昭和の人気アイドル40選!男性女性別ランキングTOP20【2019最新版】

70年代・80年代・90年代の「昭和のアイドル」は、さまざまな伝説が語り継がれた、まさにアイドルの黄金期であり、CDやレコードも飛ぶように売れていた時代でした。

 

今回は、昭和アイドルの人気ランキングを男女別に40名、ランキング形式でご紹介していきましょう!

 

昭和の男性アイドル人気ランキング最新版 TOP20-16

20位:イモ欽トリオ

 

 

イモ欽トリオ(イモきんトリオ)

 

メンバー:山口良一(ヨシオ)

     西山浩司(ワルオ)

     長江健次(フツオ)

旧メンバー:後藤正(二代目フツオ)

活動期間:1981年~1983年

 

イモ欽トリオは、バラエティ番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」から出身地たユニットです。

 

1981年には、歌謡曲も発売され、一躍大ヒットさせるほどの活躍をみせていました。ユニット名の由来は、当時人気だった「たのきんトリオ」と「YMO」にあやかったとのことでした。

 

 

19位:松村雄基

 

 

松村雄基(まつむら ゆうき)

 

本 名:松村 憲幸(まつむら のりゆき)

誕生日:1963年11月7日 
出身地:東京都文京区
身 長:178 cm

血液型:B型
所 属:オールスターズ・カンパニー

 

松村雄基さんは、同級生の母から、旧知である芸能所 属社長を紹介されたことがきっかけで、芸能界デビューを果たしました。

 

ドラマ「生徒諸君!」の沖田成利役で俳優デビューを果たし、1981年には「CBS・ソニー」からレコードデビューも果たしました。

 

 

18位:沖田浩之

 

 

沖田浩之(おきた ひろゆき)

 

本 名:置鮎 広之(おきあい ひろゆき)

誕生日:1963年1月7日

没年日:1999年3月27日
出身地: 神奈川県 川崎市
身 長:175 cm

 

沖田浩之さんは、大人気学園ドラマ「3年B組金八先生」の第2シリーズの松浦悟役で出演し、人気を博しました。

 

「E気持(イーきもち)」で歌手デビューも果たし、オリコンチャート最高位8位のヒットとなりました。熱狂的ファンの親衛隊も多数結成されたそうです。

 

 

17位:竹本孝之

 

 

竹本孝之(たけもと たかゆき)

 

誕生日:1965年4月28日
出身地:福岡県北九州市
身 長: 176 cm

 

竹本孝之さんは、1981年に、「ミスターCBSソニーオーディション’81」で約3万人の中からグランプリを受賞し、同年7月には、「てれてZin Zin」でCBSソニーからレコードデビューを果たしました。

 

同期デビューの歌手には近藤真彦さん、沖田浩之さん、ひかる一平さん、堤大二郎さん、伊藤つかささん、尾形大作さんなどがいる黄金期になります。

 

 

16位:真田広之

 

 

真田広之(さなだ ひろゆき)

 

本 名:下澤 廣之(しもざわ ひろゆき)

誕生日:1960年10月12日
出身地:東京都 品川区
身 長:170 cm

 

真田広之さんは、子役時代から芸能界で活躍し、1978年に公開された映画「柳生一族の陰謀」のオーディションに合格したことで芸能活動を本格的に再デビューしました。

 

1980年に公開した映画「忍者武芸帖 百地三太夫」では、映画初主演を果たし、桃山城天守からの飛び降りシーンが話題となりました。

 

 

昭和の男性アイドル人気ランキング最新版 TOP15-11

15位:野村義男

 

 

野村義男(のむら よしお)

 

誕生日:1964年10月26日
出身地:東京都中野区
配偶者:野坂なつみ (1995年~)
所 属:コンポジラ

 

野村義男さんは、川崎麻世さんらを連れて歩いていたジャニー喜多川の目に留まり、英語でスカウトされたことを機に、12歳でジャニーズに入りました。

 

