洋楽のCMソング人気曲ランキング50選~女性男性別TOP25【動画付き・最新版】

テレビよく耳にしている洋楽のCMソング。聞いた事があるのにタイトルと歌手が分からない、という経験が誰にでもあるのではないでしょうか?

 

今回は、洋楽のCMソングを男女の歌手別に50曲、ランキング形式でご紹介していきましょう。

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【女性編】TOP25-21

 

25位:Thank God I Found You

 

 

Mariah Carey, Joe, 98 Degrees

 

 

 

「7オクターブの歌声を持つ」と言われてきたR&Bシンガー、マライア・キャリーがジョー & 98ディグリーズとフィーチャリングし、2000年にリリースした曲が、この「Thank God I Found You」です。

 

マライア・キャリーはこの曲で、通算15枚目になるビルボードチャート全米1位を獲得され、11年連続で全米1位を獲得とすると言う前人未到の記録を達成しています。

 

この曲は、2000年にネスカフェのコーヒーCM「サンタマルタ」で、マライア・キャリーと明石家さんまが共演し、その時のCMソングとして使用されました。

 

ちなみに、この曲はハッピーエンドな詩の内容なので、結婚式にもピッタリで、よくケーキ入刀の際に使用されることが多いようです。

 

 

 

 

24位:Crazy In Love

 

 

Beyoncé

 

 

 

ビヨンセさんと言えば、元デスティニーズ・チャイルドのメンバーで、ソロデビューのシングルといえば、この曲「Crazy In Love」です。

 

この大ヒット曲は、2002年のペプシコ社との契約後に、彼女が出演したCMのCMソングにも起用されました。

 

ちなみに、ピン芸人の渡辺直美さんが、和製ビヨンセとしてのコントの際に、この曲が用いられていることでも知られています。

 

 

 

 

23位:I’m a fool to want you

 

 

Billie Holiday

 

 

 

フランスを代表する女優・オドレイ・トトゥが主演を務めた「Train de Nuit – CHANEL N°5」のコマーシャルソングが「I’m a fool to want you」です。

 

この曲は、ジャック・ウルフとフランク・シナトラが作詞し、ジョエル・S・ヘロン作曲によってシナトラが歌ったヒット曲であり、ビリー・ホリデイがカバー曲として歌っています。

 

 

 

 

22位:Strut

 

 

Sheena Easton

 

 

 

イギリスの歌手シーナ・イーストンは、1980年に「モダン・ガール」でデビューしています。

 

大ヒットアルバム「A Private Heaven 」からシングルカットされた曲で、1984年にリリースし、全米7位を記録しました。

 

本人も出演した「宝焼酎純」のCMに起用され、着物を着て歌う姿がとても印象的なバージョンで流れていた楽曲が、この曲「Strut」でした。

 

 

 

 

21位:Lovin’ You

 

 

Minnie Riperton

 

 

 

この曲は、アン・ルイスによるカバーで、化粧品メーカーの「ノエビア」、moumoonによるカバーで、花王「ソフィーナジェンヌ」など、その他にも多くのアーティストによるカバーで、数々のCMソングとして使用されてきました。

 

元々は、アメリカの歌手であるMinnie Ripertonによる70年代の大ヒット曲でした。

誰もが一度は耳にしたことがある名曲になります。

 

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【女性編】TOP20-16

20位:Call Me Maybe

 

 

Carly Rae Jepsen

 

 

 

カナダの歌姫・カーリー・レイ・ジェプセンの2012年にヒットした曲で、auのCMに起用されていた曲でした。

 

その後も、Owl cityとの共作である「Good time」や「I Really Like You」などのヒット曲を次々と生み出し、今一番勢いのある女性シンガーとして人気を博しています。

 

最近では、女優の吉田羊さんと俳優の平山浩行さんが出演している、花王の最新テレビCM「 ハミングファイン さら服キープ」にも起用されました。

 

 

 

 

19位:Heaven Is a Place on Earth

 

 

Belinda Carlisle

 

 

 

