名張毒ぶどう酒事件の真相と真犯人!現場や夜這いの習慣・冤罪の可能性・村八分などその後と現在も徹底解説【テセウスの船のモデルの噂】

1961年に三重県で起きた「名張毒ぶどう酒事件」は、ドラマ「テセウスの船」との関係が話題です。

 

今回は事件概要や現場、犯人の動機、夜這いの習慣や冤罪の可能性、真相&真犯人、村八分にされた親戚などその後と現在を紹介します。

名張毒ぶどう酒事件とは

名張毒ぶどう酒事件とは、1961年3月28日の夜、三重県名張市葛尾地区の公民館で、地域住民が参加した宴会中に発生した大量殺人事件です。

 

17人の女性が中毒症状を起こして、そのうち5人が死亡しています。

 

この事件は毒物による大量殺人事件だったことから、「第二の帝銀事件」とも呼ばれています。

 

 

三奈の会が開かれていた

出典:tokai-tv.com

 

1961年3月28日の事件当日、三重県名張市葛尾地区の公民館では、「三奈の会」の年1回の総会が開かれていました。

 

三奈の会とは、葛尾地区の住民の親睦を兼ねた寄合・チームのようなものです。

 

この日の出席者は32名(男性12名・女性20名)で、会計報告や新会長・役員の選出が行われた後、午後8時ごろから親睦会を兼ねた宴会が開かれました。

 

 

ぶどう酒を飲んだ女性だけが被害に

出典:asahi.com

 

この宴会では男性には清酒、女性にはぶどう酒(ワイン)がふるまわれ、新会長の奥西楢雄の乾杯の音頭でみんなお酒を飲み始めます。

 

乾杯から10分ほど経った時、突然、新会長の奥西楢雄の妻のフミ子が苦しみだして倒れます。

 

その後、続々とうめき声をあげたり、血反吐を吐いたりして、次々に女性だけが苦しみだしたのです。

 

清酒を飲んでいた男性にはまったく中毒症状は現れず、ぶどう酒を飲まなかった女性3人も症状は現れませんでした。

 

ぶどう酒を飲んだ者(女性)だけに中毒症状が現れたのです。

 

 

女性5人が死亡

出典:news.yahoo.co.jp

 

この名張毒ぶどう酒事件によって、ぶどう酒を飲んだ17人の女性に中毒症状が現れ、そのうち5人が死亡しました。

 

死亡したのは次の5名です。

 

・奥西フミ子(30歳)=新会長の妻
・奥西チヱ子(34歳)=犯人の妻
・北浦ヤス子(36歳)=犯人の愛人
・新矢好(25歳)=「三奈の会」の前会長
・中島登代子(36歳)
 
警察の捜査によって、ぶどう酒の中に農薬が混入されていたことが判明。
 
その農薬によって、ぶどう酒を飲んだ女性たちは中度症状を起こしました。
 

 

奥西勝が逮捕される

出典:youtube.com

 

この事件では、事件から6日後の4月3日に奥西勝(事件当時35歳)が逮捕されました。

 

奥西勝は、「三奈の会」の会員で、事件があった宴会にも参加していた男性です。

 

逮捕直後は犯行を否認していたものの、やがて犯行を自供しています。

 

 

奥西勝は死刑判決

出典:twitter.com

 

奥西勝は、1964年の第一審では無罪判決を受けますが、1969年の第二審では逆転死刑判決を言い渡されました。

 

そして、1972年6月15日に最高裁は上告を棄却して、死刑が確定しています。

 

 

名張毒ぶどう酒事件の現場とは

出典:blog.goo.ne.jp

 

名張毒ぶどう酒事件の現場は、名張市葛尾地区の公民館です。寂しい場所に立っている一軒家のような建物でした。

 

前述の通り、この日は公民館で三奈の会の総会が開かれていました。

 

事件直後の現場写真からも分かるように、かなり盛大な宴会が開かれていて、たくさんの豪華な料理が用意されていました。

 

現在は、現場となった公民館は壊されていて残っていません。

 

 

名張毒ぶどう酒事件の犯人・奥西勝の生い立ちなど経歴

名張毒ぶどう酒事件で逮捕された犯人・奥西勝の経歴について、詳しく見ていきましょう。

 

犯人の奥西勝の生い立ちや結婚

出典:tokai-tv.com

 

犯人の奥西勝は、1926年に名張市葛尾地区で生まれました。高等小学校(現在の中学校)を卒業後、参宮急行鉄道に就職しています。

 

長身の美男子」として有名だった奥西勝は、近鉄名張駅で働いていたチヱ子さんと結婚

 

この結婚は一部の親族から反対する声があったものの、それを押し切っての結婚で、2人の子供に恵まれます。

 

恋愛結婚で2人の子供に恵まれた奥西勝。幸せに暮らしていたはずなのに、なぜ犯人として逮捕されたのでしょうか?

