TARAKOの死因は?若い頃から現在・闘病と車椅子・家族や結婚情報まとめ【ちびまる子ちゃん声優】

国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」のまる子役の声優・TARAKOさんが死去しました。

 

この記事ではTARAKOさんの若い頃の経歴や画像、結婚の有無、闘病中も車椅子で収録に臨んでいた事やワクチンとの関連を疑う声、現在や死因などについてまとめました。

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)のプロフィール

 

TARAKOのプロフィール

 

本名  :非公表(佐藤則子説があるが真偽不明)

生年月日:1960年12月17日

没年月日:2024年3月4日(63歳没)

出生地 :東京都江戸川区

出身地 :群馬県太田市

身長  :158cm

血液型 :AB型

 

TARAKOさんは、国民的人気アニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公・さくらももこ(愛称・まる子)役を、放送が開始された1990年から死去する2024年まで34年にわたって演じてきた声優です。

 

聞けばすぐにわかるような特徴的な声の持ち主で、まる子役に抜擢された理由は、「ちびまる子ちゃん」の原作者であるさくらももこさんの声にそっくりだったからだそうでファンの間では、まさにまる子そのもののような存在でした。(まる子のモデルは原作者のさくらももこさん)

 

ちなみにTARAKOという芸名の由来は、国民的アニメ「サザエさん」のタラちゃんの声に似ていると言われた事だったそうです。

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)の若い頃① 声優デビュー

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

TARAKOさんは高校生(群馬県立太田女子高等学校)の頃にアニメ「ルパン三世」に憧れてアニメ同好会を作り「将来はアニメ声優になろう」とこの頃から考えていたそうです。

 

TARAKOさんは高校卒業後は声優になるための演技力をつけるために、地元群馬県を出て東京映像芸術学院の演技声優科へと進学されていますが、その後中退されています。

 

声優としてのデビューは1981年20歳の頃で、アニメ「うる星やつら」の幼稚園児役でした。その後、TARAKOさんは1985年まで「うる星やつら」で様々な脇役キャラでほぼ毎回出演しています。(しゅがあ、願い星など)

 

高校生の時にアニメ『ルパン三世』に憧れてアニメ同好会を作り、卒業後は上京して演技の専門学校に入りました。声優として頂いた初めての仕事はアニメ『うる星やつら』の幼稚園児C役。ヒロイン役のオーディションを受けて落ちてしまったのですが、スタッフに声を覚えてもらえ、女子高生役や通行人役など脇役として頻繁に出させてもらいました。

 

引用:TARAKOさん(声優・ナレーター)の「仕事とは?」

 

声優デビュー翌年の1982年には、サンライズ系のロボットアニメ「戦闘メカ ザブングル」のチル役で初レギュラー出演も果たしています。

 

出典:https://sunrise-world.net/

 

その他、若い頃のTARAKOさんの声優としての出演作品としては、「まいっちんぐマチコ先生」、「スプーンおばさん」、「ベムベムハンターこてんぐテン丸」、「タオタオ絵本館 世界動物ばなし」、「ふしぎの国のアリス」(主演)、「星銃士ビスマルク」、「めぞん一刻」、「エスパー魔美」、「ビックリマン」などがあります。

 

また、若い頃のTARAKOさんは「風の谷のナウシカ」、「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」と、スタジオジブリの初期の代表作にも脇役ながら出演されています。

 

そしてTARAKOさんは1990年にスタートしたアニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公、さくらももこ役(まる子役)に抜擢され人気声優になりました。

 

その後は、このまる子役を演じながら、「まじかる☆タルるートくん」のタルるート役や、「みかん絵日記」のみかん役など多くの作品で主人公役を担当されています。

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)の若い頃② シンガーソングライター

 

出典:https://i.ytimg.com/

 

TARAKOさんは若い頃にシンガーソングライターとしてもデビューされています。

 

TARAKOさんは小学生時代に劇団日本児童や少年少女合唱団に入団し、小学校2年から3年までは音楽部に所属、小学4年生の時には地元のカラオケ大会にも出場、小学5年生からはピアノを習うなど表現や音楽が好きな子供だったそうです。

 

体を動かす事も好きで中学入学から高校1年生までバスケットボール部に所属していましたが、母親に「帰りが遅くなるからやめなさい」と言われたのを機に退部してフォークソングをはじめギターで作曲もするようになったそうです。

 

そして声優デビュー後の1983年6月、TARAKOさんはアルバム「とっておきの瞬間」でシンガーソングライターとしてデビューしました。

 

出典:https://img.snowrecords.com/

 

1984年2月には2ndアルバム「風がちがう」を発表。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

1984年9月に3rdアルバム「笑わない恋人」を発表。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

1985年9月に4thアルバム「告白」を発表。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

1986年12月に5thアルバム「少しだけ愛が足りない」を発表。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

「ちびまる子ちゃん」のヒットで人気声優となった後もTARAKOさんは歌手活動を続け、1990年11月に6thアルバム「あなたが大好き」を発表しています。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