この曲は、ベリンダ・カーライルが1987年にリリースしたスタジオ・アルバム「Heaven on Earth」に収録されている曲です。

 

日本では、1988年にJR東海の「プレイバック・エクスプレス」CMソングに起用されたのを皮切りに、2002年に「スバル・プレオ」のCMソング、「ベイビーレイズJAPAN 大矢・高見のしゃべりスタ!」のオープニングテーマ、フジテレビ系の「めざましどようび」内「どようび占いcount down」のテーマ曲、「情報プレゼンター とくダネ!」など数々のテーマソングに使用されてきました。

 

 

 

 

18位:Cut To The Feeling

 

 

Carly Rae Jepsen

 

 

 

またまた大人気ポップシンガーのカーリー・レイ・ジェプセンの楽曲がランクインしました!

 

「花王ビオレ」のメイク落としのCMに起用されました。

 

このCMには、人生を楽しむ女性たちがたくさん出てきて、そんな女性たちを応援するような元気でポップな楽曲になります。

 

 

 

 

 

17位:Sugar Town

 

 

Nancy Sinatra

 

 

 

こちらの曲は、「TOYOTOWN プリウスミントガール篇」で起用されたCMソングで、数年前にはキャメロン・ディアスが出演していたソフトバンクのCMにも起用されていました。

 

「シュガータウンは恋の町」は、1966年暮れに全米5位の大ヒットを記録した曲です。

 

とてもゆるい感じの歌になっていて、女性らしいふわふわしたテンポがCMとマッチしていて、カントリーなメロディがCMと合っているでしょう。

 

 

 

 

16位:Hot Stuff

 

 

Donna Summer

 

 

 

この曲は「めちゃイケ」に出演していたモデルの登場曲などでしようされていたので、聴いたことある人が多いかもしれませんが、hitomiさんや梅宮アンナさんが出演していた、コカ・コーラの「ダイエット・コーク」のCMにも起用されていました。

 

アメリカの歌手・ドナ・サマーの楽曲で、 1979年に発売された彼女の7枚目のアルバム「華麗なる誘惑」に収録されています。

 

ドナ・サマーは、「ディスコの女王」と言われているだけあって、イントロからテンションが上がる曲です。

 

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【女性編】TOP15-11

15位:Fight Song

 

 

Rachel Platten

 

 

 

菅野美穂さん、石原さとみさんが出演している「プリマヴィスタ」のCMに起用された曲です。

 

CMでは、Rachel Plattenの2015年にヒットした曲、「Fight Song」のカバーソングとして起用され、ポジティブな雰囲気が印象的なこの曲を起用し、頑張る女性たちをベースメイクの力で応援したいという思いが込められているとのことです。

 

 

 

 

14位:Shake It Off

 

 

Taylor Swift

 

 

 

この曲は、Taylor Swiftのアルバム「1989」からの1stシングルとなったヒット・ナンバー「Shake It Off」で、「家庭教師のトライ」の新サービス「Try IT」のCMソングに起用されました。

 

このCMに出演していたのは、トライCMではお馴染みとなっているアニメキャラクターたちで、

「アルプスの少女ハイジ」から、ハイジとペーター、アルムじいさんが、この曲をバックに踊るという、なかなかシュールCMです。

 

 

 

 

13位:Wild Child

 

 

Enya

 

 

 

この曲は、ホンダ「エリシオン」のCMに起用された曲です。

 

エンヤと言えば、アイルランド出身でケルト音楽の影響を受けた音楽が特徴的で、これまでエリシオンといえば、ホンダのフラッグシップモデルとして出ていましたが、エンヤの美しいボーカルによって、クリーンなイメージに一役買ったと言われています。

 

 また、映画「冷静と情熱のあいだ」で、チェロの演奏で美しいメロディを奏でていました。

 

 

 

 

12位:A Question of Honour

 

 

Sarah Brightman

 

 

 

A Question of Honour」は、ミュージカル女優として活躍していたイギリスの歌手・サラ・ブライトマンの楽曲で、1995年に発売したアルバム「Fly」に収録されていて、同年シングルカットされています。

 

