岡山地底湖行方不明事件の真相とその後!犯人は部長?不可解な行動5つを総まとめ

「岡山地底湖行方不明事件」は関係者の不可解な行動が多く、未だに注目を集めています。

 

今回は「岡山地底湖行方不明事件」について、サークルメンバーの不可解な行動や部長・白米美帆が犯人と言われる理由、真相やその後など現在を紹介します。

 

「岡山地底湖行方不明事件」とは

 

2008年1月5日、地底湖で泳いでいた大学生が行方不明に

 

「地底湖でひとりが溺れた」

 

高知大学学術探検サークルのメンバーからの通報が入ったのが、2008年1月5日の午後6時15分頃のことでした。

 

これが、いわゆる「岡山地底湖行方不明事件」の始まりでした。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

通報は、岡山県新見市豊永赤馬にある、岡山県指定天然記念物の洞穴「日咩坂鍾乳穴(ひめさかかなちあな)」へ入洞した高知大学の洞窟探検サークルの1名が地底湖で溺れ、行方不明になったというものでした。

 

「日咩坂鍾乳穴(ひめさかかなちあな)」とは…

 

 

県下でも屈指の巨大な洞口と1600mの長さを誇る裂か型の吸い込み穴。深さ100m近いドリーネの急坂を下りていくと、高さ15m・幅7mの巨大な洞口がひんやりとした冷気を漂わせている。

 

従来奥行きは700mの神の池までとされていたが、調査の結果1600mにも達する巨大なものであることが判明した。 最終地点は水深32mの地下の巨大な湖であった。 この湖の水は豊永佐伏の住民の生活の源泉である「湧きあがり」に流出している。

 

引用:家族でお出かけ「日咩坂鐘乳穴(秘坂鐘乳穴)」 http://www1.plala.or.jp/

 

 

出典:http://www1.plala.or.jp/

 

高知大学学術探検サークルは、事故現場となった「日咩坂鍾乳穴 (ひめさかたちあな)」にはよく探検目的で入洞していたようです。

 

この日(2008年1月5日)は、サークルに所属する5人の大学生で午前11時頃から洞穴に入ったそう。

 

そして午後2時30分頃、メンバーの1人である名倉祐樹さんが鍾乳洞奥の地底湖で泳いでいたところ、急に姿が見えなくなったことから、警察に通報がなされました。

 

 

通報を受けた警察は、直ちに30人体制で捜索を開始します。

 

しかし、前述したように事故現場となった洞穴の最終地点にある地底湖まで到達するには、高さ15メートル、幅7メートルの洞窟を1600メートルも進まなくてはなりません。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

しかも、洞窟の途中には、人1人がやっと通れる隙間や、首の辺りまで水に浸からなければ進めないような難所もあることから、捜索は困難を極めました。

 

 

5日間に及ぶ懸命の捜索虚しく名倉祐樹さんは発見されなかった

 

このように洞穴の内部には難所も多く、二次被害が不安視される中、洞穴内部の地形に詳しい高知大学学術探検サークルOBの協力を得て、5日間におよぶ捜索が夜を徹して行われました。

 

ですが…結局、名倉祐樹さんを発見できないまま、2008年1月10日に捜索が打ち切られました。

 

 

出典:http://image01.seesaawiki.jp/

 

ちなみに、前述の通り「日咩坂鍾乳穴 」は岡山県指定天然記念物に指定されており、かつ、非常に危険な構造のため、立ち入る際は新見市の許可を取らなければならない決まりがあります。

 

ですが、ここに何度も訪れている高知大学学術探検サークルは、いつも許可を取らずに入洞していたそうです…。

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」でのサークルメンバーの不可解な行動が話題に

 

5日間に及ぶ懸命の捜索虚しく、生存確認はおろか、遺体すら発見されなかった名倉祐樹さん。通常であれば、洞窟内での事故死で片付けられるべき案件だと言えます。

 

ところが、この1件は、やがて「岡山地底湖行方不明“事件”」と呼ばれるようになりました。

 

その理由は…捜査が打ち切られた2008年1月10日以降に、この事件に関わったサークルメンバーが不可解な動きをし始めたからなんですよね。

 

 

出典:http://po2l.ru/

 

主にネットを中心に今なお囁かれ続けている、サークルメンバーの“不可解”な行動を列挙すると…

 