1979年(当時15歳)の時にドラマ「3年B組金八先生」に出演したことで、一気に大ブレイクしました。

 

また、「たのきんトリオ」として、1980年代前半に人気を博しました。メンバーは田原俊彦さん、近藤真彦さんの3人でした。

 

 

14位:男闘呼組

 

 

男闘呼組(おとこぐみ)

 

活動停止:1993年
メンバー‎: ‎成田昭次・‎高橋一也・‎岡本健一‎・

     前田耕陽
活動期間:1985年~1993年

 

男闘呼組は、1985年にジャニーズからデビューした4人組ロック・バンドです。

 

本格派ロックバンドをコンセプトとしていて、「DAYBREAK」でレコードデビューを果たしました。ジャニーズ初のロックバンドとなったので、当時注目を集めました。

 

 

13位:SMAP

 

 

SMAP(スマップ)

 

活動期間:1988年~2016年
メンバー:中居 正広・木村 拓哉・草彅 剛・

     香取 慎吾・稲垣 吾郎

旧メンバー:森且行

所 属: ジャニーズ所 属

 

SMAPは、1988年に当時ジャニーズJr.だった6名から結成され、1991年にCDデビューを果たしました。

 

バラエティー進出や司会・キャスター業など開拓していき、30歳を超えても活動するなど、ジャニーズグループの寿命を延ばすなど、新たなアイドル像を作り出してきました。まさに伝説のアイドルと言えるでしょう。

 

 

12位:一世風靡セピア

 

 

一世風靡セピア(いっせいふうびセピア

 

活動開始:1984年
メンバー:小木茂光・哀川翔・柳葉敏郎・松村冬風

     西村香景・春海四方
旧メンバー:武野功雄
活動期間:1984年~1989年

 

一世風靡セピアは、1980年代に活躍した男性路上パフォーマンス集団・劇男一世風靡から派生したユニットになります。

 

劇男一世風靡の中で、上の者が「歌やりたい奴、手を挙げろ」とレコード発売などの活動をしたい者を募った際に、手を挙げたのがこの7名だったそうで、そのまま一世風靡セピアとして結成されました。

 

 

11位:少年隊

 

 

少年隊(しょうねんたい)

 

活動期間: 1981年~現在
所 属:ジャニーズ事務所

 

少年隊は、錦織一清さん、植草克秀さん、東山紀之さんで構成されたグループです。

 

グループ結成当時は、田原俊彦さん、近藤真彦さんのバックダンサーとして、歌番組やコンサートに出演していました。

 

1987年に、「ブロマイド」の年間売上成績が第1位となり、1994年には、「第31回ゴールデン・アロー賞 演劇賞・グランプリ」を受賞しました。

 

 

昭和の男性アイドル人気ランキング最新版 TOP10-6

10位:沢田研二

 

 

沢田研二(さわだ けんじ)

 

誕生日:1948年6月25日
出身地:鳥取県鳥取市
配偶者:伊藤 エミ (1975年~1987年)

    田中 裕子 (1989年~)

 

沢田研二さんは、1960年代後半の”グループ・サウンズ全盛期”からスーパースターとして活躍し、ソロとしてシングル総売上を1,239万枚を記録しています。

 

1973年4月に発売した「危険なふたり」は、65万枚を売り上げ、ソロ初となるオリコン1位を獲得し、「第4回日本歌謡大賞」を受賞しました。

 

 

9位:シブがき隊

 

 

シブがき隊(シブがきたい)

 

活動期間: 1982年~1988年11月2日

メンバー: ‎布川敏和(フックン)

     本木雅弘(モックン)

     薬丸裕英(ヤックン)

所 属: ジャニーズ事務所

 

シブがき隊は、1982年5月に「NAI・NAI 16」で歌手デビューを果たしました。

 

ちなみに、この時代は、後に薬丸さんの妻となる石川秀美さんら「花の82年組」が大人気のアイドル全盛期でした。

 

 

8位:フォーリーブス

 

 

フォーリーブス

 