日本では、テレビ朝日「サッカーワールドカップ中継」テーマ曲として起用されるほか、トヨタ自動車「マークX」のCM曲としても起用されました。

 

 

 

 

11位:99 Luftballons

 

 

Nena

 

 

 

「99 Luftballons(ロックバルーンは99)」は、1983年に西ドイツのロックバンドNena (ネーナ)が発表した曲で、当時世界的な大ヒットを収めた曲になります。

 

ドイツ語のポップスが世界的にヒットした数少ない曲の1つとしても有名です。

 

ホンダの「CR-V」のCMソングで起用されていたのは、Goldfingerによってカバーされたバージョンで、バラエティ番組「 笑う犬の情熱」のオープニングソングでも起用されていました。

 

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【女性編】TOP10-6

10位:shake your tail feather

 

 

Tina Turner

 

 

 

こちらの曲は、2000年頃に流れていたホンダ「オデッセイ」のCM曲になります。

 

ティナ・ターナーは、1950年代より活動しているシンガーで、女優・ダンサーなどとマルチに活躍しているタレントです。

 

こちらの動画を見ていただけると分かるように、派手でキレのあるダンスが特徴的です。

 

 

 

 

9位:Alive

 

 

Sia

 

 

 

 

こちらの曲は、オーストラリア人歌手のSia(シーア)さんが歌われている、「オデッセイハイブリッド」のCMソングになります。

 

Siaさんは、あまりメディアに顔出ししてない歌手の方で有名なのですが、2015年にリリースされた曲で、再生回数は2億回も記録している人気曲になります。

 

 

 

8位:center

 

 

Dresage

 

 

 

「center」は、ユニクロの「3Dニット」のCMソングで、赤ニットの素敵なバレリーナの女性が印象的なCMで、とても優雅でお上品な感じの素敵な楽曲が使用されています。

 

このCMソングを歌ってるのは、ロサンゼルスの歌手・Dresage(ドレッサージュ)さんです

 

SNSや公式ホームページなどはありましたが、肝心の本人に関する情報が非常に少なく、年齢や本名等は不明な歌手です。

 

 

 

 

7位:Le Temps des cerises(ル・タン・デ・スリーズ)

 

 

Odetta Hartman

 

 

 

この曲は、「ハーゲンダッツ」のCMソングで、”アイスを食べた中条あやみさんが宙に浮いちゃう”という設定になっていて面白いですが、曲や映像、衣装など全てがおしゃれなCMです。

 

こちらのCMソングを歌あれているのは、Odetta Hartman(オデッタ・ハートマン)さんです。

 

非常に出回っている情報が少ないのですが、アメリカ人のシンガーソングライターで、公式のYouTubeチャンネルでも動画を公開してる歌手です。

 

 

 

 

6位:Symphony feat. Zara Larsson

 

 

Clean Bandit

 

メンバー

・ジャック・パターソン

・ルーク・パターソン

・グレース・チャトー

 

こちらの曲「Symphony feat. Zara Larsson」は、「アスタリフト」のCMソングで、アスタリフトのCMと言えば、音楽のセンスが非常に良く、他のCMで使われていた楽曲も全部おしゃれでしたが、こちらのバージョンもCMと合っていて、とてもかっこいいです。

 

このCMソングを歌っているのは、Clean Bandit(クリーン・バンディット)さんっていうイギリスの音楽グループのメンバーです。

 

エレクトロニック(電子音楽)系のバンドで、近代的でとてもかっこいいバンドで、注目を集めています。

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【女性編】TOP5-1

5位:you can get more

 

 

Alessi’s Ark

 

 

 

こちらの曲「you can get more」は、北川景子さん主演の「CITIZEN xC」のCMソングに起用されました。

 

こちらのCMは、2017年~2018年にかけて放送されていたもので、「you can get more」というタイトルこそついてはいますが、このCMのためだけに作られたオリジナルソングなので、楽曲の販売などはないそうです。

 

歌は、イギリスのシンガーソングライター・Alessi’s Ark(アレッシーズアークさん)が歌われています。

 