・入洞届を提出してない

・5人いたのに地底湖で泳いだ(泳がされた)のは被害者の1人だけ

・溺れるところを誰も目撃してない

・溺れた時の状況説明がニュースソースによってコロコロ変わる

・「タッチした」という声は聞こえたのに、助けを求める声などは一切聞こえなかった

・救助活動を行わず現場に誰も残さないまま全員帰ってきた

・「探検に必要な装備は備わっていた」と強調

・遭難事故では隊長が記者会見するのが普通だが、逃げ回って記者会見をしない

・探検部のページから「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の名前を真っ先に削除

・いつもは行き過ぎた報道合戦を行うマスコミが今回は部員に全く取材を行わない

・被害者の知人を名乗る人物が高知大学のリモートホストから2ちゃんに削除依頼

・被害者のmixiに勝手にログインしてプロフィール・日記を改竄

 

引用:mixi – himesaka @ wiki https://www40.atwiki.jp/

 

 

これらにより、「実は名倉祐樹さんがサークルメンバーに故意に殺害されたのではないか?」「メンバーによる重大な過失により死に至ったのではないか?」と噂されるようになりました。

 

次からは、このように噂される根拠について、詳しく見ていくことにしましょう。

 

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」でのサークルメンバーの不可解な行動① 名倉祐樹さんだけが泳ぐ

 

地底湖で泳いでいたのは名倉祐樹さんだけだった!しかも服を着たまま…

 

行方不明事件が発生した“地底湖”は、「日咩坂鍾乳穴」の入り口から1600メートル進んだ最終地点にあります。

 

下図のように、この地底湖の水深は約30メートルほどあり、奥行きは約20メートルと、図中にある人の大きさと比較すると分かる通り、非常に大きな空間です。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

そしてサークルメンバーは、事件当日は名倉祐樹さんだけが衣服を着たまま、この地底湖で泳いでいたと証言しているんですよね。

 

そもそも、事件があったのは1月初旬。地底湖の水温は季節に関係なく一定とは言われているものの、季節的にも形状的にも、そこで泳ぐという発想そのものが考えにくいと言えそうです。

 

 

ただ、この高知大学探検サークルには、日咩坂鍾乳穴の最終地点の地底湖で飲み会をし、酔った勢いで地底湖の奥の壁まで泳いで「タッチ」と言って戻ってくるという伝統があったのだとか。

 

そして、名倉祐樹さんが地底湖を泳ぎ、奧の壁に到達して「タッチ!」と叫んだところまではメンバーが確認しているものの、その後、姿も声も見えなくなってしまった…と証言しています。

 

しかも、水面で暴れるなど溺れた様子もなく、助けを呼ぶ声も無かったのだとか…。

 

 

そこで考えられるのは、実は地底湖には湖面からは見えない「吸い込み穴」と呼ばれる支流へ繋がる穴が水面下にあり、名倉祐樹さんがその穴に吸い込まれてしまった可能性なんですよね。

 

と言うのも、この「日咩坂鍾乳穴」には古くから次のような伝承があるんですよね。

 

 

出典:http://www1.plala.or.jp/

 

石灰岩の台地上には、日咩坂鐘乳穴や備中鐘乳穴など、ドリーネの底に洞口を持ち、雨水や水流が地下へと流れ込む「吸い込み型」の鍾乳洞が発達する一方、 高梁川,佐伏(さぶし)川,小坂部(おさかべ)川沿いの石灰岩台地の縁にあたるカルスト急斜面には、 井倉洞や諏訪洞など、鍾乳洞の中を流れてきた地下水流が外へと流れ出す「吐き出し型」の鍾乳洞があります。

 

古くから、「吸い込み穴」としての日咩坂鐘乳穴の大地底湖の下流部は、「吐き出し穴」としての諏訪洞と連鎖しているとの伝承がありますが、調査が進むにつれ、 単なる言い伝えでもなさそうな気がしてきます。

 

引用:家族でお出かけ「日咩坂鐘乳穴(秘坂鐘乳穴)」 http://www1.plala.or.jp/

 

この伝承通り、日咩坂鍾乳穴が近隣の「吐き出し穴」である諏訪洞と地下水流で繋がっているなら、吸い込み穴に吸い込まれた名倉祐樹さんは、諏訪洞に流されたとの推測が成り立ちます。

 