 

メンバー‎: ‎北公次・青山孝史・‎江木俊夫・

     ‎おりも政夫

旧メンバー: 永田英二
所 属: ジャニーズ事務所

 

フォーリーブスは、1968年9月にレコードデビューを果たし、1978年8月31日に解散しました。解散から24年が経たった2002年に再結成を果たしています。

 

初期のジャニーズを代表するグループでもあり、1970年にはブロマイドの売上げが男性歌手部門で1位となり、一躍トップアイドルになりました。

 

 

7位:野口五郎

 

 

野口五郎(のぐち ごろう)

 

誕生日:1956年2月23日 
出身地:岐阜県美濃市
身 長:174 cm
配偶者:三井 ゆり (2001年~)

 

野口五郎さんは、1971年5月に、当初は演歌歌手としてシングル曲「博多みれん」でデビューを果たしました。

 

1973年4月には、「オレンジの雨」がオリコン週間チャートで初のベストテン入りし、続く「君が美しすぎて」は第3位にランクしています。

 

西城秀樹さん・郷ひろみさんと共に「新御三家」と呼ばれ、一躍トップアイドルの仲間入りを果たしました。

 

 

6位:チェッカーズ

 

 

チェッカーズ

 

活動停止:1980年~1992年

 

チェッカーズは1980年に、藤井フミヤさんと武内さんによりグループを結成し、1981年には、「ヤマハ・ライトミュージックコンテストジュニア部門」で最優秀賞を受賞しています。

 

1984年には、「涙のリクエスト」が大ヒットし、チェッカーズは社会現象化になり、ファッションにも大きな影響を与えました。

 

 

昭和の男性アイドル人気ランキング最新版 TOP5-1

5位:郷ひろみ

 

 

郷ひろみ(ごう ひろみ)

 

誕生日:1955年10月18日 
出身地:福岡県須恵町
身 長:178 cm
配偶者:二谷 友里恵 (1987年~1998年)

    大根田名美 (2000年~2005年)

    徳武利奈 (2012年~) 

 

郷ひろみさんは、1971年に、映画オーディションでジャニー喜多川にスカウトされてジャニーズへ所属しました。

 

1972年1月には、NHK大河ドラマ「新・平家物語」に平清盛の弟・経盛役で俳優デビューも果たしました。1973年には、ブロマイドの年間売上実績No.1となり、西城秀樹、野口五郎と共に新御三家と呼ばれ、一躍トップアイドルの仲間入りを果たしました。

 

 

4位:西城秀樹

 

 

西城秀樹(さいじょう ひでき)

 

誕生日:1955年4月13日

没年日:2018年5月16日
出身地:広島県広島市
配偶者:木本美紀 (2001年~2018年)

 

西城秀樹さんは、シングル「恋する季節」で歌手デビューを果たし、「ヒデキ」の愛称で親しまれました。

 

1972年11月に発売された「チャンスは一度」で、一躍トップアイドルの仲間入りを果たし、郷ひろみ、野口五郎と共に「新御三家」と呼ばれました。

 

 

3位:光GENJI

 

 

光GENJI(ひかるゲンジ

 

活動停止:1995年

 

光GENJIは、内海光司さん、大沢樹生さん、諸星和己さん、佐藤寛之さん、山本淳一さん、赤坂晃さん、佐藤敦啓さんからなる7人編成のアイドルです。

 

既存グループだった5人組の「GENJI」と、内海光司さんと大沢樹生さんの2人による「光」の2つのグループが合体し、「光GENJI」が結成されました。

 

 

2位:近藤真彦

 

 

近藤真彦(こんどう まさひこ)

 

誕生日:1964年7月19日 
出身地:神奈川県 横浜市
配偶者:和田敦子 (1994年~)

 

近藤真彦さんは、ドラマ「3年B組金八先生」の生徒・星野清役でデビューを果たしました。同じく生徒役だった田原俊彦さん、野村義男さんとともに「たのきんトリオ」としても活躍しました。