 

 

名張毒ぶどう酒事件の犯人・奥西勝の動機とは

犯人の動機は三角関係の清算?

出典:tamutamu2015.web.fc2.com

 

犯人・奥西勝の動機は、三角関係の清算と言われています。

 

名張毒ぶどう酒事件で死亡した5人の女性の中には、犯人の奥西勝の妻であるチヱ子さんと、奥西勝の愛人だった北浦ヤス子さんもいました。

 

奥西勝は愛人がいたことで、妻のチヱ子さんとは不仲になり、喧嘩ばかりするようになりました。

 

事件が起こった頃、夫婦仲が悪くなったことが原因で、チヱ子さんは家事を放棄していたと言われています。

 

そんな中、奥西勝と愛人の北浦ヤス子さんの関係性も悪くなっていました。愛人の北浦ヤス子さんは奥西勝に別れを切り出していたようなんです。

 

妻との関係は悪く、愛人にも別れを切り出された奥西勝は、この面倒くさい三角関係を清算しようと、この名張毒ぶどう酒事件を起こしたと警察は見て、奥西勝を犯人として逮捕しました。

 

 

犯人逮捕の根拠

警察が奥西勝を犯人として逮捕したのは、三角関係があったからだけではありません。

 

次の4つの根拠がありました。

 

・奥西勝は事件前に10分間1人でいた
・ぶどう酒の王冠に奥西勝の歯型があった
・自白
・農薬を持っていた
 
奥西勝は事件が起こる直前に10分間、公民館で1人でいる時間があり、その時にぶどう酒に農薬を入れることができたとされています。
 
そして、ぶどう酒の蓋部分の王冠には奥西勝の歯形がついていて、歯でぶどう酒を開けて、農薬を入れたのではないか?と見られているんです。
 
しかも、奥西勝は農薬を所持していました。
 
さらに、取り調べ直後は犯行を否認していましたが、すぐに農薬混入を自白したことで逮捕されています。

 

 

名張毒ぶどう酒事件が起きた現場地域では夜這いの風習が残っていた

出典:perfect-news.blog.ss-blog.jp

 

名張毒ぶどう酒事件が起こった名張市葛尾地区には、女性側の同意が前提ですが、男性が女性宅に夜な夜な通う「夜這い」の風習が残っていました

 

そのため、小さな集落である葛尾地区内で、しかも全部で25戸しか参加していない「三奈の会」の中に、自分(奥西勝)と自分の妻と愛人がいるという特殊な状況が生まれていました。

 

小さい集落で夜這いの風習があったことが、この名張毒ぶどう酒事件の原因の1つになったのかもしれません。

 


名張毒ぶどう酒事件が冤罪と言われる理由5つ

名張毒ぶどう酒事件は、事件6日後に奥西勝が犯人として逮捕されました。そして、1972年には死刑が確定しています。

 

しかし、この名張毒ぶどう酒事件は冤罪の可能性が高い事件であり、奥西勝は犯人ではないかもしれないんです。

 

なぜ、名張毒ぶどう酒事件は冤罪の可能性が高いのか?その理由を1つ1つ見ていきましょう。

 

 

被告人以外の犯行機会を否定できない

出典:youtube.com

 

名張毒ぶどう酒事件では、奥西勝が事件前に10分間、公民館で1人になる機会があり、その時にしかぶどう酒に農薬を入れることができないとされていました。

 

そのことが死刑判決を裏付ける1つの証拠になっています。

 

しかし、この「奥西勝が10分間1人になり、奥西勝しか農薬を入れられなかった」というのは信ぴょう性が低いのです。

 

事件当初、「奥西勝以外にも農薬を混入できる機会はあった」と証言する関係者が多くいました。

 

しかししばらくすると、「やっぱり奥西勝以外には犯行は不可能」とみな証言を一斉に変えているのです。

 