実際、2014年に諏訪洞でボロボロの衣服が発見されたとの情報もあるようですが、こちらについては明確なソースが無く、その後の続報もないようですので、デマの可能性が高そうです。

 

 

出典:http://precious.road.jp/

「吐き出し穴」との伝承がある諏訪洞

 

日咩坂鍾乳穴で吸い込まれた水は、諏訪洞から出てくると言い伝えがあります。

 

しかし、仮にこれが「岡山地底湖行方不明事件」の真相だとしたら、その後のサークルメンバーが起こす不可解な行動の数々が説明できなくなるんですよね。

 

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」でのサークルメンバーの不可解な行動② ロープをすべて回収

 

行方不明になった名倉祐樹さんを残してメンバー全員が地上に戻る

 

名倉祐樹さんが地底湖で行方不明になった後、サークルメンバーは救助を求めて地上へ戻るのですが、その際、なぜか現場に誰も残さず、メンバー全員で帰還しているのです。

 

ここで、今一度、先ほどの地底湖の概略図をご覧下さい。

 

 

出典:https://twitter.com/

 

注目すべきは、地底湖が存在する巨大空間へ繋がる洞窟から、地底湖の水面までの高さが5メートルもあることです。

 

当然、ロープなどを使わなければ水面か洞窟へ戻ることは難しいと言えます。

 

それにもかかわらず、名倉祐樹さんが行方不明になった後、サークルメンバーはあっさり名倉祐樹さんの救出を諦めています。

 

しかも、地上へ戻る道中で、命綱とも言える設置していたロープを全て回収していたと言われています。

 

当然、光源が無ければ洞窟内部は暗黒の世界が広がっているわけです。

 

そこに誰も残さず、帰還するために必須なロープすら残さず、メンバー全員が地上に戻ったと言うことは…サークルメンバーが名倉祐樹さんの死を確信していたことを意味するんですよね。

 

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」でのサークルメンバーの不可解な行動③ 露出を極度に拒む

 

事件後にサークル関係者の記者会見が一切行われなかった

 

本来なら、事件後には高知大学学術探検サークルの代表である、部長の白米美帆さんや副部長の伊藤智子さんは、記者会見を開いて事件の詳細をきちんと説明するべき状況だったと言えます。

 

 

出典:https://www.sankei.com/

 

しかし、この2人の代表者はもちろん、今回の探検に同行したメンバー全員、何らかの記者会見を開くこともなく、その後もメディアへの露出を頑なに拒んでいたと言います。

 

さらに、高知大学学術探検サークルのホームページから、「部長 白米美帆」「副部長 伊藤智子」の記述がコッソリ削除されていたことが、後に明らかになっています。

 

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」でのサークルメンバーの不可解な行動④ 犯人の証拠隠滅工作?名倉さんの“mixi”改竄 

 

実は、行方不明になった名倉祐樹さんは、本名で「mixi」に登録していたことから、大学生が行方不明になった件が大々的に報じられるや、たちまちネット民に特定されました。

 

 

出典:https://sirabee.com/

 

同時に、名倉祐樹さんの「mixi」上のマイミクなどから情報を辿ることで、サークルの部長である白米美帆さんのプロフィールが特定されるのも時間の問題でした。

 

当然、「2ちゃんねる」などではお祭り騒ぎに発展します…。

 

そんな中、行方不明になっているはずの名倉祐樹さんのアカウントに、何者かがログインを繰り返し、なぜか名倉祐樹さんのアカウントに様々な改竄が加えられていることが判明したのです。

 

 

行方不明のはずの名倉祐樹さんの“mixi”に加えられた変更まとめ

 

そこで、名倉祐樹さんの「mixi」に加えられた変更を、時系列に追ってみました。

 

まずは、改竄前の名倉祐樹さんの「mixi」トップページのスクリーンショットがこちら。

 

 

出典:https://img.atwikiimg.com/

変更前の名倉祐樹さんの「mixi」トップページ

 

 

 

名倉祐樹さんのニックネームは「クラさん」でした。ちなみに、マイミクシー一覧にある「はくさん」は、サークルの部長である白米美帆さんのアカウントだと特定されていました。

 

 

次に、名倉祐樹さんが行方不明になった3日後の2008年1月8日のスクリーンショットがこちら。まだ変更は加えられていません。当然、「最終ログインは3日以上」と表示されています。