 

1980年12月に「スニーカーぶる〜す」でソロ歌手としてデビューを果たし、1980年代を代表する男性アイドルとして、「ザ・ベストテン」「ザ・トップテン」などの歌番組を中心に活躍してきました。

 

 

1位:田原俊彦

 

 

田原俊彦(たはら としひこ)

 

誕生日:1961年2月28日 
出身地:神奈川県横須賀市
身 長:175 cm
配偶者:向井田 彩子
子 供:田原可南子

 

「昭和の男性アイドル人気ランキング」第1位に輝いたのは、田原俊彦さんでした!

 

1980年6月に、たのきんトリオの先陣を切り、レイフ・ギャレットの「New York City Nights」をカバーした「哀愁でいと」で歌手デビューを果たしました。

 

近藤真彦さんらと共に1980年代のトップアイドルとして活躍し、「第22回日本レコード大賞・最優秀新人賞」「第11回日本歌謡大賞・放送音楽新人賞」などを受賞しています。

 

 

昭和の女性アイドル人気ランキング最新版 TOP20-16

20位:菊池桃子

 

 

菊池桃子(きくち ももこ)

 

誕生日:1968年5月4日 
出身地:東京都品川区
配偶者:西川 哲 (1995年~2012年)

 

菊池桃子さんは、音楽関係者の方がたまたま、菊池さんが微笑んでいる写真に目を留め、スカウトし、芸能界デビューを果たしました。

 

2014年4月30日には、セルフカバー・ベストアルバム「青春ラブレター 〜30th Celebration Best〜」を発売するなどし、現在は女優としても活躍しています。

 

 

19位:斉藤由貴

 

 

斉藤由貴(さいとう ゆき)

 

誕生日:1966年9月10日 
出身地:神奈川県横浜市南区
配偶者:小井延安 (1994年~)

 

斉藤由貴さんは、1984年に、母親が応募した「第1回東宝シンデレラオーディション」で、最終選考まで残り、芸能界デビューを果たしました。

 

1985年2月には、「時代だって、由貴に染まる。」というキャッチフレーズで、キャニオンレコードから「卒業」で歌手デビューし、オリコンで最高6位を記録し、約35万枚ものヒットを果たしました。

 

 

18位:薬師丸ひろ子

 

 

薬師丸ひろ子(やくしまる ひろこ)

 

誕生日:1964年6月9日 
出身地:東京都港区
配偶者:玉置 浩二 (1991年~1998年)

 

薬師丸ひろ子さんは、角川映画第3弾となる「野性の証明」の長井頼子役にオーディションで抜擢れ、高倉健さんとの共演で1978年に映画デビューを果たしました。

 

1981年には、再び相米監督作品に主演し、「セーラー服と機関銃」が大ヒットし、1984年に公開された「Wの悲劇」では演技力も高く評価され、「第27回ブルーリボン賞主演女優賞」を受賞しました。

 

 

17位:石川秀美

 

 

石川秀美(いしかわ ひでみ)

 

誕生日:1966年7月13日
出身地:千葉県 木更津市
配偶者:薬丸 裕英 (1990年~)

 

石川秀美さんは、1982年4月に「妖精時代」で歌手デビューを果たし、各音楽祭で新人賞を獲得しました。

 

以降も、同期デビューの小泉今日子さん、シブがき隊、堀ちえみさん、早見優さん、松本伊代さん、中森明菜さんらと共に「花の82年組」と呼ばれました。

 

1990年6月に、俳優でタレントの薬丸裕英さんとの結婚を機に芸能界を引退しています。

 

 

16位:三田寛子

 

 

三田寛子(みた ひろこ)

 

本 名:中村 敦子(なかむら あつこ)

誕生日:1966年1月27日 
出身地:京都府京都市下京区
配偶者:中村芝翫 (1991年~)
血液型:B型

 

三田寛子さんは、1980年に雑誌「セブンティーン」のモデルに合格し、これがきっかけで上京しました。

 