 

 

 

4位:I Should Be So Lucky

 

 

カイリー・ミノーグ

 

 

 

こちらの曲は、聴いているだけでパッと明るい気持ちになれる「I Should Be So Lucky」です。

 

カイリー・ミノーグさんの代表曲でもあり、日本では「ラッキー・ラヴ」のタイトルで発表されています。

資生堂のCMソングに起用されていて、商品の魅力をアピールする為にピッタリだと、CM放送中も視聴者に大好評だったようです。

 

 

 

3位:Gorgeous

 

 

Taylor Swift

 

 

 

またまたTaylor Swiftさんの登場です!

 

この曲は「世界を魅了する恋多き歌姫」で知られるTaylor Swiftさんの曲を起用した、富士フィルム「instax」のCMソングになります。

 

テイラースウィフトさん本人が、日本のCMに出演するのはこちらが初なので、CMを見ていて、いきなりaylor Swiftさんが出てきてびっくりしてしまった方も多いのではないでしょうか。

 

CM内で流れているこの曲は、6thアルバム「reputation」の中に収録されている、「Gorgeous」です。

 

 

 

 

2位:I wanna be loved by you(byマリリンモンロー)

 

 

shanti

 

 

 

こちらの曲は、プレモルではお馴染みの曲になりますが、この洋楽も優雅でおしゃれな名曲で有名な1曲です。

 

CMは、石原さとみさんによる「プレミアム・モルツ」で放送されていました。

 

この楽曲は、マリリンモンローさんの「I wanna be loved by you」ですが、CM内では本人の歌唱ではなく、シャンティ・スナイダーさん(SHANTIさん)によってカバーされたものを使用されています。

 

 

 

 

1位:1234

 

 

Feist

 

 

 

こちらの楽曲は、カナダのシンガーソングライター、レスリー・ファイスト(Leslie Feist)さんによる、「1234」で、中条あやみさん出演の「サントリー黒烏龍茶」の最新CMに起用されています。

 

また、200年にはアップル社の「iPod nano」のCMにも起用されています。

 

Feistは、女性シンガーソングライターで、声質は伸びと奥行きのある歌声が特徴的で、彼女の声に癒されている人が続出し、堂々の1位に輝きました!

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【男性編】TOP25-21

25位:Raindrops Keep Fallin’ On My Head

 

 

B.J.Thomas

 

 

 

こちらの曲は、アメリカ人歌手、B・J・トーマスのシングル曲で、1969年10月にリリースされています。日本では、1995年にCDが発売されました。

 

日産「スカイライン」のCMソングに起用され、布施明さんや倍賞千恵子さんといった日本の大御所歌手もカバーしている名曲になります。

 

 

 

 

24位:If I Only Knew

 

 

Tom Jones

 

 

 

こちらの曲「If I Only Knew」は、もともとは「RISE ROBOTS RISE」というバンドの楽曲で、1995年にトム・ジョーンズがカバーしています。

 

「恋はメキ・メキ」という邦題が付けられていて、2004年にトヨタ「ポルテ」のCMソングに起用されています。

 

 

 

 

23位:Like A Rolling Stone

 

 

Bob Dylan

 

 

 

こちらの曲「Like A Rolling Stone」は、2003年に日産の「セレナ」のCMで起用されていました。

 

Bob Dylanにとって最大のヒット曲となった曲です。また、Bob Dylanといえば歌手として初めてノーベル賞に選ばれた素晴らしい人物でもあります。

 

それだけ歌詞の世界観が素晴らしいということを物語っています。

 

 

 

 

22位:Wavin’ Flag

 

 

K’naan

 

 

 

「Wavin’ Flag」は、コカ・コーラのCMソングとして起用されました。

 

CMでは、シンガー・ソングライターのAIとのコラボバージョンが使用されました。この曲を歌っているK’naanは、アフリカ・ソマリア出身のラッパーです。

 

こちらの曲は、2010年に開催された「FIFA World Cup」のアフリカ大会のテーマ曲としても選ばれました。

 

 

 

 

21位:She

 