 

赤くハイライトをつけた部分が、その2日後に変更される部分なので注目してください。

 

 

出典:https://img.atwikiimg.com/

名倉祐樹さんが行方不明になって3日後のスクリーンショット

 

 

 

 

そして、名倉祐樹さんの捜索打ち切り報道後の名倉祐樹さん「mixi」がこちら。

 

 

出典:https://img.atwikiimg.com/

捜索活動打ち切り報道後の名倉祐樹さんの「mixi」

 

 

 

行方不明になって5日以上経っているにもかかわらず、なぜか「最終ログインは5分以内」と表示されています。

 

 

変更点を1つ1つ挙げていくと…

 

まず、ニックネームが「クラさん」から「ホワイト」に変わっています。また、詳細なプロフィールと人気が非公開(削除された可能性も)、マイミクシーが34人から33人に減っています。

 

ネット民の調査の結果、名倉祐樹さんのマイミク一覧の中から消えたアカウントは、前述した部長・白米美帆さんのアカウント「はくさん」だということが判明しています。

 

そして、さらに改竄は続きます。2008年1月11日以降、名倉祐樹さんは参加していたコミュニティ「中四」から退会しています。

 

 

出典:https://img.atwikiimg.com/

コミュニティ一覧から「中四」が消えています

 

 

 

ただ、これについては「中四」コミュの管理人が、名倉祐樹さんを外した可能性もあるのですが…。

 

ちなみに、何者かの改竄により見ることができなくなった名倉祐樹さんの日記には、次のようなことが書かれていたようです。

 

 

出典:https://img.atwikiimg.com/

以前は公開されていた名倉祐樹さんの日記

 

 

 

クリックすると大きな画像で読むことができます。探検サークルの活動実態がバレてしまうので、非公開あるいは削除せざるを得なかったのでしょう。

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」でのサークルメンバーの不可解な行動⑤ 犯人は部長?白米美帆説のmixiアカウントの不自然な動き

 

名倉祐樹さんが本名で「mixi」に登録していたため、事件発覚後まもなくアカウントが特定され、さらに彼のマイミクなどから、部長の白米美帆さんのプロフィールまで特定されることに。

 

そして、白米美帆さんの「mixi」アカウント「はくさん」が、名倉祐樹さんのマイミク一覧から外れるのと同時に、なぜかニックネームが「はくさん」から「うすた」に変わっていたのです。

 

名倉祐樹さんの「mixi」が、「2ちゃんねる」などでお祭り騒ぎになっていたため、焦った部長の白米美帆さんが慌ててニックネームを変更したと言われています。

 

ただ、ニックネームとプロフィールを変え、日記を非公開(または削除)しても、マイミクシーの紹介欄には「アグレッシバーはくまい」と呼ばれていたことなどが書かれたままだったとか。

 

そのため、白米美帆さんのアカウントであることが一目瞭然だったので、その後サクっとその部分も削除されています。

 

白米美帆さんのアカウントについても、変更の過程を追ってみましょう。今回も、赤くハイライトをつけた部分が、変更される部分なので注目しておいてください。

 

 

出典:https://img.atwikiimg.com/

2008年1月10日

 

 

 

 

出典:https://img.atwikiimg.com/

上のスクリーンショットから約30分後の白米美帆さんのアカウント

 

 

プロフィールの詳細や日記、紹介文がバッサリ削除か非表示にされていることがわかります。

 

 

名倉祐樹さんの“mixi”を改竄していた犯人は部長・白米美帆で確定?

 

名倉祐樹さんが行方不明後、彼の「mixi」のマイミクから、白米美帆さんのアカウントが消えたことは前述の通りです。

 

そのことが「2ちゃんねる」で指摘されると、いつの間にかコッソリとマイミクが復活していることが分かりました。

 

ちなみに、マイミクとして再度表示するためには、「ホワイト(名倉祐樹さんのアカウント)」と「うすた(白米美帆さんのアカウント)」の双方がログインし、承認する必要があります。

 

さらに、「mixi」はシステム上「最終ログイン時間」が表示されるため、アカウントにログインした時間の目安が分かります。

 

それを踏まえて、「ホワイト」と「うすた」がログインするタイミングがかぶることが多いことが確認されています。

 

 

以上の状況から推測すると、名倉祐樹さんの「mixi」アカウントに不正アクセスしては、せっせと変更を加えていたのは部長・白米美帆さんである可能性が極めて高いと言われています。

 

また、名倉祐樹さんのニックネームが「ホワイト」に変更されたのは、他の部員に対して「部長(白米:ホワイト)が操作しているよ」というアピールとも言われています。

 

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」の真相は?