1981年には、TBSのドラマ「2年B組仙八先生」の生徒・高坂ひとみ役でデビューを果たし、「花の82年組」として活躍してきました。

 

 

昭和の女性アイドル人気ランキング最新版 TOP15-11

15位:榊原郁恵

 

 

榊原郁恵(さかきばら いくえ)

 

誕生日:1959年5月8日
出身地:神奈川県川崎市
配偶者:渡辺 徹 (1987年~)
子供: 渡辺 裕太

 

榊原郁恵さんは、高校2年生の時にホリプロが主催した「第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン」で優勝し、芸能界デビューを果たしました。

 

同期デビューの人気歌手・高田みづえさん、清水由貴子さんと共に「フレッシュ三人娘」と言われていました。アイドルとして「ナッキーはつむじ風」をはじめ、数々のドラマやCMで人気を博してきました。

 

 

14位:堀ちえみ

 

 

堀ちえみ(ほり ちえみ)

 

本 名:堀 智栄美(読み同じ)

誕生日:1967年2月15日 
出身地:大阪府堺市


 

堀ちえみさんは、1981年に開催された「第6回ホリプロタレントスカウトキャラバン」の優勝をきっかけに、芸能界デビューを果たしました。

 

1982年3月には、「潮風の少女・メルシ・ボク」で、アイドル歌手としてデビューを果たし、「さよならの物語」「クレイジーラブ・愛のランナー」「リ・ボ・ン」などが大ヒットしました。

 

 

13位:早見優

 

 

(はやみ ゆう)

 

誕生日:1966年9月2日 
出身地:静岡県 熱海市
配偶者:福田富雄 (1996年~)

 

早見優さんは、1982年4月に、シングル「急いで!初恋」でアイドル歌手としてデビューを果たしました。

 

デビュー当時のキャッチコピーは「ハワイから来たバイリンガールで、「花の82年組」として人気を博しました。

 

 

12位:松本伊代

 

 

松本伊代(まつもと いよ)

 

誕生日:1965年6月21日 
出身地:東京都大田区
身 長:157cm
配偶者:ヒロミ (1993年~)

 

松本伊代さんは、TBS系「たのきん全力投球!」の田原俊彦の妹役オーディションに合格し、デビューを果たしました。同年10月には、「センチメンタル・ジャーニー」でアイドル歌手としてもデビューしています。

 

当時のキャッチコピーは「瞳そらすな僕の妹」「田原俊彦の妹」で、1982年12月の「第24回日本レコード大賞」の新人賞を受賞しました。

 

 

11位:ピンクレディー

 

 

ピンクレディー

 

活動停止:1981年
メンバー:増田恵子・未唯

 

ピンク・レディーは、デビュー・シングル「ペッパー警部」が売上60万枚を記録し、出荷ベースではミリオンセラーの大ヒットとなり、1976年の「第18回日本レコード大賞」新人賞を獲得、翌年に掛けてロングヒットとなりました。

 

第2弾シングルの「S・O・S」、第3弾シングルの「カルメン’77」もオリコン1位を記録しています。

 

 

昭和の女性アイドル人気ランキング最新版 TOP10-6

10位:本田美奈子

 

 

本田美奈子(ほんだ みなこ)

 

本 名:工藤 美奈子(くどう みなこ)

誕生日:1967年7月31日

没年日:2005年11月6日
出身地:東京都板橋区

 

本田美奈子さんは、「殺意のバカンス」で歌手としてデビューを果たしました。

 

1980年代はアイドル歌手として、1990年代以降は主にミュージカルなどで活動しました。2000年代に入ってからは、クラシックとのクロスオーバーに挑戦していましたが、2005年に38歳という若さで白血病のため亡くなっています。

 

 

9位:キャンディーズ

 

 

キャンディーズ

 

活動停止:1978年

メンバー:伊藤蘭

     藤村美樹

     田中好子

 