 

Elvis Costello

 

 

 

「She」は、イギリスのミュージシャンであるエルビス・コステロによる楽曲で、イギリス映画「ノッティングヒルの恋人」の主題歌として起用されているので、非常に耳馴染みのある曲ではないでしょうか。

 

曲調は、とても甘くて切ないイメージの美しい楽曲となっています。

 

日本では、トヨタ自動車「イスト」のCMソングとして起用されていました。

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【男性編】TOP20-16

20位:Everytime You Go Away

 

 

Paul Young

 

 

 

「Everytime You Go Away」は、日本では「フォレスター」のCMで起用されました。

 

30年も前の曲になるのですが、今聴いてもしみじみとしてしまうほど、その心の思いをつづった歌詞と曲がとてもマッチしていて、色あせる事のない「別れ」の切なさがとても新鮮な曲です。

 

 

 

 

19位:Haven’t Met You Yet

 

 

Michael Bublé

 

 

 

「Haven’t Met You Yet」はカナダ出身の歌手の、マイケル・ブーブレが2009年にリリースしたシングル曲で、「カナディアンホット100」では5位にランクインした名曲です。

 

日本では、2017年3月より放送されている、「サントリー クラフトボス」のCMに起用されました。

 

 

 

 

18位:Bailamos

 

 

Enrique Iglesias

 

 

 

「Bailamos」は、スペイン出身の歌手で、現在はアメリカで活躍しているエンリケ・イグレシアスの楽曲になります。

 

こちらの曲は、1999年にリリースされたアルバム「バイラモス・グレイテスト・ヒッツ」に収録されている曲で、トヨタ「MR-S」のCMソングに起用されていました。

 

 

 

 

17位:Don’t Stop Believin

 

 

Journey

 

 

 

「Don’t Stop Believin」は、日本ではエルグランドのCMに起用されていた曲です。

 

こちらの曲を歌っている、ジャーニーは、他にも「オープン・アームズ」(海猿の主題歌に使われた)「セパレイト・ウェイズ」(ワールドベースボールクラシックの曲)などなど、日本でもよく知られている曲歌っている歌手です。

 

数多くのドラマや映画に使われているので、誰もが一度は聴いたことがある曲だと思います。

 

 

 

 

16位:Begin the Beguine

 

 

Julio Iglesias

 

 

 

「Begin the Beguine」は、2015年にホンダ「JADE」のCMで起用されていました。

 

ジャズのスタンダードナンバーですが、Julio Iglesiasがカバーしたバージョンでは、少しポップな曲調でアップテンポな曲に仕上がっています。

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【男性編】TOP15-11

15位:It’s My Life

 

 

Bon Jovi

 

 

 

こちらの曲は「It’s My Life」で、以前よくお笑い芸人の椿鬼奴さんが、なりきり物真似しているのが、アメリカのロックバンド・ボン・ジョヴィのこの曲だったのです。

 

彼らは日本での人気もかなり高いことから、彼らの曲は「三菱自動車」などのCMソングによく起用されていました。

 

 

 

14位:What Do You Mean?

 

 

Justin Bieber

 

 

 

「What Do You Mean?」は、ご存知の方も多いと思いますが、カナダのポップミュージシャン、ジャスティン・ビーバーがSNS上で、お笑い芸人のピコ太郎を取り上げたことがきっかけで、ふたりのCM共演が決まったとされている、「ソフトバンク」のCMに起用されました。

 

ジャスティン・ビーバーの声質は、とても柔らかく透き通る声なので、ずっと聴いていてもしっくりくるナンバーに仕上がっています。

 

 

 

 

13位:Let’s Dance

 

 

David Bowie

 

 

 

「Let’s Dance」は、日本では、ホンダ「ステップワゴンスパーダ」のCM曲に起用されています。

 

2016年にこの世を去ったスター「David Bowie」のどこか攻撃的な歌い方が、このCMのモデルとなっている、ステップワゴンのスポーティな車体によく合っている気がします。

 

ボウイは、日本好きなことでも知られていて、よく京都にも足を運んだと言われています。

 