 

現在も多くの謎が残されている「岡山地底湖行方不明事件」の真相については、ネットを中心に様々な説が飛び交っている状況です。

 

そして、今回この事件について調べた過程で、私自身が最も腑に落ちた説を紹介しましょう。

 

実は、サークルの関係者と思われる「2ちゃんねる」への書き込みがいくつか存在するんですよね。そんな中でも注目したいのが、次の書き込みです。

 

 

53 : 名前:名無しさん@八周年 E-mail: 投稿日:2008/01/12(土)17:26:25 ID:8ai3GE8oO

俺、消した奴は知ってる。

Sさん、Hくん、Yさんだよ

因みにH君とSさんは現在交際中

 

415 : 名前:名無しさん@八周年 E-mail: 投稿日:2008/01/12(土) 19:38:47 ID:8ai3GE8oO

ふざけた結果の事故、煽ったのHさんの今彼

 

528 : 名前:名無しさん@八周年 E-mail: 投稿日:2008/01/12(土) 20:28:18 ID:8ai3GE8oO

殺意はないにしろ邪魔者扱いしてたよねSさんは。

 

554 : 名前:名無しさん@八周年 E-mail: 投稿日:2008/01/12(土) 20:40:51 ID:8ai3GE8oO

彼の携帯はどうしたのかな H君、

普通は携帯持ったまま泳がないよね?

携帯水没ならミク編集出来ないもんね

 

753 : 名前:名無しさん@八周年 E-mail: 投稿日:2008/01/12(土) 21:53:02 ID:8ai3GE8oO

日記を消したのは元々付き合ってたのがバレるから消したのが真相。

この事実だけは知られたくないみたいだしね

 

引用:関係者降臨 – himesaka @ wiki https://www40.atwiki.jp/

 

“Hさん”ってのは、やはり部長の白米美帆さんでしょうか。

 

この書き込みから推測すると、名倉祐樹さんは白米美帆さんの元彼で、事故現場には今彼である“Sさん”もおり、彼は少なからず元彼である名倉祐樹さんを疎ましく思っていたとのこと。

 

 

そんなSさんは、名倉祐樹さんを煽って地底湖で泳がせるのですが、不慮の事故の末、名倉祐樹さんが行方不明に…。怖くなったメンバーは、警察に通報し事件となりました。

 

ところが、元彼である名倉祐樹さんのmixiの日記を見られると、付き合っていた自分が疑われてしまうと白米美帆さんは危機感を募らせます。

 

そして、名倉祐樹さんが残した携帯を使って彼のmixiアカウントにログインし、その痕跡を次々と削除することに…。

 

もちろん、そんなことで警察を欺くことなどできるわけもなく、白米美帆さんは事の顛末を正直に自供。

 

もちろん彼女やサークルメンバーには殺意などなく、あくまで不慮の事故と判断した警察は、当時、ネットで大炎上していることを考慮して、マスコミに報道規制を敷いた…。

 

それにより謎が謎を呼んだ挙げ句、「岡山地底湖行方不明事件」は現在もなお語り継がれる有名な“都市伝説”の1つとなりました、おしまい。

 

 

出典:http://www1.plala.or.jp/

 

以上が、「岡山地底湖行方不明事件」の真相として、今回調べた限りにおいて最も府に落ちた説なのですが、みなさんはいかがでしょうか?

 

 

 

「岡山地底湖行方不明事件」のその後・部長の白米美帆の現在

 

部長・白米美帆は現在「人形劇団京芸」に在籍?