キャンディーズは、NHKの新番組「歌謡グランドショー」のマスコットガールとして、3人揃って見事抜擢され、番組プロデューサーから「食べてしまいたいほどかわいい女の子たち」を意味する「キャンディーズ」と名付けられたそうです。

 

 

8位:南野陽子

 

 

南野陽子(みなみの ようこ)

 

誕生日:1967年6月23日
出身地:兵庫県
身 長:162 cm
所 属:ケイダッシュ

 

南野陽子さんは、「恥ずかしすぎて」でアイドル歌手デビューを果たしました。

 

フジテレビ系ドラマ「スケバン刑事II 少女鉄仮面伝説」で、主人公の2代目・麻宮サキ役を演じ、一躍トップアイドルとして人気を博しました。

 

 

7位:Wink

 

 

Wink(ウィンク)

 

活動期間:1988年~1996年
メンバー: 鈴木早智子・相田翔子

 

Winkは、鈴木早智子さんと相田翔子さんの二人組アイドルデュオとして、1988年4月にデビューを果たしました。

 

主題歌にも使われた「愛が止まらない 〜Turn it into love〜」は、オリコンチャート年間第5位となる売上62.95万枚ものヒットを記録し、「第22回全日本有線放送大賞」で上半期グランプリを受賞しています。

 

 

6位:河合奈保子

 

 

河合 奈保子(かわい なおこ)

 

誕生日:1963年7月24日 
出身地:大阪府大阪市住吉区
身 長:160cm
配偶者:金原宜保 (1996年~)

 

河合 奈保子さんは、1979年12月に、西城秀樹さんの名を冠して主催した新人発掘コンテスト「HIDEKIの弟・妹募集オーディション」に応募し、芸能界デビューを果たしました。

 

1980年6月には「大きな森の小さなお家」でアイドル歌手としてもデビューを果たしました。2枚目のシングル「ヤング・ボーイ」が大ヒットを記録し、複数の音楽祭で新人賞を受賞しました。

 

 

昭和の女性アイドル人気ランキング最新版 TOP5-1

5位:中山美穂

 

 

中山美穂(なかやま みほ)

 

誕生日:1970年3月1日 
出身地:東京都小金井市
配偶者:辻仁成 (2002年~2014年)

 

中山美穂さんは、広告・ポスター等のモデル活動を経て、TDKカセット「スプレンダー」や明治製菓のCMに出演し芸能界デビューを果たしました。

 

1985年1月には、ドラマ「毎度おさわがせします」のツッパリ少女・のどか役で女優デビューも果たし、シングル「C」でアイドル歌手としてもデビューを果たしています。

 

ヒロイン役で初出演した映画「ビーバップ・ハイスクール」が劇場公開し、大ヒットを記録しています。

 

 

4位:小泉今日子

 

 

小泉今日子(こいずみ きょうこ)

 

誕生日:1966年2月4日
出身地:神奈川県 厚木市
配偶者:永瀬正敏 (1995年~2004年)

 

小泉今日子さんは、KYON2(キョンキョン)の愛称で親しまれ、80年代のアイドルとして、松田聖子さんや中森明菜さんに続く存在で、歌手としてもヒット曲を連発しました。

 

また、「花の82年組」と呼ばれるアイドルの一人でもあり、髪をショートカットにイメージチェンジした5作目のシングル「まっ赤な女の子」で大ブレイクを果たしました。

 

 

3位:山口百恵

 

 

山口百恵(やまぐち ももえ)

 

誕生日:1959年1月17日
出身地:東京都東京恵比寿
配偶者:三浦 友和 (1980年~)
子 供:三浦 祐太朗・三浦 貴大

 

山口百恵さんは、1973年4月に、映画「としごろ」に出演し、同年5月には同名の曲で歌手としてもデビューを果たしました。

 

森昌子さん・桜田淳子さんと共に「花の中三トリオ」と呼ばれていました。

 