また、その後の裁判で弁護団が出した証拠から、農薬を混入した場所の特定は難しく、奥西勝以外の犯行を否定することができなくなりました。

 

つまり、犯人とされた奥西勝以外にも、犯行は可能だったということですね。

 

 

農薬が違う

出典:katsu200.ula.cc

 

ぶどう酒には農薬が混入され、それによって中毒を起こしたことが分かっています。そして、その農薬は「ニッカリンT」であるとされていました。

 

そして、犯人とされた奥西勝が持っていた農薬も「ニッカリンT」でした。

 

しかし、その後の調査によって、使われた農薬はニッカリンTではなく、「Sテップ」という農薬の可能性が高くなっています。

 

さらに、三奈の会で出されたぶどう酒は白ワインでした。そして、白ワインにニッカリンTを入れると、白ワインは赤く変色するんです。

 

赤く変色した白ぶどう酒を飲むことなんて、状況的に考えにくいですよね。

 

 

王冠の歯牙は不正鑑定

出典:enzai-shikei.com

 

奥西勝が第二審で死刑判決が言い渡された根拠として、ぶどう酒の王冠についた歯型があります。

 

「ぶどう酒の王冠に奥西勝の歯型がついていたから、奥西勝が農薬を入れたのだ」という主張です。

 

しかし、「歯型が奥西勝のもの」という証拠は、写真の倍率を操作した虚偽鑑定・不正鑑定であることが判明しているんです。

 

弁護側が依頼した日大歯学部の助教授の鑑定結果では、王冠に残された歯型と奥西勝の歯型は、10ヶ所中9ヶ所が一致せず、最大で2.6mmのずれがありました。

 

しかも、歯型は同じ人が噛んでも、常に一致するとは限らないそうです。

 

つまり、歯型が一致しても一致しなくても、証拠にはならないと結論付けられています。

 

死刑判決の決め手となった証拠が、証拠としては不十分・証拠にならないものであり、しかも不正鑑定されていたというのですから、奥西勝が冤罪の可能性が高いのも納得ですよね。

 

 

途中から犯行を否認

出典:amazon.co.jp

 

奥西勝は最初に取り調べを受けた時は、犯行は否認していましたが、やがて犯行を認め、4月3日に逮捕されています。

 

しかし、逮捕後の取り調べ中に自白したものの、その後は一貫して犯行を否認しているんです。

 

しかも、自白の内容も曖昧なものが多く、犯人しか知り得ない秘密の暴露が一切なかったり、客観的な事実と矛盾していたりと、自白内容が不自然でした。

 

たとえば、「農薬の瓶は川に捨てた。瓶はすぐに浮かんで下流に流れていった」と奥西勝は自供しています。

 

ですが、同じ場所から川に瓶を投げても瓶が浮かんでくることはなく、しかも周辺の川底を捜索しても、農薬の瓶は見つかりませんでした。

 

このように、奥西勝の自白はあやふやな部分が非常に多く、しかも一度は自白したものの、その後はずっと犯行を否認しているのです。

 

 

清算するような関係ではなかった?

警察によると、奥西勝は妻のチヱ子さんと仲が悪く、愛人の北浦ヤス子さんからは別れを切り出されたから、その関係を一気に清算するために事件を起こしたとしています。

 

しかし、奥西勝とチヱ子さん、そして北浦ヤス子さんはそんなに仲が悪いわけではなかったようです。

 

事件の数日前には、この3人+友達で一緒に映画を見に行っています。また、奥西勝は事件数日前に薬局でコンドームを購入したことが分かっています。

 

三角関係を清算したいような人が、このようなことをするでしょうか?

 

奥西勝とチヱ子さんは、北浦ヤス子と一緒に3人で性行為を楽しむ関係だったという噂すらあります。

 

こうなってくると、奥西勝に動機はなくなってしまうのです。

 

第一審では、奥西勝と妻のチヱ子さん、愛人の北浦ヤス子さんは「仲良し三人組」であり、憎み合うような関係ではなかったと結論付けられています。

 

 

名張毒ぶどう酒事件の真相や真犯人は別にいる説

名張毒ぶどう酒事件の犯人は冤罪の可能性が高いとされています。そうなってくると、気になるのは事件の真相と真犯人です。

 

奥西勝が犯人でなければ、誰が真犯人なのか?そして、事件の真相はどこにあるのでしょうか?