 

 

 

12位:Just way you are

 

 

Billy Joel

 

 

 

「Just way you are」は、トヨタの「エスティマ」のCMに起用されていた楽曲で、邦題では「素顔のままで」です。

 

Billy Joelの曲は、「アップタウンガール」「オネスティ」「ピアノマン」など、数多くの楽曲がCMに起用されていて、Billy Joelの楽曲の中でも非常に有名で人気の高いナンバーが、ランクインされた「Just way you are」でした。

 

 

 

 

11位:Uptown Funk

 

 

Mark Ronson feat. Bruno Mars

 

 

 

「Uptown Funk」と言えば、2017年のCM曲でかなり盛り上がった楽曲です。

 

この曲は、ホンダの「FIT」のCM曲として起用されています。

 

ファンキーでキャッチ―なサウンドテイストは、CMという短い時間でも心をつかむような、底抜けに明るい楽曲に仕上がっているので、元気の出ないときに聴いてみるのがオススメです。

 

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【男性編】TOP10-6

10位:You’re Beautiful

 

 

James Blunt

 

 

 

「You’re Beautiful」は、女優の杏さんや、モデルの蛯原友里さんなどの女性が出演した資生堂のCM曲で有名です。

 

誰もがサビを一度は聴いたことがあるほど、大ヒットした曲でもあります。

 

James Bluntは、イギリス出身のシンガー・ソングライターで、元・軍人という、異色のキャリアを持っていることでも知られています。

 

 

 

 

9位:What a Wonderful World

 

 

Louis Armstrong

 

 

 

「What a Wonderful World」は、ジャズ界の伝説的トランペッターで、ボーカリストでもあった、「サッチモ」の愛称で有名な、ルイ・アームストロングの代表曲の1つがこの曲です。

 

彼の独特の歌声が心に響き、平和への願いが込められたこの曲は、さまざまなCMソングに起用されていて、ホンダの「シビック」のCMもそのうちの1つです。

 

 

 

 

8位:The Stranger

 

 

Billy Joel

 

 

 

「The Stranger」は、1996年にホンダの「CR-V」のCMで起用されていました。

 

この曲は、1977年にリリースされたとても古い曲になりますが、日本でも大ヒットした曲でもあります。

 

冒頭の口笛が、当時はとても斬新で、曲が始まると全くイメージが異なる曲になることでも話題になりました。

 

 

 

 

7位:Flashing Lights ft. Dwele

 

 

Kanye West

 

 

 

「Flashing Lights ft. Dwele」は、老舗ハイブランド・DiorのCMとして起用され、2018年よりジュエリーデザイナーにm-floのVERBALの婦人・Yoonが起用されたことでも大きな話題になりました。

 

「ジャドール」は、ディオールを代表する香水として長きに渡りトップセールスを記録していて、シャネルに続く女性の永遠の定番でもあります。

 

テーマソングには、グラミーの常連でもある、B-BOYにスキニージーンズを流行らせた男・Kanye Westが起用されました。

 

 

 

6位:Feeling Good

 

 

Michael Bublé

 

 

 

「Feeling Good」は、2013年にホンダの「アコード」のCMで起用されていました。

 

この曲は、2005年に発売されたアルバムの中で、Nina Simoneの曲をカバーしたものでしたが、たちまち大ヒットを記録しました。とてもセクシーでドキッとする声に魅了された方が多いのではないでしょうか。

 

 

 

 

洋楽のCMソング人気曲ランキング最新版【男性編】TOP5-1

5位:The Passenger

 

 

Iggy Pop

 

 

 

「The Passenger」は、パリコレの常連でもある、老舗ハイブランド「Yves Saint Laurent」改め、「SAINT LAURENT」の、2019年「SPRING SUMMER」のCMソングとしてタイアップされた曲として有名です。

 

この曲を歌われている、イギー・ポップさんは、伝説的なミュージシャンで「ゴッド・ファーザー・オブ・パンク」と称されています。

 

 

 

4位:Papa Loves Mambo

 

 

Perry Como

 

 