 

以降、1991年6月に7thアルバム「彼女」、12月に8thアルバム「My dear」、1993年12月に9thアルバム「天国より高いとこいこうよ」を発表しています。

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

TARAKOさんのオリジナルアルバムの発表は、1995年6月リリースの「わ〜いっ」が最後になりましたが、その後も「ちびまる子ちゃん」の楽曲を中心に出演するアニメのキャラクターソングを多数歌っています。

 

 

 

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)の若い頃③ 演劇集団WAKU主宰

 

出典:https://stat.ameba.jp/

 

TARAKOさんは1996年に演劇集団「WAKU」を主宰して立ち上げています。

 

TARAKOさんは「WAKU」の多くの舞台の作と演出を手がけ自ら出演もされていました。

 

演劇集団「WAKU」は精力的に活動を続けており、2023年12月にもTARAKOさんが作・演出を手がけ、自ら出演もした舞台「something どこにいても ここ」が上演されています。

 

「WAKU」の今後の上演予定として、2024年12月に「マザーズ・イン・ヘヴン 2024」という作品の上演が発表されています。こちらの作品もTARAKOさんが作・演出を担当されたようです。ただ、TARAKOさんが亡くなった事を受けてこの上演予定がどうなるのかはわかりません。

 

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)の結婚

 

出典:https://www.jiji.com/

 

TARAKOさんが結婚されていたという情報はありません。

 

TARAKOさん本人のSNSやインタビューでも結婚について語られた事はないため、結婚はされておらず独身だった可能性の方が高いとみられています。

 

ただ、2019年には一般のXユーザーの方が、自分の父親の友人がTARAKOさんと結婚しているという内容の投稿をされています。

 

 

ただ、この方はこれ以外にはTARAKOさんの結婚に関する投稿はしておらず真偽不明です。

 

なお、TARAKOさんは「ちびまる子ちゃん」のキャラクターの中で結婚するのであれば、たまちゃんのお父さんだそうです。

 

 

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)が車椅子姿でのアフレコをX投稿

 

TARAKOさんは2024年3月4日に63歳という若さで亡くなりました。

 

2024年1月まで28日まで、TARAKOさんは元気そうな様子でXに投稿されていたため、突然の訃報に衝撃が走りました。

 

ただ、2024年2月4日のXへの投稿では、TARAKOさんが車椅子に座りながら「ちびまる子ちゃん」の収録をしている様子の写真が添付されていました。

 

 

この投稿がされた時点では、TARAKOさんは闘病中である事を明かしておらず、添付された画像もパッと見て車椅子である事がわかりづらいため、TARAKOさんが車椅子に乗って収録に臨んでいた事に気がついた方もいなかったようです。

 

「ちびまる子ちゃん」の音響監督の早瀬博雪さんが、車椅子で収録に臨んだ時のTARAKOさんの様子を語られていました。

 

一番最後のスタジオにいらっしゃった時に車椅子で一生懸命しゃべってる感じ。でも一生懸命だったんでしょうけども、やっぱりマイクを通して聞こえてくる声はやっぱまる子なんですよね。全くつらいところとかそういうのっていうのは全く見せずに、映像を見てればまる子がしゃべってるっていうふうに聞こえてくるのがやっぱりプロ根性というのか。TARAKOさんのその役者根性みたいな部分は感じましたね。

 

引用:「人生の半分はまる子」声優・TARAKOさん(63)死去「病院でも収録を…」スタッフ語る34年貫いた“ちびまる子愛”

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)は闘病しながら仕事をしていた

 

TARAKOさんの所属事務所のトルバドール音楽事務所は、「今年に入り病と闘いながら仕事をしておりました」と明かし、TARAKOさんの死去を発表しました。

 

TARAKOは2024年3月4日(月)未明、永眠いたしました。

今年に入り病と闘いながら仕事をしておりましたが、容体が急変して亡くなりました。

 

引用:トルバドール音楽事務所オフィシャルサイト ようこそトルバドール音楽事務所へ

 

この発表によれば、TARAKOさんは2024年に入ってから闘病に入って容体が急変して亡くなられたようで、関係者にとっても突然の死去だったと思われます。

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)の急死とワクチンの関連を疑う声も

 

TARAKOさんが2024年になってから闘病に入り容態が急変しての急死であった事が発表された事も関連してか、TARAKOさんの死去と新型コロナワクチンとの関連を疑う声がネット上で多く上がっているようです。

 

 

 

 

TARAKOさんが新型コロナワクチンを接種していたかどうかは不明で、新型コロナワクチンとTARAKOさんの死去が関連している事を示すような情報もないため、あくまでもそれを疑う声があるというだけです。

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)の現在…2024年3月4日63歳で死去

 

出典:https://news.tv-asahi.co.jp/

 

すでに書いているように、TARAKOさんは2024年3月4日に63歳で亡くなっています。

 

現在、TARAKOさんが死去された事で「ちびまる子ちゃん」はどうなるのかという声も多く見られますが、番組公式サイトでは「後任の声優、後任による放送開始時期については現在対応を検討しているところです」と発表されています。