 

名張毒ぶどう酒事件の真相と真犯人を探っていきます。

 

 

奥西勝は隣に住む奥西楢雄と愛人を共有していた

出典:blog.goo.ne.jp

 

名張毒ぶどう酒事件の真相を探っていく上で、欠かせないのは奥西勝周辺の人間関係です。

 

名張市の葛尾地区には夜這いの習慣が残っていたこともあって、地域全体で「性」や「貞操観念」への意識は緩かったようです。

 

その証拠に、三奈の会の新会長であり奥西勝の隣に住んでいた奥西楢雄は、奥西勝と愛人を共有していたんです。

 

その愛人とは、名張ぶどう酒事件で死亡した北浦ヤス子さんでした。

 

 

お互いの妻と愛人が死んでいる

出典:blog.livedoor.jp

 

奥西勝は妻と愛人との三角関係を清算するために、名張ぶどう酒事件を起こしたと言われていました。

 

しかし、この名張ぶどう酒事件によって、妻と愛人の三角関係を清算できたのは奥西勝だけではありません。奥西楢雄も同様だったんです。

 

名張ぶどう酒事件では、奥西楢雄の妻も死亡しています。そして、奥西勝と共有していた愛人の北浦ヤス子さんも死亡しているのです。

 

つまり、事件の動機とされた「三角関係の清算」は奥西勝だけではなかったということです。

 

 

奥西楢雄夫婦は不仲&愛人に迫られていた

出典:www5a.biglobe.ne.jp

 

次に、三奈の会の新会長だった奥西楢雄の人間関係を見ていきましょう。

 

奥西楢雄の妻はフミ子さんであり、奥西勝の隣に住んでいました。また、愛人は奥西勝と共有していた北浦ヤス子さんです。

 

そんな愛人の北浦ヤス子さんは奥西楢雄のことが好きだったようで、奥西勝には別れを切り出し、奥西楢雄に結婚を迫ったとされています。

 

しかも、奥西楢雄と妻のフミ子さんは夫婦仲が悪かったようです。

 

さらに妻と自分の母の仲、つまり嫁姑の仲も悪く、「殺すか殺されるか」というほどの仲の悪さでした。

 

妻のフミ子さんは姑と喧嘩した挙句、夫に暴力を振るわれて、奥西勝の家に逃げ込んできたこともあったことが分かっています。

 

 

真相&真犯人① 奥西楢雄&奥西コヒデ

出典:aada.at.webry.info

 

名張毒ぶどう酒事件の真相と真犯人説の1つ目は、真犯人は奥西楢雄と奥西コヒデではないか?というものです。

 

奥西コヒデとは、奥西楢雄の母親であり、フミ子さんの姑です。

 

前述のように、奥西フミ子さんと奥西コヒデは「殺すか殺されるか」というほど仲が悪かったんです。

 

そして、奥西楢雄はフミ子さんに暴力をふるっていたこともあったようです。

 

奥西楢雄と母親のコヒデは、共謀して面倒な妻と結婚を迫ってくる愛人をまとめて殺害したのかもしれません。

 

名張毒ぶどう酒事件で得をするのは、奥西楢雄と奥西コヒデしかありません。

 

奥西楢雄は集落の有力者であり、住民は有力者と昔からの住民であるコヒデを守ろうとして、口裏を合わせて「奥西勝しか農薬をぶどう酒に混入できなかった」と証言した可能性があります。

 

そして、奥西勝か自分の妻が怪しまれるような方法で犯行に及んだのではないでしょうか?

 

奥西楢雄は農協に務めていましたので、昼間にぶどう酒に農薬を入れるのはできませんが、奥西コヒデなら時間的には可能です。

 

ちなみに、この奥西楢雄はこの事件で妻と愛人を一度に失いましたが、その後、早い時期に再婚しています。この切り替えの早さはなんとなく怪しいですよね。

 

しかも、奥西楢雄は4月1日の取り調べで、「自分の妻が怪しい」と証言しているのです。

 

「このような事件を起こすような理由のあると思われる人」の「第1番目」として妻フミ子の名を挙げている。
姑のコヒデとの折り合いが悪く、コヒデが時にはフミ子に手を上げたこと、
そうしたことがきっかけでフミ子は宗教団体に通うようになったを挙げ、
長年いじめられた私の実母に対する復讐のためではないか」 という。

 

引用:名張毒ぶどう酒事件

 

このような証言をするなんて、ますます怪しいですよね。

 

 

真相&真犯人② 奥西フミ子

出典:tokai-tv.com

 