1974年には文芸作品の名作「伊豆の踊子」に主演し、演技でも高く評価を得ました。旦那の三浦友和さんとは、テレビドラマやCMでも共演し、共に絶大な人気を得て、二人は「ゴールデンコンビ」と呼ばれ、その後結婚しています。

 

 

2位:松田聖子

 

 

松田聖子(まつだ せいこ)

 

誕生日:1962年3月10日
出身地:福岡県久留米市
配偶者:神田 正輝 (1985年~1997年)

    波多野 浩之 (1998年~2000年)

    河奈 裕正 (2012年から)

 

松田聖子さんは、シングルも大ヒットを連発し、80年代を代表するアイドルとして活躍してきました。

 

「ぶりっ子」と言われたほど可愛らしい仕草や容姿が人気となり、トレードマークだったヘアスタイル「聖子ちゃんカット」は社会現象とまでなりました。

 

1980年に発売した3枚目のシングル「風は秋色」から1988年の26枚目のシングル「旅立ちはフリージア」までの24曲連続でオリコンシングルチャート1位を獲得し、昭和アイドルの第一線として活躍してきました。

 

 

1位:中森明菜

 

 

中森明菜(なかもり あきな)

 

誕生日:1965年7月13日
出身地:東京都大田区

 

「昭和の女性アイドル人気ランキング」第1位に輝いたのは、中森明菜さんでした!

 

16歳の時に出場したオーディション番組「スター誕生!」で合格したこと機に芸能界デビューを果たしました。

 

1982年にシングル「スローモーション」で歌手デビューを果たし、2枚目のシングル「少女A」が大ヒットを記録しました。翌年には、「セカンド・ラブ」「禁区」などもヒットを連発していました。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回は、昭和アイドルの人気ランキングを男女別に40名、ランキング形式でご紹介してきました!

 

さまざまな伝説が語り継がれてきた70年代〜90年代のアイドルたちは、まさにアイドル黄金期を駆け抜けてきた方たちばかりで、CDやレコードも飛ぶように売れた時代でした。

 

今聞いても素敵な名曲ばかりですね!昭和の曲は名曲揃いなので、まだ聞いたことがない人は、一度、聞いてみてはいかがでしょうか?

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

Travis Japanメンバー人気順TOP7!身長やメンバーカラーなどプロフィールも紹介【2019最新版】

HKT48握手会対応の人気ランキングTOP20!神対応メンバーとは【2019最新版・レポ付き】

アイドリング歴代メンバー人気順TOP25~卒業生の現在の活動やプロフィールも総まとめ

超特急のメンバー人気順2019最新版~プロフィール・メンバーカラー・脱退者の現在も紹介

石原佑里子の現在!引退理由は動画流出?大学?その真相など総まとめ

BiSHの歴代メンバー人気順ランキング!脱退者の現在も総まとめ【2019年最新版】

アンジュルムのメンバー人気順&脱退者の現在!プロフィール付きで紹介【2019最新版】

チームしゃちほこのメンバー人気順とプロフィール~代表曲・脱退者や解散説も紹介【最新版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

丸山夏鈴の最期や病気と死因~母ちゃりかめと妹など家族・ライブ葬儀も総まとめ

女性芸能人の髪型~人気ヘアスタイル流行ランキングTOP40【最新版】

政治家の不祥事・スキャンダル衝撃ランキング30!不倫・不正・問題発言を総まとめ

iKONメンバー人気順ランキング<国総合・日本・韓国別>とプロフィールを紹介【2019最新版】

テラスハウスの歴代カップル11組の現在!衝撃順にランキング【2019最新版】

顔が濃い芸能人40選・男性女性別!イケメン&美女ランキング【2019最新版】

芸能人の車50選!男性・女性別の有名人愛車ランキング【2019最新版】

歴代の韓国女優の人気ランキング最新TOP50!韓流ドラマで大活躍【2019年版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ワンエイスの芸能人10人!意味や特徴・顔立ちも説明~クォーターの子供【2019最新版】

忍成修吾の現在!彼女や結婚情報・本名や似てる芸能人まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す