 

TARAKOさんが「ちびまる子ちゃん」でまる子を演じた最後のエピソードは、2024年3月24日に放送されるという事です。

 

 

TARAKO(ちびまる子ちゃん声優)の死因は非公表

 

TARAKOさんの死因は公表されていません。

 

所属事務所の発表によれば、TARAKOさんは2024年に入ってから闘病していたとの事なので、何らかの病気が判明したという可能性が高そうですが詳しい事は明かされていません。

 

TARAKOさんが2021年に母親の死因が突然死であった事を明かしていた事から、ネット上では何らかの遺伝的要因が死因となったのではといった声も見られますが根拠のない憶測です。

 

母との別れはあまりに突然でした。何の前触れもなかったんです。いつもと同じように母の誕生日を祝う電話をし、ひとしきり話して、「本当におめでとう。じゃあね」と電話を切って3時間後のこと。母と同居していた姉から「お母さんの心臓が止まった」と知らせを受けました。姉が外出先から帰宅した時に、母はすでに心肺停止の状態だったそうです。

 

引用:「急逝した両親と大往生した愛猫」声優 TARAKOさん【インタビュー前編】~日々摘花 第17回~

 

 

まとめ

 

今回は、アニメ「ちびまる子ちゃん」の主人公・まる子役を長年演じ、2024年3月に63歳で亡くなった声優のTARAKOさんについてまとめてみました。

 

TARAKOさんは若い頃は、20歳で声優デビューして「うる星やつら」の脇役を多数演じるなどし、スタジオジブリの初期の代表作「魔女の宅急便」、「天空の城ラピュタ」、「となりのトトロ」にも脇役として出演されています。1990年に「ちびまる子ちゃん」のまる子役に抜擢されたのをきっかけに人気声優となりました。

 

また、若い頃のTARAKOさんはシンガーソングライターとしても活動し、計10枚のオリジナルアルバムを残されています。

 

TARAKOさんが結婚されていたのかどうかは不明ですが、本人が結婚について言及された事はなく、生涯独身だった可能性が高いとみられています。

 

所属事務所によれば、TARAKOさんは2024年に入ってから体調を崩して闘病していたという事で、「ちびまる子ちゃん」の収録に車椅子で臨まれたいた事なども明らかになっています。ただ、死因は発表されておらず、TARAKOさんがどのような病気で闘病されていたのかななど詳しい事はわかっていません。

 

TARAKOさんが急死であった事が明らかにされたためか、新型コロナワクチンとの関連を疑う声もみられますが、あくまでも噂であり、TARAKOさんがワクチンを接種していたのかも不明で、ワクチンと死去の関連を示すような情報が明らかにされているわけではありません。

 

現在、TARAKOさんの死を悼む声が多く上がり「ちびまる子ちゃん」の今後はどうなるのかという声も見られます。ちびまる子ちゃんのまる子役の後任の声優については検討中と発表されています。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

江口拓也のリベンジ写真流出?歴代彼女や矢作紗友里との結婚の噂と真相も総まとめ【画像あり】

声優の黒歴史&スキャンダル36選!男性・女性別にランキング【2024最新版】

声優の演技力ランキング30選!上手いor下手な順に紹介【2024最新版】

山田親之條(声優)はオネエ?父と母・兄弟と似てない噂やプロフィールまとめ

かわいい女性声優ランキング最新TOP40!アイドル級のルックスが多い【2024年版】

声優の年収ランキング30選~女性・男性別に最新版収入を公開

高橋ナツコ(脚本家)の現在!なぜ原作クラッシャー?うどん事件詳細・なんJでの評判も総まとめ

藤村知可(声優)の現在!萩原聖人との熱愛・結婚や子供の有無も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

前園泰徳の現在!嫁との離婚・教え子殺害事件の判決や出所も総まとめ

横井庄一の死因!グアムの穴生活・海外の反応・結婚した嫁や子供・小野田寛郎との違いも徹底解説

対馬悠介の現在!生い立ち・高校と大学など経歴・親など家族・卒アルのイケメン顔画像・小田急線殺傷事件の動機も総まとめ

森喜朗の現在!息子・森祐喜の死因/がんで激やせ画像も総まとめ

杏さゆりの現在!彼氏や結婚・大物カメラマンのセクハラ被害暴露まで総まとめ

SASUKEオールスターズの現在!メンバー6人や不仲説・解散後も総まとめ

矢尾一樹の現在!声出てない&痩せた原因は病気?車椅子?結婚歴や嫁3人・若い頃も徹底紹介【ONE PIECE/フランキー声優】

マイケル・J・フォックスの現在!若い頃や身長・パーキンソン病発症とその後も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

小澤征爾の若い頃から現在&死因は?家系図や嫁と子供(息子/娘)・孫や自宅・病気と車いす姿もまとめ

山本ひかるの現在!結婚した旦那・学歴と経歴・代表作(科捜研の女/仮面ライダーW)・プロフィールを総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す