2代目リーダーは、キックボクサーの田中雄士さんで、この方の代にKGBはクラブを貸し切ってイベントを開催するなど大きなビジネスを成功させるようになり、おそらく数千万円単位の資金力を得ていたと思われます。

 

この田中雄士さんはその後、実業界で成功を収めており、現在も経営者として活躍されています。

 

3代目リーダーは、圧倒的な喧嘩の強さが伝説的に語り継がれている矢尻哲郎さんという方で、この方はKGB引退後に山口組系の暴力団組織に所属し、2010年に1度現金強奪事件の容疑で逮捕されています。

 

現在、KGBは存在していませんが、その歴代のメンバーらはそれぞれ活躍しており、YouTubeなどでは色々と当時のエピソードが語られ話題になっています。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

木村兄弟の現在!関東連合の伝説・木村泰一郎と木村孔次郎の逮捕も総まとめ

与国秀行の現在!関東連合や幸福の科学との関係・嫁や失明事件・最新活動も総まとめ

山崎宏人(半グレ/リアルグループ)の現在!リンチ事件詳細・逮捕後や判決も総まとめ

打越スペクターの現在!関東連合や木村兄弟との関係・メンバー西村聡造が関与した事件も総まとめ

田丸大の現在!関東連合や木村兄弟との関係・逮捕事件とその後まとめ

宇田川警備隊の歴代総長と現在!チャイ・高山尚基・小山恵吾・樺沢大輔など/関東連合との関係/OBのエスパーと西山友紀とのトラブルも総まとめ

朝青龍事件の真相と現在!関東連合・川奈毅が被害者など情報まとめ

暴走族・半グレ20名の強さランキング!最強のアウトロー【2022最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

吉井怜が旦那・山崎樹範との子供産めない理由や闘病まとめ

リサ・ステッグマイヤーの若い頃と現在!結婚した旦那や子供・昔の天てれやいいとも出演も総まとめ【元祖ハーフタレント】

クラウディア(梅宮辰夫の嫁)の若い頃と現在!生い立ちやホステス時代・膠原病や太った噂も総まとめ【画像あり】

歴代ホスト人気ランキングTOP30!歌舞伎町や大阪など全国のクラブから売上・指名・知名度で総合的に判断【2022最新版】

増田恵子の現在!若い頃や野口五郎との破局・夫や子供まとめ

八代英太の現在!転落事故とその後・結婚と家族(嫁/息子)など総まとめ

室蘭女子高生失踪事件・千田麻未の現在!パン屋店長や彼氏など犯人の噂3人・霊視捜査などその後も解説

村岡万由子の今現在の画像流出?彼氏やケツ毛バーガー事件とその後まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

小林カウ(ホテル日本閣殺人事件の犯人)の最期の言葉!生い立ちや家族(夫/息子/娘)・判決と死刑執行時の様子・映画化も総まとめ

飯田圭織バスツアー伝説まとめ!なんJのコピペと呪い・漫画化や被害者のオフ会も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す