名張毒ぶどう酒事件の真相と真犯人の2つ目は、奥西フミ子さんです。

 

奥西フミ子さんが自殺しようとして、他の女性たちを道連れにしたのではないか?という説です。

 

姑の奥西コヒデとの関係の悪さに相当悩み、奥西勝の妻のチヱ子さんに対して、「川へはまって死ぬか、薬でも飲んで死んでしまいたい」と事件の4~5日前に言っていたことがありました。

 

また、夫の奥西楢雄の証言から、姑の関係に悩んで、変な宗教に走っていたことも分かっています。

 

思い悩んで、最終的に自殺を選択したけれど、「どうせ死ぬなら、夫を困らせたい」という思いで名張毒ぶどう酒事件を起こしたのかもしれません。

 

ただ、奥西フミ子さんが真犯人だった場合、わざわざ名張毒ぶどう酒事件を起こす動機としては弱いですよね。

 

自殺をするなら1人で死ねば良いし、夫と姑を困らせたいなら、「夫と姑のせいで自殺する」という遺書を書いたり、あからさまに罪を擦り付けるような方法を取るはずです。

 

それを考えると、名張毒ぶどう酒事件の真相と真犯人は、やはり奥西楢雄と奥西コヒデによる犯行の可能性が一番高いでしょう。

 

 

名張毒ぶどう酒事件のその後① 奥西勝の親戚は村八分に

人口100人ほどの小さな集落

出典:youtube.com

 

名張毒ぶどう酒事件の現場となった葛尾地区は、三重県と奈良県にまたがるわずか人口100人程度の山間にある小さな集落でした。

 

事件発生は1961年(昭和41年)ですが、夜這いの習慣が残っていたことからも分かるように、葛尾地区は日本の古い習慣・伝統が残っていた地区だったんです。

 

 

自白した時は協力的

出典:asahi.com

 

名張毒ぶどう酒事件では、4月3日に奥西勝が逮捕されました。逮捕直後の奥西勝は自白していました。

 

この奥西勝が自白した時には、奥西勝の家族・親戚は村八分にされるどころか、むしろ村のみんなでサポートしようという雰囲気だったとのことです。

 

閉鎖的な村の中で逮捕者が出たら、村八分にされそうなものですが、この葛尾地区では逆だったんですね。

 

しかし、奥西勝が冤罪だった可能性を考えると、村のみんなで真犯人を隠匿し、身代わりとなった奥西勝に感謝して、その家族・親戚をサポートしようとしていたのかもしれません。

 

 

否認後に村八分に

出典:sankei.com

 

一度は自白した奥西勝でしたが、一転して犯行を否認するようになると、集落の人たちは奥西勝の家族・親戚を村八分にするようになったとのことです。

 

犯人逮捕でようやく落ち着いた生活が送れると思ったのに、奥西勝が犯人でなく、まだ集落の中に殺人犯が潜んでいるなんて、とんでもない!という心理が働いたのかもしれません。

 

もしくは、奥西勝が犯行を否認したら、集落の有力者である真犯人(?)の奥西楢雄に容疑がかかるかもしれないと思ったのかもしれません。

 

村八分にされた奥西勝の家族は引っ越しを余儀なくされましたし、奥西家の墓は集落の共同墓地から追い出されてしまいました。

 

 

名張毒ぶどう酒事件のその後② ことごとく再審請求が棄却

出典:genki365.net

 

名張毒ぶどう酒事件では、1972年に死刑が確定しました。しかし、冤罪の可能性が高いため、何度も再審請求されています。

 

弁護側は何度も冤罪の可能性を示す証拠を提出してきましたが、ことごとく再審請求は棄却されてきました。

 

2005年、「農薬が違う可能性がある」という証拠を弁護側が提出したことで、再審開始が決定、同時に死刑執行停止の仮処分が命じられています。

 

しかし、翌年の2006年には再審開始決定が取り消され、それ以降も再審請求は棄却されていて、司法の重い扉は開かれることはありませんでした。

 

 

名張毒ぶどう酒事件の現在

奥西勝は死亡

出典:sankei.com

 

名張毒ぶどう酒事件では、奥西勝さんは最後まで無実を訴えていました。

 

しかし、2012年には肺炎が悪化して、名古屋拘置所から八王子医療刑務所移送され、人工呼吸器を装着して、寝たきりの状態になってしまいました。

 