 

部長・白米美帆さんは、事件に関しては一貫して沈黙を貫くのですが、それにより火が点いたネット民は、白米美帆さんの現在について追及の手を緩めませんでした。

 

そんな中、2010年8月、京都の劇団「人形劇団京芸」のホームページ上に、白米美帆さんと同姓同名の人物の名前が発見されるんですよね。

 

まぁ、それだけなら同姓同名の可能性も十分にあるのですが、なんとプロフィールの趣味の欄に「洞窟探検」とあったため、発見者が劇団に問い合わせたところ…。

 

即座にそのページがネット上から削除され、コメント機能まで停止されたそうです。

 

もしも単なる同姓同名であれば、このような過激な対応などする必要はなく、否定すれば済むことなので、部長本人である可能性が高そうですね。

 

 

ほっこりしあたー

小島祥子・菅沼輝之・白米美帆による三人班。

素敵なトイミュージックにのせてお届けします。

 

『おふろだいすき』

『こぶたのるーた』

『ふうせんとうさぎ』

の3本立てです。

 

引用:人形劇団京芸 – ほっこりしあたー http://www.kyougei.com/

 

とのコメントとともに掲載された画像がこちら。

 

 

出典:http://www.kyougei.com/

現在の白米美帆の画像

 

 

 

向かって左の男性以外の、2人の女性のどちらからが白米美帆さんってことになりそうです。

 

 

日咩坂鍾乳穴(ひめさかかなちあな)」のその後

 

岡山県新見市に点在する鍾乳洞は、市の大切な観光スポットであり、公式ホームページでも紹介されてたりと、自治体としても力を入れているようです。

 

しかし、「日咩坂鍾乳穴」については、「岡山地底湖行方不明事件」の影響で今現在も入洞が禁止されているようです。

 

 

出典:http://spiralmatai.web.fc2.com/

 

【入洞禁止情報】

 

下記の鍾乳洞については、入洞中の事故が多発しており、安全確保のため、当分の間、入洞を禁止します。ご理解とご協力をお願いします。

 

・日咩坂鐘乳穴(豊永赤馬)

 

引用:新見市内の鍾乳洞の入洞について | くらしのガイド | 新見市 | 岡山県新見市 公式ホームページ https://www.city.niimi.okayama.jp/

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2008年1月5日に岡山県新見市にある鍾乳洞「日咩坂鐘乳穴(ひめさかたちあな)」で発生した「岡山地底湖行方不明事件」の真相と、その後についてまとめてみました。

 

この事件の被害者である名倉祐樹さんは、現在もなお行方不明のままです。

 

しかし少なくとも、名倉祐樹さんの「mixi」アカウントに不正ログインを繰り返し、証拠隠滅を図ろうとした犯人は、部長である白米美帆さんである可能性は高そうです。

 

しかし、事件の真相については、やはりまだ想像の域を出ないと言わざるを得ません。果たして今後、真相が明らかになる日は来るのでしょうか?

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ペッパーランチ事件の真相~犯人や黒幕など闇6つ・被害者も総まとめ

松永太の現在!生い立ち・両親や息子・死刑執行まとめ【北九州連続監禁殺人事件の犯人】

ケツ毛バーガー事件の真実~村岡万由子と彼氏の写真流出その後&現在も総まとめ

林真須美の現在!夫や子供(息子/娘)・冤罪の噂まとめ【和歌山毒物カレー事件】

ライブドア事件の真相&黒幕!野口英昭の不審死や堀江貴文の逮捕をわかりやすく解説

徳永美穂(電波子17号)の現在!大学生駆け落ち&旦那のその後の死去など総まとめ

世田谷一家殺人事件の真相~犯人は韓国人?宗教絡み?被害者家族の裏の顔も総まとめ

加藤智大の弟や母親と父親の現在~生い立ちや秋葉原無差別殺傷事件の真相も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

清水圭の現在!嫁・香坂みゆきと子供~干された理由3つも総まとめ

加藤憲史郎の現在!身長・幼少期・出演作品まとめ【加藤清史郎の弟】

米良美一の現在!事件で逮捕?死亡?身長と病気の関係・性別の障害など総まとめ

でんぱ組.incのメンバー人気順&脱退者の現在とプロフィール【最新2019年版】

EXILEメンバーの人気順TOP15と脱退者の現在まとめ【2019最新版】

川越シェフの今現在と干された理由!水800円事件の真相も公開

AKB48最新メンバー人気順ランキングTOP30~2019年最新版を紹介

X JAPAN・TAIJI(沢田泰司)の脱退理由と死因!病気や死の真相も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

川田亜子の遺書と自殺の真相!関東連合の他殺説やバーニングとの関係も総まとめ

玄倉川水難事故(DQNの川流れ)の生き残りの現在!リーダー加藤直樹のその後・事故の経緯も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す