 

「Papa Loves Mambo」は、スズキの「ハスラー」のCMでお馴染みの曲で、誰でも1度は耳にした事がある曲ではないでしょうか。

 

車のCMで使用されている洋楽の中で、知名度は非常に高い1曲になります。

 

CMに出演している、ももいろクローバーZの活動的な様子と、この曲調がとてもマッチしています。こちらの曲は、アメリカ人歌手のペリー・コモの、1954年にヒットした曲になります。

 

 

 

 

 

3位:Happy

 

 

Pharrell Williams

 

「Happy」は、ホンダの「FREED」CMに起用された曲になります。

 

一度このCMを見ただけで、明るくて楽しげなその雰囲気の虜になってしまいそうな1曲に仕上がっています。聴いたら一瞬でご機嫌になってしまうかもしれません。

 

こちらの曲は、アメリカで600万枚以上、全世界では1000万枚以上の売り上げを記録したほどの大人気曲です。

 

 

 

 

 

2位:Freedom

 

 

Pharrell Williams

 

 

 

またまた、Pharrell Williamsさんの曲がランクインされました!

 

Pharrell Williams(ファレル・ウィリアムス)は、アメリカの著名音楽プロデューサーであり、自身も歌手としても活躍しているマルチタレントです。

 

「Freedom」は、世界中でさまざまな企業のCMソングに起用されていて、日本では自動車メーカーの「FIT」のCMソングに起用されました。

 

 

 

 

1位:Uptown Girl

 

Billy Joel

 

 

 

洋楽のCM人気ソング男性編で、堂々1位に輝いたのは、「Uptown Girl」でした!

 

Uptown Girlは、アメリカの歌手、ビリー・ジョエルのシングル曲で、アルバム「イノセント・マン」からの第2弾シングルとして、1983年にリリースされました。

 

全米で最高位3位を記録した大ヒット曲でもあります。

 

日本では、 2009年にキリンビールの企業CMソングとして、2017年に、スズキ「スペーシア」(2代目モデル)のCMソングとして起用される、その他にも日本でも使用されることの多い楽曲です。

 

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

一度は耳にした事がある懐かしい洋楽から、最新の洋楽までご紹介しました!

 

どの曲も聞き覚えのある名曲ばかりだったのではないでしょうか?ランキングのなかには、複数のCMソングに起用されている人気楽曲もありました。大手企業のCMは、世界に愛されている名曲を使いたいと思ってしまう傾向があるのかもしれませんね。

洋楽を詳しく知らない人の為にも、今後も洋楽の名曲をどんどんCMに起用して欲しいですね!

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ハリウッド俳優の人気ランキング最新60選~若手からおじさんまで【2019年版】

ハリウッド女優の人気ランキング最新60選~若手・中堅・ベテラン別【2019年版】

洋楽女性歌手の歌唱力ランキング最新TOP40~海外の歌姫【YouTube動画付き】

海外セレブの人気ランキング女性男性別50選~モデル・女優・俳優・歌手・スポーツ選手など【最新版】

洋楽男性歌手の歌唱力ランキング最新TOP40~海外の人気アーティスト【YouTube動画付き】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

女性ソロ歌手の人気ランキングTOP32・最新版【日本限定・歌の動画付き】

女性芸能人の髪型~人気ヘアスタイル流行ランキングTOP40【最新版】

色黒の芸能人40選・女性男性別~日焼け美女やイケメン多数【最新版】

K-POP・韓国アイドルのイケメン50選!最新の人気ランキング【2019年版】

男性声優の人気ランキング最新TOP40!若手からベテランまで【2019年版】

浅見光彦シリーズの歴代人気俳優ランキングTOP10【最新版】

女性お笑い芸人の人気ランキング最新TOP25!面白い女芸人が急増中【2019年版】

ジャニーズのイケメンランキング最新TOP50!2019年版を大発表

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

俳優&女優の歌唱力~歌が上手いランキングTOP25【動画付き・最新版】

男性歌手の歌唱力ランキング最新TOP50~歌の上手い動画付き【2019年版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す