そして、2015年に89歳で八王子医療刑務所で亡くなっています

 

 

現在も再審請求を続けている

出典:ctv.co.jp

 

奥西勝が死亡したことで再審請求は棄却されましたが、奥西勝の妹が死亡後に第10次再審請求を行っています。

 

そして2020年には、ぶどう酒の王冠を覆っていた紙の糊からは、製造段階とは違う成分が検出された、という奥西勝が犯人ではないという新しい証拠を弁護側が提出しています。

 

奥西勝さんの妹さんももう90代です。時間がありません。

 

第10次再審請求が今後どうなるのか?現在から今後にかけての動きに注目していきたいです。

 

 

名張毒ぶどう酒事件は人気ドラマ「テセウスの船」のモデル?

出典:tbs.co.jp

 

名張毒ぶどう酒事件は、TBSテレビで2020年1月から日曜劇場で放送されたドラマ「テセウスの船」のモデル・原作になったのでは?と言われています。

 

テセウスの船は、東元俊哉さん作の漫画で、竹内涼真さんが主演で話題になったドラマです。

 

このテセウスの船の設定などが、名張毒ぶどう酒事件に似ていると言われているんです。

 

共通点を挙げてみます。

 

・毒物による大量殺人事件
・飲み物に毒が入っていた
・冤罪の可能性があること
・小さな集落が舞台

 

名張毒ぶどう酒事件の全てがテセウスの船に似ているわけではありませんが、共通点があるのは事実です。

 

テセウスの船ではタイムスリップすることで事件の真相がわかりましたが、現実の世界ではタイムスリップはできません。

 

奥西勝とその家族はタイムスリップをしてでも、事件の真相を知りたいと思ったはずでしょう。

 

 

名張毒ぶどう酒事件のまとめ

名張毒ぶどう酒事件の概要や事件現場、逮捕された奥西勝、夜這いの習慣と冤罪の可能性、真相や真犯人、村八分にされた親戚などその後や現在、テセウスの船との共通点をまとめました。

 

事件から既に60年が過ぎてしまったこの事件。再審請求は棄却され、再審の扉は開かれないままです。

 

せめて、奥西勝が冤罪なのかどうかだけでもはっきりさせたいですよね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

上級国民は逮捕されない!定義や職業と年収・下級国民との違いを解説

村岡万由子の今現在の画像流出?彼氏やケツ毛バーガー事件とその後まとめ

ストーカー事件の犯人と被害者17選!最近の衝撃度ランキングを公開【2021最新版】

袴田事件の真犯人!袴田巌の現在・長女やおぞましい次女の遺体・冤罪理由6つ・裁判など最新情報も総まとめ

ライブドア事件の真相&黒幕!野口英昭の不審死や堀江貴文の逮捕をわかりやすく解説

神戸連続児童殺傷事件の冤罪説と真犯人!被害者など事件概要と判決・元少年Aの現在も総まとめ

久留米看護師連続保険金殺人事件の犯人は吉田純子!死刑執行の様子・生い立ち・旦那と子供・判決など最後も総まとめ

鮫島事件の本当の真実と内容~NHKも言及した2chの絶対的タブーを紹介

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

朝加真由美の若い頃と現在!元夫/篠塚勝との離婚や子供・ベンガルとの関係も総まとめ

アンジェリカ・ケノバの現在!身長とすっぴん・整形と加工疑惑・彼氏や結婚情報・両親など家族エピソードまとめ

小松博文の生い立ちと現在!嫁の小松恵や子供・日立妻子6人殺害事件の裁判と判決まとめ

上重聡アナの現在!彼女や安座間美優と結婚の噂・文春のスキャンダルまとめ

エドツワキ(原田知世の元旦那)の現在!本名と学歴・結婚と子供や離婚原因まとめ

豊川誕の今現在!ジャニー喜多川との関係・結婚した嫁や息子も総まとめ

ザ・ドリフターズ主要メンバーの現在!年齢などプロフィールも総まとめ【2021最新版】

玉井さん(毘沙門天)の現在!年齢と本名・仕事や刺青画像・YouTubeデビューや豪華自宅も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

人食い熊(クマ)の事件19選・有名ランキング!日本と世界別・場所や遺体の状況も徹底解説【2021最新版】

織原城二の現在!実家と家族/田園調布の豪邸や資産/ルーシー・ブラックマン事件の概要と裁判の判決まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す